キッズ・イン・ラブの作品情報・感想・評価

キッズ・イン・ラブ2016年製作の映画)

Kids In Love

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:88分

3.1

あらすじ

大学入学をひかえた夏休み。ジャックの予定といえば、親が勝手に決めたインターンシップがあるくらい。いつも「人生にはもっと“何か”があってもいいはず!」と口にしながらも自ら行動はせず、冴えない日々を過ごしていた。しかし、そんなある日、美しいイブリンと出会ったことで、ジャックの人生は一変して輝きだす— 自由奔放なイブリンと、ハイクラスな仲間と過ごす刺激的で充実した日々。この華やかな世界が、ずっと続く…

大学入学をひかえた夏休み。ジャックの予定といえば、親が勝手に決めたインターンシップがあるくらい。いつも「人生にはもっと“何か”があってもいいはず!」と口にしながらも自ら行動はせず、冴えない日々を過ごしていた。しかし、そんなある日、美しいイブリンと出会ったことで、ジャックの人生は一変して輝きだす— 自由奔放なイブリンと、ハイクラスな仲間と過ごす刺激的で充実した日々。この華やかな世界が、ずっと続くと思っていた……

「キッズ・イン・ラブ」に投稿された感想・評価

淡白な映像も挿入される音楽も好きなのに…話がよくわからなかった。
と言うか出てくる人たちの気持ちがわからなかった。
主役の女性もあっち行ったりこっち行ったり…本物のビッチでした。

タイトルの「恋する子どもたち」。
子どもでもないし、恋も一部の人だけやん。
家族や親友の話が消化されないまま終わってしまいました。

これが今のティーンムービーなのか...愕然とした。

薄いどころではなくて、全くもって存在してない内容。盛り上がりもなく、海外でテラスハウスやってみてオシャレに撮って、1時間半でまとめたような。フェスのアフタームービーの長編みたいな。

繰り返されるマスターベーションのような行動の数々に欠伸が止まらない。
ruhaketa

ruhaketaの感想・評価

2.8
カーラ・デルヴィーニュ目当てで観賞。ジャケット詐欺。主演でもヒロインでもなかった。

内容的には大学進学を控えた主人公の青春の1ページなんだけど、何故この地味系男子がモデルさんみたいな美女達の輪に溶け込めたのか、なんでこの人怒ってるのとか、なんで仲直りできたのか、なんで吹っ切れたのかとかがさっぱり分からなかった。

ジャケット詐欺に逢うのは二回目なんだけど、作品に失礼だから配給元はこういうの止めた方がいい。
Mai

Maiの感想・評価

3.4
#4
好き!当たり前で窮屈な生活してて今まで出会ったことのない世界に入るとそこが自由で魅力的に見えるけど実はその世界が気づかせてくれることは当たり前の生活の幸せさだったり。
yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.2
ザ・青春映画!
平凡で真面目にやってきた子が、華やかで楽しい世界を知り、自分の好きなことを見つけたり、少しずつ成長して大人になっていくお話。

建物や街並みがすてきで、音楽やファッションがかわいかった!
nodriguez

nodriguezの感想・評価

3.5
大学入学を控えた夏休み。友人と財団への資金集めのバイトをしていたジャックはある日、街中で綺麗でミステリアスな美女イヴリンに出会います。イヴリンに連れられたクラブで、ジャックは華々しく輝く仲間たちに出会い、次第に彼らと行動を共にするようになりますが、派手で破天荒な遊び場はジャックの生活にある影響を及ぼすのでした。
ウィル・ポールター主演の、甘くてほろ苦い恋と友情を描いた青春映画です。景色や家の内装、登場人物の服装など、色使いが淡くもあり鮮やかでもあり、とても美しい色調です。時折流れる音楽も、ストーリーと絶妙にマッチしており、大人と子どもの間の繊細で不安定な時期の甘酸っぱさを感じます。
単調、というかそれほど激しい展開があるわけではないので、途中途中で眠気を感じてしまいました。
あとは、やはりカーラ・デルヴィーニュの存在感が光っています。イヴリンの友達という脇役なのに、ハッキリとした顔立ちと、不思議と吸い込まれそうな瞳、自由気ままな猫を思わせるような伸び伸びとした演技に魅せられました。
Kota

Kotaの感想・評価

3.8
“君に出会って人生がカラフルに輝く”

“バッファロー66”を思わせるこのキャッチコピー、観る前から好きな映画臭がすごかった。イギリスに住む若者の等身大の物語。夢を追いかけるか、決められた道を歩くのか。結構深いテーマで日本の若者達に観て欲しい。「短い人生の中で好きでもない仕事に縛られたくない、でも自分を信じて突き進むには勇気がいる」

主役のウィルポールター“リトルランボーズ”の頃から大きくなったなぁ。女の子達(特にカーラデルヴィーニュ)がめちゃくちゃ可愛いし、イギリスの街並みとアクセントがかっこよいし、テーマとは裏腹な全体的にカラフルな世界観が最高。ダサめの男の子が可愛くてフレンドリーな女の子に翻弄されるという点では“500日のサマー”や“ウォールフラワー”に似てる。つまり、好き。
イギリス映画にはこういうの求めてるんですよ!!!という感じだった
S

Sの感想・評価

-
違う世界に生きてる人間って憧れるけどたぶん合わないよね
内容の無い映画
ロンドンで暮らす真面目な青年ジャックは、自分の将来に不安を抱いていた。
そんな中、若く美しいエブリンと出会った彼は、エブリンやその友人たちの自由な生き方に惹かれ、行動を共にするようになるが、このままの生活でいいのかと疑問に感じるようになる。


若い子なら誰でも思う「自分の将来このままでいいのか」親の言いなりになるか、でも自分の夢にも自信は持てないどうしようもない不安。
そんなとき街で声をかけた謎の美少女エブリンの影響で彼の生活が一変する。
毎日遅くまで遊んで毎日自由に生きて、非現実的な生活と暮らしは本当に楽しいし憧れだ。だがエブリンたちにとって、この生活はゲームでしかなく、リアルな生活とはかけ離れてる。
エブリンと出会い、エブリンに恋をし、だがエブリンにとってこれは全てゲームで。
そのことにやっと気づけたジャックは、本当の現実の世界に戻れることができたのだった。


一瞬一瞬精一杯楽しんで生きるエブリンたちを切り取るように写真に収めていくジャック。その写真が本当に綺麗でキラキラしていた。
将来を見つめるにあたってジャックには必要な時間だったのだった。
ラストが少し曖昧で、夢に向かって一歩踏み出したものの、エブリンたちとまだつるんでいるのかもしれないしそこはわからないけれど、親友とも仲直りできそうで、これからのジャックの人生が輝き出してほしいと願う。


ティーン向けだと捉える人がいると思うが、どの年代の人が見ても、納得できる内容だと思う。音楽もシーンごとに全く違うジャンルのものが使われていたり、キャストの表情が豊かなのもいいですね。
映像の光の具合と切り取ったような写真が本当にマッチしている。
久しぶりにしっくりくる作品でした。
>|