泥棒は幸せのはじまりの作品情報・感想・評価

「泥棒は幸せのはじまり」に投稿された感想・評価

Nagi

Nagiの感想・評価

3.9
人との出会いで人生変わる、
然るべき時に然るべき人と出会うことの大切さ、正しい方向に導いてくれる人がそばにおることの大切さ、それを改めて実感した。罪をちゃんと償うとこがいいね!!最初は好きじゃない系だと思ったけど結果結構好きなお話となりました。
santasan

santasanの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

詐欺師のオバさんと騙された男が道中を共にするロードムービー。まずこの設定が意外に面白い。最初はダイアナの自分勝手な詐欺師ぶりにムカつくんだけれど、なぜか次第に可愛らしく思えてくる不思議。最後までヒヤヒヤさせるが、サンディと出会えたのが彼女にとっては幸せだった。
hiroro

hiroroの感想・評価

3.3
喉パンチからのスタンガンは最高の流れだった。後ろから抱きしめたシーンは恋心も見えてちょっと切ない。















くぅー

くぅーの感想・評価

3.3
全米興行収入まさかのトータル1億$超えで2013年年間トップ20入りした“Identity Thief”がこの邦題にてDVDリリース…って、こちらでは劇場未公開となり、いろんな意味で興味深く拝見!
で、結論から言うと、ブレイクしたポッチャリ女優メリッサ・マッカーシーが偽装犯を奔放に演じてるのに尽きるかと…見事にハデに楽しませます(笑)
と言っても、日本人に通用する爆笑ネタがあまり無いんですが…米国おなじみの珍道中スタイルを取りつつ、悪人は実はいい人的なホロリの隠し味をまぶし、ナイスです。
クレカ詐欺のぽっちゃりおばさん(メリッサ・マッカーシー)をとっつかまえに真面目な男(ジェイソン・ベイトマン)が翻弄されつつ、フロリダからデンバーまで、翻弄されながらもだんだん仲良くなって、当初の目的である彼女を警察につきだすことに迷うことに…はたして、男の選んだ答えは?という感じの王道な映画。

「テッド」のプロデューサーと同じ人が関わっているらしく、キツめのジョークが効いていて、最高だったが、ファミリー映画ではないので注意。ジョークのテイストになれれば、まぁまぁおもしろい映画。
笑いあり涙ありのちょっと変わったロードムービー。結構好き。
喉にパンチしちゃダメ🙅‍♂️
kaname

kanameの感想・評価

3.5
他人の個人情報を盗んで贅沢三昧に暮らす女詐欺師と、その被害に遭った善良なサラリーマンが思わぬ珍道中を繰り広げる様を描いた物語。

笑いあり友情ありのロードムービーとして、意外にも良く出来ていたので面白かった。

加害者と被害者の間に妙な絆が生まれ、それなりに上手い所に着地させているあたりも好感が持てるかなぁと。
エイジ

エイジの感想・評価

3.3
たまにコメディ観たくなるんだよ。

でも、なかなか笑えるのがない。

これはそこそこ笑えたかな。
ジェイソンベイトマンが出てなかったら観なかったかも。原題のままの方がしっくりくるストーリー。
>|