マレフィセントのネタバレレビュー・内容・結末

マレフィセント2014年製作の映画)

Maleficent

上映日:2014年07月05日

製作国:

上映時間:97分

3.5

あらすじ

「マレフィセント」に投稿されたネタバレ・内容・結末

マレフィセント2をやるということで、ストーリーをほぼ忘れてしまったので2回目の鑑賞。
『眠れる森の美女』のヴィラン、マレフィセントを主人公に据えるという、あまりディズニーらしくなくて新鮮なアプローチ。
『眠れる森の美女』自体のストーリーもほぼ忘れてしまったので原作との比較ができないのが残念だが、マレフィセントが人間を憎みオーロラ姫に呪いをかける経緯、そしてオーロラ姫が“そのとき”を迎えるまで死なないように見守るうちに…という展開は面白かった。原作とは違う結末にも感動。ディズニー得意の謳い文句“真実の愛”はクサいしサムいし好きじゃないけど、この映画に関しては“真実の愛”だな、と素直に受け入れられた。ポッと出の王子より、長年見守ってきた母代わりのマレフィセントのほうが愛が強いのは当然だし…
悪役を主人公に据えてもハッピーエンドで終わるところはさすがディズニーと言ったところか。
でもせっかくヴィランを主役に据えるなら、悪を貫いて欲しかったかなぁ…これじゃマレフィセントが良い人になって、代わりに闇落ちした王様が悪役になってしまっただけだな…とも思ったり。まぁそれをやるとディズニーじゃなくてジョーカーになってしまうから仕方ないね。

アンジェリーナ・ジョリーは妖艶で美しく、エル・ファニングは純粋無垢で可愛い。
あと地味にカラスくん役のサム・ライリーが好き。オーロラ姫を見守るマレフィセントをさらに見守るカラスくんという構図が微笑ましい。
王子は1ではほぼ空気だな…
悪役がなぜ悪役になったか、
をテーマにした作品が大好物。
頭の片隅にウィキッドのエルファバを思い出しつつワクワクして見てました。

がしかし、
マレフィセントは自分で呪いかけたくせに、その娘の様子を見守るなど、
悪役としての軸がブレブレ、というか実は悪い人じゃありませんでした、だったからちょっと思ってたのと違った。
演技や映像の作りは良かったが、ストーリーが緩慢。ほとんどがナレーションだよりで、マレフィセントの行動にも説得力がなかった。
妖精が不甲斐ないからマレフィセントが育てる?王子のキスじゃなくて、マレフィセントのキスが真実の愛??どの辺からマレフィセントがオーロラに愛情をもった??よくわからないまま、しかも、知ってる物語とは違う方向に話が進んでいって、とても気持ち悪かった。
ただ、オリジナルの眠れる森の美女を見直したら、呪いをかけるシーンの再現度が完璧なのがわかった。映像はいいんだけど、ヴィランなのに良い人に改変しようとしたのに無理があるなあ。原作みたいに思いっきりの悪役で良かったと思う。
アンジーが美しい💕
マレフィセントは、全然悪者じゃぁなかった
・眠れる森の美女の世界のメルヘンチックでロマンチックな森を実写化したのは凄いと思う。映像は本当に綺麗だった。
・アンジェリーナのマレフィセント役も良かった。魔女なのにオーロラ姫の保護者的な心情を持ってしまう複雑なキャラクターを恐ろしくも可愛らしく演じられてたと思う。
・もっと心に残るメッセージ性、テーマ性が強く感じられたら評価は高かったかも。
愛する人に裏切られた妖精の復讐劇かと思いきや、まさかの
「ツンデレ・フェアリーゴッドマザー」
とは思わず、にこにこしてしまった…w

他の映画や漫画の設定で、
「人間と妖精は元々仲が良かったが、それぞれの世界は交流を終えた。
人間は妖精たちの事をすっかり忘れて生活しているが、妖精たちは人間との楽しい記憶を忘れずに生きている」
みたいなのよく聞くけど、マレフィセントも幼馴染の事をずっと覚えて待っていて、あんなに酷い仕打ちを受けたけど結局は嫌いになりきれなかったのかな…愛してるからこそ恨むし、人間自体を憎みきれないのかなと。

キスのシーンは予想通りで、寧ろあの展開が嬉しかった。
もぎ取った翼は処分しようとしてもどうにもならず、閉じ込めておくしかなかった結果、元に戻ったのかなとか想像するのが楽しい映画でした。
ストーリーは非常に単純だが、兎に角マレフィセントのツンデレを楽しむ映画。
映画館で観た方が評価は上がるかもしれない。(冒頭の戦闘シーンとか、妖精界の美しさとか)

マレフィセント2のレンタルを心待ちにしています!
マレフィセントが寝てる間に仲が良かった人間の彼氏に羽をもぎ取られて、マレフィセントが朝起きたら羽なくて絶叫するとこから始まるんだけど、流石に気付くやろってツッコミたくなる映画。本編と重要な部分が違うので違和感あるかも。やっぱ日本と違ってハリウッドで実写化するとだいたいよい。2も面白かった。2はマレフィセントがモンペになりましたっていう映画。
新訳眠れる森の美女。主役はマレフィセント
途中からおや?と思って見てましたけど完全に百合ですねこれは
基本的な動機が愛から来てるのが女って感じでめちゃくちゃ好き
マレフィセントのいじわるがめちゃくちゃ陰湿で好き。勇気を出して明日からでもいいけど?とか言っちゃうのもめちゃくちゃ可愛いし相棒のカラスも愛おしい
こうなるのかな〜?という予想をいい方向に裏切ってくれるので見ていて楽しかった
完全にストーリーねじ曲げちゃってるけど、不思議と腑に落ちてそっか、まぁ、そうだよねってなる感じがいい。(聞こえてんのか、〇ターウォー〇のみなさん。)
マレフィセントも、オーロラ姫もまずビジュアルが可愛すぎて大好き、めちゃくちゃタイプ
マレフィセントが自分に対して感じる醜さに反して、純粋に成長していくオーロラ姫、の対比がよかった。
真実の愛のキスがマレフィセントなのもよかった。保護者?からの被保護者に対する無償の愛が感じられた。
ディズニー映画は敵をお城から突き落とすの好きだね〜!ってなって笑ってしまった。
>|