マレフィセントの作品情報・感想・評価

マレフィセント2014年製作の映画)

Maleficent

上映日:2014年07月05日

製作国:

上映時間:97分

3.5

あらすじ

ある王国で、念願のプリンセス、オーロラ姫の誕生を祝うパーティーが開かれている。招待客たちが次々に祝福に訪れ、城は幸福感で満ちていた。“招かれざる客”である邪悪な妖精マレフィセントが現れ、オーロラ姫に“永遠の眠り”の呪いをかけるまでは…。 はたして彼女は何者だったのか?なぜオーロラ姫に恐ろしい呪いをかけたのか?そして、その呪いがマレフィセントとオーロラ姫にもたらす驚くべき運命とは…?すべての謎を…

ある王国で、念願のプリンセス、オーロラ姫の誕生を祝うパーティーが開かれている。招待客たちが次々に祝福に訪れ、城は幸福感で満ちていた。“招かれざる客”である邪悪な妖精マレフィセントが現れ、オーロラ姫に“永遠の眠り”の呪いをかけるまでは…。 はたして彼女は何者だったのか?なぜオーロラ姫に恐ろしい呪いをかけたのか?そして、その呪いがマレフィセントとオーロラ姫にもたらす驚くべき運命とは…?すべての謎を解く鍵は、マレフィセント自身の封印された過去と、観客の予想を鮮やかに裏切る“真実の愛”に隠されていた…。

「マレフィセント」に投稿された感想・評価

gaku

gakuの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

今までただの悪者としてしか描かれていなかったマレフィセントの哀しい過去
本当の悪者はどっちなのか
ひでか

ひでかの感想・評価

3.8
マレフィセントムカつく嫌なやつかと思ってたけど全然いい人だった
ハッピーエンドになるヒールは如何なものか?ただ、アンジーが綺麗すぎる。
想像してた話とは全く違う、本当の真実。
マレフィセントが大好きになりました。
愛しくて愛しくてたまりません。
みんなに恐れられてる人は
本当は一番愛があるのかもしれない。
明日からそんな見方にしてみようと思える作品でした。
心に残る素晴らしい作品。
マレフィセントを抱きしめたいよ。
個人的にヴィランが好きなので大変に良き映画でした。悪役は悪役。みたいな感じはせずに、新しい眠りの姫の美女でした。
面白いです。映像も綺麗だし、女優さんも綺麗。
ぱぐ

ぱぐの感想・評価

4.7
アンジーが子供達に対しても役作りとして演じ続けたという、その完成度は驚異的。。
雪鳩

雪鳩の感想・評価

-
マレフィセントの話、というか完全なるオリジナル話。映像は綺麗だったし、ストーリーもとても良かった。一つ書くとすれば、オーロラ姫が「美しい」ではなく「可愛らしい」ことが残念。
coro

coroの感想・評価

3.2
2日続けてのエルファニング

満足するということを知らない人間たちが、幻想的で美しい妖精たちの国を侵そうとする。それを守ろうとするマレフィセント。いばら姫でもなく眠れる森の美女でもない、心優しき魔女の物語。

怒りを燻らせるマレフィセントの微妙な心の揺れ動きを、瞳の奥で揺らめくように静かに演じるA・ジョリーの独壇場。彼女の醸し出す不思議な雰囲気がこの映画を圧倒的に支配している。

残念なのは、魅力をなくした3人の妖精と足早に駆け抜けていく愛。
ゾロ

ゾロの感想・評価

4.4
再見

映画感で見て世界観が大好きだった作品

アンジーが好きな事もありますが、個人的にはディズニーで一番好き
「眠れる森の美女」のアナザーストーリーとして、マレフィセントの視点から描かれている

人間の傲慢なところがでますが
分かりやすいハッピーエンドが好き

国が明るくなるシーンは、宇多田ヒカルのtravelingのPVを思い出す(前回に続き)
izr

izrの感想・評価

4.0
本来ヴィランであるマレフィセントを主役にした映画ですが、マレフィセントの心情にも共感できる部分があり最後は泣けるよい映画でした。マレフィセントがとても美しい。個人的にはディアヴァルとマレフィセントの絶妙な関係性が好きです。
>|