真白の恋の作品情報・感想・評価

真白の恋2015年製作の映画)

上映日:2017年02月25日

製作国:

上映時間:97分

4.0

あらすじ

渋谷真白は、生まれてからこれまで、家族と共に富山で暮らしている。真白には、ごく軽度の知的障害がある。見た目にはそれとわからないが、精神年齢は十歳程度で、日常生活に支障はなく、知らない人から見れば、「少々エキセントリックな人」といった印象だ。真白は、自分が「障害者」であるという事は理解している。しかし自分の何が、「普通の人」と違うのかまでは、理解する事ができない。現在は父の営む自転車店の店番をした…

渋谷真白は、生まれてからこれまで、家族と共に富山で暮らしている。真白には、ごく軽度の知的障害がある。見た目にはそれとわからないが、精神年齢は十歳程度で、日常生活に支障はなく、知らない人から見れば、「少々エキセントリックな人」といった印象だ。真白は、自分が「障害者」であるという事は理解している。しかし自分の何が、「普通の人」と違うのかまでは、理解する事ができない。現在は父の営む自転車店の店番をしたり、飼い犬の世話をしたりと、元気に暮らしている。ある日、兄の結婚式で神社を訪れた真白は、東京からやって来たフリーカメラマン、油井景一に出会う。ひょんな事から、油井に少しの間カメラを預けられた真白は、レンズを覗き込んだ瞬間、うっかりシャッターを切ってしまう。その時偶然撮れた写真を、油井が気に入ってプリントした事から、二人の縁が繋がってゆく。真白の、生まれて初めての恋。応援する人、心配する家族。その中で真白は何を感じ、どう成長していくのか…。

「真白の恋」に投稿された感想・評価

yui

yuiの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

どうしようもなく切なくやりきれない話でした。

登場人物一人一人の言葉にリアルな重みがあって、それぞれの立場の気持ちがよくわかるからこそ切ない。

家族が障がいをもつ子を普通より手厚く見るのは当たり前だし、そういう責任も人一倍感じるもの。
子の幸せと、特に安全を願う気持ちが強いのはとてもわかるのですが、縛りすぎてその子が悲しい顔をしていたら元も子もないですね…それをわかっていて守りたい気持ちが勝ってしまうのも家族だからしょうがないですね。

どうやったら普通になれるの
という言葉が忘れられません。
りん

りんの感想・評価

3.8
どこかで置いてきたもの、忘れてきたもの。それをひとつずつ経験していく真白。 ぼくらがこれから生まれてくる真白のような人を生かれやすいような常識を築いていきたいな
Husky

Huskyの感想・評価

3.7
名前のように穢れのない主人公。それだけに見てて胸が痛い。
普通ってなんやろー。
kaname

kanameの感想・評価

3.5
富山県射水市を舞台に、軽度の知的障害を抱える女性の淡くて切ない初恋を描いた物語。

幻想的な富山県の風景と優しい話…小ぢんまりとした地味な映画ではあるが、とても良い内容だったなぁと。

はっきりとした解決がある訳ではないけど前向きに終わっていく、爽やかな物語の閉じ方も見事だったと思う。
良い映画観たなあ...
途中まで蓮佛美沙子だと勘違いしていたけど...

主人公の真白は知的障害で本人も障害があることを自覚しているが、ごく軽度な障害であるため、会話は問題なくできるし周りからは変わった子くらいにしか思われない。

だけどそれゆえ"普通"という言葉に人並み以上に悩むし、周りの悪意のない何気ない一言に傷つけられる。

"普通"って一番安心できて一番人を傷つける言葉だよね。"普通"かどうかは基準のない結局その人の裁量次第の言葉なのに「普通じゃない」と言われると人間として全て否定されたように感じてしまうよね。

家族は真白のことをとても大事に思っているけど、障害者というバイアスをかけているから、
悪意はなくとも真白を普通じゃないものとして扱っているし、真白もそれを感じながら生きてきた。

だからこそ真白を普通の人として接する由井や雪菜に感動する。頭では分かっていてもそう簡単にできることではないよね。

ラストもハッピーエンドなのかはそれぞれの解釈によって変わると思うけど、私的にはマンチェスター・バイ・ザ・シーと同じように「ハッピアーエンディング」であると思った。

一つ言うと、
過去の誘拐事件の設定も後々の展開における各人物の心理描写に大きく作用するけれど、だからこそもっとそこら辺を深く描いてほしかったとは思いました。
Hawkwind

Hawkwindの感想・評価

2.5
知的障害者の女の子が東京から来たプロ・カメラマンの青年に片思いするという、富山県オールロケの地方製作作品。
軽度とはいえ、今時のその辺にいる若者に比べ挨拶はちゃんと出来るし礼儀も正しいので、全く障害者に見えなかった。いかにもという演技にすると、色々とクレームが来る事に留意し過ぎた結果かもしれない。
監督も地元在住の人で、富山のロケーションが綺麗だった。主役の佐藤みゆき、助演の岩井堂聖子が好演。
ちょっと離れたところからみたらわかるのに、そこにいると見えなくなっちゃうことってたくさんある。愛情があるからこそ。

そして、一気に全部見えるようにはならないよね。すごくリアルな映画だと思った。けっこうみんなダメなやつだけど、みんなすき。

とくにゆきなちゃん、だいすき。ゆきなちゃーーーん。すき。ましろも可愛い。
emily

emilyの感想・評価

4.1
富山県射水市を舞台に軽度の知的障害のある真白が東京からやってきたフリーカメラマンに恋をした。今まで両親から過保護に育てられ、犬の散歩と父の経営するサイクルショップの店番をするのみの日々。カメラマン油井と出会いカメラを通して恋をする喜びをやさしい目で描写する。

 心洗われるような真白の美しい純愛。軽度の知的障害なため見た目には一切分からない。油井はそれを真白の個性でよいところだと褒める。壮大な山々と雪景色、朝日から夕日、田舎の街の風景の中でたゆたう空気が、真白の心情を浮き彫りにし、優しい音楽が寄り添う。

 家族は娘を守りたい一心で、気が付いたら真白を抑えてしまう結果になってしまっている。静かながらも家族の心情もしっかり描写されており、そこにはしっかり愛が行きかっている。しかし一言目には「障害者なんだから」と自然に出てしまうのだ。一線を引いているのは、家族や周りの物で、その発言は確実に本人に心の障害を植え付ける結果となっている。しかしそこに悪意は全くない。ただ愛する家族のために自分たちが出来る事を精一杯やってるだけなのだ。

 彼女が恋をすることで、そこに第三者が加わる事で、真白自身が変わっていくのだ。そこにあるのは普通の純愛だ。恋をして灰色だった世界が煌びやかに輝きだす。なんでもない景色が別の色に見え始める。カメラを通して形に残せばなおそこに自分の心情がのる物だ。同じ景色でも見る人によって別の色になるのだ。その色に見せるのは自分自身の捉え方が変わったからである。

 恋は幸せと勇気を与える。そうしてそれは周りにも伝染するのだ。彼女の恋は真白自身の成長へ繋がるだけでない。心にあった障害の壁を取っ払ったのは家族自身も同じなのだ。そこには今までと変わらない世界がある。変わらない景色がある。でもそれを見る私は昨日までの私とは違う。だから何でもない日常にも笑顔がそうして穏やかな気持ちがながれている。景色は変わらない。狭い世界を大きく価値のある物に見せるのは、自分の心次第である。
むしろ、普通ってなんなんだと。

普通なんてないんだよ。


真白は真白なんなんだよと。
notitle

notitleの感想・評価

3.7
田舎を出たことない、一人の女の子の初恋の話。キャッチの“普通”てのがイケてない。同じものでも、皆見え方は異なる。何や普通って。閉鎖的で、偏執的で生き辛そう。町を見下ろす立山、檻の如し。何かとても表面的。真白の好奇心に満ちた顔は良かった。
>|