グッバイ、サマーの作品情報・感想・評価

グッバイ、サマー2015年製作の映画)

Microbe et Gasoil

上映日:2016年09月10日

製作国:

上映時間:104分

3.7

あらすじ

14歳。子供でもない、大人でもない狭間の時期。画家を目指すダニエルは沢山の悩みを抱えていた。 中学生になっても女の子のような容姿で、クラスメイトからミクロ(チビ)と呼ばれて馬鹿にされており、恋するローラにはまったく相手にされていない。おまけに母親は過干渉で、兄貴は暴力的なパンク野郎だ。誰も本当の自分を理解してくれる人はいない……。 そんなある日、ダニエルのクラスに変わり者の転校生がやってくる…

14歳。子供でもない、大人でもない狭間の時期。画家を目指すダニエルは沢山の悩みを抱えていた。 中学生になっても女の子のような容姿で、クラスメイトからミクロ(チビ)と呼ばれて馬鹿にされており、恋するローラにはまったく相手にされていない。おまけに母親は過干渉で、兄貴は暴力的なパンク野郎だ。誰も本当の自分を理解してくれる人はいない……。 そんなある日、ダニエルのクラスに変わり者の転校生がやってくる。名前はテオ。目立ちたがり屋で、自分で改造した奇妙な自転車を乗り回し、家の稼業のせいで身体からガソリンの匂いを漂わせている。周囲から浮いた存在のダニエルとテオは意気投合し、やがて親友同士になっていく。学校や家族、そして仲間達、みんなが二人を枠にはめて管理しようとしてくる。息苦しくて、うんざりするような毎日から脱出するため、彼らは“ある計画”を考え付く。それは、スクラップを集めて〝夢の車”を作り、夏休みに旅に出ることだった―。

「グッバイ、サマー」に投稿された感想・評価

さくら

さくらの感想・評価

3.0
自分たちで家兼クルマ作って、旅するっていう発想は面白かった。

ただやっぱりフランス映画。
何が言いたいのか、単純脳の私には理解できないところが多々あった。(笑)
ツクダ

ツクダの感想・評価

4.2
めちゃめちゃ寒波がきてる冬にやっとこさ見た

ローテクとユーモア

見終わったあとによかったシーンを思い出すとじぶんの思い出みたいにより美しくみえた

あの必殺パンチ、試そうとおもったけどいっしょに観た人にはすぐばれたからまたこんど試してみよう
Sayu

Sayuの感想・評価

2.9
テオみたいな子がクラスにいたらスキになるな♡
好きな映画かと聞かれたら分からない。
Moko

Mokoの感想・評価

4.0
最初の感想はドイツ映画の「tschick」にそっくりってこと。
でもこっちの方が、転校生のキャラクターが良かった。

男の子たちが冒険に出る系はいつも終わり方が良い。
ausnichts

ausnichtsの感想・評価

2.5
DVDですが、初ミシェル・ゴンドリー監督です。

青春ロード・ムービーなのに、ダニエルとテオの会話が哲学的といいますか理屈っぽく、フランス映画という感じです。

http://www.movieimpressions.com/entry/2018/01/14/141727
anomusuB

anomusuBの感想・評価

3.9
さっぱりした成長期、街を見つけて思わず踊り出しちゃうあの感じ。
kanako

kanakoの感想・評価

3.6
ふたりともかわいい。
友達って素敵。
終わり方が好きでした。
セルフィーする警官達もかわいい笑

ひと夏の冒険って良いねー
yayuyo

yayuyoの感想・評価

3.5
子どもと大人の狭間、思春期のほろ苦さやきらめき。
14歳の頃って、やっぱり私もダニエルやテオの様に家族や学校への反発、異性や冒険への憧れを心の内に秘めていた。
キラキラした思い出と同時に、あんまり思い出したくない…所謂中二病的な事も同時に蘇ってきたりして。
ここまで真っ直ぐに描かれると
懐かしい様な、恥ずかしい様な、そわそわ。
ミシェル・ゴンドリーの自伝的作品でもある様ですね。14歳の心の機敏をここまで的確に表現するとは脱帽です。

ひと夏の経験を通して少し大人になった彼ら。
ノスタルジックな雰囲気溢れる中、随所にミシェル・ゴンドリーらしさが垣間見れます。

余談だけれども、アメリのイメージが強いオドレィ・トトゥが今作では母親役…!
鑑賞しながら自分の思春期を回想すると同時に時の流れをひしひしと感じてしまいました。
こんな言葉で済ませるのは申し訳ないけれども、私の溶けた脳みそではこれしか出てこん、ダニエルとテオぺろい

思春期映画の定番って感じ
フランス映画にしてはすんなり見れたけれど、所々リズムが崩れているところがある。14歳の2人のワクワク感をもっと感じたかった。
>|