スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

The Edge of Seventeen

上映日:2017年04月22日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:104分
    監督
    ケリー・フレモン
    脚本
    ケリー・フレモン
    キャスト
    ヘイリー・スタインフェルド
    ヘイリー・ル・リチャードソン
    ブレイク・ジェンナー
    キーラ・セジウィック
    ウディ・ハレルソン
    Hayden Szeto
    アレクサンダー・キャルバート
    エリック・キーンリーサイド
    Nesta Cooper
    ダニエル・ベイコン
    あらすじ
    まだ恋より友情が大切な17歳。キスも未経験、妄想だけが空まわり。 ネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド)は17歳の高校生。キスさえ未経験の、イケてない毎日。恋に恋する妄想だけがいつも空まわりして、教師のブルーナー(ウディ・ハレルソン)や情緒不安定な母親(キーラ・セジウィック)を困らせてばかり。たった一人の親友クリスタ(ヘイリー・ル・リチャードソン)だけが自分のすべてだと思っていたのに、何をしてもかなわないとコンプレックスを抱いていた人気者の兄ダリアン(ブレイク・ジェンナー)とクリスタが恋に落ちてしまう。疎外感から世界にたった一人取り残されたような気持ちになったネイディーンは、とんでもない行動に出るのだが…。

    「スウィート17モンスター」に投稿された感想・レビュー

    aya
    ayaの感想・レビュー
    6時間
    4.0
    ティーンエイジャーの青春ものはやっぱりいいね!甘酸っぱい♡

    出てくる男の子みんなかっこいいし、主人公の気持ちにも共感できる。

    次は映画館の大画面で見たい!
    POCO
    POCOの感想・レビュー
    12時間
    3.8
    新しいお気に入りの映画発見!JUNOを思い出させるような雰囲気があるけど、こちらの方がずっと好き。

    ティーン映画は、"10 things I hate about you” と "Pretty in Pink"が好きだけど、それに次ぐかも。

    こじらせとしては大人でもかなり共感できた。主人公の不器用っぷり、私には可愛く写った。そしてEarwinがキュート♡彼実際は、31歳らしくて笑った。さすがアジア人。

    日本の最近のティーン映画は全くみる気も起きないけど、アメリカのは子供たちも内面が自立しているし普通に見れるよなぁと改めて。
    ne22co
    ne22coの感想・レビュー
    18時間
    4.3
    2017年劇場鑑賞24作品目(試写にて)

    痛すぎて痛すぎて愛おしさ溢れる!若い頃にしか味わえない悩ましくもキラキラの瞬間がぎゅーっと詰め込まれていてにやにやが止まらず、悶えに悶えながら鑑賞。

    ハイカットスニーカー、原色のファッション、ロケーションもキュート味溢れてて大好き好き。

    クラスメイトのアーウィンが本当に優しさと魅力溢れる冴えない男子をうまく演じていて、最後のシーンの登場の仕方がツボ過ぎた。あれは可愛すぎる。
    Sellen
    Sellenの感想・レビュー
    20時間
    3.4

    このレビューはネタバレを含みます

    主人公があまりにも、自己中でネガティヴで、最初から結構ずっといらいら。笑
    不公平で不幸かもしれんけど、自分だけ。って思ってる人。17歳ってそんなもんなんかな。。
    最後の最後で変わる部分で、やっと弱音吐いて素直になったとこは良かったと思ったけど。なんで、そう変われたのだろう?
    キムかわいかったな。笑笑
    LtColJawa
    LtColJawaの感想・レビュー
    1日
    4.0
    思春期における肥大化した自意識が、その鬱屈した混沌の捌け口の見当もつかずに周囲を混乱によって巻き込みつつ、とにかく無様かつ精一杯にもがき続けるという厄介で愛おしい有り様を真っ直ぐに描きながらも、それでも世界には爽やかな風が吹いているという一面を、全力で体現するヘイリー・スタインフェルドの笑顔にNAMIDAしました。

    ハロルド・メルヴィン&ザ・ブルー・ノーツの"Wake Up Everybody"という曲があって、色んな人達にカバーされたりサンプリングされたりしている超絶名曲なのですが、サビでこんな事を歌っているワケです。

    The world won't get no better
    If we just let it be
    The world won't get no better
    we gotta change it yeah, just you and me

    (拙訳:もしそのままにしておくんだったら、世界は何も良くはならない。世界を良くするためには、一緒にこの手で変えていかなきゃね)

    原曲においては「多くの人々への呼び掛け」という趣があって、貧困とか戦争とかを乗り越えてこの人類的な客観世界をより良きものへと変えていこうというニュアンスが歌われているのですが、私が思いますに、この歌詞は思春期において肥大化したドロドロの自我が形成する、極小の主観的世界をも寛大に包み込んでいる。

    要するに、自意識の苦しみに自ら囚われている間は何も変わらないんだけど、色々な人々や出来事を通して生じていく認識的変化の累積によって、自己の意志が世界の捉え方を少しずつ変えていきながら自我の混沌を乗り越えて成長していく。というような普遍的な主体的体験の在り方へと拡張(縮小?)する事も可能な歌詞であると思うのですが、この映画はまさにそれを描いているのだという事を申し上げたくてこの度私は本編とは直接関係のない歌に関する事柄を長々と書き連ねて参りました本当にありがとうございました。

    そうした様相を押し付けがましくないバランスでキュートかつ一生懸命に示しているのがこの映画の良さだと思うワケで、いまだに色々と成長し切れていないこの世の中学20年生の一人である自分にとっては、恥ずかしながらもなかなか刺さってしまった次第でありました。
    kana
    kanaの感想・レビュー
    2日
    3.6
    なんで自分だけって、不公平だって思うことってたくさんある。
    でも、人気者でも友達いなくても、悩みは一緒、みんな悩んで苦しんでるって考えられたら少しはまた頑張ろうって思える。

    17歳って、今では考えられないことが重要で、楽しんで悩んでって大変だったなあって甘酸っぱい気持ちになった!
    まりこ
    まりこの感想・レビュー
    2日
    3.6
    韓国人の彼だけはかわいかった…かな

    主人公が成長してるのか、疑問が残りました
    Anna
    Annaの感想・レビュー
    2日
    3.6
    ザ・ティーン映画で共感できるところもあり面白かった。そして主人公が正しい道にありつくまでに主人公に家族、先生がかける言葉が意味深かった。
    「人は自分と同じくらい空虚で惨めなのに、平穏を装っていると考えてみる」など
    MURANO
    MURANOの感想・レビュー
    3日
    3.8
    『ゴーストワールド』や『ジュノ』が好きな僕好みの映画。

    原題は"The Edge of Seventeen"で、なるほど、17歳ならではの青春の尖った感情が良く出てる。会話の輪に入れない疎外感、小さいなことだけど大きなことなんですよね。

    さりげない感じのラストシーンが印象的でした!
    Inobe
    Inobeの感想・レビュー
    3日
    4.0
    ところどころ共感できて、よかった。
    >|