チキン・オブ・ザ・デッド 悪魔の毒々バリューセットの作品情報・感想・評価

チキン・オブ・ザ・デッド 悪魔の毒々バリューセット2008年製作の映画)

Poultrygeist: Night of the Chicken Dead

上映日:2013年03月23日

製作国:

上映時間:100分

3.7

「チキン・オブ・ザ・デッド 悪魔の毒々バリューセット」に投稿された感想・評価

地元住民の反対を押しきって先住民の墓の上にフライドチキンショップをオープン!
先住民とニワトリの呪いによってニワトリ型ゾンビが大量発生するって話☆

エログロバイオレンス、ド下ネタ、超お下品で彩られたド底辺映画ですが、シニカルに世相をブッた切っている側面もあり、なかなか侮れません☆

悪趣味映画ファンなら是非とも押さえておきたい一本(* ̄ー ̄)☆
堊

堊の感想・評価

4.5
大学を出たものの、いまは地元のピザ屋で働く、高学歴フリーターのアンドリュー。好きだった女の子はもういない。未来はない。やることなんか何もない。堂々巡りのネガティブ思考でやさぐれている目の前に、虚無感に苛まれた熊と、凶暴なイルカが現れて…。「えっと、だから、どうすれば楽しくなれるかなんて、もうわかんないんだよ。どうしたらいい?」


butの言い方がおかしい。「ヴァァァアット?」
最初から下品過ぎてびっくり、笑うしかない。
墓場でヤるカップルとそれ見てシコる浮浪者と地面から出た根っこみたいな謎の触手
ノるまでだらだら下手くそなミュージカル見せられてまじかーって感じだったし、これを勧めてきた友達にラインしようかと思ってたけど鶏ゾンビが来たあたりからギア入った。いやこの緩急何⁉
クソと緑の液体撒き散らしまくりで終始汚い。
綺麗な画は無し。びっくりするくらい無い。
今まで見たことないとんでも映像のオンパレードでここまで来ると清々しい。
男の人のおっぱいが膨らむ→それは卵で雛が孵るってクレイジーにも程がある。
いろんな方面に喧嘩売りながらこんなエログロに特化したゾンビ映画なかなかお目にかかれないでしょ。
最後のオチも本作らしくて呆気なかった。
ptzkk

ptzkkの感想・評価

4.1
体調によっては泣ける。謎の液体と血液と糞の量は世界一。屁の音も超ラウド。首も無くなったら新しく生やせばいい。おっぱいの中身って透明のゲル状なんだね
黒羊

黒羊の感想・評価

4.3
「チキン・オブ・ザ・デッド悪魔の毒々ハッピーセットお持ち帰りでなんとかかんとか」

前回までのあらすじ
りょーこ氏とワイスピ・スーパーコンボを鑑賞後、シェラスコ「バルバッコア」で肉に舌鼓をうち、僕らは酒を買い込んで「ホーボーウィズショットガン」を鑑賞。これで終わりかと一安心するも映画友達「りょーこ」さんは股間から次のDVD、「チキンオブザデッド〜悪魔の毒々カウフマンなんとか」を取り出し、プレイヤーにセット、再生するのであった…

人物紹介

[りょーこ氏]
埼玉県出身。現在「落合南長崎」が最寄駅の地域在住。グロ映画・アクション映画、そして自身も指導レベルであるくらい、驚異の歌唱力を誇り、洋楽からミュージカル映画の歌を難なく歌えるくらいミュージカル映画に強い。胃袋の中に特殊な細菌が繁殖しているのか、肉料理やお菓子だけで健康状態を維持出来る。スキンケアは一切行わないらしいが白く美肌。日光が苦手で浴びると皮膚から緑色の液体を出し保護する。海外のカッコいいおじさんや筋肉隆々の男性が好みで、街で見かけるガン見してヨダレも気にしない社会的にヤヴァい顔をするので注意が必要。本名は山崎恵子。


[黒羊]
おいどん。40歳を超えてから左肩四十肩、右肩四十肩、肋間神経痛、謎の目眩、謎の高熱・歯茎が腫れてブヨブヨになる、これらを乗り越えるも現在は左足に足底筋膜炎があり、湿布と靴中敷(インソール)で治療中。酒もタバコも量を控えているのに何かしら体に問題を抱える。仕事は前年度より業績が良かったのにクソみたいなボーナス額で人生にやる気を無くし酒の量が増加中。

[ロイド・カウフマン氏]
映画配給会社トロマエンターテイメント社、社長。この映画でも出まくりで歌って踊る狂ってる社長(褒め言葉)。詳しくはwikiで。

[きざしさん]
大阪在住のイケメン美容師。天王寺駅でチンピラに暴行されて倒れていた所を、某多店舗展開の美容院オーナーに拾われ、努力の末、地域マネージャー兼取締役まで登り詰める。グザヴィエドラン映画やレオナルドディカプリオが好き。美容院に来た女性の髪質や輪郭、服装の好みを瞬時に見抜き、「君を…シンデレラにしてあげるネ…」と耳元で呟き、頬に軽くチッスするも女性は目がハートになるので訴えるどころか「キャア素敵ッ!また来ます!」と歌舞伎町ホストもビックリな美容技術を誇る。日々激務だがオフは海外ドラマを最近は漁っているとの噂。黒羊に名作ドラマ「ゲームオブスローンズ」や「This is US」を勧めてくれる優しい人。本名は山田鉄雄。


[ロペスくん]
シェラスコ食べ放題「バルバッコア」◯◯店の気さくな従業員。牛のイチボを優先的に席に運んでくれる気さくな方。岩塩のみで味付けされた牛肉とワインで最高な肉タイムが味わえるバルバッコアさんいつもありがとう。


〜映画鑑賞終了

今回も、「肉が!映画を観るのに肉が足りないンでスよぉおぅ!」とりょーこ氏は血が出るまで髪を毟り出すので急いでデイリーヤマザキの唐揚げや辛味チキンを買い占め、鑑賞前に皿に盛って出すも、10分も経たず、【僕の唐揚げ】まで平らげた。

この映画鑑賞後の…行き場のない気持ち。

凄かった。トロマ社やカウフマンさんの事は知らないが「毒々モンスター」や「毒々モンスター東京」は観ていて知ってたが…

ここまでアホやって、グロくて汚くてグロいのに爆笑できる作品はまさに芸術。神は細部に宿る。そんな作品は大好きです。

ツッコミ所なんてここで書けないくらい展開しまくり。やりたい事をここまでブチ込んでるのに…ここまで面白いとは!凄いわカウフマン氏。

もちろん「本当にアレな映画」なので誰にもおすすめなんて出来ないが、グロありゲロあり、全裸レズあり巨乳(未加工)ポローンあり、トドメは歌って踊るとか…もう限界突破な超作品でした。びっくりしました…

びっくりと言えば、どーせまたりょーこさんに自分の唐揚げが食べられると思って、唐揚げの1つに、中にわさび塗りまくったのに全く効かない、吐き出さなかった事。
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

3.8
本当に心の底から品性下劣でくそ気持ち悪くてセンスがなくてクソ映画だけどめちゃくちゃ面白い。DVD買っちゃったもんねあまりの衝撃の汚さに…
トロマ社の傑作!
腹抱えて笑える低俗極まりないミュージカル風ゾンビ映画!
超面白かった
でも嫌いだぜ
地獄に落ちろロイドカウフマン
なにもかも優れてない
おはる

おはるの感想・評価

4.1
「ケツがまるでクソを噴き出す間欠泉だ」
先住民の神聖な墓地を更地にして建てられたファストフード店。なんとそこでは墓を追われた先住民と飼育場で殺された鶏が結びついた鶏ゾンビが発生。開店間もない店内は阿鼻叫喚の地獄絵図に!というお話。

おっぱい、チ○コ、血しぶき、臓物、ウンコ、ゲロ…。エロとグロと汚物に塗れたトロマ流社会派ミュージカルが本作だ。
トロマ初体験だった『悪魔の毒々モンスター』が「まじめかっ!」って言いたくなる意外にちゃんとした映画だったため拍子抜けしてしまったのだけれど、本作の政治、宗教、経済、動物愛護、人種、同性愛などあらゆる方面に喧嘩を売りながら、ストーリーもクソも無く阿呆を極めんとするその姿勢には感服させられたし、自分が観たかったZ級トロマ映画はこれだ!ってなって非常に楽しかったです。

惜しげも無くおっぱいを披露してくれたヒロインのウェンディの絶妙なブサカワさが個人的に最高!てかちょっとブリトニー・スピアーズに似てたような…?
あと自分の目がイかれてるのか、主人公のアービーは時々ギンティ小林に見えました。
>|