スウィート17モンスターの作品情報・感想・評価

スウィート17モンスター2016年製作の映画)

The Edge of Seventeen

上映日:2017年04月22日

製作国:

上映時間:104分

3.9

あらすじ

まだ恋より友情が大切な17歳。キスも未経験、妄想だけが空まわり。 ネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド)は17歳の高校生。キスさえ未経験の、イケてない毎日。恋に恋する妄想だけがいつも空まわりして、教師のブルーナー(ウディ・ハレルソン)や情緒不安定な母親(キーラ・セジウィック)を困らせてばかり。たった一人の親友クリスタ(ヘイリー・ル・リチャードソン)だけが自分のすべてだと思っていたのに、何を…

まだ恋より友情が大切な17歳。キスも未経験、妄想だけが空まわり。 ネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド)は17歳の高校生。キスさえ未経験の、イケてない毎日。恋に恋する妄想だけがいつも空まわりして、教師のブルーナー(ウディ・ハレルソン)や情緒不安定な母親(キーラ・セジウィック)を困らせてばかり。たった一人の親友クリスタ(ヘイリー・ル・リチャードソン)だけが自分のすべてだと思っていたのに、何をしてもかなわないとコンプレックスを抱いていた人気者の兄ダリアン(ブレイク・ジェンナー)とクリスタが恋に落ちてしまう。疎外感から世界にたった一人取り残されたような気持ちになったネイディーンは、とんでもない行動に出るのだが…。

「スウィート17モンスター」に投稿された感想・評価

Nodoka

Nodokaの感想・評価

3.4
おかしくってケラケラ笑いながら見れた
思春期だから感じること
些細なことでも嫌になってしまう
思わず自暴自棄になってしまう
そういう時期を乗り越えてきた人は必ず共感できるはず
賢太郎

賢太郎の感想・評価

4.0
まさに青春時代の苦い経験を思い返させるようなストーリー。17歳という多感な時期を迎えて暴走するネイディーンをへイリーが上手く演じている。
ヘイリーって所謂"めっちゃ美人"というタイプじゃないのに凄く魅力的。自分の気持ちを隠すことが出来ずにズバズバ言ってしまう主人公には共感できる部分も多かったなぁ。
siho719

siho719の感想・評価

3.9
17歳ってこんなだったなぁってすごい懐かしくなった。自分にも自尊心が低く辛い時期があった。何でネイディーンに友達がいなかったのか不思議。悲劇のヒロイン時代のネイディーンでも全然友達になりたい。自分の兄と友達のベッドシーンを目撃した時のあの何とも言えない気持ち。分かるなぁ。いろんな場面に共感、共通するところがたくさんあってすごく好きな映画だった。
KANEMON

KANEMONの感想・評価

3.6
まさしく題名通りの作品でした(о´∀`о)

17歳のネイディーンの気持ちが懐かしくて分かっちゃうのは私がこじらせ女子(女子って言ってごめんなさい)だからでしょうか!?

なんで17歳で幼稚な事してる男子は可愛く見えるのに女子はイタく見えるのだろうか…( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

しかし男性陣は皆さん人格者ですね☆
人生は不公平だ。

公開時気になってはいたものの、時間が取れず、観に行けなかった一作。

主人公のネイディーンは強烈にコンプレックスを抱えた17歳の女の子。
コンプレックスの原因は自分自身の容姿や性格、完璧なお兄ちゃんの存在などなど色々合わさって大変なことになっています。

面白くなくはなかったけど、そもそもネイディーンの性格にすごくイライラしました。笑

本作では、人間は二種類いるとのことで、
みんなと上手くやっていける成功している人、とそれ以外の人。
ネイディーンはそれ以外の人のタイプ、お兄ちゃんは成功している人のタイプ。

ネイディーンの親友だったクリスタは、ネイディーン本人は自分と親友でいてくれるというところで、
自分と同じタイプだと思っていたのに、お兄ちゃんと付き合ってから成功している人のタイプになってしまったと感じたから余計に距離を取ってしまったのだと思います。

正直なところ、私自身、それ以外の人、のタイプではないので、理解不能というか、自分の性格嫌ならさっさと変えろよ、って思ってしまうので、なんだかなぁという感じでした。

ウディ・ハレルソン演じる高校の先生はめっちゃよかったと思います。笑
ぎす

ぎすの感想・評価

4.1
ガールズムービーで、こんな愛嬌のある子見た事ない!!
Haruto

Harutoの感想・評価

3.9
自分にもこんな時期あったかもなと、どこか他人事に思えない映画。最終的には心温まる終わり方で良かった👏🏻
花

花の感想・評価

3.6
2017.10/22

万国共通でこういう若者は外国にもいるのね・・・というきもち・・・自分が今もそうかも知んないけど確実にこの状態ではあったので、もう見ててゲボ出そうになるよな

「髪を整えて最高のドレスを着てから、脱いで寝るの」

「連中のリュックにこっそりオナラしろ」

①人ごみの中を走るみたいに歩くのも、まっすぐ前を見るのも、というか歩いているときまわりを見ないのも、ぜんぶ自分に自信がないから、たくさん喋るのは理解されたいから、早口でしゃべるのはわたしの話なんて誰もゆっくり聞いてくれないと思うから、誰も自分をわかってくれてないと思うから、というのがギャンギャンくるので心がズタズタになる

②お兄ちゃんの性格が最悪って言うけど最悪なところがほんのわずかも見出せなくてすごい、あとだいたい家事してる たぶんお兄ちゃんのがかなり闇深そう、お母さんの恋人として扱われてるし自分を預ける場所がなかったぶん今後彼女に母親を求めそうでは?と思ってこわいよな、子供育てたときヤバそう

③友だち、付き合ってから完全に髪の毛やらなんやらすべてにおいて綺麗になってるし服も女らしくなっててすげえ、メスとして生きると決めるのが大切

アーウィンが完全に一番かっこいいだろうよ!!!電話切ったあとしゅっしゅっ!!!ってやるのかわいい
カツマ

カツマの感想・評価

3.9
子供から大人への階段の1段目上がるか上がらないかくらい、それが17歳という困った時期。拗らせイケテナイ系に生まれ落ちてしまった辛さはよく分かるぞ、と思いながら妙に主人公に共感して見てしまいました(笑)でも長い自己嫌悪という名のトンネルを抜けた先にある光は、きっと彼女を素敵な人間に生まれ変わらせてくれる。
また、教師との会話パートがとても面白いんですが、実はこの教師こそが大人の見本として描かれていたと思います。成長痛のように心が軋み出す17歳。サナギから蝶へと羽ばたいていくこの時期は懐かしく、そしてやっぱりどこか愛おしく感じてしまいました。

小さい頃から勝ち組の兄に劣等感を抱いてきた拗らせ自称負け組の女の子ネイディーン。イジメられてばかりの彼女だったがクリスタという親友を得て、その後は何とか幸福な数年間を過ごすことが出来た。だが、13歳に時に大好きだった父を亡くし、17歳となった今唯一の心の拠り所となったクリスタが、まさかの兄と恋仲に!?それによってネイディーンの拗らせは大爆発!兄と喧嘩し、クリスタに絶交を言い渡し、いよいよ暴走は一気に加速していく。

圧倒的に拗らせているネイディーンに対し、クリスタにしても兄にしてもビックリするほどまともで、そこがまたネイディーンの子供具合を強調していると思う。実は誰にでもある拗らせ期。いつか大人になった自分を再確認するために、拗らせ期に自己嫌悪に陥った人ほどきっと大人になった自分のことが好きになれるんじゃないかな。ネイディーン役のヘイリースタインフェルドは恐らく過去最高の好演で、彼女の出世作として刻まれることになりそうです。
Annikki

Annikkiの感想・評価

3.4
17歳の主人公は、なんというかビジュアルから性格、全てにおいて、変わっている。
天然、不思議ちゃん、ではなく、個性がキツイ、一言多い。

友達がいない。1人いたけれど、兄の恋人になったのが気に入らなくて絶交する。

アジア系の映画好き男子と、いい感じにはなるけど、一言多い。空気を読まない。

主人公が、可愛く思えたのは、自分の事が嫌いで、話し方がイヤ、性格がイヤ、と分かっていて、直したくても直せないでもがいているところから、ひと皮剥けた時の表情だった。
とても可愛い、素直な笑顔だった。

こういう人、どこかで見た気がした。いうまでもない、自分ソックリだった。
なので、余計にいとおしく思えた。
>|