キングス・オブ・サマーの作品情報・感想・評価

キングス・オブ・サマー2013年製作の映画)

The Kings of Summer

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:95分

4.0

あらすじ

高校生のジョー(ニック・ロビンソン)と親友の パトリック(ガブリエル・バッソ)は、ともに親への不満から家出を計画。二人は一風変わった少年ビアジオ(モイセス・アリアス)と一緒に、森に隠れ家を作って自立した生活を目指す。しかし、そこにジョーが想いを寄せるクラスメイトのケリー(エリン・モリアーティ)がやってきて、少年たちの友情に亀裂が生じはじめ……。

「キングス・オブ・サマー」に投稿された感想・評価

なな

ななの感想・評価

4.0
最後の別れるシーンなんか最高に青春で、脳裏から離れない。
意地を張ったり嫉妬したり背伸びをしたり。
中学生、高校生の時に見ていたらどう感じたのだろうか。
tukahon

tukahonの感想・評価

4.0
過度に干渉してくる、どうでもいいわけのわからない話ばかりしてくる、そんな親が、家が、嫌で嫌でたまらない。10代の頃の気分を思い出しながら、こそばゆさを感じつつニヤニヤしながら見た。
とっても青臭い、青春。
リアルな17歳の見栄とかロマンとか...
私も森の中に家建てたい
秘密基地っていくつになっても心踊る
とにかく音楽が良き
青春だなあ。劇中の曲よかった。ケリー役の子可愛い。
ひ

ひの感想・評価

3.8
" 青春 "ってこういうこと 。そして、音楽がいい 。
ハル

ハルの感想・評価

4.0
デジタルスクリーンにて、遅ればせながら鑑賞。

高校生のジョーとその親友パトリックが親への不満から家出を計画。風変わりな少年ビアジオとともに森の中に隠れ家を建て、自給自足の生活を始める。楽しく刺激的な日々は永遠に続くかに思われたが、そこへジョーが想いを寄せる少女がやってきたことで友情に亀裂が入る。

家出少年たちのひと夏の経験を瑞々しく描いた青春映画の傑作。ストーリーとしてはスタンド・バイ・ミーの系譜を継ぎつつも、要所要所にギャグを織り交ぜてあり、笑えるけれどちょっぴり苦いテイストになっている。

大人に反抗することが大人になる第一歩だと信じてやまない少年たちに、かつての幼かった自分が重なり、恥ずかしくもあり懐かしくもあった。
chan

chanの感想・評価

4.2
青春映画はやめられないしやめたくない。

親に反抗してただ家出をするんじゃなく、森にハウスを建てちゃうなんて、しかもそこで暮らすなんて、最高が過ぎるよ。
17歳でそんなワクワクすることに夢中になれるなんて、最高が過ぎる。

ジョーもパトリックもビアジオも好き。

でも最高な時間も、永遠じゃないからまた良いんだよね、その儚さが。だから青春映画はやめられない。
親の一挙一動全てが猛烈にうざったくて、同じ空間にいるだけでイライラして、でも逆らえなくて、どうしようもできない日々、こんなモヤモヤしていた時期が僕にもありました。

早く早く大人になりたい、自由になりたい。
今ではもう感じることのできないあの「青春」を思い出すにはぴったりの作品です。
Aco

Acoの感想・評価

3.5
可愛いなーって思いながら親的立場で見てしまう笑…
やはりスタンドバイミーは超えられないかな?
こんな夏休みを過ごしてみたかったって感じ。
主人公の子、とってもよかったよー!
yourin

yourinの感想・評価

3.9
夏に渋谷で観たかった

風にも森にも癒された
海じゃない夏
>|