スウィート17モンスターの作品情報・感想・評価

スウィート17モンスター2016年製作の映画)

The Edge of Seventeen

上映日:2017年04月22日

製作国:

上映時間:104分

3.9

あらすじ

まだ恋より友情が大切な17歳。キスも未経験、妄想だけが空まわり。 ネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド)は17歳の高校生。キスさえ未経験の、イケてない毎日。恋に恋する妄想だけがいつも空まわりして、教師のブルーナー(ウディ・ハレルソン)や情緒不安定な母親(キーラ・セジウィック)を困らせてばかり。たった一人の親友クリスタ(ヘイリー・ル・リチャードソン)だけが自分のすべてだと思っていたのに、何を…

まだ恋より友情が大切な17歳。キスも未経験、妄想だけが空まわり。 ネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド)は17歳の高校生。キスさえ未経験の、イケてない毎日。恋に恋する妄想だけがいつも空まわりして、教師のブルーナー(ウディ・ハレルソン)や情緒不安定な母親(キーラ・セジウィック)を困らせてばかり。たった一人の親友クリスタ(ヘイリー・ル・リチャードソン)だけが自分のすべてだと思っていたのに、何をしてもかなわないとコンプレックスを抱いていた人気者の兄ダリアン(ブレイク・ジェンナー)とクリスタが恋に落ちてしまう。疎外感から世界にたった一人取り残されたような気持ちになったネイディーンは、とんでもない行動に出るのだが…。

「スウィート17モンスター」に投稿された感想・評価

MIO

MIOの感想・評価

-
拗らせながらも大人になってくのいいね。
家にプールある?って聞くシーンは日本では考えられないカルチャーだからお気に入りです。
あと中古車イケメンのクズっぷりよ
ringo

ringoの感想・評価

3.8
この世に人は2種類。自信に満ちて世渡り上手な人間と、そいつらの滅亡を願う人たち。そんなはじまり。当然女子高校生モンスターは後者で、高校生でも女子でもないアラサーになったばかりの私も後者。思春期とか反抗期とかに近しい部分はあるが、対話の中での言葉の捉え方とか発言はひねくれ者そのもの。私はさすがにここまでの困ったさんではないがストーリーにはめっちゃ入り込めたし、痛いくらい気持ちは分かった。


けど、、、ラストの更生シーンはいかがなものか!映画の中のネイディーンはラストのあんなちょっとの出来事では絶対何も変わらない!そんぐらいひねくれてたし、そこまで強引にハッピーエンドに持って行くくらいなら、逆にバチが当たるバッドエンドパターンでも良かったと思う。そこに違和感をもつ人が少なくて驚き。

でももっと驚いたのが、第一印象のネイディーンにリア充を感じたのに終盤には完全にサイコ女にしか見えなかったこと。笑
akane

akaneの感想・評価

3.0
自分でもどうしたいのか分からない若い頃
先生という存在は偉大だと思う
分かる分かると共感しながらほっこりした
わかるよーわかる。
あの年頃のモヤモヤ、家族との関係、上手に描かれている。
好きな作品。
piko

pikoの感想・評価

4.0
自意識過剰な青春期。嫌いと思ってた周りのことを、本当はあまり知らなかっただけだと先生や兄妹の存在によって気付かされる。この手のティーンムービーに重要な成長を丁寧に描けてる。まあ、幼少期に虐められ唯一の友達だった人が自分が嫉妬込みで忌み嫌ってる兄妹と付き合ったら誰だって頭おかしくなる。更に理解者の父は亡くなっていて。よくこのヤバい状況から抜け出せた。起承転結でいう結の部分が腑に落ちる爽やかな終わりで大好き。いい映画。
映画的な仕掛けはなく、地味なドラマみたいに淡々と進んでいくけど痛々しい主人公の気持ちが痛々しくわかって男だけど感情移入しながら見ました

まあ面白みはあまりない
ウディ・ハレルソンとの絡みがおもしろい
ゆりか

ゆりかの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

こじらせ
ハッピーエンド
おもしろかった気がする
幸せ見つけれてよかった
大学生彼氏有難い
なかなかいない
わからなくもない
わからない
よかった
先生大事
はるか

はるかの感想・評価

4.5
人は2種類分けられる。共感である。周りの人間は全員敵に見えて、自分はこの世界でいちばん可哀想。そんな考え方しかできない自分が大嫌いで仕方無いのに、結局は自分がいちばん可愛い。このゴロゴロと心が変わる複雑な感じ懐かしい。そんな面倒な時期を経験したから、今の自分があると思えるので、恥ずかしいけど大切にしたい。

いわゆる勝ち組の人にも、ネイディーンのような思いはある。救いだ。誰しもが変わりたくて、大人になりたくて、もがいている。そのことを知るだけで、景色が変わる。

こじらせ真っ最中の時の私に見せたら、恥ずかしすぎて笑うことすらできなかったと思う。少しは大人になれた私に万歳。
私はレディ・バードより、こっちのほうがハマった。
izumi

izumiの感想・評価

4.2
自分に自信の無い17歳の女の子
周りの子が普通にできることが
どうして自分は上手くいかないのか
友情も恋愛も何もかも
思うようには行かなくて
つい痛い行動を衝動的に取ってしまう
そして自己嫌悪の繰り返し
そんな「モンスター」な17歳の女の子が
少しずつ大人になる
物語

外国と日本で高校という学校の感じは少し違うけど
あーあるある
と思ってしまうシーンが多くて
ドキッとさせられる。

主人公ネイディーンの親友の女の子はもっとずるい役でも良かったのかなと思ったりもした。その方が起伏があったかも
周りの人がいい人すぎて笑

でも素敵な映画だった
ぱんじ

ぱんじの感想・評価

3.1
わかるーーー!わかりすぎてつらみ。。!

もうほんとに、担任と喋るとこから主人公のクソぶりが、人によっては腹たって見てられないかもだけど、いっそ清々しかったな!
強情で負けず嫌いで衝動で動いちゃうくせに気が弱くて、もー!
そんなしょーがない女子の青春ストーリー

あの母にしてこの娘ありだけど、兄の健気さとか、担任のちょうどいい主人公のあやし方とかすごい素敵だったな。
ラストみたくなれないのが本当のクソ女のつらいとこだけど、ああなれたらいいなって頑張ろって思った
>|