バスティーユ、聖女の恍惚、愛の牢獄の作品情報・感想・評価

「バスティーユ、聖女の恍惚、愛の牢獄」に投稿された感想・評価

フィリップ・ガレル監督の『愛の残像』がokなら本作も良いかも。

パリのバスティーユ広場に面したアパルトマン。外界から隔絶されたようなその一室で、恋人同士のジャンヌとユーゴーは身体を重ねる日々。
父が母を殺した過去を持つジャンヌは、それを神からの試練や慈愛と考えることで、信仰と愛と生命の関係性など意味を問い続ける。エクスタシーが魂を解放し、救済されると信じて互いを激しく貪り続け、愛の真髄を見極めたかの如く突き進んでゆく…。

詩的な台詞で、ゆっくりと展開していく。
過去と現在が交差し、愛と信仰が混ざり合う。
大半が、パッケージ通りの清々しい雰囲気のベットシーン。


あらすじを知らずにフランス革命期の物語かと思って観たのですが、全然違いました。
単調なので眠気がきて所々記憶がないので、また見ようと思います。
Filmarks評価1.6 !?
まぁ大多数には響かない作品なのは確かです。
でも私はこういう作品、割と好きで独特なので印象にも長く残ります。

詩的な映画。
全く見るには値せず。
しかもエロくない。
裸の男女が宗教感や母親を殺した父親とかの話をしながら抽象的な映像の作品

「たくさん死なないように少しだけ生きたい」
kumi

kumiの感想・評価

1.1
様々なテイストのアートをざっくり寄せ集めたような、映像は綺麗なのに内容はない
WOWOW 録画鑑賞.
理解不能。難しすぎる。住む世界が違う。詩を読んでるようなセリフ劇でした。
Aki

Akiの感想・評価

2.3
恋愛映画ではなく根本的には宗教。
ニンフォと根本的な系統は似てるこちらは楽しめないけど。
ヒロインのような女の子は男にとったら牢獄だよな…と思う、まんま題名だけど、これがSMとかアブノーマルな物ならばその辺は評価出来るんだけど、そうじゃないからなぁ。
絵画と詩のような祈り。見た後に花の香りは残ったけれども内容は、うーん。。。心に残らないかな。
まみむ

まみむの感想・評価

2.0
映像は綺麗だったけど、うーん意味がわからない…。わからないままでいい話?
Yuya

Yuyaの感想・評価

1.5
この少女は何がしたい?
トラウマの脱却か…魂の救済か…
とりあえず男の方はヤりたい事は決まりきってビンビンなのに あんな表情で過去やら神やらを延々と語られるって そりゃ確かに牢獄だわな
もう同じベッドにはいたくないくらい…
"崇高なる無知"とか 自分には難し過ぎたし もうちょい気が長くなるか 男として老いたら もっかい観るかもね
まい

まいの感想・評価

-
夜中にムービープラスでやってたんだけど、あまりにもつまらなくて記憶なし

あなたにおすすめの記事