GODZILLA 怪獣惑星の作品情報・感想・評価

GODZILLA 怪獣惑星2017年製作の映画)

上映日:2017年11月17日

製作国:

ジャンル:

あらすじ

二十世紀最後の夏。その日人類は、地球という惑星の支配者が自分達だけではないと知った―――。巨大生物「怪獣」の出現と、その怪獣をも駆逐する究極の存在「ゴジラ」。半世紀にわたる怪獣との戦争の末、人類は敗走を重ね、ついに地球脱出を計画。そして2048年、中央政府管理下の人工知能による選別を受けた人間だけが恒星間移民船・アラトラム号で11.9光年の彼方にある「くじら座タウ星e」を目指し…

二十世紀最後の夏。その日人類は、地球という惑星の支配者が自分達だけではないと知った―――。巨大生物「怪獣」の出現と、その怪獣をも駆逐する究極の存在「ゴジラ」。半世紀にわたる怪獣との戦争の末、人類は敗走を重ね、ついに地球脱出を計画。そして2048年、中央政府管理下の人工知能による選別を受けた人間だけが恒星間移民船・アラトラム号で11.9光年の彼方にある「くじら座タウ星e」を目指し旅立った。しかし、20年かけてたどり着いたタウ星eの地球との環境条件差は、予測値を遥かに上回り、人類が生存可能な環境と呼べるものではなかった。移民船に乗る一人の青年・ハルオ。4歳の時に目の前でゴジラに両親を殺され、20年の間、地球に戻りゴジラを倒すことだけを考え続けていた。移民の可能性を閉ざされ、生存環境も劣悪となった船内でハルオを中心とした「地球帰還派」は主流となり、危険な長距離亜空間航行を決断し地球を目指す。だが、帰還した地球は、既に二万年の歳月が経過し、地上はゴジラを頂点とした生態系による未知の世界となっていた。果たして人類は地球を取り戻せるのか。そして、ハルオの運命は―――。

「GODZILLA 怪獣惑星」に投稿された感想・評価

なんだかんだで1本の映画にまとめたシン・ゴジラは流石なのだな、と。

あと虚淵脚本らしさは割と微妙か?鎧武でVS仮面ライダーしてたけど、今作ではリスペクトに徹底したのかしら。

まあ次もみますが。
元の特撮としてのゴジラファン的にはどうなんだろう?って感じだし、正直個人的にも「これゴジラとしてやる必要あった?」とちょっと感じた…けどキャストもスタッフも超豪華だったし、アニメ作品としてはすごくよくできてたと思う!一応の決着は着くけど、絶望が加速していく感じはさすが虚淵玄の脚本だなーと。今後の展開や各キャラの動向は気になるところだし、5月の続編が楽しみ。
うめ

うめの感想・評価

3.8
三部作の序章。
スリリングで引き込まれた。
obwnsgz

obwnsgzの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ゴジラに地球を破壊され尽くして宇宙に逃げて、20年振りに地球に帰ってゴジラと戦う話
全体的に暗くて青緑な映像
最初はつまらなかったけど、後半は面白かった
アニメなんだけど、3DでSFなのでもはや実写に近いような
だとすれば、映画としての面白さがもっと必要かなぁと
ワイド画の使い方が上手くない
アニメで自由に構図が作れるのだから、もっと構図とかこだわってよかったような
アニメーションの質感は好き
展開は強引な気もしたけど、つまらなくはなかった
正義感溢れる主人公が情熱でなんとかするみたいな感じは苦手
なんとなくガンダムユニコーンを思い出した
あと、ゴジラの大きさが良く分からなかった
それは結構なマイナス要素では?
次作はメカゴジラなのね
ますお

ますおの感想・評価

3.6
ポリゴンポリゴンした絵柄が感情移入できるかビミョ〜で見に行くのに二の足踏んでる方いませんか?
いや私がそうだったんですけどね。食わず嫌いすみませんでした。見てよかった。

感情移入など不要。
ゴジラ殲滅に向かう背景があまりにシッカリしているから、我々は地球へ向かうハルオ達の行く末を見守るウルトラハイパー傍観者なのである。

登場人物は外人的な風貌が多いけど、若手から実力派、外画の吹替でお馴染みの堅固な声優陣のお陰で全く違和感なし。
この声優さん、こんなキャラやこんな声音できるんだ、と新発見も沢山あった。

シネアドよりも想像以上に凄まじい淡々さなんだけど、要所要所でアツくなる。
最後が一番アツくなる。

シン・ゴジラは見たけどアニメはね…と思ってるアナタ!!
こっちのゴジラの方が強くて神々しいですよ。そして、こっちの人間もなかなかやりますぜ。

来年の5月、続編公開が楽しみ!

このレビューはネタバレを含みます

立川aスタ極爆

全く新しいハードSFゴジラの世界に入っていくのが大変だった。そのための説明台詞はもう良しとしても、リスニングのテストを受けてる気分だった笑(ところどころ聞き逃しとか意味を取らないまま聞き流してしまったのを自覚しながら見てた。)


後半はそれなりに手に汗握った。恐怖と絶望を感じることができたため良かった

「夢物語のユートピアより、目の前の現実と戦う」ってのは凄くいいテーマだけど、台詞でまんま言うのはどうなの…。

ゴジラとの戦闘は場当たり的な割には戦略的で、ゴジラの再生とシールドうんぬんの時間を絡ませる下りが良かったです


これ単体では全然好きな映画じゃないけど、…5月が楽しみです
おこめ

おこめの感想・評価

3.6
続きが観たい、と感じる前編感が満載の映画だった。
導入ということもあり、世界観や本作におけるゴジラの脅威等、その辺りの説明は避けられない分、前半は説明が多い。
前編としては期待を上げるだけ上げてくれたと思うため、評価を付けようも、それは続編次第な気もする。

また、極めて個人的な感想になるが、櫻井さんの演技がとても好みな方の演技だった…PSYCHO-PASSの槙島聖護の影を追い求めていた1人にとって、同 虚淵脚本ということも相俟って、本当に身震いするほど良い声で倍の値段を払っても良いと思えた…本当に…笑
Starrrrrrr

Starrrrrrrの感想・評価

4.0
SF要素とゴジラっていうのが意外と相性良くて楽しめた。
何より虚淵さんの考えたであろうストーリー構成とラストのたたみかけが凄まじかった!!
紫式部

紫式部の感想・評価

3.1
アニメ版ゴジラ

ゴジラにより地球を破壊され命からがら地球を脱出した人類が、宇宙を彷徨ううちに地球をゴジラから奪還すべく地球に降り立った・・・

細かい部分で納得いかない設定が気になってしまい、ちょっと興醒めでした。

とりあえず、続きは観ます
記録。
三部作なんですね。総じて作りは良いのに引き込まれる為の何かが足りない惜しい感じ。次回作に期待。
>|