進撃の巨人 ATTACK ON TITANの作品情報・感想・評価

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN2014年製作の映画)

上映日:2015年08月01日

製作国:

上映時間:98分

2.6

あらすじ

その日、人類は思い出した―。 百年以上前、突如現れた巨人たちに、人類の大半は喰われ、文明は崩壊した―。 この巨人大戦を生き残った者たちは巨人の侵攻を防ぐため、巨大な壁を三重に築き、内側で生活圏を確保して平和を保っていた。 だが百年、壁が壊されなかったといって、今日、壊されない保証はどこにもない―。

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」に投稿された感想・評価

shiho

shihoの感想・評価

1.0
原作知らず、娘のお供で。
そのあと、コミック読みましたが、こりゃひどい
santasan

santasanの感想・評価

2.8
これはこれとしてなかなか雰囲気が出ていたと思うが、壮大なストーリーはハマりきれない感が…。まあ後半を楽しみにしよう。
756bee

756beeの感想・評価

2.0
三浦春馬ってこんなに大根だったか?まあ、あって無いようなシナリオで、全員大根に見えるけど。原作も巨人のキモ面白さにしか興味が持てない自分には丁度いい映画。巨人がキモくていい。ピエール瀧が巨人役じゃない点は不満。
実写と思わずに観たらいい映画だと思います

このレビューはネタバレを含みます

鑑賞会感想&実況記録
・原作読んでないけど、原作読書の友人曰く原作読んでないならストーリー楽しめるんじゃない?とのこと。頑張る
・しまった!原作とかストーリー以前にCGが致命的にひどい、実景や人物との合成がひどい
・音楽は怪獣映画っぽくていいと思う
・グロ描写は頑張ってるし、すごい。CGのひどさとハメコミ感が台無しにしてるけど。ガッチャマンのCGは良かったぞ、同じ白組なの!?
・青空と廃墟の画はいいと思う
・実写ガッチャマン見た後だと人類の絶滅寸前具合が半端ない
・友人に聞くと、映画の人間場面のだいたいが原作に無かったと言われたのでヤバさが伝わってくる
・巨人を投げる兵士→ないだろ!読んだことないけどこんなの原作にないだろ!→本当にない
・時間を長く感じる
・大体の場面が原作にないぞ
・爆薬盗まれてからの辺り→この映画むちゃくちゃだ!
・♪盗んだ爆薬 走り出す~♪ の特攻後「なんでこうなるんだよ!」のセリフにシンクロ率400パーセントで同意してたぞ!大爆笑、ほんと、なんでこうなるんだよこの映画
・斧で戦うやつ絶対おかしいだろ、映画内の設定で考えても巨人倒せないだろ
・シキシマ上から指示出さないで戦えよ
・見所の立体起動装置で三浦春馬戦うのがCG良くても合成がひどくてひどい、ガッチャマン新宿戦闘場面のほうが良かったぞ
・主人公巨人に飲み込まれるところがウォータースライダー感
・友人曰く原作のいい場面やセリフがちょくちょく違う場面違う使い方で使われているらしいとのこと、ダメだろ
・三浦春馬巨人後の戦闘は巨大感頑張ってるけど、CGが、駄目だったな
appBana

appBanaの感想・評価

2.8
 ネットでは酷評で溢れていますけど正直そこまでひどくなかったのかなって感想です。
進撃の巨人は原作未読でアニメしか観ていません。なので私の「進撃の巨人」という作品の定義とは「気持ち悪い巨人と壁に囲まれた町の内外で立体機動装置を使って戦っていること」程度でした笑。そのおかげで「まあ、こういう進撃の巨人もありなのかな」という感想で止まれました。
更にネットでボロクソに叩かれているのを読んでこの映画のハードルが下がりきっていたのも救いの一つだったのかもしれません。マイナス地点からのスタートだったのでそれ以上落胆する余地がなかった。
【残酷な世界】

原作未読です。
果たしてこの映画「前・後編」は原作未読で観たことが正しかったのか?原作を読んだ上で鑑賞したほうが正しかったのか?正直悩んでいます。
他の方のレヴューを見ても、原作未読の方からは「なんじゃこりゃ?」という声、片や原作既読の方からは「フザケルナ」という怒りにも似た声。
一体どちらのスタンスで観ればよかったのでしょうね(笑)

原作未読であるが故の「作品の前提となる正しい世界観」を知らないという致命的な弱点は、作品を観ながら補えるであろうという通常の鑑賞スタイルで挑みましたが・・・
どうなんだろう?飲み込めた・・・のか?
ここは日本なのか?外国なのか?それすらもよくわからない。
まあ時代自体も違うらしい(風化した不発弾や軍隊の装備からして近未来であることは想像がついた)。
・・・創作のお話しだからそこまで深く考えずに「目の前に提示された条件」で受け入れようと考えます。大体の場合は「何故?」から始まっても、ストーリーを追うごとにそれが回収されていったり、「そういうことなのね。」と納得できる説明を織り込んでくれたりと「親切設計」とは言わないまでも、それで十分作品として成立する造り方をするもんだと・・・。
「塀の中の狭い世界で繰り広げられる壮大な世界」ってのが恐らく原作の持ち味なんだと思う。で「狭い世界で狭い話をチマチマやられても・・・」ってのが今作。

・・・ごめんなさい。いや、面白かったんですよ。ん~面白かった・・・?ん~~多分。
ただね、作品のテーマ云々以前にこのお話しの核も見えてこなかったし、オチにいたっては「もしかしたら・・・」」と前編の途中くらいで過ぎった嫌な予感が見事に的中する始末。

他の方のレヴューを見れば酷評の嵐だったので、いつもは「そんなことないんだよ」と1個くらいはいいとこ見つけて褒めてあげる「天邪鬼」な僕ですら評価に困ってしまった。

CMで「これでもか!」と言わんばかりに流していた『世界は残酷』という水原希子の台詞が逆に「残るフレーズ」にしようとしている「あざとさ」としか受け取れず、もはやこの映画との関係は修復不可能なところまで来てしまったのね・・・と背中でサヨナラを告げて二度と振り返らない僕なのでありました。

続編に至っては劇場鑑賞予定をキャンセルしてDVDで観ましたが、特にコメントはありません。
sachi

sachiの感想・評価

1.5
原作未読。 劇場版アニメ視聴。

んーイマイチ。
内容がジャンジャン変わっているのが、最高に変。
実写にしたのに、1時間45分程度でまとめたのにも違和感あり。
せんだ

せんだの感想・評価

1.0
色々頑張ってはいたけれど、巨人の顔のパーツもっとなんとかして欲しかった。ほぼ、人間から引っ張ってきました感。
原作は途中までしか読んでいないから見当違いだったら申し訳ないけど、原作にない色恋をみせてみるという試みはまぁこれはこれで良いのかと思う。死と生みたいなとこで。
原作読んでしまってるからかなんなのか、内容が全く頭に入ってこない。これは一体…(^。^)?

エンドロールどうした?ハロウィンか?
きりん

きりんの感想・評価

2.0
お金がかかってる映画。

石原さとみがいい
>|