キッズ・イン・ラブの作品情報・感想・評価

キッズ・イン・ラブ2016年製作の映画)

Kids In Love

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:88分

3.1

あらすじ

大学入学をひかえた夏休み。ジャックの予定といえば、親が勝手に決めたインターンシップがあるくらい。いつも「人生にはもっと“何か”があってもいいはず!」と口にしながらも自ら行動はせず、冴えない日々を過ごしていた。しかし、そんなある日、美しいイブリンと出会ったことで、ジャックの人生は一変して輝きだす— 自由奔放なイブリンと、ハイクラスな仲間と過ごす刺激的で充実した日々。この華やかな世界が、ずっと続く…

大学入学をひかえた夏休み。ジャックの予定といえば、親が勝手に決めたインターンシップがあるくらい。いつも「人生にはもっと“何か”があってもいいはず!」と口にしながらも自ら行動はせず、冴えない日々を過ごしていた。しかし、そんなある日、美しいイブリンと出会ったことで、ジャックの人生は一変して輝きだす— 自由奔放なイブリンと、ハイクラスな仲間と過ごす刺激的で充実した日々。この華やかな世界が、ずっと続くと思っていた……

「キッズ・イン・ラブ」に投稿された感想・評価

KUMA

KUMAの感想・評価

2.0
ありきたりのストーリーにダサいBGM。
Mura Masaとか大好きだから、こういう映画で変な風に使われるとフラストレーションが溜まってしまう。
フェルメールを思わせるライティングや焦点の合わせ方は良かったけど、構図が微妙。
総じて微妙な映画だった。
Bee

Beeの感想・評価

2.0
カーラがメインなのかと思ってたら、そうでなくて‥
なんでドアップの表紙なの??

ストーリーは甘酸っぱくて誰もが逸れた道に向かう時もある、青春そのものという感じだけど、イマイチ。

音楽はとてもよかった。
ウィル、大人っぽくなっててびっくり!
たいら

たいらの感想・評価

3.0
甘酸っぱい。
憧れるけどキラキラ過ぎるな…
けーご

けーごの感想・評価

3.6
親の勧めでインターンに行く予定のジャック。その前に親友のトムと貧乏旅行に行くための資金稼ぎにバイトしていたところ、魅力的なイブリンと出会う。彼女や彼女の仲間たちとの出会いが彼の価値観や人生を変えていく--

ウィル・ポールター主演。「なんちゃって家族」で見せたのと同様に派手さがなく、真面目な青年を演じていた。二枚目とは言えないけど… 彼の演技や素朴さが光っていた。

ジャケットのカーラ・デルヴィーニュがヒロインかと思いきやそんなことはなかった(笑) 自由奔放な姉妹の役だったけど、絶対一番目立ってた。もちろんヒロインのアルマ・ホドロフスキーも綺麗だったけど、カーラに目を奪われてた。。。

自分的には自称女好きキャスが一番いいキャラ。ジャックに優しくカメラをくれたあたり、友達になってほしい!笑

“今”を生きる若者のエネルギッシュさと青春の甘酸っぱさを感じられる作品。
かーみ

かーみの感想・評価

3.5
切ない青春ストーリーやった。恋の方より新しい仲間と新しい世界に飛び込んでいく感じがわくわくした。キャスが好き。カメラくれたし絶対イイ奴。カーラがジャケットやけど彼女は一番かわいいだけで、主演ではないです。
ぽ

ぽの感想・評価

3.9

好きなテイスト。
写真の投函先がi-D Magazineってところが今風だし、読者だから余計にアツくなった。
若さのフレッシュさとそれが永遠ではないこと。を感じさせる良作。
たいき

たいきの感想・評価

3.5
Mayday Paradeの同名曲のMVを映画にしたといっても良いぐらい甘酸っぱい青春がつまってる
hf

hfの感想・評価

-
イケる。これくらいならまだイケる。あぁよかった。とくに心には残らなかったけど仕方ない。どうしたって無視できないんです、こういう映画。好きだから。とりあえず、観ないわけにはいかないんです。
yuuki

yuukiの感想・評価

3.1
ただ可愛い。
学年で2番目に派手なグループて感じのストーリー。

音楽のチョイスが良かった。
甘く、ほろ苦い、時を経て笑い話になるであろうそんな青春劇。
人との出会い、仲間との体験、葛藤、
いろんなことに影響を受けて、時に与えて、価値観というものが変わってくる。
思ってたよりも、ぐいぐい観入ってしまった 笑

本作では
アレハンドロ・ホドロフスキー監督の孫にあたります、アルマ・ホドロフスキーがヒロインを好演
ーーこれがそんじょそこらにゃいない、美人さんでしてね 笑
新たな発見でした。


漠然とした将来、
親が強引に決めたインターンシップに参加し、
その後、大学へ入学し、就職し、結婚してと…でもなにかが違う。
人生もっと刺激的なことがあっても、バカなことをやらかす期間があってもいいはず
ーーそんなことを思うも自ら進んで行動しようとはしない、主人公 ジャックことウィル・ポールター。
親友 トムと募金活動のアルバイトをしていたところ
偶然出会う美女 イブリンことアルマ・ホドロフスキー。
思い切って彼女に話しかけたジャックはそのぎこちない会話のやりとり後
夜、暇だったらバブにおいでよ、とお誘いを受ける。

美女からのお誘い、千載一遇の機会、
ってなわけで夜パブへ向かったジャック。
そこで出会うイブリンの友人ら
ーーシスターたちーヴィオラとエレナ、バーで働くキャス、イブリンの彼 マイロ。

彼らの何にも縛られない自由さ、
行動力と仲間意識の高さに惹かれていき、共に過ごす時間が多くなっていく。
こうしてジャックの価値観や彼の人生が変わりだす…。


仲間内の中でも特に自由奔放なシスターたち、ヴィオラとエレナコンビを、カーラ・デルヴィーニュとゲイラ・ゴードンが演じてますね。
もはや素に近いのかもしれません 笑

ちょい出演だったのが残念でしたが、
ジャックやトムと同じ高校に通う女子生徒 イッシをジュヌヴィエーヴ・ゴーント。
オランダ出身の女優さんですが彼女も美人さんです
ーー天使が消えた街に出ていて知ったんですけどね。
本作ではもっと絡んで欲しかったですけどね〜


長くは続かないからこそ、その価値がある。
ロンドンを舞台に描かれる、青春にどっぷり浸る若者たちの姿にほっこりしてください。
>|