スウィート17モンスターの作品情報・感想・評価・動画配信

スウィート17モンスター2016年製作の映画)

The Edge of Seventeen

上映日:2017年04月22日

製作国:

上映時間:104分

3.8

あらすじ

「スウィート17モンスター」に投稿された感想・評価

非常に反抗期拗らせ女の子だった
音楽がいいのと、先生が良いキャラしてた
アーウィンかっこいい
モモ

モモの感想・評価

-
私のための映画って思うくらい当てはまってほんとにこの映画好き
なんかいつのまにか流してることが多い
魚子

魚子の感想・評価

4.6
こんな嫌なやつがわたし自身だったなんて、ちょうどネイディーンと同じ歳のころ同じように悩んでたのを思い出した。自分だけが不幸だと思い込んで周りに当たり散らかすのは17歳の醍醐味だと思ってる。でも誰かに感情をぶつけることが不得意になったいま、良くも悪くも自分の気持ちを素直に表現できる彼女がすごく羨ましくて愛おしかった。イケてない拗らせ女子映画もっとくれ〜〜!わたしもブルーナー先生にクッキー貰って、君はお気に入りの生徒だよって言われてえです
ティーン映画好きだけどあんまり刺さらんかった…主人公だいぶ拗らせててやることすることにあんまり納得いかなかったし自業自得ではと思ってしまった〜こうやっていろんなことにぶつかって乗り越えて大人になっていくんだな〜
ひなこ

ひなこの感想・評価

5.0
めんどくさい性格で学校で中心人物でいられてるわけでもない、というキャラクターに、ヘイリーがすごくはまってた
ayumi

ayumiの感想・評価

4.0
登場人物みんな良いところばかりじゃなくて、でも根っからの悪役もいないのが人間味あって愛おしかった。ネイディーンは自分が思ってること全部言って、それでいて受け止めて指摘してくれる人がいてめちゃくちゃ幸せだと思う。あんなに自分の不満を喚き散らせるのって、それを受け止めてくれる人がいるからできる技だよね。何も言わず溜め込んで溜め込んで大人になるより全然良い。私もネイディーンくらいの歳の時に思ってること全部吐き出せてたら、まったく違った今があったのかもとまで考えちゃった。大人の仕事って子供がちゃんと吐き出せる環境を作る事なのかもなぁ。
優花

優花の感想・評価

3.6
拗らせてる性格、どことなく共感できる部分があった。アーウィンみたいな人がそばに居たら幸せなんだろうな〜すごくすごくかっこよかった
NaO

NaOの感想・評価

4.1
素直になることは、大人になることなのか、それとも子供であることなのか。ネイディーンのひねくれた性格は彼女の本心ではあるが、一方で社会に溶け込むことにも憧れている(決して表には出さないが)
でも、彼女にはとても素敵な人間が周りにいて、ささやかに彼女を支えてくれる。彼女は不幸と自分を嘆いているが、全くそんなことはない。大人になってきっと彼女もそのことに気づくのだろう。
noa

noaの感想・評価

4.0
拗らせというかしくじりというか、ヘイリーがテキスト送っちゃった時にやばって言ってしまった。でも結果オーライ、実際の17歳も全て結果オーライなのよ。あの時ああしてて良かったな、だって今に繋がってるんだもの!ってやっぱ思うんです。そういう懐かしさが詰まってて良かった
neige

neigeの感想・評価

3.8
自分からすればたった1人の親友でも、相手から見た自分が100人の友達の中の1人だと感じたとき1番ダメージ大きいよね🥲
>|