ウーナ 13歳の欲動の作品情報・感想・評価

ウーナ 13歳の欲動2016年製作の映画)

Una

上映日:2017年07月16日

製作国:

上映時間:94分

3.2

あらすじ

ウーナは、13歳の時に許されぬ恋をした。相手は父親の友人でもある隣人のレイ。二人の年齢は親子ほど離れていたが、お互いに愛し合っていた。しかし、その恋はある夜に突然終わりを告げた。レイは少女と関係を持ったことにより逮捕・収監され4年服役。その後、町から姿を消した。一方ウーナは、事件から15年経った今もレイのことが忘れられず、意味もなく名も知らぬ男に抱かれ、抜け殻のような毎日を送っていた。ウーナと将…

ウーナは、13歳の時に許されぬ恋をした。相手は父親の友人でもある隣人のレイ。二人の年齢は親子ほど離れていたが、お互いに愛し合っていた。しかし、その恋はある夜に突然終わりを告げた。レイは少女と関係を持ったことにより逮捕・収監され4年服役。その後、町から姿を消した。一方ウーナは、事件から15年経った今もレイのことが忘れられず、意味もなく名も知らぬ男に抱かれ、抜け殻のような毎日を送っていた。ウーナと将来を誓ったあの夜、なぜレイは戻ってこなかったのか。ウーナは、レイの所在を突き止め15年ぶりに会いに行くが、彼は名前を変えて過去を捨て、新しい生活を送っていた…。

「ウーナ 13歳の欲動」に投稿された感想・評価

ひろみ

ひろみの感想・評価

4.0
女って答えが知りたいのだと思う。

ただそれだけだと思う。恋で15年待ってたわけでなく…。だから、最後にきちんと知れて、去って行ったのかと思った。

好き嫌いが別れるだろうが、切なさが、わたしには染み込むように理解できたけどな。

(自分は家や職場にいく勇気は全くなく怖いとは思ったが)
Tommy

Tommyの感想・評価

3.2
簡単なあらすじだけ知ってて、てっきりウーナは被害者かと思ってたからだんだん、あれ?あーそういうこと、ウーナこわ!てなった。
二人の会話が稀に見るしんどさ&ルーニー・マラが今までの役で一番嫌いなキャラで、ある意味貴重な映画だった笑
まぁ

まぁの感想・評価

3.0
息苦しくて、心がざわついて、気持ち悪い…

粗筋、作品内容……書けない…
私の記憶から…消したい…

ウーナは…どうしたかったの?
15年前の出来事…身体も心も…ずっと縛られていたんだと思うけれど…

何で、あんな男性に…

ダメ、私にはこの作品、合わない…

鑑賞後、直ぐにカーテンを開けた…
気持ち悪い…
お日様を浴びたい…
hsmt

hsmtの感想・評価

3.3
ルーニーマーラの闇を抱えている役柄(大体毎回)がハマってました。身体も張ってます。
90分とそこまで長くはないですが、60分あたりからの展開に見所ありです。
あわわ、どうしよう。この作品の事、凄く好きなのだけど、うまく説明出来ないよ。
あらすじに書いてある通りの話で、物語的には分かりやすい落とし所には全く向かわずに宙ぶらりんで終わる、所謂ソフトストーリー物です。因みにツタヤのディスクケースにはミステリーと書いてありますね。今度ドラマのコーナーに動かしておいてあげよう。

鉛色の重たい空の下を、静止した表情のウーナが車を走らせるシーン。
左右対称を基調にした無機質なレイの職場での一連のシーン。
登場人物の内面を完全に写しとった様な生活感漂う内装。人畜無害な空虚なパーティ。置いてけぼりの知らない何処か。なんて物悲しく美しい。
ウーナの叱責、レイの弁解、平行線から、時に交差しスパーク、直ぐ切断。15年前のあの日の回顧、は記憶の捏造?などを繰り返し、事の真相は見えず、更に彼等の深層は自身にも分かっていないのでは…。
確実な事は、かつて悲劇的な出来事が起こってしまい、それは今も続いていて、どうすれば終わるのか分からないという事。誰の身に起こってもおかしくない様な事。

とにかく美しく(好みなだけです)、目が離せない映像の中で、何処に落ち着いても悲劇でしかないやりとりが続く。観ているだけでゾクゾクして、細胞がどんどん死んでいく気がします。やばいって。観覧車のシーン。死ぬって。

ベネディクト・アンドリュース(爵位持ってそうな名前!)監督。あと2作品位のうちに物凄く重要な監督になります。断言。QUOカードかけてもいいよ!
がい

がいの感想・評価

4.0
ルーニーマーラの美しさよ
この題材の映画は初めて観たかも
タイトルバックと現在過去の入り乱れ
目が離せない ズルイわこの作り まんまと引き込まれた
そしてこれまた絶妙なキャスティングで。
ベンメンデルソーンに惚れるのか⁈と失礼な事が頭をよぎるが13歳という狭い範囲の「男」だからわかる気もする
逆にキャスティングがマッツミケルセンだったら、、、と想像すると
いやいやお子ちゃまなんかにゃ手を出さない‼︎てなる
絶妙。
しかしゲームオブスローンズのキャストが2人も出てて、いっそのことエイダンギレンでもいいんじゃないの?と思った作品でもある。

追記 後日色々ベンさん作品観てみたがまんまとワタシがベンさんに惚れた
なにわ

なにわの感想・評価

3.0
ただの幼児愛者か純愛か、意見が割るとこやね。
それより部下のスコット!
何アレ、めちゃくちゃええ奴やんか。
チャノ

チャノの感想・評価

2.6

このレビューはネタバレを含みます

相手も同じ気持ちのはずと
思っていたのに実際は違うことに
気付いたことで愛から憎しみへ…
恋の復讐劇ってとこかな。
なぜ彼女のもとに戻らなかったのか?
というサスペンス要素も気になったが
何もなかった(笑)
ルーニー・マーラじゃなかったら
観なかった作品。
moviEEE

moviEEEの感想・評価

3.5
それでルーニーマーラは気が済んだのか?ロリコン隣人と再婚相手の連れ子との関係性で共感方向が違ってくる。バカデカイ物流倉庫が空虚感を誘う
13歳の時、父娘ほど歳の離れた隣人レイと許されざる恋に落ちたウーナ。
2人は互いに愛し合っていたが、レイは少女と関係を持ったことで逮捕され、4年間の服役の末に町から姿を消した。
一方、ウーナは大人になった現在も未だにレイのことが忘れられないまま、行きずりの男と関係を持ち、抜け殻のような日々を送っていた。そんなある日、レイの居場所を突き止めたウーナは、15年ぶりにレイと再会を果たすが、、


ルーニーマーラのメンヘラと危うさ儚さ倦怠感たまらない!!!
お互いに過去の引きずっていてずっと忘れていなかったのは確かで、ウーナが前を向いて歩いていくためには再会は必要だったのだ。
あの当時はすれ違っていたとわかった過去を、再会して本当は違ったと分かり、裁判で語った話と事実は違う、それでもあの時の話で今からあの時と同じようには戻れない。

ラストは希望を持たせる感じで終わったのも良かった。
ウーナはあわよくばもう1回よりを戻してもよかったと思ってたと見せかけて、最後はキッパリ!
何も知らないレイ(ピート)の奥さんをギャフンと言わせた感じスッキリ!

にしてもルーニーちゃん脱ぐね〜〜!
>|