美女と野獣の作品情報・感想・評価

美女と野獣1991年製作の映画)

BEAUTY AND THE BEAST

上映日:1992年09月23日

製作国:

上映時間:84分

ジャンル:

4.0

「美女と野獣」に投稿された感想・評価

od

odの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

王子様が期待してた程じゃない!

が、ロマンチックなので好き
CANON

CANONの感想・評価

4.5
めっちゃ好きーー!

ちっちゃい頃見て
面白すぎて何回も観てた。

挿入歌のベルの歌が好きすぎて
何回も聴いてた。

ベルのお父さんが優しすぎて理想。
Hiromasa

Hiromasaの感想・評価

2.0
読書家でロマンチシストのベルはつまらない男に付き従う妻になるのがいやだったわけだが、野獣に対しては常識人の立場から軽蔑をあらわにする。野獣とガストンという男は、共に同じような粗野なマッチョなのに、ベルが野獣の方を選ぶのは、もちろん人柄などではなく、彼が美女の愛によって美男子の姿を取り戻すという「ストーリー」のせいなのである。

映画としてはコクトーの「美女と野獣」から魅力的なニュアンスを失ったものに過ぎないのだが、ひとのいい燭台やポットがおせっかいを焼くのが、見ていて楽しかった。

あと、アメリカ人にも「おフランス」への憧れがあるのだなーと。
じゅり

じゅりの感想・評価

4.8
ディズニープリンセスの中で一番好きなのがベルです。
本が大好きで、町の人からは変わり者と言われるけれども、知的で自分をしっかりと持っているベル。

ディズニーのプリンセスものって、一目惚れだったりして、唐突に愛が芽生えるパターンが多いじゃないですか。
でも美女と野獣はお互い最悪な印象の出会いだったにも関わらず、優しさに触れて徐々に愛が芽生えていく…。この過程にドラマがあって、めちゃくちゃ好きです。

見た目など関係なく、例え恐ろしい野獣であっても愛することができるベル。
だけどベルの凄いところは、人間に戻って見た目が変わってしまったビーストを、変わらずに愛し続けることが出来るところだと思います。

ストーリーはもちろん、キャラクター、音楽、どれをとっても素晴らしい作品です。
レビューを書いていて、また見たくなりました。
これからディズニーランドに新設される美女と野獣のエリアが楽しみですね!
小さい頃からディズニーで1番好きな作品。ついに、DVD買ってしまいました。

初めてスペシャルエディションていう見たことないシーンがあるバージョンでみました!

やっぱり1番好き!
野獣ふわふわでイケメン
こ

この感想・評価

4.0
子どもの頃から観てたけど、大人になってから観直すと「人は見た目ではなく、心なんだよ」ってメッセージが隠れていたことに気付かされた
扇

扇の感想・評価

4.4
太陽が昇るように確かにある物語。と死の淵で『美女と野獣』の詩を遺したハワード・アッシュマンの気持ちを考える。
彼はLGBTだったが最愛の相手に恵まれたんだろうか。
この世の最期に残そうとした歌詞が「運命の人は必ず見つかる」だなんて素敵で震える。
過去の鑑賞記録

子供の頃からずっと繰り返し観てた大好きな映画
karin

karinの感想・評価

5.0
好きすぎて子供の頃ビデオテープが擦り切れそうなくらい見てました。今見ても素敵な映画だなぁと思います。
>|