クリスマスのその夜にの作品情報・感想・評価

「クリスマスのその夜に」に投稿された感想・評価

なつん

なつんの感想・評価

3.8
ハッピーだったりハッピーじゃなかったり、メリーだったりメリーじゃなかったりするクリスマスの物語。
そんなドラマティックな人生歩んでる人間ばっかりじゃないよね、映画だったらそれもいいけど。それよりももっと日常っぽくて、リアルで、ちょっと下品で、ちょっと崇高な、人間らしいドラマの数々。
うちじゃクリスマスは祝わないんだよって嘘をついて女の子と天体観測をする少年が可愛かった。

主題歌のHome For Christmasが良かった。

このレビューはネタバレを含みます

ノルウェーの人気作家、レヴィ・ヘンリクセンの短編を元に製作したハートウォーミングストーリー。

よく見ると想像力を掻き立てるジャケット。

ノルウェーの小さな町のクリスマス。
十人十色のクリスマスがある。
誰しもが家族で楽しくクリスマスを迎えているわけではない。
それらを様々な登場人物で描く心温まるストーリー。

クリスマスの価値観が日本とはまた一味違うなと気付かされる。
それもよくあるハッピーになれるだけの映画ではない。
一癖あるから、より一層引き立つ瞬間もあった。

基本的にはハマらなかったけど、駄作にするには惜しい。
各々で是非とも奇跡を見つけてほしい作品。
単館系の映画で、人によっては退屈に思うかもしれない。
ただこういうゆるい感じのいい話が好きならあっさり観れて良い。
ザン

ザンの感想・評価

3.6
そうかー、パッケージの写真はサンタのまま一戦交えるかと思ったこのシーンか。エピソードが多くて整理できてない感じ。いくらラストをオーロラで締めくくりたいとしても、出産後間もない母子を連れて雪山を車で行くかな。
Filmi

Filmiの感想・評価

2.0
各々のクリスマスがあって、
それぞれがちょっとずつ
繋がってたりするお話

ノルウェー🇳🇴
薄

薄の感想・評価

2.8
クリスマス当日の様々な人々と家族を描くオムニバス。

各話がゆるゆると繋がったり繋がらなかったりみたいな話。あんまりパッとしない映画だったけどクリスマスのノルウェーの景観は楽しめた。
レゴ

レゴの感想・評価

3.3
きらいじゃない、こーゆー雰囲気の映画。でももう一回観たら、もっと良さがわかる気がする。
だんご

だんごの感想・評価

3.5
クリスマスといったってみんながみんながhappyじゃなくて、happyだってすぐunがつくかもしれないし。だけどちょっと人と話したりするだけで温かい気持ちになれるもんなのよね。だからできたらクリスマスのその夜は、みんながちょっとずつほっこりできたらいいよね。翌日は殺伐とした日常が待っているとしても。
がい

がいの感想・評価

3.8
色んな味のあるアソートのクリスマスケーキみたいな←昨夜食べましたワタシはチーズケーキをチョイス←どーでもいい
話があっちゃこっちゃ飛ぶし顔馴染みの俳優さんらじゃないしコレは2回観たほうがいいやつじゃないかと連続で
当たり 大当たり 今作は鑑賞2回目にジワリくるシーンが多々ある
「グレイテストショーマンかよっ!」のパートがホントにありそで切ない(伝われ)
しかしなぜこの場面をジャケットにしたのかは謎
オムニバスみたいな映画かと思いきや個々の話がゆっくりだが確実に繋がっていく温かさに感動
ノルウェーの自然や街並みが綺麗。最後、オーロラと共に流れるエンディングの美しさにハッとなる
クリスマスが持つ力は無限大!宗教をも乗り越えて容易に影響を与える偉大さを持ってしまうんだから
>|