インシディアス 第2章の作品情報・感想・評価

「インシディアス 第2章」に投稿された感想・評価

akari

akariの感想・評価

3.7
シリーズ通してみると、シーンが繋がっていて、あ〜あのシーンはそういう事だったのか〜となるタイプに弱い

今回まさにそれすぎて感動した

1よりもサスペンス要素が増えてて、ちゃんと今までモヤッとしてた部分を解消してくれる素晴らしい続編

ありがとうございました
イワオ

イワオの感想・評価

3.5
前作よりサスペンス要素満載で楽しめた。監督は一緒なのに前作のチープさは一体なんだったのか??
ivy

ivyの感想・評価

3.6
前作と続けてみた方がいいと思う。
だいぶ前に観たのでなんかこんなシーンあったな…くらいにしか覚えてなかったけど面白かった!

ホラー映画の中では中々おススメ。
m

mの感想・評価

3.8
前作と続けて観たので、ストーリーが繋がって面白かった。
怖さは続けて観ていれば慣れる。
音に驚かされる感じ。
しっかり観ていないと内容がわからなくなる。
Keita

Keitaの感想・評価

3.7
前作ありきの作品。解決編。続けてみたので、なるほどねーという。上手く出来てる。ただのホラーではないね。ふぅー疲れた。みんな勇敢だよね。相変わらずの家族愛でした。
音で驚かすのが1に比べて過剰になっててちょっとウザい。

純粋なホラーだった前作から、ホラー的水戸黄門化の兆しを見せる第2作。ホラーより謎解き、世界観の説明が前に出てる。
前作の驚愕のラストからのCHAPTER 2。
無事ダルトンくんの魂の救出に成功したものの、ジョシュの魂はあの世に囚われ、悪霊に身体を乗っ取られ状態。
果たしてジョシュは再び現世に戻り、自分の身体を取り戻せるのか?って話☆

前作を観てない方にとっては、冒頭からのネタバレ展開にヤられてしまいますので、必ず前作を鑑賞してからこの「第2章」をお楽しみください。
前作のシーンを別視点から見せる展開があり、すごく納得させられます。「実はこういうことでした」な展開に、人は弱いですね。

前作で執拗にジョシュ&ダルトン親子を襲撃した、ダース・モール似の超攻撃型悪霊が全く出てこないのは何でだろう?好きだったのに・・・(アレ?倒されちゃってたっけ?そんなシーン見落としてた??)

死んでもなお頼りになる霊能力者・エリーズと、彼女の友人のオジサン霊能力者・カールと、エリーズの助手をしていた凸凹コンビ・スペックス&タッカーとで、ジョシュの身体を乗っ取った悪霊と戦います。

悪霊化したジョシュが家族を追い回し、嫁のルネにヤカンをスマッシュしてクリーンヒットするシーンは本作のハイライト♪心踊ります。
ヤカン投げ選手権が開催されたら、おそらく彼が優勝でしょう。

ジョシュとルネの娘・カリちゃんがとてもキュートで、彼女の泣き声が聞こえる度に「あぁ!早く行ってあげて!!」って気持ちになります。っていうか前作から思ってたけど、ルネ、カリちゃんを一人にし過ぎ!
「ちゃんと見とけよ、しっかりしろよ!」って気持ちになります。

悪霊のルーツを探るサスペンス的要素が加味され、今回はダルトンくんがパパ救出のために立ち上がる展開がアツい、前作鑑賞から間を開けずに楽しんでいただきたい一本(* ̄ー ̄)☆



○キャスト○
ジョシュ・ランバート/パトリック・ウィルソン、ギャレット・ライアン(少年期)
ルネ・ランバート/ローズ・バーン
ダルトン・ランバート/タイ・シンプキンス
フォスター・ランバート/アンドリュー・アスター
ロレイン・ランバート/バーバラ・ハーシー、ジョナサン・ドナヒュー(若い頃)
エリーズ・ライナー/リン・シェイ、リンゼイ・サイム(若い頃)
スペックス/リー・ワネル
タッカー/アンガス・サンプソン
カール/スティーヴ・コールター
おもしろかった!やっぱりジュラシックワールドの弟役の人でとった!
コちらの世界とアちらの世界、ドちらの世界も"家"が舞台であります。
双方の世界で部屋、ドア、窓、廊下、階段がまるで迷宮のようでそこにカーテン、照明、家具類が彩りを添えて不気味な世界が展開されます。

渡辺篤史のように?ワン監督の家へのこだわりは強いようです。
西洋の家にはそれに充分に応えるだけの広さや力があるのがよく解りました。

一作目とドちらが怖かったかと問われたら私は一作目の方に手を挙げます。
1の伏線回収祭りが最高だった

1よりかはビビりません
顔芸祭りです

みんな大好きダースモール出てきません👹
以上です
>|