ガートルード/ゲアトルーズの作品情報・感想・評価

ガートルード/ゲアトルーズ1964年製作の映画)

GERTRUD

上映日:2021年12月25日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

あらすじ

『ガートルード/ゲアトルーズ』に投稿された感想・評価

Shirorin

Shirorinの感想・評価

3.5

国家の大臣に任命されようとしている夫に満足していないゲアトルーズは、若い作曲家エアランを愛するようになる。ある日、エアランと外国から帰国した詩人ガブリエルの祝賀会に参加した彼女は、会場で倒れてしまう…

>>続きを読む
にけ

にけの感想・評価

3.0
集大成的な雰囲気だが、メロドラマじゃないか。ヒロインの魅力の無さが災い

カール・テオドア・ドライヤー・セレクション Vol.2、にて。

たしかに、例えば「裁かるるジャンヌ」や「奇跡」などに比べると、宗教的だったり神秘的な感じは皆無だし、それまでの作風と完全に違うものに…

>>続きを読む
未々

未々の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

半分ぐらい眠かったので
(映画館で観るときいつもそうじゃない)

そもそも物語で描かれる恋愛に全くシンクロできない方ではあって、さらに眠気もあって、あまりにもスクリーン越しという実感があった 夢見…

>>続きを読む

すっごくない?え、これ凄まじいな!

演劇的語りが空虚さの演出であること、男性陣たちが書き言葉で会話すること(旧時代言語しか持ち合わせていない)、この両者が映画としての必然性をもたらしてるのは言わず…

>>続きを読む

シネリーブル梅田「カール・テオドア・ドライヤー セレクション vol.2」で『ゲアトルーズ』を観た。詩人が登場するから観に行こうかなとそこまで期待していなかったが良すぎた。自分のところへ戻らないゲア…

>>続きを読む

会話劇

若さとは美しさ。美しさとは若さ。

ゲアトルーズはもうとっくに惨めだと分かっているのに、元カレが傷をえぐる。しかし元カレだって若いピアノ男の口から愛する女の名前を聞いて傷ついたんだ。せめて…

>>続きを読む

すっごく下世話な話を詩的な言葉で綴って行くという、ひとつ間違えれば目も当てられない大惨事になりかねんところをちゃんと映画として成立させて観せ切る匠の技。「ひとりの女性と三人の男の、求めるものと与える…

>>続きを読む
恥も外聞もなく言えば何回かウトウトしました。昨年見た時はぐーぐーしてしまい物語の筋すら追えなかったのでその時よりはマシかな。影や鏡が語り出す程に干からびた生の実像が浮かび上がります。
デニロ

デニロの感想・評価

3.5

1964年製作。原作ヤルマール・セーデルベルグ。脚色監督カール・Th・ドライヤー。ホームページの惹句/弁護士の妻であるゲアトルーズは夫との結婚生活に不満を抱き、若き作曲家エアランとも恋愛関係にある。…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事