恋するふたりの文学講座の作品情報・感想・評価・動画配信

「恋するふたりの文学講座」に投稿された感想・評価

数男

数男の感想・評価

3.0
2018/01/29[4作目]
U-NEXT。イモムシの話が良かった。
NAO

NAOの感想・評価

3.1
文学が大好きな35歳の男性と16歳も年下の大学生が本を通じて恋に落ちていく話。

なんだか小説を読んでるような映画だった笑
人生色々なことあるよね、年取っていくのも良いなぁと思える映画。
Miri

Miriの感想・評価

3.6
35歳と19歳の歳の差の恋模様を描いている。ジェシーがノートに歳の差の現実を書いてその事実に落ち込むシーンが可愛いい。わかるな〜
文通や本、音楽を通して心を通わせる2人の姿は素敵だった。作中に詩や文学・音楽作品が出てきて、それによりキャラクター同士の関係性に深みをもたらしている。

もっとコミカルな作品かなっと思っていたが、登場人物達の悩みや思いが描かれていて意外とリアリティ溢れる作品だったと思う。

エリザベス・オルセンが可愛く、精神年齢が高いが故に背伸びしてしまうのには共感しちゃうな。
ルネ

ルネの感想・評価

5.0
2012年。 日本未公開。 監督・脚本・主演はジョシュ・ラドナー。

文学が大好きな35歳の独身男(ジョシュ・ラドナー)が、19歳の女子大生(エリザベス・オルセン)と出会って色々悩むお話。

ニューヨークから、田舎にある母校の大学へ恩師に呼ばれて車行くのだが、そのドライブ風景の映像からしてほどよくスタイリッシュでいい感じ。 読書を心から愛してる生き様にも、強く共感した。

エリザベス・オルセンが演じる女子大生が、自然体だけどすごく可愛らしくてやられた。 こんな女の子がいたら、0.5秒で恋に落ちると思う。 そしてふたりは文通するのだが、これがまた素敵すぎるやりとりで恋愛初期のワクワク感の描き方が素晴らしいかった。 出会って間もない頃って相手の事をよく知らないから、その空白を自分の理想で埋めてドキドキしたりすんですよね。 なんか高校生の頃のプリミティブな恋愛を思い出して、水平線に沈む夕日を見ながら泣きたい気持ちになりました。

そこから主人公は年齢差に悩んで、他の女性とも絡んだりします。 16歳ぐらいの差なんて気にしないで、エリザベス・オルセンを抱きしめてほしい。 その辺の葛藤がユーモラスに描かれてて、微笑ましいです。 素敵なだけじゃなくて、ダメな事言っちゃって台無しにしたりするところもリアル。

先の読めない展開になったりもして、最後まですごく楽しめました! 本が好きな人なら共感できる部分も多い思います。

ちょっとマイナーですが、大好きな作品になりました。
fontaine

fontaineの感想・評価

2.7
なんだか物足りなさを感じた。
年齢差は当たり前に気になる。自分が年下であってもそうだし、ましてや年上なら…恐ろしく気になる。
aya

ayaの感想・評価

-
KINENOTEより/評点: 70 /鑑賞日時: 2015年5月31日 /鑑賞方法: WOWOW /鑑賞費: 0 円
ttfloyd

ttfloydの感想・評価

4.0
エリザベス・オルセンを見つけた映画です。こんな女子大生が居たら惚れてしまいます。
MIZ

MIZの感想・評価

2.8
前に見てレビューし忘れてたから内容をしっかり覚えていない汗

共通の趣味があったらいいよね。でもやっぱり年齢の壁はでかい。

文通してるシーン良かった。あえての文通。返事を待つ時間があるのも案外いいもんだよね。
ポチ

ポチの感想・評価

3.3
ジビーの真っ直ぐなところが可愛い❤
本当の恋だったかは分からないけど、大人の男の人に背伸びしたくなる所はわかる🎶
ジェシーは最後まで歳にこだわってたけど、ホントに好きなら関係なくない?!
読書家の彼は救われたかもしれないけど、なぁ~んかモヤッと( ˊᵕˋ ;)💦

不思議くんザックには癒された❤
Tk

Tkの感想・評価

3.8
色々考えさせられるところがあって、面白かったです。

No.130
>|