キングス・オブ・サマーの作品情報・感想・評価

キングス・オブ・サマー2013年製作の映画)

The Kings of Summer

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:95分

4.0

あらすじ

高校生のジョー(ニック・ロビンソン)と親友の パトリック(ガブリエル・バッソ)は、ともに親への不満から家出を計画。二人は一風変わった少年ビアジオ(モイセス・アリアス)と一緒に、森に隠れ家を作って自立した生活を目指す。しかし、そこにジョーが想いを寄せるクラスメイトのケリー(エリン・モリアーティ)がやってきて、少年たちの友情に亀裂が生じはじめ……。

「キングス・オブ・サマー」に投稿された感想・評価

MamiWakao

MamiWakaoの感想・評価

4.0
あ〜いい!爽やか!甘酸っぱい青春!こういうことしたかったお年頃があったなあ。
ひかり

ひかりの感想・評価

4.2
スイート・ティーンエイジャー・ニック……
すべすべのニックも無精ひげのニックも笑顔が素敵。
デジタルスクリーンで鑑賞(バタバタしててビーイングチャーリーは見逃した)。

1人1人に愛着が沸く映画。
窮屈な日常にうんざりのジョー、不憫代表パトリック、不思議少年ビアジオ、小悪魔ケリー、不器用こじらせパパ……
特にビアジオがいることで森での非日常を際立たせてるって感じで良かったし、コメディ要素にも繋がってた。

ニックのことは甘やかしたいタイプだけどさすがに中盤は「おいおい……」ってなったし、喧嘩の原因とかもう「お前ら女子か!」って感じだったけど、とにかくニックのお顔は可愛かった。
怒ってるニックも可愛いよ。笑ってる方が好きだけど。

音楽も良かったなぁ。森でのセッションも最高だった!
見てる人にもそれぞれ青春はあると思うんだけど、彼らにとっての青春は1人では成り立たないもの。それが友達で、好きな人で、もしかしたら家族で。
自分にとっての青春、大切な関わり合いを見つめ直したいと思った。
「森に時間なんてない!」
小さな頃、裏山で秘密基地を作って遊んでいた時代を思い出した!
あの頃は何でも無敵だったような気がする。
3人の男の子にあるその無敵感。
でも女の子がそれを壊し奪っていく。

ラストにかけての素晴らしい展開。
そんな時に流れるYouth Lagoonの音楽にまた無敵感を覚えてしまう。
思わず食べていたドーナツが弾けそうになるくらいに。。。

2013年の作品だが、未公開で昨年やっと劇場公開された名作。
ゆみな

ゆみなの感想・評価

4.2
2017年最後に観賞したのがこの映画でしたね。最近『エブリシング』って映画でニック・ロビンソンくんに惚れまして…これ年内に観とかないと後悔するよな…って思ってギリギリで観賞できたんですよ。結果私個人の2017年映画ベストに入りました!好き!

こういう思春期に少年から大人に変わる(あれ?どっかで聞いたことあるようなフレーズ)過程を描いたような映画って多々あるじゃないですか。そういうテーマの映画の中では断トツに好きになっちゃったなぁ…ほんとに。親のことめんどくさくなっちゃうこととか、はやく大人になりたい気持ちとか、好きな子との自分に都合のいい妄想とか、かけがえのない仲間との忘れられない時間とか。なんか上手いこと全部詰め込んであるものがドンピシャ私にはハマったんだよね。

水鉄砲で自殺するとこ超キュートだし、好きな子にスルーされた夜の時間の経過とか切なかったし、森の中での3人のセッションなんて超好きだし。ちょっとイラッとした罪な女の子の存在が、彼を大人にしてくれたのかなぁ…って思うと、やっぱり失恋は人生経験なんだろうなぁって思うよね。

なんか、父親との関係とかも意外と好きで。冒頭のシャワーシーンの後の会話とか最高だし、でもラストの詳しいこと話さなくても息子の気持ちを感じ取れるのは父親ならでは…って感じたわ。

ラストシーンめっちゃよかったよね。
なんか、ホッとした。

そして劇中の音楽も素晴らしくてさぁ!
何度も何度も観たくなるような映画だったなぁ。
情感を生むカットがうまい。演出も日本映画みたいな細かさがあってよかった。話の筋ではなくて、キャラクターとノスタルジックな状況で見せている。技量が高い監督だなと思った。野ウサギをさばくあたりから、俄然面白くなる。動物のカットが印象的だ
レナ

レナの感想・評価

4.8
ティーンの青春恋愛悩み友情とかそうゆうのがギュッと凝縮されたような映画
自分に息子ができたら絶対に見せたい映画リストに追加!
Miharu

Miharuの感想・評価

3.2
ティーンのの夏のエモさと、下品さと、笑いのバランスがなんだかちょうどいい。

ハラハラしながらも素直に見続けられた気持ちのいい作品だったような。
rhum

rhumの感想・評価

3.9
モノポリーは人間関係を壊すぞ!系青春映画(語弊あり)。とにかく叩く/叩きつけるの動作の連続が青春の煮詰まりを感じさせるようで最高。
中盤、急に話がシンプルになってきたあたりで涙腺やられた。
ほし

ほしの感想・評価

3.0
『Kids』のMVかよと思っていると本当にMGMTが流れて笑う。取調室での捕まったガキと警官の切り返しは『キングコング〜』でのそれと同じ。
ちよめ

ちよめの感想・評価

4.0
10代らしくてすごく自然なラストがgood
良い青春映画は音楽が良いよね
>|