マイ ビューティフル ガーデンの作品情報・感想・評価・動画配信

「マイ ビューティフル ガーデン」に投稿された感想・評価

harema25

harema25の感想・評価

4.4
カワイイ几帳面な女の子が
いろんな人と関わりながら
無秩序な庭と
格闘するお話。

久しぶりに観て…

ウチの庭もヤバイ…

と思わされた…

ガーデニングがしたくなる映画🌼

チューリップ🌷植えなきゃ
ビオラも
買わなきゃ…

映画の海に溺れて…🌊🎥

手が回らない…

アジサイはラクでいい…
季節が分かる花ってイイ…
BoltsFreak

BoltsFreakの感想・評価

3.4
始めは退屈なイギリス映画だと思ったのに徐々に気持ちを掴まれて最後はアルフィーの優しさに感動。
ベラの服装がかわいくて、同じブラウスが欲しくなっちゃった。もうちょっと変人なままのベラを観たかったなという気がする。
日本のお庭とはそもそもの大きさがぜんぜん違って、とてもじゃないけど手入れなんて出来ないよってわたしも思う。おじいさんのお庭はとても美しかった。
タナカ

タナカの感想・評価

5.0
ガーデンの美しさはもちろん、家具や登場人物、衣装の色遣いなど全てが最高。

観ていると心が浄化されていくのが分かる、この世界線をずっと観ていたい。

久々に大好きな映画に出会えたのでめちゃくちゃ嬉しい。
Maco

Macoの感想・評価

4.1
庭が綺麗だと、自分も他の人の心や人生を豊かにする。
美しい秩序を保った混沌の世界、乱雑ではなく混沌
その差を知らないと私達は遠くへ進めない。
イングリッシュ・ガーデンの世界は、その台詞通りだと思う。
一見乱雑に見えて計算されたその乱雑はより美しさを作り出している。
見終わったら無性にイングリッシュガーデンに行きたくなる映画
ぽげと

ぽげとの感想・評価

4.5
ダウントンアビーに出演していたシビルが主人公。
シビルをたーっぷり見れたので満足!

孤児として育ち変わり者の彼女が作家を目指しながら、荒れ放題にしてしまった借家の庭を再生させつつ、自身も変化していく話。

展開はゆっくりと進むが、隣人の老人やその食事係の男性との会話はテンポよく、日本では考えられないシニカルさだけど軽妙で面白い。

期待していたよりイングリッシュガーデンの描写は少なかったけれど、自然の描写は綺麗で、儚い人間の生命よりずっと長く続く植物の生命が次世代に繋がっていくことを痛感。
心に優しい映画。
ベラの雰囲気が好き、綺麗

アパート素敵、インテリアもファッションも見所満載
潔癖で神経質で変わり者のベラは、庭付きの部屋で一人暮らしをしている。
しかしベラは大の植物恐怖症なため、せっかくの庭は荒れ放題。
ある日、1か月以内に庭をきれいにできないならアパートを立ち退くようにと家主から勧告されてしまう。
困り果てたベラは、偏屈だが卓越した園芸家である隣人アルフィーと共に、庭造りに取り組み始めるが……。


またまた「映画館で観ればよかった(泣)」と後悔してしまう作品に出会いました。
庭、お花、緑…
映るもの全てが色鮮やかで美しい。
出てくるお料理も美味しそう。

監督が「アメリ」を意識したという本作ですが、風変わりな主人公はたしかにアメリを彷彿とさせました。
出てくる人たちもちょっと変わってる方々ばかりで、それもまた面白かった(笑)
クスッと笑えるシーンも多くて、癒やされました。 
観終わったあとはほっこりと優しい気持ちになれる温かい映画です。


ただ、毎日図書館に来る「発明家」とかいう男。
あの男はどうも好感が持てない。
飲食禁止の図書館で飲み食いするとかただの非常識じゃん。てか、ちゃんと片付けて帰りなさいよ。
しー

しーの感想・評価

2.7
んー。
日本で言う所の水戸黄門レベルでイギリス的テンプレートなお話し。気の強い女の子と頑固ジジイとガーデンと図書館とゆっくり流れる時間。

それはまぁいいんだけど、図書館で違反行為をするのとじーちゃんが死ぬのが気に入らない。あとラストのガーデンがニセモノっぽくてがっかり。ターサテューダーとまでは行かなくても、もっと風を感じられる素敵なお庭が見たかったよ。
NATSUKOTAN

NATSUKOTANの感想・評価

4.3
イギリスに行った時のガイドさんの話
鳥が運んだこぼれ種から育った木であっても勝手に切り倒したりできない、ちゃんと行政に届け出て正当な理由が認められる必要があるそう。

そこまでイギリス人は自然と調和する景観を大切にするのよね。
だからあのはた迷惑?な隣人もさもありなんなんでしょう。

完璧な芝生を持つことより1粒の種から芽が出るのを楽しみにするのが真のガーデナーだ…
本当にそのとおり。

パンジーとビオラの違いも知らず植物に縁遠かった私が、今や30種類のバラ&100種類以上の宿根草と共に生活し、春と秋には自家採取した種を蒔く。
すっかり植物が生活の一部、人生の一部となった私にはとても響く映画だった。
私にも種をプレゼントし合える隣人が欲しいなあ🌱
>|

あなたにおすすめの記事