真白の恋の作品情報・感想・評価

真白の恋2015年製作の映画)

上映日:2017年02月25日

製作国:

上映時間:97分

3.9

あらすじ

渋谷真白は、生まれてからこれまで、家族と共に富山で暮らしている。真白には、ごく軽度の知的障害がある。見た目にはそれとわからないが、精神年齢は十歳程度で、日常生活に支障はなく、知らない人から見れば、「少々エキセントリックな人」といった印象だ。真白は、自分が「障害者」であるという事は理解している。しかし自分の何が、「普通の人」と違うのかまでは、理解する事ができない。現在は父の営む自転車店の店番をした…

渋谷真白は、生まれてからこれまで、家族と共に富山で暮らしている。真白には、ごく軽度の知的障害がある。見た目にはそれとわからないが、精神年齢は十歳程度で、日常生活に支障はなく、知らない人から見れば、「少々エキセントリックな人」といった印象だ。真白は、自分が「障害者」であるという事は理解している。しかし自分の何が、「普通の人」と違うのかまでは、理解する事ができない。現在は父の営む自転車店の店番をしたり、飼い犬の世話をしたりと、元気に暮らしている。ある日、兄の結婚式で神社を訪れた真白は、東京からやって来たフリーカメラマン、油井景一に出会う。ひょんな事から、油井に少しの間カメラを預けられた真白は、レンズを覗き込んだ瞬間、うっかりシャッターを切ってしまう。その時偶然撮れた写真を、油井が気に入ってプリントした事から、二人の縁が繋がってゆく。真白の、生まれて初めての恋。応援する人、心配する家族。その中で真白は何を感じ、どう成長していくのか…。

「真白の恋」に投稿された感想・評価

すずき

すずきの感想・評価

3.5
軽度の知的障害を持った女の子の話。どの視点からも偏りがなくていい映画だと思うけど、兄ちゃんが「もったいないなんてことないだろ」とムッとするところが一番自分の視点にあてはまってよかった。
saki

sakiの感想・評価

4.0
劇中歌が真白の恋そのまんますぎてホロっときた…「あなたは私を忘れるでしょう 私はあなたを忘れないでしょう」せつない…
うめ

うめの感想・評価

4.4
海の近くの
小ちゃい町の
真っ白な世界に
ずっと住んでたんだ
でもね
光が
眩しくて
あったかくて
優しい
朝日がね
射してきたの
知らなかった
こんな
キレイだって
楽しいって
もっと一緒にいたい
もっといっぱい話したい
あたしも
普通になりたいよぉ



富山の小さな港町に暮らす真白。
静かで穏やかな毎日に小さなきっかけが訪れる。
普通だったらありふれた喜びかもしれないけど…
障害を持つ真白にとって、それはとても大きな大きな人生を変えるような変化だ。



はそれが受け止めきれない。
家族だから。
そんなの無理だって。
「もったいないって何だよ」
こんなに思っているのに。
でも
隣に住むいとこの雪菜。
東京から帰ってきた彼女は違う。
「恋はつらいよね」
遠慮なんかしない。
率直に話すんだ。
本当に真白の気持ちを考えているから。
気持ちが分かるから。
お義姉さんのそっと見守る優しさもグッときた。


立山連峰
日本海
美しい自然
繊細に鳴り響く音楽
素朴な演技
真白と雪菜の関係
気がつけば
何度もはらはらと流れる涙


素敵な
本当に素敵な映画だった。
この作品に出会えて幸せです。
さみー

さみーの感想・評価

3.4
うーん油井の扱いがちょっと…。
嫌いじゃないけど自分の中でうまいこと噛み合わなかった。
雰囲気は好き。
chikurin

chikurinの感想・評価

4.0
こういうラブストーリーも良いかも。
変なハッピーエンドも要らない。
切なさと、爽やかさの感動があります。
本当にピュアなんですよね。
それが一番です。
kurano

kuranoの感想・評価

2.0
東京から来た人が絶妙にダサい。
これがオダギリジョーとかだったら…
macoto

macotoの感想・評価

-
富山の港町。雪景色きれいだったな。
初恋。2人のデートが素敵でした!
真白が撮る景色と油井さんの撮る景色。
人によって観る景色が違う。なんか…
あらためて写真っていいなぁって思った。
特に油井景一役の福地祐介さんの言葉。
忘れられないな。今でも胸に残ってるよ。

“普通”って…なんなのかな。。
マサキ

マサキの感想・評価

4.0
作中の父親の過保護な面が私の母親と被った。
私も普通のことしたい。

終わる頃に家族が成長していた。
それは真白の純粋素直さが大きかったとおもう。
私は無い物ねだりが底にあるみたいだから、感情を大切にしないとこのまま何も変えられないと思う。
もやし

もやしの感想・評価

5.0
何度か泣きそうになったー


平たく言うと「障害者」と「恋」の話ですね。
でもそういうテーマで括るのは不適切な感じがしてしまうぐらい良いっすね。



「どうやったら普通の人になれるの?」って泣くシーンは魂の叫びに聞こえた。


人の一生ものの恋を見せられた感じ。
真白はこの恋を一生大切に生きていくんだろうな。



障害者は恋しちゃいかんのか!って話はあるけど、そんな単純な感情論では済まない。どの人の言い分もわかる。
出口のない話を提示される。


基本的に二人のやり取りはほのぼのとした感じなんだけど、それが続く内に、親とか周りが介入してくる。
恋するのは自由だろ!って言いたいけど、今までがあるからね。そんな簡単にはいかない。

どうしようもない現実に、真白が何度か泣いてしまうけど、こっちまで泣きそうになる。


切ない恋でした。
音楽も素敵だったなあ。

邦画のオールタイムベスト10を挙げる機会があったら絶対この映画は入れたい!
eedays

eedaysの感想・評価

4.0
恋の映画です。
知的障がい者と健常者の恋が描かれています。
恋してますか?
>|