塔の上のラプンツェルの作品情報・感想・評価

「塔の上のラプンツェル」に投稿された感想・評価

ゆるり

ゆるりの感想・評価

4.6
すごく面白い。
ディズニー映画の中でもトップクラス。
映像も音楽もストーリーも最高なので、何度見ても楽しめる。
makomo

makomoの感想・評価

4.3
ラプンツェルがキラキラしてて、
楽しそうに踊ってる場面がめっちゃすき!
リンゴ

リンゴの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

DVD買って100回ほど観た。飛行機の中で何回も再生する程観た。

とても良いお話。

ラプンツェル16歳?にまでずっとあの塔で住んでたんだ。食事もトイレもあるから生活に困らなかったけど、退屈だと思う。陽に当たらないからか、かなり華奢だと思う。ビタミンD欠乏で骨が心配だ。髪に魔法が掛かってるから健康面ではそこら辺何とかなっていたのかな。最初、絵を描いたり、料理したり、編み物したりと、出来る事は沢山あるけど、それにしても約16年も毎日毎日そんなことしてたのか。外の世界を知らないから、それが普通だとは思ってたと思うけど…外を見れば行ってみたいなと勿論思うよね。与えられる本とか、ニセカーチャンによって検閲入ってたと思うけど、そうは言ってもめんどくさがってちゃんと調べてなさそう。すると、普通に王宮での生活の本とか、町の話とか、普通の生活の話など本から知ってそうだよね。あそこから出られないのは苦しそうだ。

ニセカーチャンの事を本当の母親だと思って育ったから、ラプンツェルが真実を知ったら、心の切り替えが大変そう、特にあの年頃の子には。本編では、アンタ私を騙してたのね‼︎と、ニセカーチャンをスッパリ断絶を宣言してたけど、しかし最後ニセカーチャンが落ちる時、あっと、手を差し伸べてるので、ラプンツェルにとってニセカーチャンに対する感情はとても複雑だと思う。幾ら見当違いな嫌味言われたり、自分を褒めてくれないカーチャンでも、本人にとってはカーチャンだから…。実家の城に帰って本当の両親と再会したので、これから新しい環境で本当の家族の関係を築いていくと思うけど、ニセカーチャンの事はトラウマになりそうだな。夜思い出して、懐かしんだり、恨んだり、頭に来たりしそう。ニセカーチャンも、ただ生かしておくのではなく、母娘としての関係を偽ってたので、あの塔の中で一緒に食事したり、贈り物と言って本やら毛糸やらを与えてたと思うし、子供にしたら、お母さん、ありがとう!!ニコ!!って気持ちになると思うよ。そこら辺?悪役だから、ニセママにとっては、心が痛むというよりは、やはり、ちょろいのうシメシメ…と思ってたのだと思うけど。

ラプンツェルも結婚もしたし、学ぶこともあると思うけど、過去の悪い思い出…悪いのかな?に囚われず、健やかにあってほしいです。一応、姫だから、これからドーンと政治経済を学ばさせるのかな… ユージーンと結婚したから、次の王はユージーン?統治出来るのかな…。頑張ってほしいです。
可愛いだいすき💜💜💜
princessのなかでいちばんすき👸♡
髪伸ばそうかな🤤
3Dで鑑賞

メニュー画面の時点で3D感がすごい

💚と💛と❤️と💜と💙の色彩がキレイ🎨

🌺がキレイでリアル。
🦎が可愛い。
🍎と🍏が好きな🐴も可愛い。🐎のくせに人間味があって表情とか面白い。さらに🐕みたいな面もあるから面白い。

城の🌇のシーンがキレイだった。

とにかく映像がキレイ❗️あまりの美しさに開いた口が終始塞がらなかった。
ずっと😮な顔だった。

終わった後、2Dに変換して観たけど3Dで観たほどの感動は得られなかった

ストーリーも良き
英語の聞き取りやすさも良き
エンディングの曲がノリ良すぎてさらに上がった♪

また観る‼️
Kaz

Kazの感想・評価

4.5
白馬に乗った王子様を待ち焦がれるプリンセスから、時代の変化に伴い、自立心・好奇心旺盛なプリンセスへと、作品内の彼女達がその姿を変えて久しいですが、特にラプンツェルはキュートでチャーミングに映ると思います。
それは、″プリンセス″でありながら、感性や感覚が、今を生きる女の子そのものであるからなのでしょう。
現代的によりアップデートされた彼女が、支持を得ないわけがありません。

まだ知らぬ世界に勇気を持って飛び出してみよう。痛みや悲しみはあれど、希望も喜びも待っているから。
時代が移り変わっても、人間が抱く想いは同じ。
普遍的な事を教えてくれる、それがディズニーの素晴らしさであると、この作品を通して改めて思いました。
マル

マルの感想・評価

4.0
素直におもしろくて楽しくて綺麗だった。マキシマスとパスカルがいい味出してる。
うり

うりの感想・評価

4.5
私の中のディズニープリンセス不動のNo.1
そしてアランメンケンは天才
ごじ子

ごじ子の感想・評価

3.0
Disneyはもうすごくて当たり前で、減点法になっている自分を反省してしまう。技術の進化のみならずプリンセス像も進化していく、その過程をも楽しめる。なんだかんだと世界を、人生を、肯定させてくれるありがたい存在。後々振り返って最初に思い起こすのはパスカルとマックス。愛らしく賢く。
hiro

hiroの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

脳内の感情を擬人化させて、
頭が混乱してる時はそれぞれの感情が暴れてる…っていう表現がすごく上手。発想も面白いのに共感できた、さすがピクサーという感じでした。
ピクサーのスタッフさんはやっぱりすごい。

率直に言うと、
傷つきやすい人、つい強がって本当の自分を隠してしまう人、自分を責めてしまう人に是非見て欲しいです。
>|