ゆるせない、逢いたいの作品情報・感想・評価・動画配信

「ゆるせない、逢いたい」に投稿された感想・評価

何かのきっかけで人を好きになってしまう
小さな事でもお互いが興味を持てば、誰でも好きになる。
また小さな事でもすれ違いが起きてしまう。

切ない
キリン

キリンの感想・評価

2.0
何か凄く安直な表現だったな
確かにこの手の題材は
世の中にあるけど、ストーリーとして
ひねりも何も感じられなかった
ゆ

ゆの感想・評価

3.5
完全に柳楽くんが狂気なんですけどとても性癖でした柳楽くんの感想しか出ません
yama

yamaの感想・評価

3.4

引っ越してきたばっかでこの街のことなにも知らないから、この街のことをよく知ってる男の人に惹かれたのかな。

本当にレイプだった?って聞くの悲しい。
そんなこと言わせないでって好きだけど違うってあるよ。合意じゃなかったらダメなんだよ。傷になるんだよ。しこりになるんだよ。

どんなに傷つけられても思い出すのは良かった時のことで自分のことなのに自分が決められなくて自分はわからなくて進んで行っちゃう。確かなことは楽しかったこと。好きだったこと。

会えるからってメイクしていくんだよ、綺麗に思われたいの。

好きなのになんでやめてくれないの。
それが許せなくて。好きならいいじゃんではなくて。

女の子細くてかわいいなぁ。

好きだったのに、今もこんなに好きなのに。
本当はさ、今も2人で笑い合えれば幸せなんだろうに。抱きして会えたら。純粋に愛を伝えられたら。でもそうはできない現実になってしまったんだよね。前を向くためにさよならしなきゃいけないんだ。

スタートに立ちたい。
hazuki

hazukiの感想・評価

3.7
高校生まぶしーーーーー、なんだこれ??
眩しいだけじゃないけど

約束を守ってる、なるほどねぇ..
nakaji

nakajiの感想・評価

2.9
明確なテーマがある
デートレイプ

見知らぬ人に襲われた場合のレイプと区別し、恋人のような間柄や顔見知りの関係での無理強いされた性交渉をいう。肉体的暴力や言葉による脅し、アルコールなどで抵抗力を奪ったうえで性行為を強要するなどさまざまな形態があるが、いずれもはっきりした合意がないかぎりレイプである
合意の有無の立証が難しいため、日本では刑事事件として処理されることはまだまだ少ない。加害者の中には犯罪という意識が全くなく、逮捕されるまで犯行を繰り返す者も少なくない
公益財団法人 日本女性学習財団

たしか、アメリカでは夫婦間でも訴えられるとか

テーマはハッキリしているのに、知識をひけらかしただけで、あやふやな内容になった

NPO法人「被害者加害者対話の会」
被害者と加害者が再会した時の話
被害者の身内が本人を傷つけてしまう話

どんな場合でもレイプの傷はトラウマになってしまう
ラストが理解できません
トラウマになるなら加害者を好きではいられないでしょう
好きなのに永遠に別れる必要は無いですよね
ただ、加害者と被害者の再会で感銘を受けた事例を入れたかっただけだろうけど、余計に意味がわからなくしている
こんなラストでは、やっちゃえばなんとかなるって男の身勝手な思い込みを助長してしまいます

引っかかったのは、警察に務めている兄から、事件が生徒に知られてしまうシーン
公務員には守秘義務があり、これは懲戒処分になります
慰謝料の請求もできるでしょう
公務員といえば安定職ぐらいの認識でなる人が増えているが、公務員は公僕です
公衆への奉仕者です
生半可な気持ちで務めてはいけません
軽薄な脚本だなあと思ったんですが
公務員のコロナ会食の実態を見ていると嘆かわしい

柳楽優弥のオーラがすごすぎる
その辺の小娘が近づけるような雰囲気ではない
自転車の2人乗りのシーンなんて、子供を乗せているようにしか見えない
特に前半は映画を壊しました
キャスティングミスですね

下がった広角、眠そうに瞼が下がり気味だけど、ヒロイン以上に美少女ぶりがめだった新木優子
彼女のスッピンは、宝石の原石を見るような価値がありましたが
今の彼女を見れば、表情やメイクの勉強は大切なんだたとつくづく思います
なんともコメントしにくい作品。
もっとお互い上手くやれなかったのか、もう少し考えてから行動できなかったのか、とか色々考えしまいました。
終わり方もまぁ…。
若さ故不器用だったのかな…
でも、無理矢理はダメだ🙅‍♂️
お互い好きなのにこじれちゃったな…
切ないな…楽しかったのに😢
ラストも不器用だった😖
若い新木優子が可愛らしい😊
iman

imanの感想・評価

3.0
母親が愛するあまり毒親化していたし、デートレイプというより普通にレイプでは?
破壊

破壊の感想・評価

3.2
主人公と友達の関係がすごく瑞々しくて、傷つく様もリアルで、観ていて辛かった
>|