Heaven Adores You(原題)の作品情報・感想・評価

Heaven Adores You(原題)2014年製作の映画)

Heaven Adores You

製作国:

上映時間:104分

3.7

「Heaven Adores You(原題)」に投稿された感想・評価

2015年10月21日DVD発売。 監督はニコラス・ロッシ。

2003年に34歳で亡くなったシンガーソングライター、エリオット・スミスのドキュメンタリー。

『グッド・ウィル・ハンティング』に使用され、グラミー賞へのノミネートで注目された。

エリオット・スミスはとても繊細でメランコリックな曲を作る人だったのだが、メンタルは不安定で最後は自分の胸をナイフで2回刺して死んでしまった。 ぼくはアーティストの人間性やプライベートにあまり興味がなくて作品を愛するタイプなのだが、彼の残した素晴らしすぎる作品群をさらに深く理解するヒントを探して、観てみました。

彼のお母さんが女優かよってくらい美人だったのにも驚いたし、彼が子供の頃は明るい性格で元気に走り回ってたというエピソードも意外だった。 

曲を作るのと録音するのが一番好きで、インタビューやライブはそれを続けるためにやっていると言ってらしくて、メロディーを深く愛してんだなと思いました。 雑誌で読んだインタビューでも、曲を作ってる最中が一番面白くて、完成したとたんに興味がなくなると言ってました。

本人がいないので細かい話は聞けないので仕方ないのだが、アルバムをプロデュースした人が出演してたので、レコーディングについてもっと詳しく教えてほしかった。

レンタルがなくて散々迷ったあげくに購入したのだが、別に観なくても良かった感じの作品でした。 

『アメリカン・ビューティー』のエンドロールでビートルズの「ビコーズ」を歌ってるのもエリオット・スミスなのだが、監督は最初ビートルズの原曲を使おうと思って著作権使用料を調べたら、この曲だけで50万ドル(5000万くらい!?)かかるのでやめて、エリオット・スミスに歌ってもらったらしいです。 「アイ・アム・サム」でもビートルズの曲の著作権使用料が高すぎて、全曲カバーにしたらしいので、ビートルズの著作権持ってる人(その頃はマイケル・ジャクソンかな。今は買い戻してまたポール・マッカートニー)が商売っ気ありすぎるんでしょうか。 まあ確かに世界最強の楽曲ではありますね。

おそらく一生聴き続けるエリオット・スミスの作品について、ちょっと詳しくなりました。
murmur

murmurの感想・評価

-
エリオット・スミスのドキュメンタリー映画。YouTube無料ライブ配信ということで、楽しみにしてたよー!!500人くらいしか見てなかったけど、世界の人達のチャット(感想)を見ながら、深夜に聴くエリオットの歌はかなり染みた。
しかし、唯一の英語字幕がバグってて、英語を聞き取るのに必死...ところどころの単語しか分からなかったので点数は付けません。MVや弾き語り、テレビ番組出演等の映像、そして後半になるにつれドラッグ、鬱に苦しむ内容が辛かった。
素晴らしい音楽をありがとう。
tuburech

tuburechの感想・評価

3.2
大学生の頃にElliott Smithの動画をyoutubeで夜ごとに見ては、ため息をついているようなエモい時期が自分にもあった。悲しそうで、それでいてチャーミングでユーモラスで、孤独の淵で魔法のように美しい音楽を紡ぐElliott Smithの姿には、人間として憧れるものがあった。かのPatti SmithがBob Dylanの伝記映画『Don't Look Back』を観てその立ち居振る舞いを真似しようと試みていたように、自分もyoutubeで関連動画をみてElliott Smithイズムというものを吸収しようとしていたものだった。

『Heaven Adores You』にも『Don't Look Back』的なものを期待していたけれども、なんかキャリア総括という感じで、関係者のハリのないインタビューがひたすら紡がれる感じで、特に音楽物ドキュメンタリーとしてもめちゃくちゃ出来がいいというわけでもないような気がした(Jon Brionとか、Autumn De Wildeとかが出てくるのは嬉しいけれど)。

ただ、"Happiness"の使われ方とか、”Say Yes”の逸話とか、ちょっとウルっとくる場面はちょいちょいあった。過剰にドラマチックにもならず、昔の知り合いが普通の若者としての故人の姿を偲ぶ様子を誠実に記録している趣があって、好感が持てた。そういうところもElliott Smithらしいのかもしれない。
kim

kimの感想・評価

3.8
エリオットスミスのファン向け。
アルバム全部一から聞き直したくなった。
サントラの未発表音源も良い!
武藤

武藤の感想・評価

-
僕の曲は決して日記や演説じゃない。例えるなら 言葉で出来た絵画だ。
Miyazaki

Miyazakiの感想・評価

4.0
エリオット・スミスが亡くなったことを機に発表されたドキュメンタリー映画。彼の音楽に心を動かされた人なら見る価値は多いにあると思う。幼少期〜Heatmizer時代をよく知らなかったので彼の人柄が少しでも知れてよかった。気持ちが入らないときは歌えないって正直に伝えるシーンがそんな彼を象徴してたようで印象的だった。それにしてもなんで死んだんだろう。
niwarie

niwarieの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

幼少期の写真とバンドをやりはじめた頃の写真、その後、、と後半にかけてプライベート写真が減っていく様が堪えた。。
彼の音楽が素晴らしいってことをなによりも1番伝えたいんだろうな、とゆー監督の思いが伝わってきました。
途中、日本ツアー時ステージから撮ったと思われる写真が1枚あったな。あの時のライブは一生忘れられないです。
TKS

TKSの感想・評価

-
少し前に公開されていたカートコバーンのモンタージュヘックに比べると明らかに情報が少なく、この映画を観て新たに彼について知ったことは特にはなかった。
がそれも彼のシャイな性質によるところであろう。(自分に関する何かを頻繁に残すタイプではないだろう)この映画では彼の繊細さがよく描かれており、また彼のアルバムを聴き返したくなった。
ABUSE、SUICIDE MACHINE、FLOWERS FOR CHARLIEを含む未発表音源集を切実にリリースしてもらいたい。
この映画に点はつけられん。

このレビューはネタバレを含みます

2003年に夭逝したアメリカ出身のSSWに関するドキュメンタリー。

本編では未発表曲や遺族提供の写真を交えて、キャリアを振り返る内容になっている。
が、彼の暗い部分を敢えて避けた構成で、それが故の物足りなさがかなりある。
ロッシ監督は死の背景を抜きにして音楽だけを追及したかったと述べているが、ダークサイドへ踏み込みをしない結果、音楽自体の情報提供も浅くなっている感じがする。
特に遺作のFrom a Basement on the Hillに割かれてる時間が短すぎる。
せめて晩年のエリオットと最も親しかった人物の一人でもあるDavid McConnell氏のインタビューを入れるべきだった。

もう一点、人生に関するデリケートな話題に関して。
前半はジャブの様に出され、深く突っ込まれずに進行していく。
後半になるといきなり大きく出てくる。なのに深くは突っ込まないので、疑問に思う点が出てくる。
具体的には更正施設への介入に関するエピソード。
身内だけで話が纏まっており周辺の状況の説明が断片的過ぎて、何が起こっていたのかイマイチ理解出来なかった。
他にも幼少、大学時代の話も不足している。

これは、ドキュメンタリーというよりは追悼用のホームムービーだな……
エリオットの姿をみてほっこりしたり、感傷に浸りたい人向けです。
ドキュメンタリーとしては中身の不足が結構ある。
知らない人や興味ある人はアルバムを聴きながら、アメリカのブログや歌詞解釈サイト見た方が良いと思います
もう彼が亡くなって随分と経つが、今もよく彼のアルバムはよく聴いている。
初めて聴いたのは『アメリカン・ビューティー』のサントラだったかな。彼のパーソナルな部分はまったく知らずに曲を聴いていた。
そして、あっと言う間に亡くなってしまった。
これからも聴いていくだろうな。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品