スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

The Edge of Seventeen

上映日:2017年04月22日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:104分
    監督
    ケリー・フレモン
    脚本
    ケリー・フレモン
    キャスト
    ヘイリー・スタインフェルド
    ヘイリー・ル・リチャードソン
    ブレイク・ジェンナー
    キーラ・セジウィック
    ウディ・ハレルソン
    Hayden Szeto
    アレクサンダー・キャルバート
    エリック・キーンリーサイド
    Nesta Cooper
    ダニエル・ベイコン
    あらすじ
    まだ恋より友情が大切な17歳。キスも未経験、妄想だけが空まわり。 ネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド)は17歳の高校生。キスさえ未経験の、イケてない毎日。恋に恋する妄想だけがいつも空まわりして、教師のブルーナー(ウディ・ハレルソン)や情緒不安定な母親(キーラ・セジウィック)を困らせてばかり。たった一人の親友クリスタ(ヘイリー・ル・リチャードソン)だけが自分のすべてだと思っていたのに、何をしてもかなわないとコンプレックスを抱いていた人気者の兄ダリアン(ブレイク・ジェンナー)とクリスタが恋に落ちてしまう。疎外感から世界にたった一人取り残されたような気持ちになったネイディーンは、とんでもない行動に出るのだが…。

    「スウィート17モンスター」に投稿された感想・レビュー

    Kogarath
    Kogarathの感想・レビュー
    2時間
    4.3
    一言で言うと、ヘイリー・スタインフェルドが可愛い!
    「トゥルー・グリット」や「はじまりのうた」、それに昨年のサマソニでのステージとその成長を見守ってきたけど(←言い方キモい)、今回も自然体かつ説得力のある演技で魅せてくれる。
    周りに馴染めず悪態をついたり、それでいて誰よりも傷つきやすかったり、そんなちょっとイタい17歳がぴったりハマっていて、ついつい自分もこんな時期あったなあ…なんて思い出しながら観てしまった。でも完全に通り過ぎた過去かと言えばそうでもなくて、まだまだ自分もオトナになりきれてないな、なんて思ったりして。
    パーティーで孤独になるシーンなんかもうリアルすぎて泣ける。

    そしてネイディーンを取り囲む人たちがみんな温かくて優しい。
    兄役のブレイク・ジェナーは「エブリバディ・ウォンツ・サム!」のイメージが強すぎて一人だけ80年代の人みたく見えたけど(笑)、リア充な彼なりの葛藤もしっかり描いてるのも良かったな。
    終盤の兄妹のやり取りはちょっと泣きそうになった。こうやって大人になっていくんだよな。
    母が教える辛い気持ちの落ち着かせ方も素敵だし、アーウィンもいいヤツ。いいヤツすぎてたまに可哀想になるけど。笑

    あとウディ・ハレルソン先生の役柄ズルい!笑
    こういう先生に出会いたかったなー。
    ホーリー
    ホーリーの感想・レビュー
    3時間
    4.5
    いい映画でした。
    主人公の気持ち痛いほどわかるし、とにかく痛々しかった。
    自分のだけじゃなくて人の痛みにも気づけたときに、大人になるんだなと思いました。
    先生とかアーウィンがずっといいキャラで、クスクス笑えるし、見やすくバランス良かったです。
    NZRK1
    NZRK1の感想・レビュー
    3時間
    4.1
    20170427 なんばパークスシネマ
    kinishiki
    kinishikiの感想・レビュー
    3時間
    3.9
    何気にずっと楽しみにしてた「スウィート17モンスター」(もちろん原題Edge of seventeen」のがいい)

    今のリアルティーンを忠実に描いていて、いわゆる"死にたい系女子"なんだけど、その空回りっぷりが段々愛おしくなってくる。

    達観した(つもり)の彼女の世界が映画のマジックで自分ごとのように感じられ、それが妙に突き刺さる…

    それにしてもヘイリー・スタインフェルドちゃんの肝の座った演技に驚く。このカリスマ性は日本でいうかつての山口智子のような、悲哀とユーモアに満ちた、それでいてカリスマ性を持ち合わせる驚異の逸材。

    今の年齢でこのティーンムービーを演じたことだけでもこの映画の価値は計り知れない。
    ライルゴーチン
    ライルゴーチンの感想・レビュー
    3時間
    3.5
    邦題が日本的すぎてあかんやんて感じですね。ティーンに畏れてちゃんと接してあげられない、日本の大人ってダメですよね。
    それに比べ、本作のウディ・ハレルソン先生一家は素敵でした。

    ちょっと錦織圭似のコリアン系の少年がかわいらしい(* ゚∀゚)
    ふしみあい
    ふしみあいの感想・レビュー
    3時間
    5.0
    誰もが拗らせて大人になった。いや、今も拗らせなうの私にはいたたまれない映画だった。17歳の拗らせは可愛いもんだけど20代入ってしばらくしたのにまだ気持ちは子供なの、全然可愛くない。

    青春の痛みとか、次々と襲い掛かる不幸とか、全部マイナスにしているのは自分自身なのかもしれない。こじらせ女子とはいってもアメリカのガタイのいいパワフルな女の子が主人公だから、終始有り余る力を爆発させている。全力で生きている感じ、いいなあ!そしてそれをキュートに、でも鋭く描いている。観察眼鋭いんだろうな。

    自分を好きになれないまま、自分を変えることができないまま、周りの環境はどんどん変わっていく。今作はそんな大人になるためのいわば通過儀礼のような、穴があったら入りたい体験をテーマにしている。もうみていてやめてー!と叫びたいほど痛い行動を繰り返すネイディーン。でも自分でもそんなことしたくなくて、なのにどうしようもなくなって、取り返しがつかなくなって、焦って、自分だけが不幸だと感じて…しかしそれでも、その期間を乗り越えて少女は大人になっていく。女優さんの表情の変化とか動きがすごく良かった。

    車から降りる足のショットからずっと学校の中までついていって先生にいきなり自殺の宣言をするオープニングでもう心鷲掴みにされていた。
    主人公の独特なファッションが可愛い。
    雨の中走り出すシーンやその後のカットが綺麗すぎた。音楽ももっと洋楽わかれば楽しんだろうけど、それでも聞いているだけで十分楽しめる。

    少女が大人になると同時に家族も変わっていく。その過程がすごく良かった。兄貴の独白シーンは胸が痛い。母の成長は見ているこちらも嬉しくなる。
    そしてこの映画の大きな存在、ウディ・ハレルソン演じる学校の先生。
    いちいちセリフが秀逸で、とてもいいキャラだった。好き…。

    ネイディーンと全く同じ体験をした人はいないと思うけど、友達とちょっと気まずくなる期間とか、好きな人にメールを送ろうか送らまいか悩む瞬間とか、そういう普遍的な場面をとても巧みに切り取っていた。

    去年の初夏にも最高な青春映画、シングストリートが同じスクリーンでやっていたことを思い出した。毎年こんな映画見られたらいいなあ。
    けんたそ
    けんたその感想・レビュー
    3時間
    3.6
    自意識過剰でネガティブで思考メンドクサイ系のザ・拗らせ女子なんやけど、鬱屈した感情って心の奥底にきっと誰もが持ってて、妙な親近感を持ちつつモジモジしながら見守りたくなるような優しい気持ちで観れた。「気づくのが遅い」も刺さる刺さる。主人公だけでなく家族の成長物語としても秀逸
    まさみつ
    まさみつの感想・レビュー
    4時間
    3.4
    ウディ・ハレルソンを見るとゾンビランドの続編はまだ?と思う。良い先生だった。

    こじらせというのが最近よく使われるが、女の子はニコニコして楽しんでいるふりしてるだけでいろいろプラスに働くと思うけど。

    そこそこハンサムなお兄ちゃんとも和解してすっきりした。

    もっとコメディーかと思ってたら違った。

    46本目
    冷めこ
    冷めこの感想・レビュー
    4時間
    4.5
    つい最近ハタチになってしまったワタシには、見るとイタイ気持ちになる、でも素敵なそんな青春映画。
    きっともう10年後にはタラレバ娘でまたイタイ気持ちになるんだろうなって感じ笑
    もっと早くネイディーンに出会いたかった!って思う反面、ハタチになったからこそ共感も客観視も出来るんだろうなとも思う。
    未だ訪れないワタシの青春、ひねくれずに迎えにいかなきゃね…!
    Hirosay
    Hirosayの感想・レビュー
    5時間
    3.5
    ヘンリースタインフェルドは正統派の美人とは違うけれど、魅力的ですね!
    主人公の引き起こす騒動は自業自得と言えばそれまでだけど、自分自身の世界が全てになってしまう時代は誰しもあるものだと思う。そういう意味で、とても共感出来るストレートな青春映画だと思いました。
    原題はスティービーニックスの曲「エッジオブセブンティーン」が由来だと思いますが、そのままじゃダメだったのかなぁ?
    >|