ウーナ 13歳の欲動の作品情報・感想・評価

ウーナ 13歳の欲動2016年製作の映画)

Una

上映日:2017年07月16日

製作国:

上映時間:94分

3.2

あらすじ

ウーナは、13歳の時に許されぬ恋をした。相手は父親の友人でもある隣人のレイ。二人の年齢は親子ほど離れていたが、お互いに愛し合っていた。しかし、その恋はある夜に突然終わりを告げた。レイは少女と関係を持ったことにより逮捕・収監され4年服役。その後、町から姿を消した。一方ウーナは、事件から15年経った今もレイのことが忘れられず、意味もなく名も知らぬ男に抱かれ、抜け殻のような毎日を送っていた。ウーナと将…

ウーナは、13歳の時に許されぬ恋をした。相手は父親の友人でもある隣人のレイ。二人の年齢は親子ほど離れていたが、お互いに愛し合っていた。しかし、その恋はある夜に突然終わりを告げた。レイは少女と関係を持ったことにより逮捕・収監され4年服役。その後、町から姿を消した。一方ウーナは、事件から15年経った今もレイのことが忘れられず、意味もなく名も知らぬ男に抱かれ、抜け殻のような毎日を送っていた。ウーナと将来を誓ったあの夜、なぜレイは戻ってこなかったのか。ウーナは、レイの所在を突き止め15年ぶりに会いに行くが、彼は名前を変えて過去を捨て、新しい生活を送っていた…。

「ウーナ 13歳の欲動」に投稿された感想・評価

静かな余韻を残す掘出し物良作映画

13歳で父親の友人で隣人のレイに恋をしたウーナ。あれから15年後、手掛かりを見つけ、運送会社で働いていることを知ったウーナはレイに会いに行き、真実や現在の近況を知る話。

内容としては過去の回想シーンを挟みつつも現在進行形で進むような状態で、レビューを書くのが難しいのですがウーナが直接レイに会いに行って何故逮捕に至ったあの日レイはウーナの目の前から消えたのか?レイはウーナに対して本当に恋をしていたのかとウーナは会いたかったと純粋に感じた一方で、15年間ぶつけたかった想いをレイにぶつけていて、圧倒的な人間描写から釘付けになりましたね。

で、これまでも20歳くらい年の差のある男女が愛する映画を観たのですが、
この映画はレイとウーナといった主要人物の濡れ場もあり、ヌードもありましたが、映画の内容からして興奮する要素もなく、むしろ現在で昔みたいに戻りたくても戻れないやりきれなさしか伝わらないどうしようもなさがひしひしと伝わりました。


あくまでも、ウーナが運送会社に行ってからレイまたはピーターのパーティーに行くまでの過程しか描かれていないものの、ラストシーンの非常なモヤモヤ感を残した余韻はさておき、この映画を観て自分や身の回りの人間の昔の想い出に浸ってしまう作品でした。
紫色部

紫色部の感想・評価

2.5
2017.12.7 DVD

ルーニー・マーラは美術館に飾られるべき
最近マイブームのルーニーマーラさん。
演技に怖さがありますね。

ストーリーは年の離れた男性と恋に落ちた13歳の少女。
当然許される訳がなく。離れることに。
「なぜあの時、姿を消したのか?」
「いままで、なにをしていたのか?」
15年後に再会する2人の行方は、、、
てな感じです。

ちょっと官能的に作られていた気がします。
ガーン!!とくる物語ではなかったですが、キレイなルーニーマーラ観れたので良しとしましょう☆
misaki

misakiの感想・評価

2.1
ラストがなんとも言えない終わり方で、結局ウーナもレイもなんなんだよ、、
素直じゃないけど結局二人ともまだ忘れられなくてでも愛し合うには時間すぎ過ぎていて、やっぱり周りの目もあるし難しいんだね。でもお互い言いたかったこと言えてスッキリって感じなのかな?
ウーナ幸せになってくれー。ルーニーマーラ痩せすぎててヒッてなったよ、、、
親子ほど年の離れた男と13歳の少女。
これは男の愛が本物だったか否かを考える映画。
もちろん恋愛に年の差は関係ない。
でも、おじさんが13歳と関係を持とうとするのはそれはもう立派なアウトでしょう。
それに本当に大切に思っているなら「駆け落ちしよう」なんて言えないはず。
15年ぶりに会った瞬間の彼の表情が全てを物語っていた気がする。

俳優陣の演技はよかったんだけど、なんだかなぁ と思うお話でした。
中途半端に終わった恋愛って… あとを引きますね。
はる

はるの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

こんな副題つけないでくれ…

ジェフ・ダニエルズが演じた舞台の記事を読んで気になっていた作品。

「ドラゴンタトゥーの女」のルーニー・マーラが演じるとなんだかな…

こういう少女を、得体の知れない悪女として描かない映画、やっと見られたという気持ち。だが、胸糞悪い、ずっと不穏、場所が…トイレって。自宅って。何か嫌なことが起こる予感がずっと。そういう意味では凄い映画化。

子供には恋愛する能力はない、その気持ちはまやかし、などと言われたら、子供はどうすればいいのか。周囲の大人がどの段階でどこまでちゃんと対応できるかだと思う。ウーナはカウンセリング受けろ、母子ともども。裁判起こした時点で支援団体はなんとしてでも補助してやってくれ。

個人的に、彼に魅力を感じなくて、彼女が何故彼に惚れたのか、説得力がイマイチ。父性も、おっさん特有のお茶目さも幼児性も、そんなに感じなくて。身近にいたことくらいか。駆け落ちとか言い出しちゃうあたりか。うーん。舞台版を見たくなった。

プールでひとり、おじさんと遊んでる彼女を見て、周りの女の子たちが笑ってる感じ、リアル…いるよね、ああいう子、いるのよ、ひとり大人びていて、同世代との仲は差し障りなく、でもちょっぴり浮いてて、大人の前でしか自分を解放できない女の子…大人を手玉に取ってる万能感…その実、とても子供…愚かな子供であることを自覚してない子供…他に拠り所がなく大人に恋をする…

ということを、わかってないおっさん…自衛してほしいし、大人として諭してやれよと。手を出すなよと。馬鹿野郎と。

公園のシーン、気色悪かった…

互いに、人生めちゃくちゃになった、彼女の拠り所は相変わらず、彼…奥さんに嫉妬する感じも、リアル…

もうほんと胸糞悪い。彼に再び会うことでしか、清算できないわだかまり、過干渉な母との確執、亡き父への失望、典型、典型だけど、

でもなあ、彼の気持ちを知って再び…って、おい!!あほか。でも大人になってもう一度やってみないと、乗り越えられなかったんだろうなとも思う。大人になった彼女とはできない彼。もう答えは出てるだろ…

リズ・アーメッドくん、髪型からしてドラマ「ナイト・キリング」後かな。存在感が良かったし、ルーニー・マーラとの組み合わせ、可愛かった。頑張ってほしかった。

しかしなんで前科のある人間が少女の里親なんかできるんだ。制度がおかしくないか。

そこで終わるー!?というラストで、なんだかな。

女の子が見て、おっさんとの恋、年の差恋愛なんてロクなもんじゃないんだ、と思える内容なのはいいけど、おっさんへの罰、糾弾、大人ならどうすべきだったかという話、もうちょい、あっても良かったのでは。ロリコン大国に住む人間としては、子供に手を出す大人はダメだということは自明ではないので…あんな大人はダメなんだと明言してほしかった。つらい。

彼女は果たして吹っ切れたのだろうか。わからん。家に帰ったのかそれとも。
タカ

タカの感想・評価

3.3
ルーニーマーラが好き。
設定やサブタイトルから想像してた気分の悪くなるものじゃなかった。過去の描写を映像ではなくてほぼセリフでイメージさせる。小説みたい、かな。
すごい女優さんです。

人の歩き方っていろんな特徴があっておもしろいな。
Sayu

Sayuの感想・評価

2.5
純愛なのか…よくわからない!
とりあえず~リズ・アーメッドが出てたので(*^▽^*)ラッキー♪
山場なく、谷もなく、特にどこにも引っかからないで終わっちゃった。
このテーマについてなにか感じたいけど、なにも思いつかん
love1109

love1109の感想・評価

3.4
人を愛するということが必ずしもその人を幸せにするとは限らない。否、むしろ、人生を狂わせてしまうことのほうが多いのではないか。13歳にして愛を知ってしまったがゆえに、一生消えない心の傷を負った女性の果てのない葛藤。愛に彷徨するルーニー・マーラが哀しくて切ない。
>|