進撃の巨人 ATTACK ON TITANの作品情報・感想・評価

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN2014年製作の映画)

上映日:2015年08月01日

製作国:

上映時間:98分

2.6

あらすじ

その日、人類は思い出した―。 百年以上前、突如現れた巨人たちに、人類の大半は喰われ、文明は崩壊した―。 この巨人大戦を生き残った者たちは巨人の侵攻を防ぐため、巨大な壁を三重に築き、内側で生活圏を確保して平和を保っていた。 だが百年、壁が壊されなかったといって、今日、壊されない保証はどこにもない―。

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」に投稿された感想・評価

meg

megの感想・評価

2.7
何かを食べようという気をなくさせる映画。

めちゃめちゃつまんないってレビュー多いけど、原作読んでないからなのか別にそうつまんなくなかった。
sat

satの感想・評価

2.0
「感情移入できない」ではなく、
途中から「感情移入しない」に変更した私。

もうね、設定がぶっ飛んでるから
「あの巨人〇〇に似てる〜!!」
なんてキャッキャッしながら観てました(笑)


ニッチェの人、稲川淳二、なすびあたりがいたかな( ͡° ͜ʖ ͡°)(似てる巨人ね)


アルミンとミカサとのエピソードの表現がないまま進むから思い出が薄い。

母が出ない時点で、
「駆逐してやる…!」
というセリフも薄い。

原作が好きだとダメ。

前知識が無い方が楽しめるかもしれないね…!

唯一、石原さとみ演じるハンジが似てて、観ててワクワクした( ͡° ͜ʖ ͡°)かな!
し

しの感想・評価

1.0
演技が酷すぎて、世界に入り込めない。
CGも雑でびっくりした。
美術は作るの楽しそうなセットだなと思った。
全体的に酷すぎる。
原作を知らなくても見るのが苦痛だった。
テンポはめちゃくちゃ悪い
キャストだけ豪華
fkr

fkrの感想・評価

2.5
@amazonプライム 巨人を人が背負い投げした時点で真面目に見る映画ではないと悟る。芋女とか石原さとみのキャラによるギャグ要素とのチグハグさに若干困惑していたが、そういう映画と切り替えればまずまずでは。普通に言語的だが。 冒頭の町並みの雑多感と衣服や顔の汚れ具合が良い。 清野菜名が出てたという思わぬ嬉しさ。あまり登場しないけど。 アクション女優と立体機動装置との相乗効果が特に見受けられないのが悲しい。武田梨奈は見せ場もあり、車で暴走してハンドルの奪い合いがあるが、撮り方がグラグラなのでイマイチ。
原作全巻読んでます。ですが『進撃の巨人』は最初はあんまりハマらなかったんです。
凄いみんなが褒めるわりにはそんなに面白くないと思ってました。
だけどようやく15巻あたりから段々と面白くなってきましたね。
今では最新刊が出るのが待ち遠しいです。


さて、そんな『進撃の巨人』の実写版。
評価がここまで低い作品に手を出すというのは、どんだけ酷いか確認したくなりました。


この映画はやっぱりつまらなかったです。
続編も観ないと思います。
かなり時間の無駄だったと思います。
つまらない映画もつまらなさをネタに出来る映画と、ただつまらない事が腹立つ映画がありますね。本作は後者です。

まず三浦春馬のエレン。
彼は演技がそんなに上手ではないですね。
巨人が出てきてる演技や巨人に食われてしまう人々を見てワナワナしてる演技がエレンっぽくないし、観てて演技の臭さに全く入っていけませんでした。

本郷奏多のアルミン。
本郷奏多は僕は結構、好きなんです。だけどアルミンの様な純粋な少年役ではないですね。もっと意地悪で冷血な男の方が本郷奏多にはあってるでしょう。

水原希子のミカサ。
ストーリーが原作と違うので合ってるかどうかよりも、キャラクターがつまらなく感じました。アッカーマンがミカサの強さの源だと思うんです。更にエレンに対する想いも強くする要因ですよね。
本作のシナリオだとミカサのキャラクターは面白くないし、原作ファンは何これ?ってなりますよね。

長谷川博己のシキシマ。
リヴァイの代わりに作ったであろうキャラクターですよね。
リヴァイは原作でも人気キャラクターで設定をいじるのを躊躇ったのかなぁ?
それか後編で死んじゃうのかな?
リヴァイが死ぬシナリオを書いたけど、原作とストーリーが大きく変わるからシキシマとかいう中途半端な事をやり出したんでしょうか⁇どちらにしろ、中途半端はダメですね。


全体的に暗い映像が見づらい。
明るいシーンにするとCGの粗が目立つから暗いシーンばかりにしたんでしょう。
かなり冷めるポイントですね。


はっきり言ってシナリオ自体が日本の原作漫画をハリウッドで映画化した時の様な、めちゃくちゃにされちゃった感じがしました。一体、『進撃の巨人』のどの部分を映画として見せたかったのかが分かりません。

例えば立体起動装置。
漫画だとどうやって動いてるのか不鮮明なんです。でも漫画だから仕方ないし、そこまで気にしない。
だけど映画ではその辺りはもっと鮮明にしないといけませんね。実写化の意味がありません。どこに何が刺さって飛んでるのかをしっかり描く事はかなり大事ですよ。


車やヘリコプターなどを登場させたのもよく分からないですね。
何故なんでしょう?
車を運転するシーンがありましたけど、いりますか?馬車でいいでしょう。
原作ファンが怒るというよりも映画として面白くするためのアイディアが無いなら制作しない方がいでしょう。
原作とは違う内容なのね。

石原さとみちゃんの
演技はよかった(❁´꒳`❁)
原作無視のオリジナルストーリー。石原さとみ演じるハンジだけは原作に忠実だった。
ゆう

ゆうの感想・評価

1.2
冒頭から原作の良さを全て台無しにした作品という感情しか生まれなかった
ただ、現代CGの凄さは圧巻だなぁ。と

原作とは別物と考えて見ても面白さの微塵も感じられなかった
せめて登場人物に似せるつもりは無かったのでしょうか...

このレビューはネタバレを含みます

原作レイプ代表作。何から手をつけたらいいのかわからないレベルでツッコミどころ満載。超金持ちの学生映画みたいなスタンスで見れれば多少気分を害するのは抑えられると思う。

まずもって原作との折り合いのつけ方が中途半端。観に行く人の半数以上は原作読んだ人間だと思っているのだが、まずはそこの層を満足させないことには話にならない。

・巨人背負い投げ事件は避けられない。いくら巨人は体積の割に軽い設定があるとはいえリアリティはゼロ。普通に考えれば彼はあそこで鷲掴みにされて食われてる。しかも半刃身刀持ってるのに、敢えてどこかしらからいつの間にか現れた斧で戦う謎の戦闘スタイル。どこでそんなスキル訓練されたんだ。
・登場人物の名前が微妙に変わってる件。確かにキャストは日本人だけど、そこは原作に合わせるべきじゃあないの?
・謎のリンゴ大好き人間。しかも彼はエレンが戦ってたりピンチになった時、ちょこっとありきたりな助言をするだけで基本傍観するだけ。ヒドい放任主義者だ。
・やたら局所的に発達してる科学技術。普通に自動車出てくるし、途中で使ってないヘリコプターとかあったしわけわかめ。そもそも火薬があんま無いっていう設定もクエスチョンマーク。
・まだ後編見てないからアレだけど、ミカサの設定はああする必要あったのか?つーかミカサといえば、赤ちゃん抱いてたところ早よ逃げろや。何を赤ちゃん食べられとるんじゃ。
・原作で子供の頃の話だったところをいい年したデッカイ人がやってるから、もう目も当てられないイタい感じになってる。
・残念な仕上がりのCG。最初の超大型とか、頑張ったYouTuberのグリーンバック程度の仕上がりに見える。立体起動装置のシーンも迫力が微妙。同じ原作のアニメはすげーかっこよかったのに。
・巨人の発声器官はもうちょっと未発達なんじゃないの?みんな声出し過ぎじゃない?

言いたいことは大体書きなぐった。スッキリ。結局ファンとしては原作をもっと大事にしてほしい。
・原作の登場人物とは違う人なのに名前が同じで観づらい。日本人なのにアルミンサシャジャンは違和感がある。
・無知性巨人のそうじゃない感。(うめき声で怖がらせないで!)
・後半ある人物を食べようとしてる巨人が舌をペロリとさせていて、美味しそうにするのは違うと思った。無知性巨人を自分の意思が無いように見せてほしかった。
・目の離れた無知性巨人は良かったけれどあまりにも人間そのままの容姿の巨人は…うーん。
・進撃の巨人といえば残酷な世界なのに空はいつも美しいのもポイントだと思います。空を美しく撮っていないのが残念。最初の壁ドンで曇らせたり、希望が見えたからって晴れたりしなくて良いのに。
・説明的な音楽が気になる
・回想シーン無くていい
・兵団の上司が敬語なのは何故??
・この世界の人は名字が無いの?(上司に名を聞かれエレンと答える。)
・エレンたち訓練受けてなくない?
・どの程度の技術や戦力があるかとか世界観が分からん
・最後に出てくる巨人、皆なんで一瞬で分かるん?
・演技がすごく劇っぽいのが好みが分かれると思う
・ダサいシーンが多いと思うんだ…

・軍艦島が良い!!
・水原さんが美しい
・特撮すごい
・後半観るの楽しみ
>|