マレフィセントの作品情報・感想・評価

マレフィセント2014年製作の映画)

Maleficent

上映日:2014年07月05日

製作国:

上映時間:97分

3.5

あらすじ

ある王国で、念願のプリンセス、オーロラ姫の誕生を祝うパーティーが開かれている。招待客たちが次々に祝福に訪れ、城は幸福感で満ちていた。“招かれざる客”である邪悪な妖精マレフィセントが現れ、オーロラ姫に“永遠の眠り”の呪いをかけるまでは…。 はたして彼女は何者だったのか?なぜオーロラ姫に恐ろしい呪いをかけたのか?そして、その呪いがマレフィセントとオーロラ姫にもたらす驚くべき運命とは…?すべての謎を…

ある王国で、念願のプリンセス、オーロラ姫の誕生を祝うパーティーが開かれている。招待客たちが次々に祝福に訪れ、城は幸福感で満ちていた。“招かれざる客”である邪悪な妖精マレフィセントが現れ、オーロラ姫に“永遠の眠り”の呪いをかけるまでは…。 はたして彼女は何者だったのか?なぜオーロラ姫に恐ろしい呪いをかけたのか?そして、その呪いがマレフィセントとオーロラ姫にもたらす驚くべき運命とは…?すべての謎を解く鍵は、マレフィセント自身の封印された過去と、観客の予想を鮮やかに裏切る“真実の愛”に隠されていた…。

「マレフィセント」に投稿された感想・評価

内容が結構アレンジが効き過ぎていて
また別の作品としてみればおもしろかった。

私はディズニーアニメの
眠れる森の美女が好きなので
ちょっとイメージと違ったかな?と。

普通に見る分には
ラストもハッピーエンドで
よかったです!
ラストの展開許せん
ヴィランじゃねぇじゃん!ふざけんじゃねぇ!
なかなか良かったです。
男女の真実の愛って、ないのね…
アナ雪もそうだったけど。。
ステファンがクズ男すぎる

妖精はどうやったら死ぬのか、が気になった。
金属以外は無敵?
なお

なおの感想・評価

3.6
眠れる森の美女のサイドストーリーとして完璧すぎる面白さ!!!!
min

minの感想・評価

3.7
今までのディズニーの、
'愛する人のキスで目覚める'シーンの
なかで1番素敵な画だった
yun

yunの感想・評価

2.5
なんか・・想像してたのと違った。

オーロラ役のエル・ファニングはちょっと魅力が足りなかったような。
天真爛漫な雰囲気は抜群にあったけど、イメージ的にオーロラはもうちょっとおしとやかな色気のある女性でいてほしかった。

そしてアンジー、強くて濃い役がよく合っている。
フィリップに裏切られて邪悪になってしまった辺りからの演技が光っていた。

特に、城でオーロラに呪いをかけるシーン。
にまぁ(・∀・)っと笑うその顔。

この作品、さらりと作られているが、よくよく考えてみるとストーリーがえぐい。爆

ステファンは当初、オーロラを殺すつもりでいたが実行出来ず、しかし欲望には勝てず翼を持ち帰った。

オーロラへの想いが多少なりとも残っていたのかなと思いきや、あっさりと王になってよろしくやっているステファン。
(うん、男なんてそんなもん)

幼い頃から一緒に過ごし、恋心まで芽生えたのに、結果的には殺し合いになる二人。
なんのこっちゃ、人間の欲望っておそろしい。

昔恋した相手の子供を健気に見守るマレフィセント。
オーロラは生まれてこのかた父に会った事もないのに、自分の事情を知ると城へまっしぐら。初めて対面する父に飛びつく。

しかし父フィリップはもうオカシくなっており、娘への愛そっちのけでマレフィセントを討つ事しか考えていない。
かつて国同士の対立を越えて愛情を育んでいた二人が、大人になった今では本気の殺し合い。

結果的にマレフィセントはフィリップを殺してしまうわけだが、その後オーロラは二つの国の女王として君臨、父を殺したマレフィセントと笑顔で過ごす。。。

そして肝心の王子様、チョイ役すぎる(笑)
オーロラにキスするも、目覚めない(失笑)

つまりはオーロラに対して真実の愛を持っていない事が早々に証明されてしまったわけだが、この先オーロラはそんな王子と結ばれるのだろうか。

そんでもって、誰より一番の被害者は王妃。

彼女もほんのチョイ役であるが、その立場を考えてみると…
王である父の決めた相手と結婚させられ、その夫のせいで突然愛娘に呪いをかけられ、生まれたばかりの娘に一切会えなくなる。
夫はどんどんオカシくなってしまうし、挙句自分は病にかかり、たった独りで亡くなっていく。。。
なんてこった。

王妃の視点で映画作ったら、とんでもなく悲しい作品が完成してしまうではないか。

これでいいのかDisney。

大人になるとこうして余計な事が気になってしまうから嫌だはー。
世の中には気づかない方が良い事もあるのよね。。。

これはアンジェリーナ・ジョリーのマレフィセントぶりがあってこその作品。

オーロラの子供時代を演じたのはアンジーの実子。

このシーンだけ空気違いました。
タン塩

タン塩の感想・評価

4.2
映像美〜!て感じ!こういう悪役に焦点当ててくれる作品好きだなあと思った。終盤のドラゴンのCGはほんとに印象深い
オリジナル版の序盤のシーンの再現は圧倒的ディズニークオリティ。オリジナル版をみていると新しい視点で物語を追うことができるのが面白かったです。あと、思ったよりダークさは薄く明るめな印象でした
映像が美しい。展開は観ていれば読める。
映画館で観終えた後友人と「近年稀に見るクズ男で笑う」と会話を交わしたのがもう全て。
悪役にも“愛あり“。映像もキレイ、アンジェリーもステキ、内容もまた違った目線でみれる作品かなと。
>|