スウィート17モンスターの作品情報・感想・評価

スウィート17モンスター2016年製作の映画)

The Edge of Seventeen

上映日:2017年04月22日

製作国:

上映時間:104分

3.9

あらすじ

まだ恋より友情が大切な17歳。キスも未経験、妄想だけが空まわり。 ネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド)は17歳の高校生。キスさえ未経験の、イケてない毎日。恋に恋する妄想だけがいつも空まわりして、教師のブルーナー(ウディ・ハレルソン)や情緒不安定な母親(キーラ・セジウィック)を困らせてばかり。たった一人の親友クリスタ(ヘイリー・ル・リチャードソン)だけが自分のすべてだと思っていたのに、何を…

まだ恋より友情が大切な17歳。キスも未経験、妄想だけが空まわり。 ネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド)は17歳の高校生。キスさえ未経験の、イケてない毎日。恋に恋する妄想だけがいつも空まわりして、教師のブルーナー(ウディ・ハレルソン)や情緒不安定な母親(キーラ・セジウィック)を困らせてばかり。たった一人の親友クリスタ(ヘイリー・ル・リチャードソン)だけが自分のすべてだと思っていたのに、何をしてもかなわないとコンプレックスを抱いていた人気者の兄ダリアン(ブレイク・ジェンナー)とクリスタが恋に落ちてしまう。疎外感から世界にたった一人取り残されたような気持ちになったネイディーンは、とんでもない行動に出るのだが…。

「スウィート17モンスター」に投稿された感想・評価

fabbienne

fabbienneの感想・評価

4.2
よかった。。。


17.18才くらいって
誰しもこじらせてるよね!!笑

みんな自分が 悲劇のヒロインみたいな!


お兄ちゃんのことナルシストで
嫌いなのに あのいかにもナルシストな人を好きになる辺り😂
話はすごい面白かったんだけど自分を見ているみたいで嫌な気分になるところも多くてちょっと辛かった
タカミ

タカミの感想・評価

3.0
「子供の頃から自分を認められなかった。こんな嫌なヤツが私自身なんて。大嫌いだったわ」思春期に誰しもが思うセリフ。同じだと救われた。
主人公が『ナポレオン・ダイナマイト』のペドロと酷似してると鏡の前で凹むシーン、最高✨✨
イケてない代名詞になっている笑。
この映画を観た方は、是非『ナポレオン・ダイナマイト』も観てください♡
繋がります⚘
いろいろこじらせてる17歳の女の子の映画。すごいテンポ感で、内容がすすんでいく!誰にでも共感できる部分があって、見終わったあとはちょっと心があったかくなりますな。見てよかった(^ ^)
shiori

shioriの感想・評価

4.2
変なメール送って後から死にそうになるの分かりすぎる あとブレイクジェンナーの筋肉は最高
今も昔も、自分はこじらせてるんだと、言わされている感じがして、情けなくなりました、、、


「レディーバード」のときもそうだけど、17.18の大人になる手前の多感な時期を描く作品は共感する部分が多い!!年は違うけど、おれも大学生でこじらせて、自己中心的な世界を送っていたことを理解した。恥ずかしながら、、


映画を通してネイディーンをみると、ほんとに周りの人物彼女をささえていてそれに気づかず、自分はまわりより不幸だと言っているのが残念すぎる。。
ただ、そのザバザバして周りに気づかない感じを表現するためにテンポアップと場面カットで伝わってきたのが上手いと思った!!!(全体的に早く展開してる、、)
ちなみにアメリカの観覧車のスピードが速いのは知らなくて気になった!!

だからこそ、その想いにきづいたことが彼女の成長で、観てて気持ちよかった!!!

ウディ・ハレルソンもかなり良かった。言葉数は少なくても、これまでの役のキャリアから、セリフが妙に深く感じたw


※今作の自分の中のハイライトは
お兄さんのセリフの「人生は不公平だ」っていうのが痛烈にきました。みんな平等じゃないことを受け入れるしかないんでしょうね。。。
SUKAPONTAN

SUKAPONTANの感想・評価

3.5
今も思春期から抜け出せていないような、自分には、あちらこちらのシーンに「いた、いたたた……」という感覚が……。
主人公は暗い性格だと周囲に言われている。確かに社交的ではないし、人間関係も広くはなかったけれど、彼女が付き合いを選んだ人はみないい人ばかりだし(特に先生がナイス)、彼女のやけになったときの行動力や、頭より先に口が動いているかのごとく失言してしまうところは好きだった。
このままでも面白いけどね。
ジーハ

ジーハの感想・評価

3.7
私はもう、十分過ぎるくらい大人で、思春期とかなんかめちゃくちゃ前に終わってしまってるんですけど。

ラスト…泣いちゃいました。

ネイディーンは自分が否定されることが怖くて、何でも先に毒を吐いて孤立してしまっている人生。でも、本当はそんな自分が大嫌いで、自分をすごく変えたいと思ってる。そんなネイディーンに、そう思ってる瞬間からもう君は前に進めてるんだよ!とバグしてあげたい気持ちになり、ラスト、そんな自分とサヨナラして清々しく前を向いて歩き出した彼女の姿になんだかグッと来て涙してしまった。

ネイディーンが劇中で、好きな相手に"あなたは複雑でシンプル!"と思いを伝えるシーンがあるけど、まさに思春期も"複雑でシンプル"。この台詞みたいな感じなんじゃないかな。

スウィート17モンスター
タイトルがストーリーにピッタリで好き★
予想以上に良かったです◎
るる

るるの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ずっと気になってた、ようやく。

懐かしい感じの音楽。アメリカ。

ヘイリー好きよ。

ウディ・ハレルソンが先生。なんてことだ。最高じゃないか。

こういう青春と縁がなかったな。いいな、あんな女友達。

兄と折り合いの悪い、妹視点って初めて見たかも。逆はよくあるけど。

母を止めてくれる兄貴。まだなんとか救いようのある家庭の話だ…

憧れのニックしかり、先生しかり、兄貴しかり、相手が人間だと知っていく、丁寧。

ずっとこのままだったらどうしよう、ハグしてくれる兄貴、優しい…

電話して、ではなく、ok.と送る母、子離れ、いいね。

それにしてもヘイデン・セットーさんかっこいいね、香港系カナダ人…

すっごい変な話なんだけど、洋画で東アジア系のひとを観ると嬉しくなってしまう、なんでなのかね? 馴染みある顔立ちへの親近感なのか、自分との類似を探すのか…自分の中にある差別性というものを把握する上で考えなくちゃいけないと思ってるんだけど。私のこの、これは、西洋人から東洋人の良さを認められたような気がする、そういう嬉しさなんだと思うんだよね、非常に歪んでる。
同時に、ああ、きっと世界のどこかで喜んでる人がいる、という予感に嬉しくなるのかも。人種的に多様な映画が作られることによって、こういう喜びは薄れていくのかもしれない、いつか、昔は洋画といえば白人ばっかりだったのよ、なんて語られるようになるんだろうか、わからん、わからんね

彼の作った映画、アニメなのかよ! 良かったね、なのかな、一応。刺さらなかったけど、良い映画だと思う。
16年米中。良作。とにかくヘイリーが巧い!モンスターという邦題がついたのも彼女のリアルな17才演技の為。しかも描き方がフェアで端から兄貴と親友寄り。ただでも痛い思春期を粉飾なしで乗りきるのはなかなか酷だが、いや見せてくれる。芸達者な大人もフォロー。K・セジウィックはパッツン前髪で不安定全開。そしてU・ハレルソンが作品中のメサイアでありながら血肉を失わない妙技を披露。正直一番カッコいい。「nobody like you」と呼ばれるネイディーンのほろ苦青春物語。勝負服が娘の格好に似ていて笑えた。
>|