アイ・アム・レジェンドの作品情報・感想・評価

「アイ・アム・レジェンド」に投稿された感想・評価

ラストシーンの主人公の葛藤、決断に痺れる。演出も観てて惹き込まれるものがある。
廃墟でたった1人生き残ったウィル・スミスがサバイバルを送っている冒頭…これは面白いという気しかしない!

設定は興味をそそられるし、序盤は非常に丁寧に作られていて好印象(^^)

結果面白いんですが…傑作には至らず。なんか惜しい!これはアクションとして観ない方がいいです。その答えはエンディングにあります。

皆さんラストに関しては賛否の否が多いようですね。急に話をまとめられた感がある終盤。丁寧な前半があるだけに違和感を覚えてしまう。

それもそのはず、公開されたエンディングは本来のエンディングではなく、特典にある別エンディングが本来のエンディングなんです。公開1ヶ月前のモニターテストでの不評から急遽変更されたものなのでそりゃ違和感もでますわ笑。

そして肝心の本来のエンディング。もちろんネタバレになるので内容は控えますが、この作品の見方が全く変わります!こっちの方が良くも悪くも記憶に残る映画になったのに。確かに一般受けを意識しないわけにはいかないんでしょうが、貫いて欲しかった…
nova

novaの感想・評価

1.5
1人生き残るというシチュエーションから「キャストアウェイ」のSF版っぽい感動ものを期待してしまった。あんな化け物と一緒に3年も生きられるわけない。ましてや犬とお散歩なんて。
あずき

あずきの感想・評価

3.0
退屈なシーンもなく面白かった。
でも悲しい気分になる映画でした。

あのマネキンの罠についてあまり触れないのはなぜ..狡猾すぎないかあのゾンビ
水曜日

水曜日の感想・評価

2.9
ゾンビ発生→残った一人→危機→抗体を見つけ→危機脱出。このゾンビ映画の様式に荒廃したニューヨークが舞台になり、ウィル・スミスが人類を救う。

無人のニューヨークどうやって撮ったのか?早朝で速撮りしたと思うが、画面からはCGを多用した感じがない。荒廃した空虚な地球を完璧に見せ、後から出てくるゾンビの怖さが倍増する。

本作のウィル・スミスは恐怖を常に背負っていて、ヒーロー然としていない。ゾンビに(家を)襲われる怖さを、全力で演じた。

でも合衆国の避難所があるのに、博士と呼ばれる人物が知らない事が有り得るのか?という疑問が起きる。アリゾナの一軒家なら、知らないことも有り得ると思うが…。

で、最後はレジェンドの理由が示されるが、本当にウィル・スミスの巨像をどっかに建てればよかったのに!
Riko

Rikoの感想・評価

3.8
ただのゾンビ映画とは言い難い。
犬と人間が
ここまで相棒になれるんだなって…
涙あり。
スズキ

スズキの感想・評価

4.5
絶対にブルーレイ版も観るべき作品
映画館公開版はただのゾンビアクション映画でしかなかったが、ブルーレイ版のラストでこの映画の真相が明らかとなる
二重にかかっているLegendの意味をそれぞれのバージョンで表現しているともいえる
Iman

Imanの感想・評価

3.0
まぁ。逆さづりと、相棒のワンチャンくらいしか覚えておりません。
sae

saeの感想・評価

3.0
ウィル・スミスの演技は凄くいいし、設定も面白いんだけど、ただ、なんとなくラストが「え?そうなるの?」という終わり方でした。ので★3。
filmTK

filmTKの感想・評価

3.0
ワンコ見たさに鑑賞。
こういうヒーローについてるワンコってなんでこう逞しいのだろう。
前半のワクワク感は100点!だんだん設定がややこしくなってミスターノーバディみたいに時系列が飛び飛びした結果、フワッとして最後にタイトル回収して終わる。
ただウィルスミスの涙は本当に美しかった。
>|