彼の見つめる先にの作品情報・感想・評価

彼の見つめる先に2014年製作の映画)

The Way He Looks/Todas as coisas mais simples

上映日:2018年03月10日

製作国:

上映時間:96分

4.1

あらすじ

目の見えない少年レオは、ちょっと過保護な両親と、優しいおばあちゃん、いつもそばにいてくれる幼なじみのジョヴァンナに囲まれて、はじめてのキスと留学を夢見るごく普通の高校生。でも何にでも心配ばかりしてくる両親が最近ちょっと鬱陶しい。ある日、クラスに転校生のガブリエルがやってきた。レオとジョヴァンナは、目が見えないことをからかったりしない彼と自然に親しくなっていく。レオはガブリエルと一緒に過ごす時間の…

目の見えない少年レオは、ちょっと過保護な両親と、優しいおばあちゃん、いつもそばにいてくれる幼なじみのジョヴァンナに囲まれて、はじめてのキスと留学を夢見るごく普通の高校生。でも何にでも心配ばかりしてくる両親が最近ちょっと鬱陶しい。ある日、クラスに転校生のガブリエルがやってきた。レオとジョヴァンナは、目が見えないことをからかったりしない彼と自然に親しくなっていく。レオはガブリエルと一緒に過ごす時間の中で、映画館に行ったり自転車に乗ってみたり、今まで経験したことのない新しい世界を知っていくのだが、やがてレオとガブリエル、ジョヴァンナ、それぞれの気持ちに変化がやってきて…。

「彼の見つめる先に」に投稿された感想・評価

kunico

kunicoの感想・評価

4.2
目の見えない思春期真っ只中の主人公、初めて落ちた恋の相手は、転校生の男の子だった...。

障害ばかりが横たわる恋愛だけれど、信じられないくらいに瑞々しい。

視覚など関係のない恋心に、女だから、男だからというつまらない壁は無いのだ。

主人公と転校生、そして幼馴染の女の子との三角関係も面白い。
ドランの「胸騒ぎの恋人」を彷彿とさせるが、ラストはオゾンの「彼は秘密の女ともだち」のような爽快感をくれる。
新しい人間関係のあり方を提示してくる映画は、自分が持ち合わせていなかった価値観を与えてくれて、素直に出会えて良かったと思える。
こまち

こまちの感想・評価

4.3
超超超青春映画!!
レオ、ジョヴァンナ、ガブリエルの距離感が堪らなく愛おしい。

ガブリエルの気持ちが途中まで分からなかったからこちらもどきどき、はらはら。

ちょっと過保護だけれど子どもを想う親だったり、しょーもないことで低レベルないじめをするクラスメイトだったり、あんまり当てにならなさそうな教師たちだったり。
素朴だけれど、飽きなくて、ラストはにやけちゃう素敵な映画でした💕
sat0mi

sat0miの感想・評価

3.5
僕の電話で君が踊る
ごめんね、返せなくって
ごめんね、手を繋げなくて

映画館でベルセバがなるのうれしいよ
N.Akiko

N.Akikoの感想・評価

3.0
透明感のある、静かな映画。ヨーロッパのどの国とも思えるような日常風景。役者もそれぞれ良かったので、もう少し周囲の物語も作り込んで欲しいと思った。
監督の思春期の記憶の自己開示らしい。視覚障害がテーマではない。
AK

AKの感想・評価

3.5
レオとジョヴァンナの距離感が見ててすごく素敵だなあと感じました。
日本であの距離感だとビックリしてしまいますが…ブラジルではあんな感じなのですかね。

みんなでキャッキャしている感じも青春〜って感じでいいです。
「朝日を見ようよ」ってまさに青春ど真ん中な台詞じゃないですか?!流星カリーナって単語がなんかとても好き笑
いじめっ子はブレずにいじめっ子でムカついたけれど、映画のキャラクターとしては愛すべきキャラクターでしたね。

ジョヴァンナすごく可愛い。細いしいい子だしもう…
ガブリエルも美しい。名前的にも髪型的にも天使なのかな…
「僕の電話で君が踊るんだ」と、お返し発言がキラーワード過ぎて…!劇場内の観客が「ヒュー!」と思ってたと肌で感じました。

恋愛だけでなく、自立とか反抗期とかも取り上げてて。みんなの気持ちがわかるから辛くてもどかしい。
LGBTものにありがちな嫌悪とか差別の描写がなかったので、穏やかな気持ちで見守ることができました。

ストーリーに起伏があるわけでもなく、この映画のここが素晴らしい!とかは主だって上げられないのですが、観終わった後のこの爽やかな気持ちはなんでしょう。。
観て良かったなあ〜と清々しくなれる映画でした。
mercy

mercyの感想・評価

4.0
青春!

盲目のレオにとっていじめてくる奴はもちろん、必要以上にみんなが自分に気を使うことは同じくらい煙たいことだったのかも。
いい意味で遠慮がなく、たくさんの新しい世界を教えてくれるガブリエル。
全然関係ないけど「大切なのは誰を好きかではなく誰と一緒にいる自分を好きか」という某邦画のセリフが急に降りてきた。そんな感じがする。

心から人を好きになるっていう言葉を体現したような物語。

20
こんなに素晴らしい映画をブラジルから届けてくれてありがとう。関わったすべての人に感謝したい。
LGBT映画というより、青春映画の原点のような映画でとても眩しい。

目の見えないということがストーリー上の起点なだけでなく、効果的に視覚情報(明暗、色彩、人物のカットの切り取り方など)を活かしたショットになるのも巧みさを感じた。

ストーリーの着地も素晴らしいし、青春映画のど真ん中の傑作!みんなにみてほしい!
ゲル

ゲルの感想・評価

4.4
ザ・青春!
さわやか!!
若干うまくいきすぎ感はあるけれど、友情中心の描き方が重くなくてわかりやすくてとても良い。
ベル・アンド・セバスチャンの音楽が効果的に使われている。
音楽目当てで観ても後悔は少なさそう。
ガブリエルは音楽好きな設定なのにあまり音楽に乗れていなくて、もっとノリノリな姿を見せてくれたら更に良くなったのではないだろうか。

表現はかなりソフトで観やすくはあるが、やはりBLに抵抗のある人は注意が必要と思う。
柊

柊の感想・評価

3.9
年齢設定が今ひとつはっきりしないけど、日本でいう高校生だよね。まぁキャンプやパーティーでお酒とかかくれて飲んじゃうんだから…高校生でいいのかな。
それにしてはレオとジョヴァンナの関係は中学生的だし。でもとりあえずレオもガブリエラもちょっとおっさんくさい顔立ちだからな。まぁ細かい事はいいや。

ブラジルのティーンエイジャーの爽やかな恋物語でした。でもゲイのね。
ブラジル人はあんなにさりげなくスキンシップするのかな?なかなかレオとジョヴァンナみたいなのは生まれた時から一緒に過ごしたとかでないと出せないじゃれあいかなって感じです。あんな風にティーンエイジャー時代を過ごせたらそりゃ早く大人になるし、開放的で夢多き青春を過ごせますなぁ。
ゲイカップルの話だけど、特別ではないという雰囲気があって普通の恋愛話になっているのがよかったなぁ。
ズシンとくるものは無いけど、初恋の甘酸っぱい感じが良いです。
ここまできて思い出したけど、レオは生まれた時から全盲。でもそんな事は何一つ関係ないっていうくらいに自然な恋のお話でした。「僕の電話で君が踊る」すごく可愛い💕
k

kの感想・評価

3.7
同性愛やったり、視覚障害であったりテーマは重たいけど、すごく爽やかで可愛い青春映画◎
>|