天空の結婚式の作品情報・感想・評価・動画配信

「天空の結婚式」に投稿された感想・評価

最初のアントニオとの疑似恋愛シーンと突然歌い出す最後で笑った。
ストーリーはまあ普通かな。
mat9215

mat9215の感想・評価

2.5
安心して観ていられるウェルメイド・ドラマ。西暦2020年代における同性婚の社会的な位置づけをとどめるものになるだろう。絶対的な禁忌ではなく、かといって誰もが当たり前のようにやり過ごすものでもない。社会通念に適度に合致せず、人々の感情をざわつかせてドラマの主題になりうるというレベル。

物語の舞台となるチヴィタ・ディ・バニョレージョのように山や岩に張り付く山村は、南フランスやイタリアに多い。タルコフスキー『ノスタルジア』では、家屋内に閉じ込められていた少年が生まれて初めて外界を見たとき、岩に張り付く村の風景が提示された。少年は「これが世界の終わりなの?」とつぶやいた。

イタリア・アルブッツォ州のスカンノという山村に行ったことがある。散歩していたら「マンシーニ通り」という小径に遭遇した。作曲家ヘンリー・マンシーニの父親の出身地だったそうだ。
だま

だまの感想・評価

-
同性婚と両親へのカミングアウトというテーマをイタリアらしい陽気で大らかなユーモアで包んだ優しい作品。アントニオとパオロの微笑ましいやり取りにほっこり。主人公たちが霞むぐらい個性溢れる周囲も楽しい。元がオフ・ブロードウェイの舞台ならではのラストが唐突だけども好き。

イタリアで同性カップルの権利を保障する法案が可決されたことを受けて作られたという本作。決して説教臭くはないんだけれど。多様性を認め合うことの難しさと素晴らしさを教えてくれる。法律もとても大切だけれど。人の心が変わらなければ社会は変えられない。まずは自分から。

ウェディング・プランナーさんがお洒落でスタイル良くてなんか胡散臭くて素敵だな〜と思ったら。まさかのご本人役で俳優さんじゃなかったことにびっくり。あと天空の村の絶景がやっぱり素晴らしかった。石造りの建物が並ぶ町並みも素敵だったし。いつかあの長い橋を渡ってみたい。
syugo

syugoの感想・評価

4.5
やっぱり1番強いのは母なんだなって思わされた。

街並みは凄い綺麗で行きたくなった、なにより結婚式いいなって気付かされたかも…

終盤のミュージカルは心震えるくらい好きでした…
あのラストの違和感はあれはあれで良いのかな。
チャウ

チャウの感想・評価

3.6
話が進むに連れてますます皆んな何考えてるのか分からなくなるような所はあったけど、イタリアの美しい風景を見れたからオッケーみたいな気分に。
ラストはインド映画みたいな展開。逆に上手くまとめようとしてたら違和感しか残らなかったかも。このラストでよかった。
hokuto

hokutoの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

2021年181本目 7月4本目
天空の結婚式[4.1]
My Big Gay Italian Wedding(2018)
ゲイのカップルが親に結婚とカミングアウトしに故郷のイタリアの村に行くが、父親は頑として認めず、母は息子のために村で結婚式をあげようとするが、的な話。
母強し。家族にカミングアウトするまでがおもしろかった。
結婚式の準備あたりからいまいち。
コメディ要素がいらんのちゃうかな。
最後の急なミュージカルが不思議。
無茶苦茶な映画だった。スコア測定不能。
ほんとに、ほんと途中まではイタリア映画あるあるというか、説明不足否めない箇所もユーモアでゴリ押しするみたいなノリ嫌いじゃないからいいけど、とにかく無茶苦茶だった。90分でまとめるには無理がある。ミュージカルを小バカにしてるセリフがあったけど、それが謎の伏線になってた…のか?いや、多分無理矢理だな。なんだろ、胸がざわついた。例えられない…。

やけくそに見えるお母さんも、しょんぼりしてるお父さんも、修道士のおじさんも素敵だった。
セリフも、いいセリフもあったし感動もしたけど、そんな感動一瞬で終わった。飛んでった。
そんな映画だった。
白瀬青

白瀬青の感想・評価

3.5
思わず頭の中にヤバTの歌も流れ出すハイテンションご結婚ラブコメディ(キッス! キッス! からの入籍入籍入籍入籍入籍入籍ィ!!)
美しくも保守的な断崖の孤立集落の家族に、意を決して結婚報告に向かうゲイカップル。しかし大丈夫! シリアスそうな展開になるとメンタルのおかしい脇役たちが様子のおかしいことをしてひっかきまわしてしまうから、観ている私達は結婚! 結婚! というハイテンションで見られるのです。
(ゲイを笑わない代わりにメンヘラや女装やヴィーガンを笑うのはええんかいというもにゃりはあるにせよ)

ゲイ? そんなことより有名ウェディングプランナーを呼んで派手婚させたい夢がかなってうきうきよ! な母にあっという間に家を追い出されてしまう頑固親父という展開にはびっくり爽快、2021年だ……。

自分が家族とうまくいかないタイプの人間なので、家を飛び出すほどの確執が話せばわかり合えてしまうスピード展開には面食らうが、そういう希望に満ちたゲイ映画、家族の確執がカジュアルに解決される家族映画があったっていいよね、2021年だもの。異性愛ならこれくらいカジュアルな話いっぱいなんだしさ。

ただ、そういう明るいコンセプトなら、結婚式のシーンはもう10分くらいたっぷりハイテンションで見たかったな。
jocx

jocxの感想・評価

3.8
この映画は予告が面白く是非観たいと思っていた。しかし、予告が全てになってしまった。内容も面白かったし、キャラクターも個性的だっただけに、もう少し突っ込んでもいいのではないか、と思うのは人物の気持ちの変化の描き方に物足りなさがある。最後も唐突に終わってしまい中途半端だった。せっかく面白く、ジェンダーのタイムリーな内容だっただけに残念だった。それでも、美しい山の村が印象的で楽しめる作品なのは間違いない。
nikusukii

nikusukiiの感想・評価

3.0
ひっちゃかめっちゃかやねぇ、嗚呼、それも、プロヂュースなんね、、ミッチョ、ミッチョ♪
>|