吐きだめの悪魔の作品情報・感想・評価

「吐きだめの悪魔」に投稿された感想・評価

B級はおろかZ級映画。とことん絵面酷すぎて逆に笑った。酒屋のエドさんすこ。
Lenely

Lenelyの感想・評価

3.3
Blu-rayにて再鑑賞。

これは気持ち悪い映画の中でも群を抜いて不純度200%の溶解人間化ムービー。
何かとインパクト大な中でもウンコだのチンコだの不快度は尋常じゃない中、それでも本作は悪趣味ホラー映画の最高傑作。
トイレのシーンはかなりリキ入ってます。
レク

レクの感想・評価

3.5
酒を飲んだら溶けちゃうよーなグロ汚いホラー映画。
今まで観てきた映画の中でも特に汚い方(笑)
映像から臭さが漂ってくる感じ、分かりますかね?
蓋を開けてみればど下ネタのオンパレード。
めちゃくちゃくだらないのに笑っちゃう。
見どころは宙を舞う切り取られたチンコと切り取られたチンコでフットボールです。

なんと、めでたくBD化された。
「おなかいっぱい吐きそうエディション」欲しい!
Alabama

Alabamaの感想・評価

3.5
変な酒を飲むと溶ける、という話。
ただただ汚い(笑)溶けるのにも色んなバリエーションがあって良い。バカバカしさと美学の混在。
体が溶けたり破裂しちゃったりする描写が作り込まれてて、
グロいんだけど蛍光色だからなぜかポップにも見えるww
カメラワークや雰囲気が時々タランティーノの映画を連想させるものがあり、
汚いんだけど楽しめました。
Haman

Hamanの感想・評価

3.5
2ヶ月風呂に入ってないだの1ヶ月うんこが出てないだの本当に臭そう。
そんな人間達がカラフルな蛍光色でドロドロになっていくからインスタ映えしそう。
ミッキーのパツパツタンクトップを着てるムキムキマッチョ刑事もインスタ映えしそう。
いきなり始まるチンポコフットボールやハメぞこないという日本語が斬新。
ラストのロケット噴射アタックシーンがベリーパーフェクトで素晴らしすぎる。
上京したての頃「片腕サイボーグ」と同時上映で観て以来だから31年ぶりに観賞。やっぱこういうの観ると元気出ますよね。カメラワークがカッコいい。
TSUBASA

TSUBASAの感想・評価

3.5
【映画史上最も汚い作品】75点
ーーーーーーーーーーーーーー
監督:J・マイケル・ミューロー
製作国:アメリカ
ジャンル:ホラー
収録時間:102分
ーーーーーーーーーーーーーー
爆笑。なんなんだこれは。でも憎めない。スコア1にするか3.5くらいにするか迷いましたが、『魔の巣』や『ロボットモンスター』とはまた違うカルト具合でして、それなりに楽しんだ自分がいるのでこのスコアにさせていただきました。もう汚い。きたない。キタナイ。見てたら何か匂ってくるんじゃないかというくらい、汚物まみれの下品な映画です笑 そして面白いことに、何も解決しないまま終わりますし、物語の7割くらいは本筋に関係のないもの。30分くらいで終わらせれるものを無理やり100分くらいにした映画であります。

酒場の店主エドが、自分の家の地下から60年もののワインを発見する。格安の1ドルで浮浪者に売っていくのだが。。

このワインを飲んだらぐちゃぐちゃに溶けてしまうという爆笑設定。最初の犠牲者の浮浪者がまさにこのジャケの真ん中にいる異形の存在に成り果ててしまいます。ところが苦しんで溶けて終わりですから、このモンスターが襲ってくることはない。そこは迫力に欠けますが、『死霊のはらわた』を彷彿させられるような彩色豊かなグロ描写を堪能出来ます。太っちょの人なんて溶けるどころか膨らんで大爆破してしまうから抱腹絶倒であります。

で、かなりテンポよく進みそうですが、中盤は誰もこのワインを飲まず、本編に不要な汚い話ばかり。まず舞台の大半が廃棄車両置き場であり、登場人物も浮浪者だらけ。吐く言葉はほとんど汚い言葉であり、上品な人に今作を見せたらひっくり返ってしまうのでは?と言うほどの汚物まみれの作品。こんなものがブルーレイで発売されてるわけですからこの国は暫く平和でありましょう。

で、この作品、なんと男性の恥部が空に飛びます。そんな作品は世界広しと言えどこれだけでありましょう。モザイクも何もなしで映るため、これは『ホステル2』以来の衝撃。これ程インパクトのあるシーンですが本編にはあまり関係ない。結局のところ、なんでこのワインを飲むと溶けてしまうのかということがわからないまま今作は終わってしまいます。まさに超カルトムービー。

これを見ながら美味しくご飯を食べれる人がいたら紹介していただきたい笑 無茶苦茶な作品ですが、何やら憎めない不思議な映画です。忘れたくても忘れられないでしょう。。
suuuuuu

suuuuuuの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ベトナム帰還兵の悪夢。
噂で見てみたかったシーン
・ちん◯キャッチボール
・跳んだ生首が死に際に好きな女のパンチラを見てにやける。
ドロドロにとろける時、それぞれ違って面白い。色もきれい。
太った人はガスも発生して爆発するのだね。
エンドロール中に別でもめてた男が同じ酒飲んでとろけるのだけど、そのままオリジナルのマイウェイを歌ってる風になるの良いね。ぶくぶく音で終わる。
のぶ

のぶの感想・評価

2.5
ぐちゃぐちゃどろどろの汚ったないホラー映画
パッケージにもなっている一部で有名?な身体が溶けいくシーンは見もの
障害者もホームレスもみんな見世物にしていて、警察を含めてまともな神経のキャラクターが殆どいない
イカレタ連中ばかり出てくる
シモネタのオンパレードで
ひきちぎったアソコをキャッチボールにするシーンは本当に馬鹿馬鹿しい
ストーリーはダラダラと展開していて実にメリハリがない

憎しみを抱えているベトナム帰還兵のブロンソンがホームレスにクズというとき、自分にも言ってる感じがして物悲しい
なぜかエンディング曲がはミスターデュランが歌う

「悪魔の毒毒モンスター」「アタック・オブ・ザ・キラー・トマト」が好きな人におススメ
まあそんな人はこの映画はとっくに知っているかな
>|