バスティーユ、聖女の恍惚、愛の牢獄の作品情報・感想・評価

バスティーユ、聖女の恍惚、愛の牢獄2009年製作の映画)

EXTASE

製作国:

上映時間:70分

1.4

「バスティーユ、聖女の恍惚、愛の牢獄」に投稿された感想・評価

エロスとタナトスのエロスからロスをロストしてタナトスからはタナを棚上げして気が付けばそこにはエトスだけが残されましたみたいな言葉遊びで適当なことを言ってるけれど、まあ概ねそんな感じの、ちょっと何言ってるかわかんないんですけどな愛に関するエトセトラ。
「たくさん死なないように少しだけ生きたい」と言われましても。
信仰と哲学に逃げ込もうとするけど愛に満たない不毛なセックスに耽るメンヘラ女子のお話で、踊らないコンテンポラリーダンスの舞台を観てるみたいな奇妙さが漂いつつ、全体的にはハウススタジオで撮ったアートエロスなイメージビデオって感じです。
いいなって思う綺麗なシーンもあるにはあるけど、観念的というか記号的に過ぎる。
Aki

Akiの感想・評価

2.3
恋愛映画ではなく根本的には宗教。
ニンフォと根本的な系統は似てるこちらは楽しめないけど。
ヒロインのような女の子は男にとったら牢獄だよな…と思う、まんま題名だけど、これがSMとかアブノーマルな物ならばその辺は評価出来るんだけど、そうじゃないからなぁ。
絵画と詩のような祈り。見た後に花の香りは残ったけれども内容は、うーん。。。心に残らないかな。
まみむ

まみむの感想・評価

2.0
映像は綺麗だったけど、うーん意味がわからない…。わからないままでいい話?
Yuya

Yuyaの感想・評価

1.5
この少女は何がしたい?
トラウマの脱却か…魂の救済か…
とりあえず男の方はヤりたい事は決まりきってビンビンなのに あんな表情で過去やら神やらを延々と語られるって そりゃ確かに牢獄だわな
もう同じベッドにはいたくないくらい…
"崇高なる無知"とか 自分には難し過ぎたし もうちょい気が長くなるか 男として老いたら もっかい観るかもね
まい

まいの感想・評価

-
夜中にムービープラスでやってたんだけど、あまりにもつまらなくて記憶なし