真白の恋の作品情報・感想・評価

真白の恋2015年製作の映画)

上映日:2017年02月25日

製作国:

上映時間:97分

3.9

あらすじ

渋谷真白は、生まれてからこれまで、家族と共に富山で暮らしている。真白には、ごく軽度の知的障害がある。見た目にはそれとわからないが、精神年齢は十歳程度で、日常生活に支障はなく、知らない人から見れば、「少々エキセントリックな人」といった印象だ。真白は、自分が「障害者」であるという事は理解している。しかし自分の何が、「普通の人」と違うのかまでは、理解する事ができない。現在は父の営む自転車店の店番をした…

渋谷真白は、生まれてからこれまで、家族と共に富山で暮らしている。真白には、ごく軽度の知的障害がある。見た目にはそれとわからないが、精神年齢は十歳程度で、日常生活に支障はなく、知らない人から見れば、「少々エキセントリックな人」といった印象だ。真白は、自分が「障害者」であるという事は理解している。しかし自分の何が、「普通の人」と違うのかまでは、理解する事ができない。現在は父の営む自転車店の店番をしたり、飼い犬の世話をしたりと、元気に暮らしている。ある日、兄の結婚式で神社を訪れた真白は、東京からやって来たフリーカメラマン、油井景一に出会う。ひょんな事から、油井に少しの間カメラを預けられた真白は、レンズを覗き込んだ瞬間、うっかりシャッターを切ってしまう。その時偶然撮れた写真を、油井が気に入ってプリントした事から、二人の縁が繋がってゆく。真白の、生まれて初めての恋。応援する人、心配する家族。その中で真白は何を感じ、どう成長していくのか…。

「真白の恋」に投稿された感想・評価

最初の「おう!」と言うセリフを聞いて絶望した。これは間違いなく駄作、、、開始10秒で停止するか迷う。とりあえず勿体無いからという理由で我慢する。見続け、同時に続く不安感。しかしその違和感を払拭するには十分な内容だった。それから過ぎる時間の速さ。なかなか考えさせられる内容、それもまたよかった。そして富山に行ってみたい。
ごく軽度の知的障がいのある真白の恋心、そしてその真白を見守る人たちを描いた作品。

真白の純粋な想いと、家族が真白を大切に思うな気持ちがストレートに伝わってきます。それを観て、切なく、悔しく、やるせないような…簡単に言葉で形容できない色々な感情がいっぺんに込み上げてきて…涙腺が崩壊してしまいました。

とにかく良い映画。普段、邦画を観ないような人にもぜひ観てもらいたいオススメの作品です。
ryohei

ryoheiの感想・評価

4.2
みんないい人なんだよね…どんな大人だって、どんな辛い経験した人だって、考えがみんな全て正しいわけじゃない。
そんな葛藤のぶつかり合い。
人を思う気持ちが強いからこそなんだよね。

とっても見応えあったし、気持ちまっすぐすぎて辛くなる…
昼顔なんか見てる場合じゃねえええぇ!笑
おすすめ!!

エンドロールで点数あがると思うよ。
Nori

Noriの感想・評価

4.0
淡々と日常が過ぎて行くだけの映画ですが、この先も忘れる事のない映画です。
そして、主人公の真白ちゃんを、全力で応援したくなる。

主人公の彼氏が言った「何を持って障害者と言うのか?」
この言葉に心を打たれました。
F

Fの感想・評価

3.4
今この歳になって観たからこそ全て理解できた
多分子供だったころは、親の気持ちは理解できなかっただろうな
親はただ子供に辛い思いをして欲しくない。ただそれだけなんですよね
子供をどこまで自由にさせてあげられるか
そこが親としては難しいところだと思います

そして真白の恋。
最近恋って、好きって、何だろうと思っていたところで、この作品を観て思い出したような気がしました
好きな人の好きなものを、自分も好きになって、自然と特別な存在だと感じるようになって

観て良かったと思う映画でした
ひ

ひの感想・評価

4.3
色んなことがどうでもよくなって色んなことがどうでもよくなくなった

普通って何?社会に適応できない人を障害者と呼ぶなら俺も障害者だよ

幸せな気持ちにも悔しい気持ちにもどうにもならないような気持ちにもなった
本当に観てよかったなと思える映画でした
「いろんなものがどうでもよくなって いろんなものがどうでもよくなくなった」
障害がある、のとひたすら同じ話でボケてきてる、不倫してる、仕事うまく行かない、みんな普通じゃない出来事で障害で溢れてるし誰も普通じゃないし普通じゃなくてよかったじゃんだから他人がおもしろいんじゃん誰かと乗り越えるためにあるんじゃん

(あと立山ほんとすき…)
kohei

koheiの感想・評価

4.4
恋。
それは突然やってきて、目の前の世界をまるごと変えてしまうもの。
「ちょっと」がちょっとじゃなくなったり、嫌いだったものを好きになること。
いつも通りの風景が、特別な情感を持つようになること。

この映画の描く世界は優しくて苦しくて、胸がキュッとなった。めちゃくちゃにいい映画。
watabou

watabouの感想・評価

4.6
昨年見逃してしまった映画。やっと見ることができました。

愛ゆえの心配、自分も幼少期の頃は祖母に何をするにも心配されてました。
軽度の知的障害がある真白は名前の通り真っ白なキャンバスで写真家の油井と出会う事で色をつけてゆく。しかし、家族の愛ゆえの束縛で真白は"普通"でいられない事に心がよじれる。
"普通"とはなんなのか。

とにかく素晴らしい映画に出会えてよかったです。みんなに見てほしい"日本映画"です。
まこと

まことの感想・評価

4.7
一度でいい

騙されたと思って観てほしい


今、心の底からオススメできる一本

今、心の底からオススメしたい一本


あなたの手元で未見の映画がもうずっと山積みになっていることは知ってます

でも一旦それらを横に置いといてはもらえないだろうか


決して穏便な物語ではないが、この上なく訴えかけてくるものがある

わたしにも

そしてきっとあなたにも

すさまじく痛烈にこの上なく痛烈に訴えかけてくるものがある
>|