アイ・アム・レジェンドの作品情報・感想・評価

「アイ・アム・レジェンド」に投稿された感想・評価

aya123

aya123の感想・評価

4.0
世界で一人きりになったらこんな感じなことしたい(おばけなしで)
優男

優男の感想・評価

3.7
最初タイトルと予告からゾンビ映画かと思いましたが、少し違いましたね!!

彼はレジェンドだった😎
これは、すごく面白い。ゾンビ系だが、口では説明できない面白さがある。
もこ

もこの感想・評価

4.5
最後の方で最高のウリが壊れた感。ネタバレになるから言えないけども
Toshimi

Toshimiの感想・評価

4.0
感染症(凶暴なゾンビ化)により、自分だけ免疫があり、ただ1人自分だけ生き残った世界。飼い犬と共に毎日出かけ、都会に降りてきた野生動物をニューヨークの街中で狩しながら、人類復活のため、抗体成分の実験を続けている男の物語。

廃れたニューヨークを爆速で車で駆け抜けたり、ビル街に向かってゴルフを打ち続けたり、レンタルビデオ屋さんに通って好きなものを持って帰って家で見たり、狩猟をしたり。主人公の大都会でたった1人の生活が自由気ままで羨ましかった。
仕事なんて概念がなく、ただ研究の合間の時間を持て余しているような、これぞ真のフリーランスだなあという感じがした。

ゾンビの表現も面白かった。明るい場所に出られない制約はあるものの、ゾンビ化してから徐々に知能をつけはじめて、罠も仕掛けられるようになっている。

全体の評価はあまりよくないみたいだけど、自分としては自由な時間を主人公と体感できて楽しかったし、生きる目的がゾンビ退治の世界は改めて良いなあ思えました。高評価。
ひかる

ひかるの感想・評価

3.7
家が襲われた時の対策のUVライトや爆薬車の装置がカッコよかった。
この様な題材ならlast of usがやはり頭一つ抜きん出てると思った。
もちろん本作が面白くなかったわけではないけれど、比較してしまうとアレです。
ゾンビ好きの友達と見ました、ゾンビ嫌いな私には少し怖かったです
人間が作ったウィルスでほとんどの人間が感染するか、感染者に食べられることになったNYで愛犬と一人戦う男の孤独な闘いを描く。

主人公は、特殊な抗体を一人持っていて、ワクチンを自分で開発し続けているのだけど、なかなか効果が出せずに日々、生存者探しを続けている中で、犬だけが心のよりどころとなって精神的にも辛くなっていく。

まだ犬がいるし、畑を耕したり、狩りをしたり、抗体の実験をしたり、DVDを好きなだけ見たりとやることがたくさんあるので、「キャストアウェイ」のトム・ハンクスよりかはマシかなと思いました。

「キャストアウェイ」なんて、電気製品さえないし、衣食住何もなかったことを考えたら、水道もガスも電気も使える本作の主人公のほうがまだマシだったかと。
でも人がいないのに、なぜインフラだけは動いてるのかが謎だったけど。

夜になると感染者たちが外に出て、獲物を探すので、太陽が沈むまでだけが活動時間という状況の中で、年取ったらどうなるんだろう?と考えました。
というか犬の寿命もあるしなあ。

事件の発端となったガンの特効薬からの発病と、世界中が滅びるまでは描かれずに省略されてたけど、そこが気になる。

荒廃したNYは寒々しいけど、もともと人はそんなにいない田舎にいったらのどかな生活がおくれて、映画的に面白くなかっただろうなあ。
ワクチンの開発には都会じゃないとだめだったのかもしれないのですが。
鶏冠花

鶏冠花の感想・評価

3.8
走るゾンビと化したNY市民とウイルス学者との孤独な戦いにボブ・マーリーの歌を添えて 「 心配ない なにもかも 少しずつ良くなる 」
ウィルスミスの演技が良い、、!特に親友の犬との別れのシーンはすごい惹きつけられた
>|