スウィート17モンスターの作品情報・感想・評価

スウィート17モンスター2016年製作の映画)

The Edge of Seventeen

上映日:2017年04月22日

製作国:

上映時間:104分

3.8

あらすじ

「スウィート17モンスター」に投稿された感想・評価

青春映画なんだけど、何か感じるものがあった

脚本が思春期のリアルな心情をよく捉えてて、共感したり、応援したい気持ちになった

あと、主人公の子の自然な演技が魅力的!
えす

えすの感想・評価

3.0
主人公のこじらせ具合にちょっと共感してしまう所があった。
あんなすごいメールは外国の子しか送れないな(笑)
こじらせ主人公が痛くて笑いまくった。
めちゃおもしろかった!
AIKA

AIKAの感想・評価

4.2
自分で自分を認めることができてなかった主人公。そんな主人公が変われたのは、先生と兄の存在が大きかった。周りの人に恵まれ支えられてる幸せを噛み締めて生きることの大切さを感じた。
mmk

mmkの感想・評価

4.0
わたしも青春時代拗らせていた節がありとても共感、こんな青春はしてないけど。
好きだなこの映画。主人公ネイディーンが終始愛おしくて、がんばれって、大丈夫だよって言ってあげたくなる。
最終的にはアーウィンなので何なら1番の勝ち組よ!!!!
ひなむ

ひなむの感想・評価

4.1
こじらせJK(モンスター)が家族友達先生を巻き込んで暴れ、少し大人になる話。ゴーストワールドより社会的。
自分の喋り方から何まで嫌なネイディーン、ほんとは分かってるのに色々と認められず何もかも上手くいかないの、わかる……
彼女を見守るアジア系地味め男子アーウィンの存在がこの映画の癒し。兄の「不公平を乗り越えろ」って言葉も先生やお母さんも良いこと言ってた。
あと細かい所で結構笑った。コメディじゃないけど笑える所があるの大事。
MakiSekine

MakiSekineの感想・評価

4.0
メモ

主人公以外、良いやつ
その主人公に自分を重ねられないとおもしろくない内容かも

特に先生とアーウィンが素敵

素直と可愛いは大事だぞ、と自分への戒めに。


自分のことが大好きだけど、理想の自分と現実の自分が違って癇癪を起こす。ケアしてくれる人にもイライラするけど、落胆されると傷付く。

ただフィットする形の愛をくれるパパや交際前の友達だけを拠り所に、自分を省みたり努力をしない。

憧れの彼と会う時は馬鹿にしていたママ以上に着飾る。

主人公にはうんざりなのに、どこか共感があってとても反省した。
maho

mahoの感想・評価

4.0
同じ17歳やのにまったく違う人生
わしも恋して喧嘩して波乱万丈なセブンティーンを送りたいものじゃ
Hellen

Hellenの感想・評価

4.0
“Everyone is as miserable as I am.”
「みんな私と同じぐらい惨めなのよ」
 
“They’re just better at pretending.”
「そうでないフリをするのが私より上手なだけ」

by:Nadine‘s mom
erimugi

erimugiの感想・評価

4.0
友達と恋愛が全てだった17歳!分かる。些細なことで傷ついたり、家族の心配がウザかったり、イタい言動に後悔したり。ネイディーンは言葉が下品すぎてどうかと思うけど。笑 そんな悩み、大したことないさーと思わせてくれる担任の先生が面白くて良い。
>|