マレフィセントの作品情報・感想・評価

マレフィセント2014年製作の映画)

Maleficent

上映日:2014年07月05日

製作国:

上映時間:97分

3.5

あらすじ

「マレフィセント」に投稿された感想・評価

若く美しい妖精・マレフィセントと人間の青年・ステファンと恋に落ち、いつも仲良く過ごしていたのだった。
しかし、人間と妖精の間で戦争が勃発。
戦争がきっかけで二人の関係は狂い、マレフィセントはステファンに羽を奪われてしまうのだった....
羽を奪われたマレフィセントは数年後、激しい怒りから彼の娘であるオーロラ姫に呪いをかけるのだった....

なんじゃこりゃ!!
実はこの手のディズニー作品、凄い食わず嫌いしていたんだけど普通に楽しめたよね!
こういうベタベタなストーリーもまぁ悪くないし、こんなん見ちゃったらアナザーストーリーと言われようともマレフィセントの見る目が変わっちゃいそうな感じ。
この作品からマレフィセントを好きになる人も多そうだよね、実際僕も好きになりそうだった。

しっかし、御都合主義すぎてちょっと見ていて嫌になってしまった.....
でも、テンポの良さや映像美はやっぱりディズニーで素晴らしい。
珍しく、荒さが目立つと感じた作品だったが、それだけで他は良かったので気になった人は是非!

ちなみに、マレフィセントの続編を見る予定を作っていたから見たんだけど結局続編見に行かなかったな......
774

774の感想・評価

3.0
やっぱりエルファニングは可愛かったけど、映画自体はちょっとつまらなく感じた。
自分には得点映像のほうが見ごたえあった。
アニメ版のマレフィセントをみてみたい。
好き。
幼少期のマレフィセントの可愛さ異常。
エルファニングかわいい。
結構好き。
Nagisa

Nagisaの感想・評価

-
記録

コレ観てなーい。やばー。
と思いきや..まさかの再鑑賞。
ママと劇場で観た..らしい..。
あれ..私のクローンでもいるのか?
私の記憶さん.今どちらですか?笑

マレフィセントの真実の愛。
違う視点で眠れる森の美女。
善と悪との境界線。親子とは。
とても素敵な物語でした♡
butasu

butasuの感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

これはマレフィセントではない。ディズニーが公式にこれを良しとしたことに心底がっかりした。ヴィランの側からあの物語を描くのかと思いきや、最早全く別の話。
一番の問題点は脚本が酷いために全員の行動原理が意味不明になっているところ。何故すぐ復讐しないで娘の誕生を待ったの?待った割に呪い中途半端すぎない?なんで王は敵国の3人の妖精(しかも無能)を招いて魔法をかけさせてかつ世話係にするの?マレフィセントはなんでハナから暖かく見守るモードなの?何がしたいの?オーロラは実際どうやって育ったの?まさかカラスが全面倒を見たの?んでオーロラは初めて触れる外の世界とか外の人間に対して怯えゼロなの?オーロラは誰にでもすぐ異様に懐くくせに育ての親には愛情ゼロなの?目覚めてすぐニッコリだったけど喧嘩のくだりどうなったの?つか王も呪いの直前に鍛冶職人叩き起こしても意味なくない?最後も別にマレフィセントは魔法を制限されたわけでもないのになんで追い詰められるの?
「なろう」小説のように、主人公を上げるために周りを下げた典型例。登場人物が全員実在感がなく何考えてるかわかんなくて気持ち悪い。特に3人の妖精のキャラ造形が酷すぎて憎しみしか湧かない。あとあの妖精の国は、マレフィセント以外にそこそこの知性を持った者はいないのか?
マレフィセントを祭り上げたいがために、アンジェ以外の俳優は比較的地味な印象。特に王。良い役者だがさすがにしょぼすぎてラスボス感弱い。オーロラは可愛げはあるものの、好みの問題かもしれないが美少女には見えない。
CGは素晴らしいが、演出のせいで非常に狭い世界観に見える。城とオーロラの育った家とマレフィセントの住処が全部近すぎ。
あと最後マレフィセントは絶対幸せになっちゃだめだろ。実の母親の気持ち考えろや。お前のせいで人生滅茶苦茶だわ。
あやぎ

あやぎの感想・評価

3.0
冷酷に見えて優しい一面もあって、悪にも二面性があるんだなぁと思った。
蘭

蘭の感想・評価

3.7
ディズニー版八日目の蝉
マレフィセントがオーロラ姫をいじめる話かと思ったら全く逆でいい意味で期待を裏切られた。

八日目の蝉もそうだけど、血の繋がらない母娘物の作品には「血だけが親子たる関係を築き得る唯一のものなのか?」というテーマを投げかけてくるし、そういう作品に惹かれる。何が親子たらしめるのか。血か環境か。永遠のテーマの一つ

カラスがめっちゃかっこよかったです(突然語彙力が低くなる)
マレフィセントの格好でも美しいアンジェリーナジョリー凄いなと思った笑
どんな話も観点を変えれば「正義」も「悪」も変わっちゃうな。深い。
カカ

カカの感想・評価

4.0
悪役だけど、めっちゃ同情してしまう。

真実の愛などはないというセリフが重い。

初恋の相手が敵になってしまうなんて、本当にマレフィセントにとっては辛すぎる。

そんな思いをオーロラにはさせたくなくて、過保護になってしまうのかもね。
とても良い話。母娘のシーンもっとみたい。
>|