塔の上のラプンツェルの作品情報・感想・評価・動画配信

塔の上のラプンツェル2010年製作の映画)

TANGLED

上映日:2011年03月12日

製作国:

上映時間:101分

3.9

あらすじ

「塔の上のラプンツェル」に投稿された感想・評価

ディズニー作品は多分大体星3になると思う

コレが良い例

色んな層に響く様に家族愛、特殊な環境、伝統その辺りを盛り込んじゃうと星3になっちゃう

確かにそれぞれのクオリティは担保されている

けどトイストーリーがずば抜けていると思っている僕には基本物足りない
と言うか自己投影、没入感がやや難しい

主人公は例によってステレオタイプな夢見る女の子
けれど今回彼女に手を差し伸べるのは悪人…
かと思いきやストーリーが進むにつれ彼のアイデンティティ、人柄にみんなが恋に落ちるだろう

きっと一番の盛り上がりシーンを最後の最後に持って来ずに敢えて中盤に持ってくる辺りも好感が持てる
ディズニーの中で、塔の上のラプンツェルとリメンバーミーが大好きです!
数え切れないランタンが夜空に浮かぶ光景の美しさは圧巻だった。こういうところは、さすがディズニーだなあと思う。
あと、毒親の毒親っぷりが見事で、観ていて胸が詰まった。
りり

りりの感想・評価

4.0
何回観ても面白い
映画館でラプンツェルの情緒不安定なとこで笑った記憶
ジェンダーフリーの黎明期

ディズニー王道のプリンセス物語。ただし今作は姫が王子を待つだけでなく自ら行動するというジェンダーレスの転換期でもあった。最終的にはディズニーらしく至極単純明快なハッピーエンドに落ち着くのではあるが。

このレビューはネタバレを含みます

プリンセスの中で一番好きかもしれない

育ての親は私利私欲のためにしか動いてないと描かれてたけど、許すシーンがあっても良かったかなと思う
勧善懲悪にしても18年も育てていたら愛情湧かないのかな
ごはん

ごはんの感想・評価

3.0
ストーリーが思ったよりも楽しい。
他のプリンセスとの差別化なのか、最近のディズニープリンセスをはじめ、キャラクターデザインが地味に感じてしまい、パッと見て少しつまらなそうに見えてしまう。
人に聞いた話なのでソースは無いが、ヒーローを考える時、当時のディズニー女性スタッフが集められ会議をし、1番のイケメンを作ったそう。たしかにとても愛嬌のある男性になっている。
むしろヒーローが主人公の方が良かったのでは無いかとすら思う。
育ての親は子への愛を装っているだけのように終始描かれていたけど、
20年近く育てていたら愛も芽生えていたのではないか。
子もまた、それを思い返す日が来るんじゃないか。

と、思った。
KIKI

KIKIの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

ロマンスとユーモアとハラハラのバランスがいつまでも好き!悪いゴーテルの最後の消滅の仕方もスッとするし(自業自得ラスト)マックスの登場も心強いし、オープニングの歌も、夢があるーの歌もランタンのデュエットも大好き!目だけぎょろぎょろ大きい時代のディズニーで残念。今の人間ぽい表情でもっかい作り直してくれんかなぁ。『それが楽しいんじゃないか、また新しい夢を探すんだよ』とか『言ったっけ?その髪の方が好きだよ』とかもう好き!ユージーン好き!!!!
も

もの感想・評価

-
ユージーンがプリンスの中でやっぱり一番かっこいいよお

製作陣の女性たち、本気出してくれて感謝
>|

あなたにおすすめの記事