アナベル 死霊館の人形の作品情報・感想・評価・動画配信

アナベル 死霊館の人形2014年製作の映画)

Annabelle

上映日:2015年02月28日

製作国:

上映時間:99分

3.2

あらすじ

『アナベル 死霊館の人形』に投稿された感想・評価

daiP

daiPの感想・評価

3.5
死霊館ユニバースにハマるきっかけになった映画。来るとわかっているのに絶対驚いてしまうカメラワークが絶妙で上手い。大好きです。

このレビューはネタバレを含みます

死霊館ほど面白くも怖くもなかったけど、アナベルについて少し知れる。
ぼん

ぼんの感想・評価

3.8
エクソシスト夫婦に封印されていた、悪魔の人形アナベルが解放されてしまい。。。

留守を預かるシッターとその友達がやらかすというオーソドックスな展開で、アナベルリリースからの予定調和の封印。

最初いつもの夫妻が出てきて怯えていたけれど、思ったより怖くなかったで候。
ねむこ

ねむこの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ウォーレン夫妻のは観ているけどこっちはそんなにおもしろくないのでは?と勝手に決めつけて観ていなかったアナベルシリーズ
大きい音でびっくりさせるタイプの映画で、ちゃんと驚きました

旦那さんがアナベルを買ってきて「わー♡うれしい!」みたいになる奥さんを見て「いやいやいやいや」って声が出ちゃった
赤ちゃんにこにこしててかわいい
アナベルちゃんは顔の筋肉が怖い

エブリン怪しい人?ってちょっと疑ってごめんなさい
この人形をインテリアとして飾るアメリカ人のセンスよ。本来のアナベル人形は愛嬌のある可愛らしい姿なのに…。映画的にビジュアルを凶悪化するのは仕方のないことなのかな。

弾けたポップコーンによる火の海が好き。それくらいかな。アナベル人形以外のキャラクターが弱い。特に主人公グループが薄しお味。半年もすればポップコーンしか記憶に残らないと思う。

シリーズ作品ならではの安定感はある。ただし、パンチに欠ける映画だった。つまらないわけではない。少なくとも『クネクネ』の1000倍は面白いホラー映画。
かえる

かえるの感想・評価

3.3
前作より、娯楽映画として見やすくなっている。
ちゃんとビクッと恐怖を感じる演出になっている。レベルが全然違う。

前作も本作も、大事に作っている感はあるんだけど、どうも根本的に話が弱いのは変わらないかな。
ぷに子

ぷに子の感想・評価

2.5
前作(誕生)を見ていると楽しめる。
そうじゃないとただのホラー映画に感じる。
なのでこの作品だけに関していうと良くもなく悪くもなくという感想。
神樂

神樂の感想・評価

1.9

このレビューはネタバレを含みます

うーん、イマイチ…。
足の悪い子が悪魔に狙われて、足が悪いから逃げるのにも遅れて乗り移られるのとか、見てて可哀想で気分悪くなった。文字通り弱者が悪魔に利用されてしまうみたいに捉えられて不快。
なんで電気が急に消えるのか、カカシが何だったのか、婦人が裂かれた理由はなんだつたのか、ドアが勝手になぜ開いたりしまったりするのか、ホラーでありがちな展開をテンプレのように使って良しとしてる感じが好かなかった。
しかも最後の結末はなんだったの?アナベルが引き取られた両親を殺すのは置いといて、急に出てきた男誰?恋人?そいつも悪魔に利用されてるってこと?
節々でよくわからなくて、演出はドキドキして面白いところあったけど、ストーリー重視派としては低評価。

追記
と思ったらこれシリーズものだったんかい笑
そりゃわからん…。前作未視聴なので、それを見たら少しはわかるかも?でもあまり興味はそそられない…。気が向いたら見る。
アナベル三部作鑑賞しました。製作年順に観たけどこれはあんまり面白くなくてウトウトしながら観てました😪死霊人形の誕生から観たら寝なかったかも💦
a

aの感想・評価

3.8
これだけは何回も見て耐性つけたから唯一真顔で見れるホラー映画
>|

あなたにおすすめの記事