吐きだめの悪魔の作品情報・感想・評価

「吐きだめの悪魔」に投稿された感想・評価

TSUBASA

TSUBASAの感想・評価

3.5
【映画史上最も汚い作品】75点
ーーーーーーーーーーーーーー
監督:J・マイケル・ミューロー
製作国:アメリカ
ジャンル:ホラー
収録時間:102分
ーーーーーーーーーーーーーー
爆笑。なんなんだこれは。でも憎めない。スコア1にするか3.5くらいにするか迷いましたが、『魔の巣』や『ロボットモンスター』とはまた違うカルト具合でして、それなりに楽しんだ自分がいるのでこのスコアにさせていただきました。もう汚い。きたない。キタナイ。見てたら何か匂ってくるんじゃないかというくらい、汚物まみれの下品な映画です笑 そして面白いことに、何も解決しないまま終わりますし、物語の7割くらいは本筋に関係のないもの。30分くらいで終わらせれるものを無理やり100分くらいにした映画であります。

酒場の店主エドが、自分の家の地下から60年もののワインを発見する。格安の1ドルで浮浪者に売っていくのだが。。

このワインを飲んだらぐちゃぐちゃに溶けてしまうという爆笑設定。最初の犠牲者の浮浪者がまさにこのジャケの真ん中にいる異形の存在に成り果ててしまいます。ところが苦しんで溶けて終わりですから、このモンスターが襲ってくることはない。そこは迫力に欠けますが、『死霊のはらわた』を彷彿させられるような彩色豊かなグロ描写を堪能出来ます。太っちょの人なんて溶けるどころか膨らんで大爆破してしまうから抱腹絶倒であります。

で、かなりテンポよく進みそうですが、中盤は誰もこのワインを飲まず、本編に不要な汚い話ばかり。まず舞台の大半が廃棄車両置き場であり、登場人物も浮浪者だらけ。吐く言葉はほとんど汚い言葉であり、上品な人に今作を見せたらひっくり返ってしまうのでは?と言うほどの汚物まみれの作品。こんなものがブルーレイで発売されてるわけですからこの国は暫く平和でありましょう。

で、この作品、なんと男性の恥部が空に飛びます。そんな作品は世界広しと言えどこれだけでありましょう。モザイクも何もなしで映るため、これは『ホステル2』以来の衝撃。これ程インパクトのあるシーンですが本編にはあまり関係ない。結局のところ、なんでこのワインを飲むと溶けてしまうのかということがわからないまま今作は終わってしまいます。まさに超カルトムービー。

これを見ながら美味しくご飯を食べれる人がいたら紹介していただきたい笑 無茶苦茶な作品ですが、何やら憎めない不思議な映画です。忘れたくても忘れられないでしょう。。
suuuuuu

suuuuuuの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ベトナム帰還兵の悪夢。
噂で見てみたかったシーン
・ちん◯キャッチボール
・跳んだ生首が死に際に好きな女のパンチラを見てにやける。
ドロドロにとろける時、それぞれ違って面白い。色もきれい。
太った人はガスも発生して爆発するのだね。
エンドロール中に別でもめてた男が同じ酒飲んでとろけるのだけど、そのままオリジナルのマイウェイを歌ってる風になるの良いね。ぶくぶく音で終わる。
のぶ

のぶの感想・評価

2.5
ぐちゃぐちゃどろどろの汚ったないホラー映画
パッケージにもなっている一部で有名?な身体が溶けいくシーンは見もの
障害者もホームレスもみんな見世物にしていて、警察を含めてまともな神経のキャラクターが殆どいない
イカレタ連中ばかり出てくる
シモネタのオンパレードで
ひきちぎったアソコをキャッチボールにするシーンは本当に馬鹿馬鹿しい
ストーリーはダラダラと展開していて実にメリハリがない

憎しみを抱えているベトナム帰還兵のブロンソンがホームレスにクズというとき、自分にも言ってる感じがして物悲しい
なぜかエンディング曲がはミスターデュランが歌う

「悪魔の毒毒モンスター」「アタック・オブ・ザ・キラー・トマト」が好きな人におススメ
まあそんな人はこの映画はとっくに知っているかな
最高の最低映画だと思う。全く大筋のストーリーに関係ないシーンが多すぎるんだけど、すべてのシーンがなぜか強く印象に残る。それが悔しいような気もするがとても面白い。

例の酒を飲んで溶けるシーンも、色や溶け方すべてが各人で違くこだわりというか愛を感じる。

しかも、なのに中盤はなんと全く酒を飲んでくれないときたもんだ。この焦らしが、早く飲んでくれー!溶けるのを見たいんだー!というエゲツない謎の欲求を引き起こす。

人にはおすすめしようと思わないがこういう作品を見ると映画の自由度に感動する。
チェケ

チェケの感想・評価

4.5
中島らもが酷評(絶賛)しただけあって凄い。30分尺で終わるものを無理矢理100分に伸ばした結果不必要なエピソードのオンパレードの一方で必要な情報が何一つ提示されないとんでもない作品と化した。ホームレスがスーパーで万引きするシーンとかホームレスのチンポコが切断されて投げ合いになるシーンとかいらんやろ(この映画のハイライトだが)。糞つまらないのに味わいがある謎の映画。
フォロワーさんが
観て感動してたので🎵私めもどうにか…YouTubeで観賞できました✌

まぁ~臭ってくる(笑)
人間が溶けるとカラフルなんだと今日知りました😆💦

ピー🈲飛んでましたね~
下ネタ、モザイク加工無しでしたね~✨

ジャケットシーンだけ観れたのでフォロワーさんみたく感動でした😍

汚いより私はグログロの
方が好きやったかな☺
やっと観ることができました✨
TSUTAYA取り寄せも無くて諦めていた所にBlu-ray化!

スラム街のとある酒店地下で見つけた木箱には60年ものワインが入っていた…腐ってる?と思いながら店主はコレを1ドルで販売するが飲んだらとんでもない事になってしまう恐ろしいモノだった!
ーーーーーーーーーーーーーーーー
素晴らしい✨
私が面白がって観ちゃうモノが全部入ってます!!

飲んだ途端に皮膚が崩れ、骨が溶け、ちぎれてドロドロ…時には破裂💨
そしてカラフルな演出🌈
ジャケのシーンが来た時には胸が高鳴りました^ ^

何気に貧困層の現実、戦争によるPTSD、兄弟愛も入れちゃって展開するけど結局どれもグロへ向かって行くので最高!ってなります^ ^

若干退屈になる所もあるけどクソみたいな会話、娼婦やヤンキーの容姿、カメラワークなど、エログロ汚以外の見所もアリ。

特典映像にあったキャスティングの話もリアル追求されてたりしてなるほど、と。

誕生日プレゼントをコレにしてもらって、最高の記念日になりました🎂

2017 12
とうとう200本観れました!てなわけでそれに相応しい逸品を。
腐り果てたアメリカ文明の成れの果てが拝める。それは究極の都市の姿と云えるだろう。内容とは相反して端正なカメラワークも魅力。台詞から紡ぎ出されるゲットーだったりアンダーグラウンドな世界。仮に旅行した時ぷらっとこういう所に迷い込んだらどうなるのかをホラーコメディに置き換えて抜群のモチーフと素材でもって仕上げた名作。見事な暗喩でした。
nG0

nG0の感想・評価

4.2
でろでろパレット人間

酒屋の地下から出てきた古酒を飲んだら体がでろんでろんにとろけるお話。
今まで観てきた映画の中でダントツで汚いし臭い。
まず舞台の廃車置場が臭い。
主人公含め登場人物8割が浮浪者。臭い。
口を開けば罵詈雑言。ド下ネタのオンパレード。宙を舞う切断ちんちん汚い。
極彩色の液体吹き散らしながら溶ける浮浪者。汚いし臭い。最悪。

特典映像のメイキングインタビューで主役のマイクが皆んなにマジで嫌われてて笑った。インタビューでブチ切れてる人見たの初めて。
刑事役のゴリゴリおじさんは本物の刑事さんだし、浮浪者役のじじいは実際に路上生活経験者だし、何故か製作にブライアンシンガーが居るし。

主役の男が初日に薬物でキメてドタキャンしたり、エキストラかと思ったらマジもんの浮浪者が普通に混じってたり。

もう、何かいろいろ頭おかしい
なんで蛍光色に溶けるんだー(笑)!

最近TL上でちらほら見かけるタイトル。『吐きだめの悪魔』。これ、知らなかったんですよねー。

またまた昔々の話ですが、TSUTAYAとかではない個人営業のレンタルビデオ屋さんの棚からせっせとトラッシュムービーばかりレンタルしていたあの頃。でも、俺が行ってたレンタル店にはこのビデオがなかったのか、アンテナにかからなかったのか。

多分、あの頃観てたら熱狂してたろうなー。

ストーリー的にはどうでもよくて(笑)、ただただ人が溶けていくシーンを楽しむ映画。なんで蛍光でとろけていくのか、そもそもなんでとろけるのかとか説明は全くありません。

汚い映画、って言われてるみたいだけど、僕的にはアートな気がしました(笑)

あわよくば、美女がとろけるシーンが観たかったけど。

あと、あのお酒ワインなんですね。ウィスキーかと思った。あんな瓶に入ってるし。

最近出たこの作品のBlu-ray(Blu-rayが出るのもビックリだけど、確かにあの蛍光色は画質いいと映えるかも。一方でVHSの画像でも味がある気がする)のサブタイトルが、『おなかいっぱい吐きそうエディション』ってのが、作る方もわかってるなぁ。
>|