GODZILLA 怪獣惑星の作品情報・感想・評価

GODZILLA 怪獣惑星2017年製作の映画)

上映日:2017年11月17日

製作国:

ジャンル:

3.3

あらすじ

二十世紀最後の夏。その日人類は、地球という惑星の支配者が自分達だけではないと知った―――。巨大生物「怪獣」の出現と、その怪獣をも駆逐する究極の存在「ゴジラ」。半世紀にわたる怪獣との戦争の末、人類は敗走を重ね、ついに地球脱出を計画。そして2048年、中央政府管理下の人工知能による選別を受けた人間だけが恒星間移民船・アラトラム号で11.9光年の彼方にある「くじら座タウ星e」を目指し…

二十世紀最後の夏。その日人類は、地球という惑星の支配者が自分達だけではないと知った―――。巨大生物「怪獣」の出現と、その怪獣をも駆逐する究極の存在「ゴジラ」。半世紀にわたる怪獣との戦争の末、人類は敗走を重ね、ついに地球脱出を計画。そして2048年、中央政府管理下の人工知能による選別を受けた人間だけが恒星間移民船・アラトラム号で11.9光年の彼方にある「くじら座タウ星e」を目指し旅立った。しかし、20年かけてたどり着いたタウ星eの地球との環境条件差は、予測値を遥かに上回り、人類が生存可能な環境と呼べるものではなかった。移民船に乗る一人の青年・ハルオ。4歳の時に目の前でゴジラに両親を殺され、20年の間、地球に戻りゴジラを倒すことだけを考え続けていた。移民の可能性を閉ざされ、生存環境も劣悪となった船内でハルオを中心とした「地球帰還派」は主流となり、危険な長距離亜空間航行を決断し地球を目指す。だが、帰還した地球は、既に二万年の歳月が経過し、地上はゴジラを頂点とした生態系による未知の世界となっていた。果たして人類は地球を取り戻せるのか。そして、ハルオの運命は―――。

「GODZILLA 怪獣惑星」に投稿された感想・評価

ゴジラ一匹がいるからと
広い地球から逃げ出したり、
宇宙人と当然の如く合流するなど
物語にはあまり説得力なし。

でも薄暗い鬱々とした映像、
軍事的かつSF的な単語の
それっぽいナンセンスさが
字幕ありだと堪能できて
歯応えがっつり味わい深いで候。
アニゴジ3部作の1作目。
劇場公開直後にNetflixで配信されてました。

ナメてた、結構面白かった。
「シンゴジラ」大ヒットしてからアニゴジの製作が発表されたんで、便乗した生温いものかと思ってたんですよね。

実際はアニメでしか表現出来ないバリバリのSFストーリーだった。
小難しい感じすらある。
日常が破壊されるパニック映画的な描写はありませんが、これはこれで楽しい。
ラストの絶望感が良かった。
巨大感表現◎

序章な作りではありました。
ネトフリ来るの待つか劇場観に行くかどうしようかなー。
『SF映画としてはまあまあだけど、怪獣映画としては....』

日本が誇る大人気怪獣ゴジラの初のアニメーション映画。

ゴジラの出現によって地球から脱出した人類は2万年の時を経て地球に帰還しゴジラに戦いを挑む。

監督は『名探偵コナン から紅の恋歌』などの静野弘文と『BLAME!』の瀬下寛之。
脚本は『魔法少女まどか☆マギカ』などの虚淵玄。

第2章が公開されたのを機に改めて見直したのでレビューを書かせてもらいます。

言わずと知れた世界最強の怪獣ゴジラの初のアニメ化ということで注目の1作。

最初に言っておくと僕はゴジラのことはあんまり知らない方で、ちゃんと見たことがあるのは『シン・ゴジラ』とギャレス・エドワーズ版ぐらいのゴジラ素人。
どちらかというとゴジラ映画というよりは虚淵玄脚本作として興味を持った作品である。

虚淵玄といえば『魔法少女まどか☆マギカ』を始めとにかく登場人物を追い詰め、最終的になんか後味の悪い終わり方をする作風から『鬱展開の虚淵』とか『バットエンドの虚淵』などの異名を持つ脚本家。

特に『魔法少女まどか☆マギカ』は去年、夜に「そういえばまどマギまだ見てなかったわ」と軽い気持ちで見始めたらがっつりハマってしまい、深夜の3時ぐらいまでかけて全話一気に見てしまったというエピソードがあったりするぐらい思い入れがある作品。

そんな虚淵さんがゴジラをやると聞いてすごく興味を惹かれていた作品だった。
が、まだ3部作の第1章とはいえ正直物足りない内容だった。

まず、良かったところをあげるとSF映画としてはそれなりに楽しい作品ではあった。荒廃した未来の地球が出てくるディストピアSFって結構好きなのでそれだけで面白い。宇宙船や兵器のデザインも個人的にはなかなか好き。

CGアニメならではの迫力のある映像も見所。ゴジラは迫力あるし、ホバーバイクでの空中戦はそれなりに見応えがある。ただ、少し不満を言うと戦い方が基本同じような動きしかしないからちょっと単調に感じられてしまったのは残念だったかな。

とはいえ、ちゃんと実写では(特に日本では)出来ないようなゴジラ映画を目指してはいるし、意義ある挑戦であると思う。

残念だったところを上げると、とにかく前半が退屈。中盤まではほとんど世界観の説明と身内のゴタゴタに使ってしまい盛り上がるところが全然ない。ゴジラもまともな出番は終盤からで、単純に怪獣映画として退屈。

怪獣の種類も少なく、ゴジラとセルヴァムというワイバーンみたいなやつだけでもうすこしバリエーションがあった方が良かった。中盤のセルヴァムの襲撃もその方がだいぶ盛り上がったと思う。

ゴジラと戦うまでの身内同士の争いは普通につまらない。主人公は異端者扱いされてる割には味方も結構多く、割とトントン拍子に部隊のトップになってしまってイマイチカタルシスがない。

あと、ラストの展開に関しては「あ、やっぱり」と思っちゃうぐらい予想通りすぎて全然驚きはなかったな。虚淵脚本にしては割と意外性がなかった。

僕はゴジラをそこまで好きな人間ではないので、「これゴジラじゃなくてもよくない?」みたいなことはあんまり気にしないけど、単純に怪獣映画としてあんまり面白くないし、虚淵脚本作としても物足りない感じだった。

しかし、本作はあくまで3分作の1章目であり、『魔法少女まどか☆マギカ』の3話目までが本作にあたると考えれば次はそこそこ期待できる程度には悪くないと思う。

少なくとも見る価値のない駄作では決してないし、第2章ではある程度盛り返してるのでそれなりにオススメである。
tktk19

tktk19の感想・評価

3.7
惑星にたどり着くまでが最大の見どころ。

そんなこんなやあんなこんなありながらも、そういう人たち(まさに)が絶望寸前になんとかやってきてる感がね。

戦闘シーンはまぁ比較的お決まりの流れなのかも。

そうはいっても終わり方はありなんじゃないと思う。
TOMATE

TOMATEの感想・評価

4.7
ずっとこういうゴジラを待ってた!!!!!

正直, 実写の特撮ゴジラにはもう飽き飽きしてて, シン・ゴジラも観てなかったけど, 今回のはどっぷりSFに浸かってて観応えがある.

続きもあるので, 可能性に期待して評価高めに.
映像の迫力は流石だった、ゴジラ好きだったら一見の価値はある。ストーリーは結構あっさりだったかな。
shiho

shihoの感想・評価

4.6
はぁっほんと素晴らしい。
ありがたい。

パシフィック・リムからKAIZYU要素と、シンゴジラの最終作戦やエヴァの迎撃作戦みたいのと、なんか渋みのある宇宙SFと軍隊ものを取り合わせ、それを最新の技術で映像にしたような夢のアニメーション!!!
まるで「もしシンゴジラをあのまま止められなかったら…」みたいなストーリーにも感じましたよ。

宮野真守、櫻井孝宏、中井和哉、諏訪部順一といった名前の知れた実力派声優様たちが勢揃い。ありがとう!1人も芸能人いない!

(俳優さんでもお笑い芸人さんでも声優の才能ある方、声が良い方は確かにいるし最終的に結果オーライみたいな時もたま〜〜にあるけど、話題性の為にそんな無用な賭けをするのはやめて頂きたいですよねっ)

なんだろね、内容的には「世界観の規模と舞台」と「ゴジラのスペック」がこれまでの他怪獣映画、モンスター映画と比べて圧倒的に別次元なんですね。
冒頭に書いたように色んな要素混ぜて(私的には)大変ワクワクするような設定を実現するとなればアニメは最強です。表現は無限大。

そこが最大の売りであると思うので、迫力とかワンシーンごとの演出とかそういうのは薄い印象。
でも空飛ぶ小型爆撃機(1人乗り)でGODZILLAを挑発して、その後繰り出される熱線攻撃を避けるを繰り返して目標地点まで誘導するシーンなど良かったです。グググっとゴジラの周りを旋回する時は多分一緒にちょっと体傾いてました笑

シーン毎の音楽も良かったし。
強いて言えば主人公が「奴を絶対駆逐してやる!!!」って執念を燃やす理由付けというか、共感に持ってくまで脚本を作り込めてない印象(同じ境遇の人間は他にも何人もいるだろうから)なのがちと物足りなさを感じるけど、この手のSFものではそこばかりに重点置いてもいられないのかなぁ。
(でも時間短かったしもうちょっとあってもいいはず!)
そしてこの手の作品では得てして主人公は死に急ぎ独断特攻野郎でなくては話が進まないのかもしれませんね笑
だからこれで良し、かな?笑

まっ、あとGODZILLAのデザインはね、顔もモサっとしてるし凶暴性を感じませんでしたけど笑
でもスペックがヤバすぎ。もう生き物ってより「生きる災害」でしたね。

世間の評価低めだけど私はとっても楽しめました〜☆これはほんと、好みかもしれませんね。
私は怪獣プロレスとかモンスターに侵略される人類、みたいな趣旨のものより「人類の知恵と力を合わせてモンスターを倒そう!」な作品が好きなのですごく良かったですね。

面白かったぁ!次作楽しみ!
nicole

nicoleの感想・評価

3.0
虚淵ゴジラ。シンゴジラのすぐ後やからハードルはめっちゃ上がってたと思う。正直な感想としてはあと一歩といった感じ。まあぶっちゃけ3部作ものは最後まで見ないと分からんから一旦。
漆黒の闇を彷徨う宇宙船、老若男女が乗るこの宇宙船から老人を中心とした小型艇が地球に帰還しようとしている、が、それは船内の食糧難を凌ぐ為の口減らしではないのか、と異を唱えるハルオ、ってところから始まる「ゴジラ!」ってお話

シナリオの出来不出来は別として海の向こう米国でCGテンコ盛り且つ娯楽大作として再生産されたワンダ・マキシモフこと(←アベンジャーズ最高!)エリザベス・オルセン出演の『ゴッジラ』、これが近年のゴジラと名のつく作品のメルクマールとして機能してしまっているから、ゴジラ発祥の地である日本としては映像作品として異なるベクトルでゴジラを描くしかなく、こうしたなかなか難儀なハードルおまけに米国に比すると圧倒的に制約された予算で雁字搦めな中、『シン・ゴジラ』では会話活劇をメインにしてゴジラを添え物として描くという本末転倒な作品が国内だけで大絶賛、完全内向きゴジラを製作してお茶を濁したわけだけど、今回はお家芸のアニメでゴジラを描くというこれまた完全に「置きにいった」作品がリリースされた

実写CGじゃ米国に太刀打ち出来ないからアニメでスケール無限大だぜ!ってことなんだろう、宇宙の彼方からワープで2万年後の地球に戻ってきて、人種も地球人とその他の人型宇宙人、戦闘シーンもド派手と、まさにやりたい放題、アーマードスーツも壊しまくりだしゴジラの背びれもビカビカ光りまくり、なんだけど、一番大事なゴジラの造形がイマイチだし、終盤でやっと出てきたと思ったらサクッとやられるし(オーラスでドンデン返しがあるんだが)、結局『シン・ゴジラ』と同じく小難しいことを早口でまくし立ててドヤ顔してるシーンが連続するから字幕なしの劇場だとほぼ面白さ伝わらなかっただろうなぁ、と余計な心配をしてしまう出来

字幕ありで見たけどそれでもやっぱり台詞回しが鬱陶しい、もっと平易な言葉で喋るだろ、普通
ホッペ

ホッペの感想・評価

2.5
うーん、イマイチでしたね。
主人公のハルオが魅力的でないし、セリフがよく聞き取れない部分が多くて…

もっと面白くできなかったのかなぁ
>|