進撃の巨人 ATTACK ON TITANのネタバレレビュー・内容・結末

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」に投稿されたネタバレ・内容・結末

全くの別物

そもそもキャラが居ないのと居るのとあるし
名前がもうなんかおかしい。
エレン、ミカサがいるのにキリシマとか日本語名もワラワラ出てくる。
物語の進行も原作と全く違う。
まさかの母親シーンも無し。

途中恋愛ものみたいなのも挟まるし訳がわからない。本当につまらない作品
設定を謎にいじるから色々な辻褄が合わなくなっていて、エレンの行動原理も不明になっている
美術、ファッションや背景、ロケ地(軍艦島)から
世界観の設計に並々ならぬ気迫が感じられる。
巨人の気色悪さが一層、際立つCGも素晴らしい。
巨人が襲撃した後の荒廃した街並みには恐れすら感じた。
進撃の巨人、特有の世界にある閉塞感を上手く表現できている。
流石、特撮出身の樋口真嗣監督による手腕が発揮できて見事の一言である。
俳優の演技も違和感なく、物語に入り込める。
完全に後篇を意識した作りになっており、この作品だけでは終わらない。
久しぶりにもう一度観ました。
この役の演技の石原さとみさんが素敵だから(もちろん普段も素敵です)。

初めて見た時は、まだ原作も終わっていなかった頃で
今のこの原作の状況を踏まえてみたら、また別の感情で見られる。
いや、原作とは違うけど、、、
進撃の巨人に疎い私ですら改変だらけで訳が分からなくなっている。題材の良さが全く出ていない。
出落ちから始まり落ちっぱなしで終わった為、ツッコミ所は正直ありすぎて混乱している。
この作品に恋愛要素は必要だったのだろうか。ただただ足を引っ張る悪芽立ちの印象しか残さなかった。
北斗の拳が火を吹いたのか、全然世界観が違う。
中身は観て貰えば分かると思うのでそれ以外で感じた所。エンドロールの途中で次回作の予告をやっているが、やはり構成が下手くそ過ぎて広告辞めた方が良いと思う。エンディングもアーティストの名前だけは雰囲気あるけど、曲調はもっと壮大であって欲しかった。進撃の巨人と言えば紅蓮の弓矢と言う程の印象はあると思うが、流石に内容に対して軽過ぎる。コメディとして捉えて良いなら悪くない終わり方だろうが、SFアクションだろうにしかも世紀末感漂う世界観でポップに歌われてもどうかと思う。
この作品を原作無しとして評価しろと言われたら、説明不足、組織の在り方が異常、近代兵器がそこかしこにある事、火薬があるなら大砲ではない対処の仕方が最善策等々、シナリオ構成からストーリーまで心沸き立つ程には達していない。
表現が難しいと言われる立体機動装置の動きもこれが限界かと思えたし、一番の盛り上がるであろうシーンも違和感で変に冷めてしまったので、VFXに掛けた予算分の返りが無かったのでは。
次回エンド・オブ・ザ・ワールドに良い意味で期待する。
私の中で事前情報が「リヴァイさんが出てくる、巨人が壁の向こうから来る漫画」という状態で観た。後編見たらリヴァイさんとか駆逐してやるとか観れるのかな。元を知らないのでストーリーを普通に観た。主題歌、かっこいい。

本郷くんがいい声で世界のことを全部説明してくれるので助かった。ピエール瀧も長谷川さんもリヴァイさんではない。
あっ巨人って複数なんだ。いろんな巨人が来た。いまいちサイズ感の理解ができない。怖いよ〜グロテスク
駆逐してやるって言う前に2年後になっちゃった。言わないの?序盤で言うのでは?私の認識が間違っているのかな。
心臓を捧げよって進撃の巨人なんだ。なんか、捧げさせられた挙句手が逆って言われたことがあった。
國村隼とか橋本じゅんも出てる。嬉しい。
原作は読んでいない、アニメも恐らく
見たことはない。
公開当時、原作ファンからは評判
が悪いと聞いていた。
それだけに先日のWOWOWの放送で
「どれだけ酷いのか?」と思いつつ
観てみたのだが、そんなに悪くない、
という印象

脚本、演出、音楽、各キャストの演技
どこを取っても【力作】だったのだろう
エンドロールでは今まで見たことが
無いくらい、沢山のスタッフの名前が
列記され、この作品にどれだけの人と
お金が投じられたのか、その熱意は
伝わった。

しかしながら、作品全体を観て
あまり心に残らなかったのは
「この展開、他で見たような」
という既視感に溢れていたからだ。

大きな巨人は昔で言うならゴジラ
良い人だと思ってたら実はラスボス
二転三転のどんでん返し、だけど
実はラスボスを動かす【何か】の
存在があったり…

色々な映画のいいとこ取りで
それらをオリジナルっぽく
切り貼りしたような
まるでコピペのような作品

アクションもキャストの演技も
概ね良かったと思うだけに
残念感が漂う。
北斗の拳の実写みたときぐらいの衝撃やった。実写史上最低のクオリティ。
酷すぎでこれ以上言葉が出ない。
これがシンゴジラの監督なのか…
こんなの見せられたらほんとに邦画を見る気なくなる。何よりキャストがかわいそう。
原作完結してない頃だしとても長いのでそれを4時間ほどにまとめるだけでも大変だと思う だからストーリーを一部変更するっていうのも必要だと思うけど、原作以上にミカサをヒロインにしたいんだろなと感じた ヒロインを救う方に強く持っていきたいから、調査兵団を目指すきっかけも母の死じゃなくてミカサきっかけにしたんだろうな 大衆邦画はラブに拘りすぎじゃない?

頭からエレンが巨人になって中から出てきて終わり。

なかなかやばかったな、色んな意味で
メガネ石原さとみ頑張ってたなあ
>|

あなたにおすすめの記事