メリッサ・マッカーシーinザ・ボス 世界で一番お金が好き!の作品情報・感想・評価

「メリッサ・マッカーシーinザ・ボス 世界で一番お金が好き!」に投稿された感想・評価

ザ・アメリカンコメディ。下品なジョークあり、ほんの少しの感動ありの作品。
楽しめたけど普通という印象でした。
HxRxK

HxRxKの感想・評価

3.7
ひたすらに下ネタ&下品なジョークオンパレード。大好物です。

ツボにハマれば矢張りこの手の映画は面白い。

ギャグだけならSPYより好きかも。
OG

OGの感想・評価

3.4
クセしかないメリッサがやはり可愛らしい☺︎
時折ぶち込まれる下ネタはご愛嬌☺︎
ただストーリーにあと1スパイスが足りない印象☺︎
良くも悪くもアメリカのコメディ作品ですね☺︎
たいし

たいしの感想・評価

1.5
ひたすら嫌な奴の話。
アメリカだとこういうのヒットするの分からないなー。
tai

taiの感想・評価

3.5
下ネタオンパレードで突発的な笑いがなかなかおもろかった!
メリッサ・マッカーシーがちょっっとだけスリムになってた。
りのあ

りのあの感想・評価

3.8
メリッサマッカーシーのSPYと並ぶくらい傑作な作品だと思う。
めっちゃ笑えるし、ちょっとホロッとさせるところもあります。

ハリウッドエクスプレスでちょいちょい特集されていたので、全米トップオフィスには入っていたんじゃないかと思うけど、
日本では公開されなかったのかな?
TSUTAYAのレンタルで見つけた時も、一本しか置いてなくて、背だしになっていたから、あやうく見逃すところだった。


お金のためなら平気で人を裏切る凄腕の女性実業家ミシェル(メリッサマッカーシー)は、元恋人ルノー(ピーターディンクレイジ)にインサイダー取引を告発され逮捕されてしまう。刑期を終えて出所したものの行くあてのない彼女は、シングルマザーの元秘書クレア(クリステンビル)が娘と暮らす家に転がり込む。新たなビジネスで再出発を図ろうとするミシェルだったが、昔の仕事仲間に相手にしてもらえず、次第に家に閉じこもるように。そんなある日、ミシェルはクレアが作るケーキにビジネスチャンスを見いだす。


メリッサマッカーシーのSPYとか、ゴーストバスターズが面白いと思った方なら楽しめると思います。


※年末に見た作品
ココ

ココの感想・評価

3.4
下品だけど内容的にはまぁまぁ面白かった。くだらなくて笑えるのが良い。
Sugar

Sugarの感想・評価

4.3
今やNo.1コメディエンヌ女優のメリッサ•マッカーシー

どうしてこんなに面白い作品がスルーされたのか理解できない位、最高に面白かったです。

自らの力で大金持ちになったミシェルでしたが、 孤児で里親に何度も捨てられた影響からか、人を信じる事を知らないが為に部下を大切にせず、全て自分の手柄にしてしまう傲慢な性格。彼氏さえも裏切り、その腹いせにハメられ全てを失ってしまいます。
刑務所を出て、居候させて貰った元部下の焼いたブラウニーが最高に美味しかったのをヒントに再び会社を立ち上げます。部下の子供が通うボランティア団体の子供達をスカウトし部下にし、軌道に乗り上げ部下親子との絆が通いそうになりますが、かつての苦い経験で信じる事を恐れ、会社を手放し部下親子も裏切ってしまいます。ミシェルはまた孤独になってしまうのか…

ミシェルがスカウトした子供達同士の路上でのキャットファイトを始め、下ネタあり、汚い言葉ありで決してお子様には見せてはいけませんが、もう笑いっぱなしでした。笑って、笑って最後にホロッとさせるアメリカンコメディの最高峰!
パンチの効いたコメディ映画

全米の大富豪で孤児で何度も捨てられたことで人を信じることに欠けたミッシェルがある日インサイダー取引で逮捕懲役5ヵ月に渡る刑期を終え、元秘書の家で居候するかたちとなったもののボランティアの集会でクッキーを販売していることにアイデアを膨らましたミッシェルは元秘書の手作りブラウニーを販売してお金儲けしようというビジネスを企てるという話。

映画なのだが、どちらかと言えばテレビドラマに近い映像づくりでして、割と退屈にはさせずに笑いのネタを連発している姿勢はなかなか良かったです。

最初からミッシェルが小さい頃に家族に捨てられた悲しい人間かと思いきや何度も何度も義理の家族に捨てられてしまう末路は残酷極まりなく、笑ってしまうと同時に何処か後味の悪いような不自然さを残してはいますが、その後はミッシェルとクレアの安定感のあるコンビネーションにほっこりさせられます。

ただ、ただですけどコメディとしては悪くはないけどラストで笑いを掴むよりもミッシェルが家族を作りたくても出来なかった幼少期のあのころと違って現在でかけがえのないものが出来たということを強調したほうが良かったのではとちょっと思ってしまい、そこらへんが惜しいと言えば惜しかったです。

また、面白いキャラとしたらブラウニーの売り子の一人にクリスタルというデカイ娘がいたのですが、そいつがミッシェル同様なかなか生意気でいい女だなあと思いましたが、あまり本編では出番がなさそうで後半では全然登場しなかったので恋しかったです。

それでも、ピーター・ティングレイジやキャシー・ベイツといいそしてMEGWINTVのバンディ似のタイラー・ラビーンさんといいキャスト陣が全てスクリーンでギラギラしていたものだから面白かったです。

特に前半の見せ場であるミッシェルらブラウニー売りとライバルのクッキー売りとが殴り合い蹴り合いの大乱闘を起こすシーンは必見です。
下ネタ多め。酒飲みながら楽しく観れる。
タイトルに名前が入ってるけどドキュメンタリーでもなく普通に映画です。
劇中では全米47位の金持ちの役ですが、実際は“世界で3番目に稼いでる”ようですねビックリ!

そしてメリッサ・マッカーシーが終始首元を隠す服装なので、なぜそんなに首元を隠したいのか そこがめっちゃ気になる。笑
>|