GODZILLA 怪獣惑星の作品情報・感想・評価・動画配信

「GODZILLA 怪獣惑星」に投稿された感想・評価

このアニメではゴジラが完全に敵なんだなー。ゴジラのムキムキ感がちょっと気になった。マッチョすぎじゃね?って(笑)

自分が好きなハリウッド版のは敵でもなく味方でもなく「神」って感じだけん、ここまで敵視する人たち目線のストーリーは新鮮だった。シン・ゴジラともまた違う感じ。

あと、こういうテイストのアニメ(CGかな?なんだろ)初めて見た。GReeeeNの「星影のエール」のMVみたいなやつ。
ワタル

ワタルの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

ムキムキゴジラ

一体目と二体目の大きさの対比が分かりづらい
ん〜結構好みが別れる感じの作品でした。今までに無い、新しいゴジラを描いたのでしょうが、私的には今ひとつハマれない感じですね

マッチョなゴジラはイカつく格好良さもありますけど、このストーリーには乗れなかったかなー

ただ、3部作の映画なのでこの後に続く続編に着たいですね

2022年6月29日 211作目
Netflix on demand
MrKATO

MrKATOの感想・評価

3.0
日本が誇る「ゴジラ」シリーズ初の長編アニメーション映画。巨大な怪獣たちが支配する2万年後の地球を舞台に、故郷を取り戻すべく帰還した人類の闘いを描く3部作の第1部。

「シン・ゴジラ」もかなりの冒険をした東宝ですが、さらなる挑戦の作品だと思います。ファンも含めて、賛否両論ですが、「アニメーション」での表現やストーリー構成など、よく考えられた「SF映画」。いずれにしても<第一部>だけでは、この物語の全貌は見えてこず、次作「決戦起動増殖都市」(タイトルはかなり思わせぶり)に期待したいところ。何よりも前日慱譚として書かれた小説「怪獣黙示録」で描かれた、世界のあちこちで暴れまわる「怪獣群」の映像化が観たい!(本作ではちらりとだけ登場)
関係ないけど山根博士の「ゴジラはあの一匹だけではない」の言葉が胸に響く…
第一部だから第二部へ期待(笑)
Flea

Fleaの感想・評価

2.9
ゴジラによって地球を追われた人類が
故郷を取り戻すべく
ゴジラ殲滅作戦に乗り出す
という設定。

まず、世界観というか
出てくる単語が小難しくて
ついていけない人が多いのでは笑

ただ、
ストーリーは割とシンプルだし、
設定が作り込まれているのは
間違いないので、
個人的には嫌いじゃなかったです。

3部作ということもあり、
引きのある終わり方。

次作に期待!
昔観た作品
アニメ版という事で観てみたけど、意外に面白かった。
エンディング曲いい
kすけ

kすけの感想・評価

5.0
シンゴジラファンです!
普通ゴジラはさほど面白いと思いませんがらコレは面白い!
是非オススメの1本です!

このレビューはネタバレを含みます

従来の『ゴジラ』は、人類の生み出した兵器、『核兵器』の象徴、人類の罪の象徴でした。しかし、今作の『ゴジラ』は、植物の象徴、つまりは、自然界の象徴であるように、感じました。今作の『ゴジラ』に近い設定は、2014年版『GODZILLA』、つまりは、アメリカ版『GODZILLA』の『ゴジラ』のように思います。地球の地下、深くで、存在していた、人類の前の、地球の支配者、破壊神『ゴジラ』。違いは、体の成分が、植物に近い物かどうかと、言った所でしょうか?人類の罪ではなく、自然界の裁きの象徴。今作の『ゴジラ』は、地球にとっての、病原菌である『人類』への、強力な、ワクチンと言った、所でしょうか?主人公、ハルオは、自分達の故郷、地球を奪った『ゴジラ』を、憎んでいました。当然の、憎しみです。では、地球にとっては、どうでしょう?確かに、『ゴジラ』は、人類を、地球から、追い出しました。その結果、地球は、どうなったでしょう?緑が豊かな、自然が、復活してませんか?あのまま、人類が、地球の支配者のままなら、地球は、繰り返される環境破壊によって、滅んでしまう気がします。『ゴジラ』が、人類を、追い出したことで、地球は、豊かな自然を、取り戻した。そうとも考えられる、気がします。地球にとっては、『ゴジラ』の方が、良かった。そう思ってしまいますね。もちろん、ハルオが、『ゴジラ』を憎む気持ちは、当然です。人間なのですから。でも、地球が、憎んでいたのは、人類そのもの。そう思います。自然界の象徴、神たる『ゴジラ』。この設定は、平成ガメラシリーズに、近いですね。平成ガメラシリーズでは、人類のために、戦った『ガメラ』ですが、平成ガメラシリーズのセリフの中でも、人類が、このまま、環境破壊を続け、地球の、自然界の敵となるならば、『ガメラ』は、人類の敵となるという、設定です。今作の『ゴジラ』は、それを、そのまま、実行した。そのようにも思います。だから、『ゴジラ』ばかりを、悪者扱い、できない気がします。今作の『ゴジラ』は、環境破壊による、異常気象の象徴とも、取れる気がします。このまま、人類は、自然破壊を続けて、良いのでしょうか?良くないからこそ、今作の『ゴジラ』が、存在する。そんな気がします。
山羊男

山羊男の感想・評価

3.6
単純に一言。三部作の中で一番好き。

苦悩する男。怪獣。躍動するメカ。宇宙規模の戦い。

男が好きそうな要素盛り合わせ。

すごく好き。

ゴジラを観たいがための作品ではないように感じました。

しかし、ゴジラが存在することで人類が受ける弊害を観て考える作品としては歴代のゴジラの中でも逸脱だと感じます。シン・ゴジラもリアルに描いていましたが、こちらはまた別口でのリアルな描写。

科学的技術の実現の可否について、僕は知識が無いのでなにも言えませんが、エンタメとして楽しむならこのぐらいの描写で充分では、ないでしょうか。

ゴジラが存在していることを察しながら、あくまでゆっくりゴジラが登場するまでを愉しむことで生まれる「ゴジラだー!」という快感。焦らし焦らされようやくお目にかかれた頃が物語のピークかと思いきや、まさかの…。

別の方のレビューで小説のよう。と記載がありましたが、その通りだと感じます。ゆえに、思案しながらゆっくりと作品を楽しみたいタイプの方にはぜひ、オススメ。新たなゴジラファンを獲得するに大変貢献した作品ではないでしょうか。
>|

あなたにおすすめの記事