グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

Microbe et Gasoil

上映日:2016年09月10日

製作国:
  • フランス
  • / 上映時間:104分
    監督
    ミシェル・ゴンドリー
    脚本
    ミシェル・ゴンドリー
    キャスト
    アンジュ・ルジャン
    テオフィル・バケ
    オドレイ・トトゥ
    サッシャ・ブルド
    あらすじ
    14歳。子供でもない、大人でもない狭間の時期。画家を目指すダニエルは沢山の悩みを抱えていた。 中学生になっても女の子のような容姿で、クラスメイトからミクロ(チビ)と呼ばれて馬鹿にされており、恋するローラにはまったく相手にされていない。おまけに母親は過干渉で、兄貴は暴力的なパンク野郎だ。誰も本当の自分を理解してくれる人はいない……。 そんなある日、ダニエルのクラスに変わり者の転校生がやってくる。名前はテオ。目立ちたがり屋で、自分で改造した奇妙な自転車を乗り回し、家の稼業のせいで身体からガソリンの匂いを漂わせている。周囲から浮いた存在のダニエルとテオは意気投合し、やがて親友同士になっていく。学校や家族、そして仲間達、みんなが二人を枠にはめて管理しようとしてくる。息苦しくて、うんざりするような毎日から脱出するため、彼らは“ある計画”を考え付く。それは、スクラップを集めて〝夢の車”を作り、夏休みに旅に出ることだった―。

    「グッバイ、サマー」に投稿された感想・評価

    まさyo
    4.2
    手帳に書き留めておきたいセリフが沢山あった。

    個展のシーンが一番好き。
    最高に優しいお芝居。
    び
    4.0
    14歳の夏ダニエルはテオと出会い家出の旅をしながら少しずつお互いを認め合い成長していく。個性がないことに悩むダニエルの「みんなと同じがいい。でも、本当は同じだとムカつくんだ」ってセリフがすごくグッときた。ダニエルの背中を眺めながら「振り向いて」とカウントするラストが思春期ならではの繊細さで切なくて愛おしい。
    夏
    3.5

    14歳。
    僕らの夏休みは永遠の思い出

    そりゃそーだろ!!自力で車作って
    飛行機が飛ぶ距離まで14歳の少年
    2人で行って。また2人で帰ってきて!!
    最悪な事しかなかったとしても
    忘れられない旅だわ!っておもった(笑)

    わたしのツボが浅いのか
    逆モヒカンの通称侍ヘアーや
    こわーい兄ちゃんたちとの追いかけっこなど
    笑えるシーンが多かった

    こういうのみたら『外国だから』
    って思うけど、結局自分たちの勇気次第だよね
    【2017/105】
    umeshio
    -
    2017/07/25

    青春だなとか簡単に言いたくないけど、青春だなあ。
    これはわたしが大人になってしまっているからそう感じるのか、主人公たちと同世代の子が観たらどう思うのか聞いてみたいな。きっと、それぞれに感じ方が違うんだろうし、大人になった今観るからこそ、切なくなったり胸がぎゅ、となったりするんだろう。

    変わり者のふたり。社会の中でみれば全然変わり者なんかじゃないのに、学生という社会の中ではどうにも珍しがられて、人と違うと虐げられてしまう。
    そしてふたりとも家庭、両親と距離がある。家庭の中での自分の立ち位置が不安定で、テオの両親に至ってはひどくて、親は選べないもんな…と思わざるを得ない。
    そんなどこにも自分の居場所がないふたりが出会って、とても大切な経験をする。

    終わり方はなんというか、夏休みの間だけ自由になれて、大人になれた…というスタンドバイミー方式だけども、旅が終わり、まざまざと現実を突きつけられる感じがとても切なく胸が痛いんだけど、そこがまたいい味だしてるし、こういう映画の大御所、スタンドバイミーってやっぱり最高だな!!ってなるからすごい。
    話はそれたけど、この作品も夏休みの旅から帰って来ると一気に現実感。
    そこがみていて辛くもあるんだけど、(主にテオ)でもラストのあの後ろすがたを見るとほんとに最初とは違うし、大きく成長したんだなと思う。

    数年後必ず、あの夏旅してたいへんだったけど行って良かったよな。ってふたりで思い出話してほしいと思った。

    レンタル
    もも
    3.7
    やらない後悔よりやって後悔
    にわ
    4.0
    ゴンドリー!って感じではなかったけど、ところどころで見えるゴンドリーの色が素敵だった。
    ストーリーもテンポよく。フランス語が美しい
    yumi
    3.5
    淡々としていて、退屈といえば退屈なんだけど何故か最後まで観てしまえた1本。

    なんか浮いてるふたりのちょっとした冒険、ワクワクはしないけどなんか良かった。
    ベタベタしてくる母親が嫌でだけど反抗する程でもない、なんだかんだ言って兄弟も仲がいい。


    アンジュ・ダルジャンがミア・ワシコウスカに似ててめっちゃ可愛い。
    最後ら辺は爽快。
    ラストはなんだか、クスッと。可笑しかった。
    テンポ良いし会話が楽しい。フランス人の会話って好きだわー。
    あの家風の車乗りたい!
    自分で車作るって凄くない?∑(゚Д゚)
    >|