アナと雪の女王の作品情報・感想・評価・動画配信

アナと雪の女王2013年製作の映画)

Frozen

上映日:2014年03月14日

製作国:

上映時間:102分

3.6

あらすじ

「アナと雪の女王」に投稿された感想・評価

NIWATORI

NIWATORIの感想・評価

4.0
中学のとき上映前の広告でエルサが城を立ち上げるシーンを見て無茶苦茶興奮したのを覚えてる ディズニープリンセスに興奮するなんて歳じゃないのに気になる…みたい…と思ってたら日本で大ヒットして結局友達と映画館に観に行った

懐かしいね
お姉ちゃんが、アホアナが!とか言ってて、長女視点だとそういうことか〜てなった2度目の鑑賞。姉妹で見れて楽しい♡
お父様お母様も帰ってこないし、人生で初めて愛した人に裏切られるし、残酷すぎるでしょ、て感じだけど姉妹愛で乗り越えられるの強く生きてて美しい女性だわ❤️
ゆ

ゆの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

物凄くたくさん見た
めっちゃ流行ったよね
訳の時に口の動き合わせたのは感動
曲も好き
アナちゃん最後にエルサ守るの泣いた😭
再視聴記録
彼氏が「エルサってアナのアタックフォルムとかスタンドとかじゃないの!?」と驚いていてネタバレ回避のために事前情報を入れないにも程があるだろうと思った
改めて見るとクリストフがまるで真実の愛ではないみたいな扱いされててちょっとかわいそう、でもチューできたからOKなのか?

このレビューはネタバレを含みます

いまさら…観た…!

新時代のクラシック。

新しいジェンダー感や、愛の形の多様性をはっきりと肯定してるのもとても意義がある。それらを「いわゆる古典的なディズニーらしさ」をメタ的に使い、自らをアップデートして未来に向けたメッセージを提示する姿勢もグッとくる。

展開が早急で非常にテンポが良くジェットコースタームービーになっていてエンタメ性も高い。

ラストのグーパンはディズニー映画史にぜひ残したい痛快で見事な一撃。あのタイプのオッサンはマジ、ワンパンいって良しと思う。性別とか関係なく誰だって自分らしく自由に生きることを選択出来る社会であるべきだし、人を都合良く型に押し込めたり、束縛したり、搾取したがる連中には顔面にグーパン。(そんな暴力的な映画ではない…!でも、闘おうよ、と勇気をもらえる。)

吹替で鑑賞、完成度がとても高く、メッセージに勇気がもらえる、これからも愛されていって欲しい素晴らしい映画。
Keito

Keitoの感想・評価

3.6
あらすじ
幼い頃は仲良し姉妹だった王女たち。しかし触れたものを凍らせる力で妹アナを危険に晒してしまった姉エルサは引きこもってしまう。やがて両親が亡くなり、王位を継ぐことになったエルサは戴冠式の日にも力を抑えられず、王国に冬をもたらす。いたたまれずに城を飛び出し、雪山で氷の城で自分を解き放つエルサ。そんな姉の苦しみを知ったアナは、エルサと王国を危機から救うために後を追う。

感想
当時凄い話題になったという印象。意外にも一回しか見たことがなくて、久々に鑑賞。個性的なキャラ。歌など本当に良くてこれは社会現象になると思った。歌が絶妙に良いタイミングで流れる。個人的には「ありのままで」より「生まれて初めて」の方が好き。胸が高まる(笑)。小さい子向きの映画なのでストーリーは少し物足りない感じだったけど、気軽に見れるミュージカル映画と言う感じで良かった。クリストフがSixTONESの慎太郎にしか見えない.....

映画情報
アナと雪の女王」は、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ制作の2013年のアメリカ合衆国の3Dコンピュータアニメーションミュージカル・ファンタジー映画。ハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話「雪の女王」からインスピレーションを得た、53作目のディズニー長編アニメーション映画。

監督 クリス・バック ジェニファー・リー
脚本 ジェニファー・リー
原案 クリス・バック ジェニファー・リー シェーン・モス
原作 ハンス・クリスチャン・アンデルセン「雪の女王」
制作 ピーター・デル・ヴェッチョ
製作総指揮 ジョン・ラセター
出演者 クリスティン・ベル イディナ・メンゼル ジョナサン・グロフ
音楽 クリストフ・ベック
主題歌 英語版 イディナ・メンゼル/デミ・ロヴァート「レット・イット・ゴー」 日本語版 松たか子「レット・イット・ゴー~ありのままで」(日本語歌)
編集 ジェフ・ドラヘイム
制作会社 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ                
ディズニーはたいがいお決まりの展開で意外性なしで物足りない。
感情表現が音とビジュアルで繊細に編み込まれていて鳥肌がたちました。
職人の匠を感じます。
そして、オラフ好きです。
あんまり期待してなかったけど
面白かった
派手な姉妹のケンカのお話し。笑
ディズニーでなければエルサは闇堕ち、妹と死闘の展開だったろうなぁ
>|

あなたにおすすめの記事