ウーナ 13歳の欲動の作品情報・感想・評価

ウーナ 13歳の欲動2016年製作の映画)

Una

上映日:2017年07月16日

製作国:

上映時間:94分

3.2

あらすじ

ウーナは、13歳の時に許されぬ恋をした。相手は父親の友人でもある隣人のレイ。二人の年齢は親子ほど離れていたが、お互いに愛し合っていた。しかし、その恋はある夜に突然終わりを告げた。レイは少女と関係を持ったことにより逮捕・収監され4年服役。その後、町から姿を消した。一方ウーナは、事件から15年経った今もレイのことが忘れられず、意味もなく名も知らぬ男に抱かれ、抜け殻のような毎日を送っていた。ウーナと将…

ウーナは、13歳の時に許されぬ恋をした。相手は父親の友人でもある隣人のレイ。二人の年齢は親子ほど離れていたが、お互いに愛し合っていた。しかし、その恋はある夜に突然終わりを告げた。レイは少女と関係を持ったことにより逮捕・収監され4年服役。その後、町から姿を消した。一方ウーナは、事件から15年経った今もレイのことが忘れられず、意味もなく名も知らぬ男に抱かれ、抜け殻のような毎日を送っていた。ウーナと将来を誓ったあの夜、なぜレイは戻ってこなかったのか。ウーナは、レイの所在を突き止め15年ぶりに会いに行くが、彼は名前を変えて過去を捨て、新しい生活を送っていた…。

「ウーナ 13歳の欲動」に投稿された感想・評価

Aya

Ayaの感想・評価

3.4
漠然とキャストが好きで見たらめさタイムリーな話だった・・・。

ルーニー・マーラは母親の心配をよそにある大型の倉庫へ出かけて行く。
そこでルイ、という男性を探すがそんな人はいない、と言われて写真を見せると「ピーター」と言われる。
そのピーターを演じるベン・メンデルスゾーンはいきなり現れた若く美しい女性ルーニー・マーラを見て固まり、誰にも話が聞こえない所に連れて行く。

実はルーニー・マーラは13歳の時、父の友人であったベン・メンデルスゾーンを愛し駆け落ちの約束までしていた。
しかし、歯車が狂い、彼を告発してベン・メンデルスゾーンは刑務所に入っていた。
それから会うことのなかった2人。
なぜルーニー・マーラは今になってベン・メンデルスゾーンに会いに来たのか・・・。

こいつが出てくると良くないことしか起こらない!という抜群の信頼感のベン・メンデルスゾーン。
最近はわりと役幅広がってますし、なんといっても50歳を目前にしてだんだんイケメンになってる!!イケオヤジですよふふ。

これ舞台はイギリスなのかな?右ハンドルだったし。
アメリカ、イギリス、カナダ合作映画でアメリカ人のルーニー・マーラとオーストラリア人のベン・メンデルスゾーンというちょっとややこしい布陣w

まー!
なんといっても今ハリウッドを騒がせているハーヴィー・ワインスタインのセクハラ疑惑から始まったハリウッドの性概念のクソさの影響をもろに受けたウッディ・アレンやロマン・ポランスキー。
どちらも10代の娘に手を出している。

そしてこの話も父親ほど歳の離れた男と13歳の少女。

ルーニー・マーラは13歳の時の裁判でベン・メンデルスゾーンに向かって言います。
「愛している!どうしていなくなったの?!」と。

しかし大人になってようやく探し出した最愛の人に向かって「あなたのせいで私はずっと苦しい。憎い!」と。
ベン・メンデルスゾーンは服役こそしたものの、名前も変えて新しく結婚もし順風満帆そうな生活を送っていそう。

それに対してルーニー・マーラはかなり刹那的なSEXを繰り返すようになっている。
この差に余計憤りを覚えるルーニー・マーラの行動がだんだんエスカレートしていくところがすごいドキドキする。
そしてこの大人同士になった2人のやりとりの間に差し込まれる13歳当時の恋愛模様。

ルーニー・マーラは怒りをぶちまけ、職場に押しかけて問いただすとか結構迷惑な女なんですよ。あのマークってイケメンの男の子とか超かわいそうじゃん。

でも彼女の抱えていたものをベン・メンデルスゾーンは知らなかった。
特になぜ裁判に至ったかの経緯がちょっとショッキングでしたね。

そして、あの時、ベン・メンデルスゾーンのとった行動も・・・。

徐々に明かされる当時の想い、そしてお互いに知らなかった事実。
この歯車がもっと上手く噛み合っていたら・・・いや、それもかなり問題ではあるんだけど!!

ロリコン、いわゆる小児性愛というところの線引きなのですが、個人的な意見として「性を意識していない人を性の対象にしてはいけない」と思っていて。
このルーニー・マーラは明らかに性を意識していない。
でも愛は意識している。
むむむ・・・。

そしてベン・メンデルスゾーンはただのロリコンなのが、本当に彼女を愛したのか・・・謎の残る話でしたが、終始ルーニー・マーラが痛々しく、でも可愛い!!

ほぼこの2人の会話劇で引っ張るとこもはなかなか手腕あるな!と思いました。
Ryuheihei

Ryuheiheiの感想・評価

3.3
13歳の時のとある経験を引きずったまま生きる女性の話。原作が戯曲ということもあってか全体的に会話が主体の映画。
純粋か不純か、どちらともとれる愛に囚われてしまった二人の様子をとことん見せられる。過去の出来事や互いの言い分、その気持ちはわからんでもないし、でもわからん部分もたくさんある、ってな絶妙な設定は興味深い。
恐らく楽しむべきは感情の渦巻く様、男女間のドロドロしたもの、なんだけども、ただこーゆーのを好んで見たい人はいるのだろうかという疑問。まぁそれは見終えた後だからこそ言えることか。会話や表情、度々写される回想シーンによってじわじわと観客の心をいたぶる感じ。なんかいろいろ見ていて辛いけど、でもやっぱり最後まで見てたい、みたいな。だからこそ、オチだけはもっとはっきりさせてほしかった、みたいなとこある。ルーニー・マーラが好きって人、あと自らずーんってなりたい人にも薦めたい。
元犬

元犬の感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

レビュー欄観てると、ラストの受け取り方がこうも違うんだな〜と思う。純愛か、小児性愛者かって。個人的にはクロ。ウーナを見た時の動揺からも、ついた嘘からも、ラストの展開からもどー考えたって黒。百歩譲って真実の愛だったとしても理性を抑えられず一線を超えたことでどれほどの傷を残したか。その1件によって彼女が13歳の自分から抜け出せないでいる事が痛くて苦しい。 「大人だから?」

どれだけ幻想的な映像で過去を振り返ったとしても
理性のある大人が、まだ未熟な13歳の子に与える性的虐待の影響がどれほど残酷かは、大人になっても自分を傷つけ苦しんでいるウーナを見ればわかる。
最後ルーニーが去っていくところ、2階の窓のシルエット。多分男はまた、繰り返してる。残酷で最悪だ。超バッドエンド。
法律によって離れ離れになった2人、みたいな理解は、そりゃ受け取り方はそれぞれだけどちょっと頂けない。
これがドラマやなんかじゃなくてちゃんとサスペンス、ミステリージャンルにおかれてる所が大事
エイジ

エイジの感想・評価

3.5
レビュー漏れしてた(^_^;)

ルーニーマーラー満喫できます(^o^)/


どんなに純愛であっても、ダメなものはダメなんだよな。

真実は分からないけど…。


人間なんて、ほんまに分からない。
それが世の中。
20171015視聴。欲動は年齢を問わず男女ともに。邦題はいまいち。相変わらずお綺麗なルーニーだが、背中はそうでもない(笑。13歳の女の子に、駆け落ちしようとか、観覧車に永遠に乗っていよう、などと普通はいえないだろ、オヤジ。
sawaD

sawaDの感想・評価

3.2
恋だったのか錯覚だったのか。女の子は大人の男の人に特別扱いされると、女になる。13歳だとしても。
Mina

Minaの感想・評価

3.6
“I’ve never desired anyone that age again. I promise. You were the only one. “

🌳👗
LALA

LALAの感想・評価

4.0
映し出されているのはたった一日の出来事だけど、十数年の感情が溢れ出る感じが凄かった。
過去を断片的に見せていくのもよかったし、所々で光と影を強調させた映像もよかった。
JIZE

JIZEの感想・評価

2.6
基は有名な戯曲を映像化した作品で主たる登場人物の経年変化を重ねた葛藤劇がメインの支柱を担っている。主に"小児愛(性癖)"がメインの問題提起を果たしているうえで"純愛か変愛か"という微妙な境界線が揺らぎ出す辺りは社会派の雰囲気に沿い面白かった。丁寧なテリングで確実に核心へ向かうのも良い構成だと思います。ただ忌まわしき事案に対し大人になった少女が復讐を果たすのか…という遥かに狭い心理状況にほぼ全編の趣は置かれているので閉じた内面性に主観描写を置きすぎな作品だった。突飛なサスペンスも使われず起きないため平行線を保つ破滅型の異端派ルーニー・マーラ印映画である。
Hiro

Hiroの感想・評価

3.1
重い内容の映画でした…、ルーニー マーラーの演技は素晴らしい…傷を負い、情緒不安定な女性を見事に演じてます。
>|