キングス・オブ・サマーの作品情報・感想・評価

キングス・オブ・サマー2013年製作の映画)

The Kings of Summer

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:95分

4.0

あらすじ

高校生のジョー(ニック・ロビンソン)と親友の パトリック(ガブリエル・バッソ)は、ともに親への不満から家出を計画。二人は一風変わった少年ビアジオ(モイセス・アリアス)と一緒に、森に隠れ家を作って自立した生活を目指す。しかし、そこにジョーが想いを寄せるクラスメイトのケリー(エリン・モリアーティ)がやってきて、少年たちの友情に亀裂が生じはじめ……。

「キングス・オブ・サマー」に投稿された感想・評価

2018年33本目

ずっと観たかったやつ
自然の中に生きるがメインやからか
途中から映像がネイチャードキュメンタリーみたいになる笑

登場人物がものすごい良くて
共感出来るところもあるから見やすいし
音楽がいい!
これ大事!

もう一回見るかなー
ゆうな

ゆうなの感想・評価

3.8
セリフが最高。映像もずっと綺麗だし音楽も良かった。俳優たちがみんな適役できっちり個性を発揮していた。特にビアジオ役の人はもっと他の作品も見たくなる。ジョーとパトリックも可愛くて、健全な男の子たちの健全な反抗期ってこんなに眩しいのですかとゆう感じ。
くま

くまの感想・評価

3.5
・導入からワクワクする
・全体的にオシャレ
・全部忘れて遠く行きたい欲分かる
・夏と冒険心を感じた
・何のためのシーンか分からん所がチラホラ
・ジョーの親の口の悪さは嫌いじゃない
・パトリックの親からは若干狂気を感じる
・どうやって家出に終止符打つんやと思ってたら彼が犠牲になるとは
・洋画女優ってめっちゃ美人やんと思って画像検索したらあれ〜ってなること多ない?
・父親同士のボートのシーンとかいい
・どっか行きたくなった
Lea

Leaの感想・評価

3.3
一年以上越しの念願👏
全然上映されてなくてなんで??って思ってたけど、見てみて、こんな言い方あるんか知らんけど、マイナー映画なことにすごく納得した
ただカットとロケーションと主人公とケリーのルックスだけはめちゃくちゃ良い!
趣旨はいいねんけど前半は間延び感もあってこれどう回収するの?って感じやった。後半の方がたくさん詰まってたなあ、期待がでかすぎたってのもあるけど、数ある映画の1つってくらいの印象😅
ビアジオが最後の最後まで謎
親サイドのシーンはやっぱり泣いてしまう
パイプのシーンが即興らしくてただただモイセスのセンスに感激

けど
stand by meには勝てないな
kaichi

kaichiの感想・評価

4.3
夏の終わりに見て大正解だった、こういう登場人物みんな愛おしくなる映画はやっぱり好き、ビアジオみたいな友達欲しい
のもあ

のもあの感想・評価

4.1
大人になりたい男の子の行動力って凄い。この夏の出来事で確実にみんな大人になった。
ちょいちょい笑わせポイントがある。
映像がおしゃれ。
恋と友情というありがちな要素を取り入れているのに、主人公達のどこか現実離れした存在感が際立っててカッコよかった!
risako

risakoの感想・評価

-
安藤桃子監督代表の、キネマMにて

青臭かった、若いね。
彼らにとって、絶対に忘れられない夏になったんだろうな。
ビアジオのキャラクターが愛おしかった
音楽もおしゃれ
つのり

つのりの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます



夏、青春、恋、葛藤、モノポリー
大人になりたいジョーと友人達との物語

ふつふつと日々何かを抱えるジョーと
友人パトリック

ジョーはケリーに恋をし、
父親の新しい彼女"クモ女"と父親
大好きだったゲームモノポリーに
限界を迎える

パトリックは母親の謎の言動と、
父親の壁を叩く音
謎のじんましんに悩まされる

そんな中家を飛び出し
パーティへと繰り出すふたり
ジョーはそのとき森へと迷い込み、
謎の少年ビアジオと見つけた場所に
自分たちだけの家を作る計画を思いつく

3人の家づくり、
3人だけの家づくりが始まる

家の中にはすべり台、
玄関は建設中の簡易トイレのドア
自分達だけの家が出来上がり
家出が決行される

時給自足プラス道路沿いのチキンとで
生活を賄っていく3人
日々の生活との違いを感じながらも
楽しく、大人のような
自立した日々を過ごしていく

そこへジョーが想いを寄せるケリーが
自分たちのお家へやってくる

そこである事件が起き、
3人の友情が崩れ始め
3人の冒険は、
ジョーひとりの冒険になってしまう

初めての失恋、喧嘩、葛藤を経験し、
そんな中でなんとか生き抜いていくジョー
目の前のきらめき、ワクワク、ドキドキが
色褪せていった

そうしてビアジオのヘビ事件を機に
日常に戻るジョー
父親とちょっぴり向き合い、分かり合い
親友パトリックとも元の関係に

夏の大冒険を機に
ちょっぴり成長した3人
大人に憧れる時期が必ず訪れる10代
大人に反抗して、大人と分かり合えなくて、
大人になりたくて、自由になりたくて
眩しいくらい真っ直ぐで素直
でもゆっくり大人になればいい

この先成長していったとしても
この冒険を通して得たものは一生もの

夏にぴったり、キャストのキャラの濃さに
ちょっぴりズレてる感じが良かった

ビアジオのダンスシーンは当分
頭から離れない気がする
zmmmy

zmmmyの感想・評価

4.0
求めていた夏物語でした、森の中の映像が瑞々しくて綺麗、

これで大人になれる、今この瞬間から俺たちは大人だって確認してるジョー少年が可愛くて〜!!ヒゲ剃る時もちょっと残したりなんかして!

ビアジオのダンス、というか存在感が異質すぎて途中まで夏の妖精かなにかの役なのかと思ってた。

もはや品を感じるわ、ってビアジオの振る舞いを見て警察の女性が言うセリフすごい笑った。

最後の仲直り、良いっ!!!
咲

咲の感想・評価

3.8
親との生活にうんざりしていた少年たちが、森に秘密基地を作り夏を過ごす話。

まさに「夏を制した者たち」。自然に囲まれた最高の夏の過ごし方。川に遊びに行きたくなること間違いなし。
終わり方すき!!
>|