ブエノスアイレス恋愛事情の作品情報・感想・評価・動画配信

「ブエノスアイレス恋愛事情」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

普段から建物の表と裏ばかり見てるけど
側壁に目を向けるとこがおもしろかった
建物や装飾それにカメラの撮り方に映像
美的センスに溢れてて芸術性さえ感じる
一方でブエノスアイレスの様々な様式の
建物は住む人の個性にも影響を与えたり
あまり良くないものを生み出すことにも
そしてそこはかとなく感じる男女の事情
わかりやすいウォーリー発見で、めでたしめでたし。

映像がおしゃれだったな〜
Loo

Looの感想・評価

3.9
私のウォーリー見つけるぞって思った。どこかに気の合う人はおる。出会えてないだけ。出会えたらほんまに奇跡じゃん。すれ違う人でかっこいい人山程おるのに知り合えんの辛すぎ。
mewmew

mewmewの感想・評価

3.0
オープニングからいろんな建築物が見れて楽しい。
私も勝手に窓作りたいなー。

マルティンのPILLS OUTアルカノイドみたいでやりたいと思った。そんなマルティンのMacの壁紙がアトムで可愛い❤️

ビールはアサヒだし、じゃが玉ストッカー使ってるし、日本好きか?😊
な

なの感想・評価

5.0
開始10分でもう好き

会話ってより割とナレーション語りで淡々と進んでいく感じも好きなのかもしれん。
音楽もほのぼのしてて好き。建物も好き。

穏やかだけど退屈しない!すき!
間取り図とか挿絵が挟まれるのもこの映画ならではで超良い。

壁ぶち破って窓作った場所の位置とかも面白い。

部屋番号で階級的なのがあるのとか、ウォーリーもそうだし非日常とかではないけど独自のルールっていうか設定があるの好き。

ちょいちょい日本の何かが映り込んでた。
じゃがいもなんちゃらとか

間違えてU-NEXT入会しちゃったからそれ限定の映画を探して見つけたのがこれだったけどだいぶ良かったーーーー

調べてたらmedianerasは他言語で訳せないだか通じないから邦題つけるのが難しくて仕方なくサブタイトルを反映させた的なのがあってなるほどってなった。
chas

chasの感想・評価

-
出会えそうで出会えない。近くにいるけど遠い。生きてるうちで出会える人って奇跡に近いんだなぁて改めて思えた。無機質な建物の一部にになってるような構図だったり、すれ違いの切り取りがおしゃれでした🕯
✏︎2021.8.25
海風

海風の感想・評価

3.5
近いけど遠い、遠いけど近い。どこかで必ずすれ違っているはずだけど、ね。
マリアナの部屋が無機質で少し悲しげな感じで、好きだった。かすかに家具たちの息が聞こえてきそうな感じがね。
建造物については詳しくないんですが、終盤のポスターに窓の仕掛けみたいな作りにはなんかドキっとした。アートの中で生きているような。

こういう映画観ると、運命はあるのかな?と信じたくなっちゃうね。自分から行動しなくても、来るときには運命というものの方からやって来てくれるんだろうなと思ってしまう。それは勘違い?笑
なんか優しい世界を覗き見しちゃった気分だよ!
あ、そうそう!マリアナーーー!私今ウォーリーがプリントされている半ズボン履いてるよーー!偶然すぎてびっくりしてるんだけれど、もしかして運命かなー???
ne

neの感想・評価

-
「わたしスス、ヌイグルミっぽい犬」
ススのシャンプーとふたりの自撮り、アトムの胸が開くところが好き。ハートの落書きもかわいい。

思ってたよりもなかなか出会わないふたり。。ジャックとサリー、ジャスミン、、ディズニーのキャラクターが映るの新鮮だった。
toomuch

toomuchの感想・評価

-
面白い!!!!!!!!!!
もしインパクトが欲しいのであればこの映画の出番ではありません!
出会うまでの2人を、じーっとじーっと観てる映画!
こういった映画にしかない良さで溢れてた。

ウォーリーって探そうとすると見つからないんだよね。
leyla

leylaの感想・評価

3.8
ブエノスアイレスの建築や街並みを通して、都市に暮らす人間の精神状態を表現するという新鮮な発想。

10年ぐらい前の作品だけど、出会い系やチャットやyou tubeなどが出てきて今のバーチャル時代と通じます。

無秩序に林立するビル、広告だらけの街、都会に住む人々が何かしら精神的な病を抱えているというところも東京と似ているんではないかな。アルゼンチンほど美しくはないけど。

孤独感がにじむ生活の中、本当の愛が見つけられない寂しい男女の悶々とした様子が描かれます。

狭い“靴箱”のような部屋に一人暮らしをするマルティンとマリアナは、近くに住んでいるのに存在は知らず、すれ違ってばかりでなかなか出会えない。

この2人は一体いつ出会えるのか?この物語はどこへ向かうのか?
そんな疑問を一気に払拭する、そーきたか!と思えるラストからエンディングロールへの展開。
とても爽やかでハッピーな気分になれました。

何も起きないので退屈になりそうなストーリーだけど、可愛いワンちゃん、ビルやアートやグラフィック、ブエノスアイレスの街並などを見ているだけで飽きない。

じゃが玉ストッカーという収納カゴ、スーパードライ缶、アトムのフィギュアなど、日本の小物がチラホラ出てきたのも面白い。

「ウォーリーを探せ」が物語のカギになってるのも楽しい!
>|

あなたにおすすめの記事