プロジェクト Xの作品情報・感想・評価

「プロジェクト X」に投稿された感想・評価

お子様は見ちゃダメ!負け組イケてない男子主人公トーマスの17歳の誕生日ホームパーティは酒池肉林のお祭り騒ぎから予想だにしないカオスな事態に❗

日本人には程遠いアメリカのパーティ文化
大きな一軒家をまるごと使っての夜通し行われる呑めや踊れやの乱痴気パーティ
最初は細やかなパーティにするはずが人は増え続けて徐々に過激にエスカレート、最後には収拾不可の大事件に!

映画だからまだ笑って観れるけど、もしリアルに自分の出来事だったらと思うと戦慄するだろう

でもちょっと憧れる(笑)


「ハングオーバー」「ネイバーズ」「クレイジーパーティ」「21オーバー 最初の二日酔い」なんかのはちゃめちゃパーティ映画が好きな人にオススメ

酒・ドラッグ・セックスと際どい下ネタもあるのでご注意ください♪(笑)
お馬鹿で最低で下品な映画です
でも彼らは確実に伝説を残した!

なんか観てるとアメリカって羨ましいなとちょっと思ってしまうw
日本ではあんなこと決してできない
日本で家の中や外で音楽流しながらのパーティーなんて考えられないでしょ
プールがある家なんてまずないし
しかも参加者はほとんど知らない人だらけ
まるでフェスを開催しているような人数!
馬鹿パーティーの映画はいつくかあるけど
あんな数は観たことないです
確実に1000人以上は超えているw
コスタがやりすぎたなw

しかし後半は思わぬ展開に!
あの展開があったから、さらにこの映画を面白くさせたんじゃないかなあと思う

けどアメリカ社会にとってはこういうパーティーが頻繁に行われてさらに問題になっているという警鐘なのかもしれない
と同時に思いました
まあそれはパーティーの内容を観たらわかるかな

中盤は踊って馬鹿騒ぎが続きますが
終盤の修羅場、カオス感が半端ないので
観ごたえはじゅうぶんあると思います
私が今まで観た中では
ここまでの馬鹿パーティー映画はなかなか
ないと思います
終盤はあまりの凄さに、ただただ茫然でした
まるで松尾芭蕉の
「夏草や 兵どもが 夢の跡」みたいなw
しかし、親父はやさしい

自分の誕生日パーティーなのに幸せ半分、
不幸半分なトーマス
次はコスタの家でやってやれよw
あいつひとん家だからか悪ノリしすぎw

何も考えず観れて楽しかったかな
RinIda

RinIdaの感想・評価

3.6
vive la feteとかLCDsoundsystem流れて最高でしたね

このレビューはネタバレを含みます


冴えない3人組(撮影者のダックス含めれば4人組だけど)が一夜でパリピになる話。
これがパリピかぁ〜と、狂った彼らをハラハラしながら観てました笑
ビデオカメラで撮影してる演出がまたリアルだなぁ

最後にきちんとトーマスがコスタたちのせいにしないで一人で謝るところがめちゃくちゃ偉い。
素敵なお父さんでよかったね…良くないけども…

途中「もーこんな収集つかなくしてどうすんの〜😥」と思っていたけれど、カービーとも上手くいって最後はスッキリ終わってよかったなぁ
ダックスが最初から最後まで謎だった〜〜いいキャラでした笑

コスタみたいな友達、ある意味欲しいな〜
okyawaman

okyawamanの感想・評価

4.5
最高。

狂ってる人って狂ってる人は面白く感じるんだね(笑)

竜これは見て(笑)
Nat

Natの感想・評価

4.3
最初観た時の衝撃。
最後の方はもうなんか全てがどうでもよくなる笑
パリピじゃないやつがパリピを極めて伝説になる話
ずっと観たくてdvd借りようかと思ってたらYから始まる動画アプリにフルでありました笑字幕はなかったけど内容が単純すぎて十分理解できた笑

この映画すごい!!なのになんで日本ではあんまり有名になってないの!!冴えない高校生三人組が誕生日に親がいないすきに、ホームパーティーをするんだけどはじけすぎて家がやべーことになっちゃうって話。
これは映画だから派手な演出はいってるけど
やっぱ海外は企画外だわ笑何回も口開けて見ちゃってた笑
パリピすぎ!いかれてるよ笑
これ後でネットで調べたら実話って書いてあって嘘かもしれないけどだとしたらやばすぎる。笑えないーー!
あとチョイ役でセッションの主役の男の人が出てたのお!ってなった。
Numa

Numaの感想・評価

3.0
「アホ」って言葉がほんとにしっくりくる映画。アホ。
でもライムでチュッチュうらやましい。
アメリカのどこかの負け犬高校生達のホームパーティーがめちゃくちゃになるについての映画だ。
わけわからん作品・・・でもまぁまぁ楽しかった。
はるな

はるなの感想・評価

3.7
ハングオーバー系。お酒飲みながら、なにこれwwwって言いながらみるのおもしろかった。こんなパーティ一回ぐらいしてみたいようなしたくないような。(笑)
>|