キングス・オブ・サマーの作品情報・感想・評価

キングス・オブ・サマー2013年製作の映画)

The Kings of Summer

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:95分

3.8

あらすじ

「キングス・オブ・サマー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

俗物にすがることは弱い生き方だから決別するんだって考え好きだな。これに関するオチは予想通りなんだけども。

30秒の間に神のお告げがあるかもしれないって目を瞑ったら落雷があった時に、雷も木と花と水と変わらぬただの自然の一部なだけだって森に消えていくのよかった

楽観主義と現実主義の細やかな衝突

想像を止めることやめたら死ぬことと同じだけど、今この肩には馬に引かせる程の重荷がかかってるんだって歌詞がすべて

まだ知らないことがありすぎるから、理想を現実に押し付けがちだし、自分中心が当然だって思うけど、それはみんな同じでそんなのが集まれば、分かち合えなくて、思い通りに行かなくて自分が不幸に感じて、逃げ出しちゃいたくなる感じ、、だから人に頼らず、家を建てて、食べ物とって、「BE ALONE MAN」を目指す、かっこいいじゃん

bigsickのコメディアンがゲスト出演してたのテンション上がった


時間に縛られずに、太陽の高さで時を測って生活してみたい、これバケットリスト投入
Luka

Lukaの感想・評価

3.8
スタンドバイミーに似ている
見た後少し切なくでも不思議な感情を抱ける
なんと言ってもタイトルとカバーアートが良い。MGMTのyouthの使い方も良い。
nana

nanaの感想・評価

4.0

監督来日記念上映にて鑑賞。
アップリンクで1日限定上映。
ジョーダン·ヴォ監督舞台挨拶。

楽しくてほろ苦い。

コメディタッチのひと夏の青春ストーリー。

思春期の男の子が大人に反感を持ち、夏休みに自力で生活しようとするストーリー。

森の中でサバイバル。

15歳の少年たちは最初は意気揚々。
自分たちで小屋を立てた秘密基地が僕らの家。
夜遅くまで語り合ったり、変な物食べてお腹壊したり😂

お洒落なセリフと個性豊かな少年達のワクワクが止まらない🥰

こんな事してみたい!って誰でも一度は思った事あるんじゃないかな?

う〜ん💦
女の子が出てきてから不穏な空気が立ち込めちゃうけど😮
やっぱり男の子だなぁ🙄
初恋と三角関係がほろ苦い💓

楽しかった😃
テンポが良くあっと言う間だった😊
とっても素敵な映画でした💖


キング・コングの制作監督。
「僕はアメリカから来ているんだ。みなさんは日本にいるんだからもっと映画館に来い!」
と笑う監督は、実は日本が大好きでちょくちょく日本に来ているとか。
今回もたっぷり日本を楽しんで帰ると言っていた。

上映開始時間を過ぎてもファンへのサインを止めず、いつ終わって始まるんだろう?と見に行くと
「ハァ〜イ♪サインは・ドォ〜♫」と言われてしまった。
お茶目な人。
キング・コングのパンフレット持参でサインをして貰って、感動のあまり泣き出すファンをハグ🤗してあげたり💖

終始ホッコリで素敵な空間でした😀
kou

kouの感想・評価

4.5
青春は短く、少年でいられる時間も短い。いつの日かあの当時の友人たちとは遠い場所に行ってしまうことになるのだけれど、それでもかつてのその場所は光輝いて見える。もちろんその当時は楽しく喜びに満ちているわけではなく、常に親や好きな子の事で悩んでいるのだけれど。

かけがえのない旅、どうしようもなく友人とたどり着いた先の生活。今作はそんなある夏の出来事をとてもみずみずしく描く。そこにはある夏を閉じ込めたような雰囲気さえあるのだ。今作はとても不思議で、そんなひと夏を95分にとじこめたような、なぜか見終わって涙が止まらなくなるような、そんな作品になっている。大切な作品となった。素晴らしかった。
きあん

きあんの感想・評価

3.4
青春〜〜!
夏休み、友達と、森に秘密基地作ってサバイバル生活。喧嘩でさえキラキラしすぎて眩しかった。
てるる

てるるの感想・評価

4.0
凄く独特な空気感のある青春コメディ。
ジャケがステキすぎる。

それぞれ家庭に嫌気がさした親友2人と変人1人が家出をして森で暮らし始めるゆるゆるイントゥザワイルド。

オープニングの配管演奏に奇妙なダンスを見せられた時点で、あーこれ自由な映画だなと感じた。
あのシーンは元々脚本に無くて急遽撮ったらしいけど、作品の象徴的なシーンにもなってる。

自分たちで小屋を建てたり、森や湖で遊ぶシーンは童心に帰ってワクワク!
夜は何者にも縛られずに自由を満喫。
そういや昔は秘密基地とか作ったよなあ(遠い目)

主人公が恋愛関係で自分勝手だったりしてイラッと来るんだけど、非モテなので残念ながらその気持ちが痛いほど分かるっていう(꒦ິ⌑꒦ີ)
まぁ主役のニック・ロビンソンは普通にイケメンだけどなっ(僻み)
それにしても主人公の父親の性格悪すぎない?

コメディの中心にもなってるビアジオ君も良かったな!
なかなか予想外の動きのホントに変人なんだけど友達想い。
ヘビ!ヘビに気を付けて!

青春のキラキラとワクワク、そして甘酸っぱさや鬱屈した思いがギュッと詰まってた良作。
レンタルされてないのが勿体ない!
無名作だけどよかったです

『スタンドバイミー』と『イントゥザワイルド』を足した感じ。脚本凝ってるって感じじゃないしB級ぽいけど、映像がすごく美しいし、音楽も良いし、見せ方も上手い。最後車で別れていくシーンとかエモオブエモいです。

それにしても自然の撮り方が綺麗だった。。
竹と筍。


竹は成長が速い。1日で1メートル成長した例もあるという。それに比べると、人の成長する速さといえば。成長期でも1年に5〜10センチ、だんだんと数ミリ。精神に至っては子供の頃から育たないことだってある。だから、焦れったくて、せいいっぱい背伸びをする。その姿が可愛らしく、愛おしく、いやそれでワンハウス築きあげてしまうんだから、たいしたもんだと思う。このままどんどんのびていくかと思いきや、おやおや、やはり竹とは違うのだと思う。しかし、背伸びして、髭を伸ばして、背伸びして、ようやく伸びた本当の数センチ、数ミリは、自慢げに語られるものではないけれど、もうそれは貴重で、夏の汗の最後の一滴というきらめきだった。そして、皮がひとつ剥けていく。子供の成長というのは、竹の長さというよりも群生する筍という名の、天へと落ちるしずくであるのかもしれない。

背伸びでまだ足りないなら、
踏み切って跳び上がる。
竹馬の友2名と宇宙人1名の
バンブージャンプ、
夏の飛沫。
ぼくも似た経験がありました。
親友と一人の女子を奪い合うシチュエーション、というかぼくの好きな人と親友が付き合ったんです。
ぼくはずっと好きだって意思表示してたのに…
その時はその親友と不仲になりましたが、何年か経つと10日で別れたという話も聞けたし、彼が近所に引っ越してきて定期的にご飯に行ったりゲームしたりする仲にまで回復しました。
友情はいつもしがらみをどうでもよくしてくれます。
>|