真白の恋の作品情報・感想・評価

「真白の恋」に投稿された感想・評価

自分の中の「普通」ということに対する考え方に疑問を呈してくれた作品です。

私は理解のある人間だと勝手に思い込み、配慮という差別をしていたのではないかと考えさせられました。登場人物がみんな善人ではなく、あくまでも普通の人だったので響くものがありました。

この映画に出てくるような恋が「普通の恋」として一般的で、誰かから特別に注目されることなく、ひっそりと育まれる未来になることを切に願います。
まなみ

まなみの感想・評価

4.4
久しぶりに綺麗なものを見て泣いた。
富山の景色と、真白の純粋さ。

勿体無いこと、なんてなにも無い。

何も悪いことしてないのになぁ。
守ってあげる、って難しいなぁ。
でも悪い人は一人もいなかったね。
mo

moの感想・評価

3.6
なにって真白の家族が1番真白の知的障害を気にして周りの目を意識して生活してるんだよね。そんな中でも、真白はちゃんと成長していて強いなと思った。
Tak

Takの感想・評価

4.1
こてつママさんのレビューを読んでレンタル。

富山に暮らす知的障害を持った女の子、真白。
東京から来たカメラマン油井と出会い、心惹かれていく。

「真白ちゃんて変わってるよね」
「そうか、気持ち悪い?」
「なんで?全然!」
真白の硬かった表情が、はにかみながらほぐれていく。…好きなシーン。

ピュアな真白の恋も応援したい。
両親が心配するのも理解できる。
過去の事件があればなおのこと。

「お母さん、どうやったら普通の人になれるの?」
真白の叫びが心に刺さる。
ai

aiの感想・評価

3.0
真白がかわいい。油井さんの気取りの無さが素敵。そして、富山の街並み、雪景色が美しい。写真っていいなぁと素直に思った。内容は言葉にし難い部分もあるけれども、すんなりと見ていられる。
ただ、全体的に薄い感じがするのが残念。好きなものには踏み込みたいと思うのは、青い証拠かなぁと思いながら。
kazu

kazuの感想・評価

5.0
今年一番良かった本気で

全体的にちょうどいい重さといいますか質量といいますか。適度なセリフが扱われてて、みんな良い人
オーバーリアクションと下手なセリフがほんまにない
お父さんも理想的、お母さんも心配しつつも干渉し過ぎないけども、干渉する感じ、お兄さんは嫁さんが可愛いので腹たつ

油井君が言った東京はダメだよ が考える部分かと思いますので立山に登ります、いつか。そしてプロになれるよって言われた時の反応も完璧

真白ちゃんの良いところは立山に行けなくて泣いたんじゃなくて約束を破ってしまったことに泣いた処かな!!!

お父さんの良いところは真白を守ると考えを固定して逆に思考停止してしまう所を雪菜ちゃんの言った言葉にしっかり受け止めている姿勢やな

そして雪菜さんは僕が貰います
富山の美しい景色と無垢な恋心
綺麗な話やな

“配慮が足らなくて申し訳ありません”って言葉
何の配慮 その配慮がなく、普通に扱ってくれたから真白ちゃんは恋をしたんだろうな
自分を全く知らない世界で出会うことで、こんな純粋に恋心が芽生えるんやね
自分の物差しに対する素朴な疑問と、恋した真白の素朴な可愛さが心に残る作品だった。

"障害者だから" "障害者だけど"
こういったワードがなければ普通の恋物語。
この"普通"っていうのはもちろん自分の尺度だ。
どうしても自分基準になってしまうことに気付く。

今の真白を応援する従姉、先の真白を心配する両親。共通してみんな真白の幸せを考えていた。
あの従姉好きだなぁ。電話押し付けたり、互いの部屋行き来したり、自然で楽しそうな関係が良い。

寒々しい雪景色だが、なんともあったかい空間が印象に残り、見終わったあとはほんわかな余韻あり。
kana

kanaの感想・評価

3.8
福地祐介 めっちゃイケメン!
真白ちゃんの演技も素晴らしい

最後の「どーやったら普通の人になれるの?」の台詞にはグッと来た
甘味

甘味の感想・評価

4.1
真白の恋はその名の通り、真っ白な雪のように淡く儚く、どこまでも純粋だった。
優しくてほろ苦く。切なくてあったかい。
とても丁寧に作られていて、作り手の真心を感じる。いい映画だなぁ…

俳優陣皆良かったけど、雪菜役の岩井堂聖子(高橋真唯改め)に一番持ってかれた。今まで色んな作品で彼女を見てきたけど、本作がダントツでベストアクト。素晴らしかった。

因みに今年たまたま生まれて初めて富山に行ったんだけど、立山連峰の景色といい街並みといい、本当に美しくて素敵なところだった。(おまけに温泉や海の幸も堪能出来て最高!)なので監督がデビュー作の舞台を生まれ故郷にした気持ち、よく分かったよ。
>|