マックィーンの絶対の危機(ピンチ)の作品情報・感想・評価

「マックィーンの絶対の危機(ピンチ)」に投稿された感想・評価

確か副題に人食いアメーバの恐怖があったはず。

今鑑賞したら突っ込み所満載ですが。

貴重なスティーブ・マックィーンの初期の作品です。
全世界のスライムファンに贈る、マックィーンからの珍騒動劇。女性にしか目がない盛りの少年達が、自らの欲望を捨てて、blobに立ち向かう姿(消化器を噴射)がアツい。the blobに遭遇したら、市民 全員で汁(co2)男優になって反撃するぞ。
雄八e

雄八eの感想・評価

3.0
‪傑作「ブロブ/宇宙からの不明物体」のオリジナル作品‬
‪リメイク版に比べると見劣りするものの、リメイクされるだけあって1958年にしては非常にスリリングな展開‬
‪特撮含め怪物の描写も不気味でいい‬

‪ラストの展開は急展開すぎるもののそれまでの、徐々に危機が迫る描写の丁寧さは、当時色物系扱いであったであろうジャンルでありながら、非常に見応えがある‬

‪カルト映画として人気を博し、後年リメイクされたのもわかる、隠れた傑作ホラー‬
ほんと大好きこういうの。
アタックオブザキラートマトみたいな、
キラースノーマンみたいな、
ジンジャーデッドマンみたいなスライム。


職業柄、地下でCO2ぶっ放すのは危険すぎて焦った笑
woodyduffy

woodyduffyの感想・評価

3.1
人食いアメーバ
当時テレ東でやるたびに見てました
引き込まれたしオチも良かった
カラー作品だからか、お仲間のウランやカルティキに比べるとブロブは美味しそうな見た目をしている。
たしかリメイク版はグロかったような。
シナチQ

シナチQの感想・評価

2.5
劇場から苺ジャムのようなスライムが出て来るシーンは記憶あり…B級好きになるきっかけとなった映画と思う。
Hiro

Hiroの感想・評価

3.1
Retrospective
グリースで、トラボルタとオリビアがドライブインシアターで観ていた『THE blob』、、を観ていたら、思い出した。
懐かしい❗️の一言。
本来の原題は、ザ・ブロブ2000年代にリメイクされてるみたいで、マックイーン初主演のSF 映画。
アメリカでは、マックイーン人気の名を売る為、マックイーン絶対の危機としたんでしょう、
私が初めて観たのは、確か水曜ロードショー。
テレビタイトルは、『人喰いアメーバの恐怖?』か、襲来か、、
何しろ、当時としてはなかなか気持ち悪い生きた巨大スライム‼️
マックイーンの活躍は、正直印象薄く、ああ、そいえば出てきたなあ?
マックイーンのイメージは、人間相手の精悍なアクションスターだったから。。
このジャケット、主人公がする顔ちゃうぞ。
大傑作映画「ブロブ/宇宙からの不明物体」のリメイク元。リメイク版の方が圧倒的に面白いけどあのネチャネチャのスライムの表現はこの頃から完成してたんやね。
今から悲しい過去話をします……

私は以前、年上だと思われる珍獣から
「精神年齢が幼い子だろ、許してやろうぜ!」
と言われて苛められた事があります(本当です)
今日は、その珍獣に捧げるレビューです💖

コレはスティーブマックイーン先生が
人食いアメーバと死闘を繰り広げる映画です。
1958年と、かなり古い映画なのですが、
元読売巨人軍監督の原辰徳さんもハラハラして
アンパンマンのドキンちゃんもドキドキして
合わせてハラハラドキドキの展開でした!!

私が初めて鑑賞したモノクロ映画が本作なので
感謝の意味も込めてスコアを0、7増量します💖


【映画の総評です】
レビューの冒頭に書いた年上らしき珍獣は
恐らく私に嫉妬してたんだと思います……。
ズバリ言うと精神年齢が幼い私に嫉妬している
貴方(珍獣)の方が精神年齢が幼いと思います💖

そんな珍獣は人食いアメーバに食われて欲しいのですが残念ながら人食いアメーバの主食は人間なので、その珍獣は助かりそうです。。

そういう作品に仕上がってました😌💖
>|