スウィート17モンスターの作品情報・感想・評価

スウィート17モンスター2016年製作の映画)

The Edge of Seventeen

上映日:2017年04月22日

製作国:

上映時間:104分

3.9

あらすじ

まだ恋より友情が大切な17歳。キスも未経験、妄想だけが空まわり。 ネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド)は17歳の高校生。キスさえ未経験の、イケてない毎日。恋に恋する妄想だけがいつも空まわりして、教師のブルーナー(ウディ・ハレルソン)や情緒不安定な母親(キーラ・セジウィック)を困らせてばかり。たった一人の親友クリスタ(ヘイリー・ル・リチャードソン)だけが自分のすべてだと思っていたのに、何を…

まだ恋より友情が大切な17歳。キスも未経験、妄想だけが空まわり。 ネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド)は17歳の高校生。キスさえ未経験の、イケてない毎日。恋に恋する妄想だけがいつも空まわりして、教師のブルーナー(ウディ・ハレルソン)や情緒不安定な母親(キーラ・セジウィック)を困らせてばかり。たった一人の親友クリスタ(ヘイリー・ル・リチャードソン)だけが自分のすべてだと思っていたのに、何をしてもかなわないとコンプレックスを抱いていた人気者の兄ダリアン(ブレイク・ジェンナー)とクリスタが恋に落ちてしまう。疎外感から世界にたった一人取り残されたような気持ちになったネイディーンは、とんでもない行動に出るのだが…。

「スウィート17モンスター」に投稿された感想・評価

coco

cocoの感想・評価

4.5
世界で一番頼りにしていた父が亡くなり、唯一の友達は大嫌いな兄の彼女になって勢いで絶交しちゃった。
そんな女の子の数週間を描いた青春ムービーでした。
観終わって改めて思うんですが、10代の内にこの作品を観ることができてめちゃくちゃ幸せです!!
共感の嵐でした!!笑

ずーーーーーーっと観たくて観たくて、待ちに待ってやっとwowowで放送されたので鑑賞。
ヘイリー主演という時点ではやく観たい!と思っていた本作。
やはり彼女の演技がすごくて、特にイライラやモヤモヤを表現する的確さ?は観ていて『そうそう!わかるよ!』ってなるばかりでした。

もちろん演技だけでなく、ファッションや曲もよかったです。
靴やアウターといった一部分はいい感じのを選んでるけど、おしゃれとは言えないコーディネート。
同世代には全くドンピシャじゃないけど、めちゃくちゃ素敵な音楽。
細かい要素1つ1つにネイディーンの人となりが見える気がして、そのピース1つ1つを見逃さずに観なきゃ!聞かなきゃ!ってなってました笑

基本的にネイディーンが暴走していく過程とその結果の繰り返しなんですが、同年代なので人ごとでは済まされない何かを感じて、ドキドキしたりしてました笑笑

思春期後期の17才ならではだと思うんですが、
世界や社会に絶望→思いもよらないところから生じたわずかな希望にすがって変に挑戦する→玉砕→絶望
このサイクルが全てでどの1つをとっても自分にとっては一大事で。
でもそのほとんどが振り返ってみると、しょうもなくて時間の無駄みたいなもんなんですが、当時は自分の人生に関わる一大事なんですよね笑

でも、この映画が伝えたいのはそこだけじゃなくて、終盤のシーンみたいな家族や友達、もしくはそれに近しい存在が誰にでもいるはずっていうメッセージ。

当時は、みんながみんな世界の中心で、自分を軸に世界が回ってて、不幸は自分にばかり降り注ぎ、その他大勢の人生は自分のよりだいぶマシ。
なんて考えてしまいがちだけど、みんな何かに苦しんでて必ずしも幸せとは限らない。
このことと自分を支えてくれる存在に気づけたら勝ち笑

今までで多分一番長いレビューになっちゃいましたけど、10代を過ごした人なら誰でも共感できる良質な映画です。
是非是非是非!✨
いわた

いわたの感想・評価

4.4
主人公の性格や行動が自分と重なる…。自分を客観的に眺めてるようでなんだか歯痒かった。感情的で、単純で、思い込みが激しくて。自分のことが嫌いで仕方がないのに、変わりたいと思っても変われない。わかるわかる!と思いながら観てた。
けど自分は彼女ほど言いたいことハッキリ言えないし、あそこまで攻撃的にはなれないな……笑

ありのままの自分を受け入れて、その上好いてくれてる人たちに感謝。
まー

まーの感想・評価

4.5
ヘイリー・スタインフェルドが最高でした。「トゥルー・グリッド」以外の出演作では今作が一番。ほぼ彼女のPVです。笑

ストーリーもティーン向けかと思いきや意外と共感できました。(私の精神年齢が17歳で止まってるのかも 笑)アメリカのティーン映画は邦画と違って大人が見ても面白い。何だろう、この違いは。
自分がどん底にいてどんなに孤独だと思っても、周りには気にかけてくれる大事な人がちゃんといるんだよ。ってことですね。これ大人になってもすごく大事。

あと、ウディ・ハレルソン先生も超素敵でした。遠くから見守ってくれる優しい先生。授業はもっと真面目にやれよと思ったけど。笑
ネイディーンは先生の中に父親を見ていて、先生に車で家まで送ってもらうことであの日に決着をつけたのではないかと。父と娘の物語でもあるんですよね。ちょっとしか出なかったけどお父さんも素敵でした。
ケイ

ケイの感想・評価

3.3
普通の17歳が見れた。ヘイリーが普通の役を演じるのが上手い。
ICCHI

ICCHIの感想・評価

3.5
めちゃくちゃ痛くて見てられなかったけど、なんでかって考えたら自分とよく似てたからだ。こじらせ女子、とかそんな安っぽい言い方で呼ばせたくない。これは私たち女の子が大人になる大事な1ページだから。痛くても惨めでも馬鹿らしくても、抱きしめたくなったのは、これが誰かの、みんなの、物語だからなのかもしれない
aya8

aya8の感想・評価

-
アメリカのティーンの部屋ってみんなこんなに可愛いの⁈
彼女のことを好きな役の、アジア系の俳優さんがドストライクでした^ ^
ごま

ごまの感想・評価

3.0
兄も友達も先生も、みんな優しくて大人で、ニックも別に嫌なやつじゃなくて、ネイディーンがただただ空回ってた。
すっごい青春。
Aya

Ayaの感想・評価

4.0
ヘイリーがすごくキュート。

17歳のネイディーンに向けられた台詞がスウィート17なんてとうの昔に終わってる自分にも刺さるのは、まだ私の中にもネイディーンが潜んでいるから。あぁ辛い...笑

最後のネイディーンの笑顔を観たら「あ、きっとこの子はこれから大丈夫だ。」って安心した。

私もネイディーンを思い出しながら成長していこう。
友情と恋愛、大人と子供、スクールカースト上位層と下位層、相容れない関係に揺さぶられる17歳。序盤では大人は「判ってくれない」ものだと描かれているが、教師や兄によって、やがて大人は「判ろうとしている」ことが明らかになる。相手の気持ちになって、お互いの相容れない価値観を理解することが大事だと改めて教えてくれる。かつてはみんなが17歳だった。ネイディーンの行動を理解できなくなったとき、人は「大人になった」と言えるんじゃないか。
あとたまにネイディーンが小松菜奈に見えるときあったよね。気のせい?
S

Sの感想・評価

3.2
アーウィンいいやん。ウディ・ハレルソンいいやん。誤爆するとこうけた
>|