宇宙戦争の作品情報・感想・評価

「宇宙戦争」に投稿された感想・評価

日常から破滅へ。
例えば稲妻を前に家を出た途端、ケータイのカメラを構える人々の前に出くわし、そのままぐるっとカメラが回転して敵の出現直前のシーンへと繋げるシークエンス。さらには群衆のひとりがハンディカムで動画を撮り、敵に殺されたあと動画だけが残る一瞬のカット、カメラの前を人々が横切り逃げまどうさまなど、事前知識はあったもののパニックに見舞われたときにおける映像表現がこんなにもこの時点で洗練されているとは。

どうにもならない状況における人物の苛立ち、階級の異なる家族同士の亀裂の浮き彫り、或いは愛国心でおのれを冷静に保ったりと、人物描写も一方で丁寧だ。そして多くの人々と同様、家族と共に生き残る為だけに行動しているトム・クルーズは、積極的に救済をもたらそうとするヒーローとは程遠い。車から引き摺り降ろされる場面での喧嘩、その後の踏切や船の桟橋前で群衆のなかでつい彼の顔を見失いそうになるほど、強大な敵の前ではただひとりの人間でしかない。

ラストシーンの抱擁では、ながらく記憶の底に仕舞われていた、アフガニスタンから帰国した兵士とその家族とが抱擁していた現実の写真を想起した一方、あくまで階級の違いを如実に見せつけるような邸館の内に湾岸の労働者であるトム・クルーズが招き入れられることはなく、玄関視点のカットにおける彼の姿は小さい。日常が回復したとき、ふたたび秩序のなかの亀裂を露わにしている点で、最後まで抑えるべきところは抑えている映画だった。
Kinakosan

Kinakosanの感想・評価

3.6
これ、割と好きです。テレビでやってたら絶対見る感じ。
トム・クルーズがちょっとダメなお父さんなのもいい。実際、あんなイケメンのダメなお父さんいないけど、、、。

息子とお父さんの距離が近付きそう、と思ったらとんでもなく離れていくという、意外なところが印象に残っています。地球の一大事ですからね!どこにでもいそうな若者にあんな正義感があったなんて。

宇宙戦争の話でもあり、ダメなお父さんの奮闘記でもあります。エンタメ度高でした。
NAO

NAOの感想・評価

3.3
頭を使わないで観れて、そこそこ面白い映画って感じです。
難しい映画観たくない時がたまにあって、でもなんか観たい…って時に観ます!
そこそこっていったけど結構好き。
宇多丸さんのスピルバーグ総選挙を聴き視聴。

あんま好きじゃないかな
いなぺ

いなぺの感想・評価

3.6
トムとーちゃんがちょっと頼りない感じがリアル。
結構はらはらして家族でも楽しめるです
shoheidon

shoheidonの感想・評価

2.5
へぇ〜なるほどってなるけど、少しモヤモヤする終わり方
とまと

とまとの感想・評価

3.3
映画館で見て、小さかったから宇宙人ひたすら怖かった
トム・クルーズと宇宙人が肉弾戦していた記憶がある。ハッピーエンドなのが救い。
これ映画館やったらごっつい迫力やったやろなー!
クリーチャーが出る場面は息を飲む迫力でした!
オチの弱さが目立つのはそこの凄さがあるからかも!
げんに弱いねんけども。
モーガンフリーマンどこにでてるんやおもたらナレーションやったのか。もったいない。
tsubaki

tsubakiの感想・評価

3.0
家族でみにいって最後のオチにがっかりした
>|