ラースと、その彼女の作品情報・感想・評価・動画配信

「ラースと、その彼女」に投稿された感想・評価

偏屈なライアン・ゴズリング。笑う人もいるけど、協力してくれる街の人たちがみんな優しい。全体的に寒色が強調されて、なんとも寒そう!
本人はいたって真面目

どう言うこと?どうなるの?
ついつい観てしまった

でもアリかも
みぃ

みぃの感想・評価

3.7
人に愛される人は
その人に危機が訪れたとき
必ず周りの人々が助けてくれる
この主人公もそんな素敵な人
ちょっと変わった愛は
いつしか自分の心に変化が生じ
殻を破っていく
海風

海風の感想・評価

4.0
いや〜なかなか面白いやん。クスッと笑えます。

なるほど、多重人格の常に視覚的に実在するバージョンってことだよね。
妄想に逃げたかった、逃げるしかなかったのね。日々 周りに結婚〜!彼女〜!とか言われて(家庭環境も)、欲しくないものを作らないといけない苦悩だとか、付き合いたいと思う人もいなくってラース自身大変だったんだろうなあ〜
もともと内気で優しくて溜め込みやすかったら、妄想に逃げるのが幸せへの近道に感じたりする。きっとそうなんだろうなあ、と想像しました。

カリンが、この生活を愉快だと思えて素晴らしいと思う。私は臨床心理を学んでいるので、そういう周りの理解があってこそ、妄想は妄想でもラースはそういう選択/判断をできるようになったんだと感じました。
気泡

気泡の感想・評価

3.6
ライアン・ゴズリングさん、いろんな役柄できるんやなぁ。良い映画でした。
映画館で観ましたが、欧米系の外国人が声を出して笑っていました。外国人の感覚からするとそこまでになるレベルの面白さなのかな?
ひろと

ひろとの感想・評価

4.0
髭面ぽっちゃりでラブドールを恋人だと思い込むライアンが意外にもハマってた
吉高由里子が好きって言ってた気がする
yukoyuko

yukoyukoの感想・評価

3.2
ラースの周囲の人たちの心の温かさに救われる。セリフにもあったけど、そもそもラースがいい子でみんなラースのことを思えばこその行動だったのだろう。引きこもり状態だったラースもビアンカや街の人たちのおかげで人間的に成長していく様が心地よかった。
ただの人形では片づけられないほど、愛情を注いでいるのがよくわかります。周囲の人間の理解がすばらしいですね。
K

Kの感想・評価

3.9
人一倍優しいが、人との関わりを一切持たないラース。彼女を紹介すると言ってラースが兄夫婦の元へ連れて来たのは、なんとインターネットで注文した等身大のリアルラブドール。ラースの妄想を受け入れる事が必要と医師からの助言を受け、町の住民達もラースへの愛情から、彼女を本物として扱う事に協力。
あまりにも奇妙な世界観に案の定、半端ないくらいの共感性羞恥が生じるが、戸惑いながらも二人を見守る周囲の人々とラースの交流を通して優しい眼差しで描く恋愛物語。単純に人を愛するという現代人が忘れかけている感情に対して呼び掛ける。ラブドールは、ラースの心のフィルターのメタファーの様で、そのフィルターも要らない程にラースが成長していく過程は非常に心温まる。
タコス

タコスの感想・評価

4.8
「抱きしめられるのが 嫌いな人もいる」

「告白を聞き 慰めてくれる隠者はいなかった」

ビアンカをイチ個人、生活のある女性と受け入れる町民のハートフル物語から一転、1人の中年男性の喪失・孤独を浄化する自己セラピーに着地する脚本の秀逸さ。価値観の押し付け、言葉や行動での強要を一切禁じ、ただ傍観する事での優しさ。
手と手が触れ合う瞬間、それは他者に介入される物ではなく、自分自身でゆっくり歩めば良いのだと。G・ガレスピー史上1番の大傑作では。
----------------
ドール:ビアンカ,ボウリング,バイト,花ぶん投げゴズリング.
>|

あなたにおすすめの記事