スウィート17モンスターの作品情報・感想・評価

スウィート17モンスター2016年製作の映画)

The Edge of Seventeen

上映日:2017年04月22日

製作国:

上映時間:104分

3.9

あらすじ

まだ恋より友情が大切な17歳。キスも未経験、妄想だけが空まわり。 ネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド)は17歳の高校生。キスさえ未経験の、イケてない毎日。恋に恋する妄想だけがいつも空まわりして、教師のブルーナー(ウディ・ハレルソン)や情緒不安定な母親(キーラ・セジウィック)を困らせてばかり。たった一人の親友クリスタ(ヘイリー・ル・リチャードソン)だけが自分のすべてだと思っていたのに、何を…

まだ恋より友情が大切な17歳。キスも未経験、妄想だけが空まわり。 ネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド)は17歳の高校生。キスさえ未経験の、イケてない毎日。恋に恋する妄想だけがいつも空まわりして、教師のブルーナー(ウディ・ハレルソン)や情緒不安定な母親(キーラ・セジウィック)を困らせてばかり。たった一人の親友クリスタ(ヘイリー・ル・リチャードソン)だけが自分のすべてだと思っていたのに、何をしてもかなわないとコンプレックスを抱いていた人気者の兄ダリアン(ブレイク・ジェンナー)とクリスタが恋に落ちてしまう。疎外感から世界にたった一人取り残されたような気持ちになったネイディーンは、とんでもない行動に出るのだが…。

「スウィート17モンスター」に投稿された感想・評価

mietaaaro

mietaaaroの感想・評価

4.1
ハレルソンおいたんがありのままの姿で出演していた。
(ハンガーゲームのプレミアで生ハレルソンが超ハゲすぎて一瞬分からなかったの思い出して笑った。)



こじらせたまま大人になると、周りの目にはこんな風に映ってますよ〜〜みたいな感じで客観的に見れて面白かった。

トイレで便器開けてそこにもたれ掛かって吐くの、日本人には到底出来ない。


結構小さい頃からの顔見知り同士のはずだけど、今まで恋に発展しなかったの不思議。兄と天使お似合い。


ナイディーンは終始ブスだけど、時たま見せる笑顔とかすごく可愛い。

とにかく何も上手くいかない、自分だけ世界に取り残されてる感?自分だけ不運だと思いたくなる時、あるある。
そういう時ネイディーンみたいに、普段は絶対飲まないような不健康そうなカラフルなジュースがぶ飲みしたくなったりする。


アーウィンかっこいい。
プールのお誘いがきて思わず、イエスイエスイエスイエス!!!ってシャドーイングガッツキメちゃうところ可愛い。
主人公の右往左往に自分を重ね、ハラハラしたりイライラしたり笑ったり。

そして今こそ思うのが下の世代に対する大人の接し方。ウディ先生のスタンスがいい。お母さんの最後のメールに泣けた。

余計なことは言わず見守ることの大切さをここでも教わりました。よかった。
自分をもてあまし、まわりを傷つけ、自分も傷つく。恋に恋して自爆して、少しずつ自分を見つめなおして、居場所を見つけていく。まさに、17歳のモンスター。愛おしい魅力にあふれた映画。
Taddy

Taddyの感想・評価

4.0
先生好き。
fuchan1014

fuchan1014の感想・評価

3.8
あえてのダサいセンスとか、、何だか可愛くて好きだった。思春期の時のあぁ、、どうにもならないもどかしさ思い通りにならない世の中。行き場所が分からなくて困った時代、、痛いほどわかる気がした。女の子ってやっぱり好き。共感するところがたくさん。
Miharu

Miharuの感想・評価

3.5
観ていて胸が痛くなる。最高に思春期な映画。
すのう

すのうの感想・評価

3.9
周りの人全員が自分よりバカで、何もわかってないのに、どうして自分だけこんな仕打ちを受けなきゃいけないんだ、そういう気持ちを一度は考えて大人になってきたと思う、それを周りの人の感情も交えながら大人になってく物語。
最後、兄妹が自分の想いを伝え合う所がすごく好き。
kanana

kananaの感想・評価

4.3
自意識過剰でイタくてちょっとダサい。
私はいまだにネイディーンかも。
共感できるところがたくさんあって面白かった。タイトル通り17歳はモンスターだと思う。
恋愛系のこじらせ女子の話と思って見ていたが、なんだか自分だけが不遇だと思ったり、自分が嫌いだったり…そんな姿は端から見るとこんな感じですよ?と突きつけられるような映画にも感じたな…。そんな彼女をゼツミョーに受け止め時に突き放すハレルソン先生が最高だった
>|