GODZILLA 怪獣惑星の作品情報・感想・評価

GODZILLA 怪獣惑星2017年製作の映画)

上映日:2017年11月17日

製作国:

ジャンル:

3.3

あらすじ

二十世紀最後の夏。その日人類は、地球という惑星の支配者が自分達だけではないと知った―――。巨大生物「怪獣」の出現と、その怪獣をも駆逐する究極の存在「ゴジラ」。半世紀にわたる怪獣との戦争の末、人類は敗走を重ね、ついに地球脱出を計画。そして2048年、中央政府管理下の人工知能による選別を受けた人間だけが恒星間移民船・アラトラム号で11.9光年の彼方にある「くじら座タウ星e」を目指し…

二十世紀最後の夏。その日人類は、地球という惑星の支配者が自分達だけではないと知った―――。巨大生物「怪獣」の出現と、その怪獣をも駆逐する究極の存在「ゴジラ」。半世紀にわたる怪獣との戦争の末、人類は敗走を重ね、ついに地球脱出を計画。そして2048年、中央政府管理下の人工知能による選別を受けた人間だけが恒星間移民船・アラトラム号で11.9光年の彼方にある「くじら座タウ星e」を目指し旅立った。しかし、20年かけてたどり着いたタウ星eの地球との環境条件差は、予測値を遥かに上回り、人類が生存可能な環境と呼べるものではなかった。移民船に乗る一人の青年・ハルオ。4歳の時に目の前でゴジラに両親を殺され、20年の間、地球に戻りゴジラを倒すことだけを考え続けていた。移民の可能性を閉ざされ、生存環境も劣悪となった船内でハルオを中心とした「地球帰還派」は主流となり、危険な長距離亜空間航行を決断し地球を目指す。だが、帰還した地球は、既に二万年の歳月が経過し、地上はゴジラを頂点とした生態系による未知の世界となっていた。果たして人類は地球を取り戻せるのか。そして、ハルオの運命は―――。

「GODZILLA 怪獣惑星」に投稿された感想・評価

たが

たがの感想・評価

3.7
逆に個人的にはハリウッドゴジラよりもアニメゴジラの方が全然良かったように思えてしまったが、これを映画館で見たいとは思わないなぁ...
絵も何か物足りず、ストーリーもゴジラへの憎しみが描ききれていない...
足りないものが多くて、ゴジラブームに便乗したはいいけど、最3部作で出して集客大丈夫?って思えるような作品だった。
この評価はNetflixで見たからこその評価である。
これは、漫画であれば十分良いとは思うけど、映画だとちょっと...って感じかな
アニメーションでゴジラの肌質を表現するのに、こういうものかと考えてしまった。
地球の生体が、強いものに合わせ、都合の良いように変化して行くというところにも考えさせられた。今様々なものが人間仕様だし。
細かいSFネタも、ところどころ意味がわかると面白い。
主人公の信念の強さに応援したくなるストーリーだなと思った。
人類は環境変化が原因で地球上に出現した巨大生物「怪獣」の脅威に晒されるようになった。人類は種全体の存続を図り、一部の人間を他星に移住させる計画を立案する。2048年、恒星間移民船の1つ「アラトラム号」は選抜された一部の人間を乗せ、くじら座タウ星eを目指して旅立ったが——。

アニゴジはスルーするつもりだったが、第3章「GODZILLA 星を喰う者」にキングギドラが出ると知って鑑賞することにした(ゴジラより、断然キングギドラの方が好み)。

ゴジラをアニメ、しかもSFでやる意味とはなんだろう。「虚構 対 虚構」では、ゴジラのサイズがどんなに大きくても、怪獣としての恐さは薄まる。

また、せっかくタイトルが怪獣惑星なのだから、「怪獣総進撃」や「FINAL WARS」以上に沢山の有名怪獣が出て欲しかった。プロローグで、カマキラスやドゴラ、オルガらしき姿まで出てたので、マイナーな怪獣も含めてもっと登場してくれると期待したのだが…。

“強いキングギドラ”を観るために、第2章のメカゴジラを経由して、全章を観るつもりだが、最終的に「え? これがキングギドラなの?」って感想になる気がする。
ふも

ふもの感想・評価

3.0
間延びしすぎ、1時間映画にできる内容だろ。

あと「え、なんで?」ってなるシーンが多かったのがかなりノイズだった。

ゴジラっていうキャラクターを使った瀬下寛之の新作SFって感じでゴジラ感はそんなに無かった。
みき

みきの感想・評価

3.5
特撮のゴジラ(?)1回もみたことなかったけど面白いかった、けど最後の最後で!?!?って感じだった
うんー。
何か違う。
ゴジラちゃーごじら。
地球がゴジラにやられて、宇宙へ逃げ出し、地球は何故か1万年たっていた。そして戦い方がわかり、倒しに行く。
で、倒した後、そりゃー1万年もたちゃー、たくさん出てくるわな。
そして続きそうな終わり方。
おもんない‼️
ST

STの感想・評価

2.8
4kHDRで鑑賞。
映像はとても綺麗だが、癖のある3DCGで好みが分かれる。
BLAM!やシドニアの騎士が好きなら大丈夫だと思われる。
肝心の内容は、正直ゴジラである必要は皆無。
シナリオは薄っぺらく説得力もない。
いきなり異星人が二種族出てきたが、全く理解出来なく、その内1種族の偉いのが何故か主人公に入れあげてリーダーに据えるが、御都合主義過ぎてついて行けない。
ラストに関しては、絶望しかないが、置いてけぼり過ぎてその絶望感がギャグに見えてしまう。
暇があれば観ても良いと思うが、ゴジラファンでも話しのネタにもならないと思う。
Yudai

Yudaiの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

設定にも魅力を感じ
アクションの描き方もよく
映像全体としてまとまって
いて楽しく観ることができた

ただ言えるとしたら
次につながる展開に
少し残念さを感じた

倒せたと思えば
より大きなゴジラが現れる

あまりにベタ過ぎるようで
多少予想できてしまった

しかし映像としては
面白かった
ragii

ragiiの感想・評価

3.3
ゴジラ映画シリーズ初のアニメ映画シリーズの第1作目

ゴジラに地球を追い出された人類が約20年後に地球に帰還(ワープの影響で地球では2万年が経過)地球を取り戻すためにゴジラにいどむってゆう内容

んー楽しめたけど、これゴジラかな?

SF要素強めで違うモンスター映画観たのうな印象

専門的な用語いっぱい出てくるけど深く考えずにスルーしたらまぁ大丈夫かな?(笑)

3部作だから残り2作に期待しとこ。

このレビューはネタバレを含みます

ゴジラ映画がどうかは賛否あるかと思うけど、ゴジラ題材のアニメとしては有りと思う。ただ劇場で観るには不向きな絵のスピードと情報量の多い絵が連続するのでお家でゆっくり観るのをお勧めします。
>|