彼の見つめる先にの作品情報・感想・評価

彼の見つめる先に2014年製作の映画)

The Way He Looks/Todas as coisas mais simples

上映日:2018年03月10日

製作国:

上映時間:96分

4.1

あらすじ

目の見えない少年レオは、ちょっと過保護な両親と、優しいおばあちゃん、いつもそばにいてくれる幼なじみのジョヴァンナに囲まれて、はじめてのキスと留学を夢見るごく普通の高校生。でも何にでも心配ばかりしてくる両親が最近ちょっと鬱陶しい。ある日、クラスに転校生のガブリエルがやってきた。レオとジョヴァンナは、目が見えないことをからかったりしない彼と自然に親しくなっていく。レオはガブリエルと一緒に過ごす時間の…

目の見えない少年レオは、ちょっと過保護な両親と、優しいおばあちゃん、いつもそばにいてくれる幼なじみのジョヴァンナに囲まれて、はじめてのキスと留学を夢見るごく普通の高校生。でも何にでも心配ばかりしてくる両親が最近ちょっと鬱陶しい。ある日、クラスに転校生のガブリエルがやってきた。レオとジョヴァンナは、目が見えないことをからかったりしない彼と自然に親しくなっていく。レオはガブリエルと一緒に過ごす時間の中で、映画館に行ったり自転車に乗ってみたり、今まで経験したことのない新しい世界を知っていくのだが、やがてレオとガブリエル、ジョヴァンナ、それぞれの気持ちに変化がやってきて…。

「彼の見つめる先に」に投稿された感想・評価

ジョヴァンナとレオの関係、なんだか暖かく青春を感じる。そこに、ガブリエルが加わり、さらにキラキラと輝いていた。ジョヴァンナの嫉妬、レオの嫉妬、ガブリエルの嫉妬、みんなが少しずつ不器用な姿が愛おしかった。
レオの目はとても力強く綺麗で、吸い込まれそうだった。
この映画を観た帰り道はThere's too much loveを聴いて、心温まりながら帰りました
短編の動画も最高でした!!!
win

winの感想・評価

4.0
繊細で切なく切なくて切なくて。胸がキュンとなった。
ラストの自転車二人乗りのシーン、素敵だった。
太田

太田の感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

ちょっ曲が良すぎ…!
あの曲に合わせてレオを踊らせるシーン、光の感じも相まってそれはもう眩しかった。
映画観たり月食見たり自転車乗ったり、ひとつずつ新しいことを知って、恋をして…って、もう羨ましいくらい青春ですな…
「君の名前で〜」と対照的なラストだったけど、私はやっぱハッピーエンドが好きだ!
ジョバンナもすごくいい子で大好きだったので、ラストにいい感じの子が現れてくれてよかった。
鑑賞後の気持ちの爽やかさよ。
r

rの感想・評価

3.7

彼の見つめる先に
_
降り注ぐ日差しに横たわるPOOL SIDE
短い夏休みさえも 長く感じるのは
僕たちの 怠け者指数が80を超えたからか
はたまた 毎日 訳もなく塩素に身体を
浸す事に 嫌気がさしたからか
親の心配とは裏腹に感じる鬱陶しさ を
晴らすように くだらない話をする 昼
初めてのキス と 交換留学 に 夢を見る日々
退屈な 夏の終わりと引き換えに 今年は
何かいい事あるんじゃないかって 期待と
待ち焦がれた感情を 乱反射する 波が
僕らの顔を写し出した
_
盲目の僕に悪気もなく消しゴムをねだる彼 は
僕の知らない世界を沢山知っている
携帯から流れる BELLE AND SEBASTIAN
優しく手ほどきを受けて 体を揺らす姿
B級ホラー映画鑑賞に 彼の優しい 解説
乗る事の出来なかった自転車も 彼の後ろに
跨り 風を感じ 月蝕も見に 感じに行った
飲み慣れないお酒と 親友3人で過ごす時間
パチパチ燃える枯れ木と 古雑誌
大人になるまでの儚くも甘酸っぱい時
言葉にする事の難しさ と もどかしさ
行き違う気持ちに 相手を思う 想う気持ち
_
_
恋する気持ち と 君の顔は 見えなくても
淡く瑞々しい今の気持ちと 人の温もりは
しっかりと感じる事が出来る
_
今日は一人で帰りたくない
"君との出会いが世界を変えた"
_
_
何これ...めっちゃ好き♡
まだまだ暑い日は続きそうですが
平成最後の夏の締め括りに とても
素敵な作品に出逢えました
君僕 MOONLIGHT カランコエの花
アデル と 並ぶ好き具合❥❥
ここまで書いてあれですが これ以上は
語りません 私は月食の例えが好きすぎて
あんなん親友に言われたら 死ぬ←
ブラジル映画に縁はなく 恐らく初めてに
近い状態だと思いますが 抜群に素敵な
世界観にあらすじにエモエモエモさ!!←
強いて言うならロン毛の苛めっ子が嫌!
_
兎にも角にも 障害 同性愛への偏見に
頭が固くて 短い物差しで測る 善し悪しこそ
最大の盲目なんじゃないかな うん
真実は見える物とも限らない 是非♡
_
_
私から一言
#人のパーカー着てオナニーは駄目

同性愛というテーマが全ての映画ではないけれど、「君の名前でぼくを呼んで」よりも好き。

人を好きになるという事が凄く良いなと思える。
物理的な姿形に対して「好き」になるのではなく。
相手の存在自体を〈好き〉になるような感覚。
“好き” という言葉よりも、“惹かれる” という言葉の方がしっくりくるかも。
これから自分自身の中で問うことにしてみる。
私の好きな人のことを、目を閉ざしたままでも好きでいられるのかどうか。
案外、もっと好きになっちゃったりして笑
恋は「盲目」ってか笑

こんなにも夏の青空とプールが似合うか!、というほど青春青春していた3人がとっても眩しかった。
恋愛と友情。
どちらもほんの少しバランスを崩すだけで崩れてしまうジェンガみたい。
そ〜っと引いたり、新しく積んだり。
犬

犬の感想・評価

-
call me by your nameの8644506倍いい
言葉で整理できるほど人同士の関係は簡単では無いし、他人が判断できるほど浅いものでは無い。

「手」をアップで映すことで人との触れ合いを生々しく、優しく、愛おしいものと感じられ、異性愛とか同性愛とかそれ以上の若者の尊い一瞬の輝きがそこには映し込まれていた。165
Chisato

Chisatoの感想・評価

4.0
ブラジルの映画を見るのはこれが初めてだった。太陽に照らされてる感じがすごく綺麗でみていて眩しかった。
レオと親友の女の子が、お互い心を許しあっているのがとてもよかった。
おーば

おーばの感想・評価

4.0
幼馴染みのレオとジョヴァンナ、友達以上恋人未満の関係が切なくて羨ましい。
自分の高校時代には何も無かったなぁ(笑)
転校生のガブリエルが加わることにより、二人の関係が変わってくるけど、単なる三角関係ではなく・・・
ラストはハッピーエンドと言っていいよね。
chip

chipの感想・評価

4.3
ブラジル、サンパウロ、
目が見えない高校生レオと幼なじみジョヴァンナはいつも一緒でした。そこに巻き毛の転校生ガブリエルがやってきて…
真夜中に月蝕を見にいったり、新しい音楽でダンスしたり…新しい世界を知って、レオは彼に惹かれて行くのです。
ジョヴアンナとの関係は壊れそうになるのですが…

ちょっと変わった三角関係。
同性とか異性とか関係なく、さわやかに同等に描いていると思う。あの頃の青い切ない気持ち、どこにもやり場がなくて眠れなくて…
なんかいいな~ピュアで。

月蝕を見にいっても見えないのに…
レオはそんな冒険がしたかったんだよね~そんな彼に、石を3個使って、これは太陽、地球、月…と説明するガブリエルがとてもやさしい。。
「ワンダー君は太陽」を思い出しました。人は皆関わりあっているんだなぁ~と。

からかわれて、最初は、中指を立てていたレオ。ラストは…手をつないでいました。微笑ましい風景…♡

彼らのシンプルな制服、グレーのTシャツにジーンズ、これにも好感持てました。
>|