新世界の夜明けの作品情報・感想・評価

新世界の夜明け2011年製作の映画)

製作国:

上映時間:81分

3.2

「新世界の夜明け」に投稿された感想・評価

obao

obaoの感想・評価

3.9
@シネ・ヌーヴォX
シネ・ヌーヴォ年末恒例のリム・カーワイ監督特集。今回で3回目の鑑賞でしたが、観るたびに味が出てくる。そして、演者たちが多少拙いことも気にならなくなってきました。
『マジック&ロス』にストレスを感じた監督が同じ年に撮られた今作は、すごく解りやすくなっております。

日本のクリスマスに憧れた中国のお嬢様が辿り着いたのは、日雇い労働者の町 大阪新世界。マフィアなども絡む騒動に巻き込まれ、町の人々や中国人留学生等との交流を通じて変わってゆくお嬢様。

そのヒロイン史可さんがすごく可愛らしい(現在は阿部力の奥さんだそうです)。

新世界、ジャンジャン横丁、通天閣、天王寺動物園、恵美須町駅、新世界国際劇場…そして、なぜか中津の地下など、馴染み深いロケーションも良いです。

【リム・カーワイ監督特集 シネマ・ドリフターの無国籍四部作】にて