寄生獣 完結編の作品情報・感想・評価・動画配信

「寄生獣 完結編」に投稿された感想・評価

前作に続けて映画館で鑑賞

原作知らない僕からすると少しモヤモヤするラスト

深津絵里綺麗過ぎ

やはり人間とそれ以外の共存って難しいんですよね
きなこ

きなこの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

阿部サダヲぉぉぉー!!!!😭😭😭😭😭

いやぁ〜面白かったなあ。
まさかこんな面白いとは思わなかった😭

途中かったるい要らんシーンも多々あったけど
染谷将太だからよかったね。
それと深津絵里もよかったし
國村隼もよかったし
何より新井浩文とピエール瀧が
仲良く揃って出演なんて
素敵すぎん?!?!?!?
やーーーあの二人出てるだけでもう
観てよかったと思う!
ほんっとに良い役者だよ。。。
惜しい人をなくしたなぁ‥
新井浩文はあの役が素なんだな。
演技じゃないから感動を与えるのか〜
かーたまんねーなー!!

あと浅野忠信のラスボス感ね。
いーなーいーなー
昔から好きだけど
イケオジになって
ますます渋くてかっこいーなー!!



深津絵里が赤子を守るとこ
阿部サダヲとの別れ
回想の余貴美子‥

泣けたぜ。
田宮の最後の言葉が刺さりに刺さりまくった。
市長の演説は見入ってしまった。
浅野忠信さんのラスボス感はやっぱり圧巻。めちゃくちゃ凄かった。
ヨ山

ヨ山の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

キャスティングもすごく良いし、かなり長い話なのにしっかりまとまってるし、映画オリジナル部分も、原作へのリスペクトを感じました。
CGもすごく凝ってるし、凝ってるけど自然に見えるような演出・カメラワークが成されているので、盛り盛り感(?)がなくて、映像として美しかったです。
数少ない漫画実写化の成功例の一つでは...?

p.s.
・映画オリジナル部分のミギーと慎一のお料理シーンがかわいかったです。
・原作もそうなんだけど、最後の方のベッドシーン別に要らないのでは?と思ってしまった。
・田宮良子が共存に希望を見出していることや母としての自覚が芽生えたことばかりが強調されている点が少し気になったかも。「希望」はちょっと言い過ぎかなぁと...。もっと個人的な、人間への興味・関心のが大きかったのではないでしょうか。
(そうあって欲しいと私が願いながら読んでしまっただけかもですが...でも映画用に分かりやすくしようと思ったらそういう表現になりますよね、とも思う...。)

このレビューはネタバレを含みます

そこでするか!?っていうえちシーンで焦ったけどそれが人間的な何か表しているのかな。。。CGがすごい!きもい!ミギー大好き
べん

べんの感想・評価

1.5
よく覚えてないが良いところと悪いところが半々くらいだったはず。
後半からつまんなくなったな〜。
CGは頑張ってたけど。

深津絵里いいわぁ( ꈍᴗꈍ)
Yuutaro

Yuutaroの感想・評価

3.1
映画2本にまとまる分量じゃないはずなのに綺麗に脚本書いて、寄生獣たちの人間観にまで触れてくれるなんてすごいなとは思いました。
結構いい実写映画だと思う。
Ryo

Ryoの感想・評価

3.8
化け物をやっつける為主役無双する話
結局普通の人間も化け物みたいにきしょい奴が多い
なんといっても深津絵里、北村一輝のシーン。そこまでは、
本当に寄生獣って最高傑作!!と思って感激して食い入るように観ていたけど、
後半で里美が展開に加わりはじめてからの全ては一気に冷めてしまった。

原作では里美はどんな不条理も笑い飛ばして見せる魅力的なヒロインで、ずっと新一を思っていながらどこかで諦めてもいて、
だから新一が戦いに足を踏み入れながらもどこかで彼女を心の拠り所にし、彼女に危害が及ばないようにするのもわかったが、
映画では里美は申し訳ないがただのメンヘラなストーカーでしかないような感じがして、新一が彼女を愛しているとは思えず、残念だった。

先述の通り、後藤との最終決戦手前までは実に素晴らしかった。
染谷将太、ミギー、またすべての寄生獣の描き方は見事だったし、やっぱりこの作品の訴えるものや言葉は何年経っても突き刺さる。

反面、新一にとってのほとんど唯一の人間であり、新一を人間と呼ぶ里美の描き方、何より演じ方は、もう少しこだわって追求するのは難しかったのかな。
>|

あなたにおすすめの記事