AMY エイミーの作品情報・感想・評価

AMY エイミー2015年製作の映画)

Amy

上映日:2016年07月16日

製作国:

上映時間:128分

3.8

あらすじ

第88回アカデミー賞®長編ドキュメンタリー賞受賞!! エイミー・ワインハウスの歌詞にこめられた思いとは? 2011年7月23日に急逝したエイミー・ワインハウス。レディー・ガガら名だたるミュージシャンたちに賞賛され、世界中の音楽ファンに愛された彼女の生涯を描いた傑作ドキュメンタリー映画が、突然の死から5年たった今夏公開されます。セカンド・アルバム『Back to Black』が全世界120…

第88回アカデミー賞®長編ドキュメンタリー賞受賞!! エイミー・ワインハウスの歌詞にこめられた思いとは? 2011年7月23日に急逝したエイミー・ワインハウス。レディー・ガガら名だたるミュージシャンたちに賞賛され、世界中の音楽ファンに愛された彼女の生涯を描いた傑作ドキュメンタリー映画が、突然の死から5年たった今夏公開されます。セカンド・アルバム『Back to Black』が全世界1200万枚のセールスを記録、グラミー賞5部門受賞を成し遂げながら27歳という若さで亡くなったエイミーのドラマチックな人生模様を映像化したのは、『アイルトン・セナ~音速の彼方へ』のアシフ・カパディア。貴重なプライベート映像や関係者へのインタヴュー取材をもとに、“孤高の歌姫”エイミーの知られざる素顔を丁寧に描き出します。映画には、ブルーノ・マーズなど数々の人気アーティストの楽曲をプロデュースするマーク・ロンソンや大御所トニー・ベネットらが出演。

「AMY エイミー」に投稿された感想・評価

すべてを排除してせめてこの時間だけでも彼女に捧げたい。周りの支えが足りなかったという気になってく。でも歌はこれからも残るから。
エイミーの素顔や変化をよく捉えた素材がよく編集されていたからか、ドキュメンタリー映画なのに、まるでドラマを観ているかのように引き込まれた。

エイミーのボイスメッセージや何気ない友人たちとの会話に含まれる遊び心や詩っぽい表現がなんとも素敵

エイミーのアルバムをまた聴き直そ
movie29

movie29の感想・評価

4.0
彼女が亡くなった時、また27歳か‼って世界中の音楽ファンは思ったはず…😫
「Me&Mr.Jones」「Stronger Than Me」「Rehab」「You Know I’m No Good」「Back To Black」etc…。
好きな曲いっぱいあったな🎶しかもカバー曲も秀逸だった!

こんなにも才能溢れるアーティストだったのに…男選びの才能はなかった😭
どんどんギスギスになっていくし😢
同じような魂吐き出しタイプのジャニス・ジョプリンにもいえるけど、自分にとって何よりも大好きで大切な音楽の世界で成功をおさめても、どこか満たされず寂しさが付きまとう。
だからこその魂がこもったパフォーマンスなのかな~。(T^T)

グラミー受賞した時のあんまり喜んでなかった感じが印象的だったけど、これ観たら納得😔

あと、モス・デフが「元」ってなってたの知らなかった😲
とても興味深かった。今まで彼女を知らなすぎた。知れて、本当に良かった。繊細で、故に傷付きやすくて、引き換えに唯一無二の才能を与えられた人。最後は全て終わらせたかったのかしら。疲れきっていたのかな、と。やり直したい自分が存在しつつ、それを客観視している疲労困憊の自分が現状。エイミー、脚キレイ✨何より歌声が素晴らしい‼️
Rehab私も当時聴いていて好きだった。若くして亡くなったこともショッキングだった。
一人の天才。音楽に向き合う姿勢、一人の男性の愛し方。ある意味ピュア過ぎて、彼女の中で上手くバランスを取りコントロール出来ず、悲しい結末に結びついてしまったのかなぁと思った。
彼女の事を少し知ることが出来て良かった。
chikamasu

chikamasuの感想・評価

3.9
彼女の音楽のファンだったので、観ていて辛かった。
才能ある人が若くして亡くなってしまい、残念で仕方ない。
曲の背景には彼女の色んな経験があって、これからは聴き方が変わりそう。悲しくていいドキュメンタリー。
ぼぶ

ぼぶの感想・評価

4.0
エイミー・ワインハウスと聞いて「あのお騒がせセレブの人か…」と、それ以上のことを知ろうとしなかった自分を恥ずかしく思った。”セレブ”と呼ばれる生活に一番戸惑っていたのは彼女だったのか。本当のエイミーは少女のような人だった。
摂食障害に薬物依存、自傷…絶対にどこかで適切な治療を受けるタイミングがあったはずなのに、と悔しくなった。心配してくれる友人や仲間には恵まれているように見えたし。
恋愛に依存していたとしても(それも不健康だけど)健康さえ損なわなければ、まだまだ音楽ができただろうになぁ。ライブのシーンが本当に素晴らしかっただけに、なんだかやりきれない気持ちになった。
スターって、ある種の鈍感さがないと長く続けていけないのかもな。
曇天

曇天の感想・評価

3.9
例えば科学の分野で若くして素晴らしい業績を上げて有名になった研究者がいたとしても、外出の度パパラッチにたかられたりトークショーで中傷されることなんてないわけで。エイミー・ワインハウスの生涯からこれに近い印象を受けた。

彼女はグラミー賞を取るようなトップ歌手なのに鼻にかけることもなく、ライブ中に時たまおどける様子など見てもわかるけどシャイでひょうきん。ただ熱烈なジャズ愛があり、歌が上手かったからたまたま歌手になっただけで、それ以上の欲望を彼女から感じない。一方で父親が出て行った頃から、抗うつ剤を使っていたり恋人に依存気味だったり、拒食など、元々心身を持ち崩しやすい性質ではあったようで。科学が好きなことを論文で表現した研究者やジャズが好きなことをコラムで表現したライターはパパラッチに苦しんだり薬に溺れたりしないのに、なぜジャズへの愛を歌で表現したエイミー・ワインハウスだけがこうなるんだろう。全て同じに思えるのに。

ここ最近ライブ映像を見ていて軽快なバンドをしたがえて歌うのを心地よく聴いていた。今回は彼女の舞台裏の交友関係を見れて良かった。序盤はハンディで撮ったような映像が多くナチュラルな表情が多い、そして顔が近い。時系列順に進み、有名になるにつれカメラの種類が増えていき、インタビュー映像、テレビで演奏する映像、恋人ブレイクのスマホカメラ、そしてパパラッチが撮るブレブレの映像まで出てくるとこっちにまで罪悪感が生まれてくる。有名人であるせいでパパラッチが来て当人は苦しめられるが、そのおかげで私達市民はこうして映像資料に接することができる。市民は決して彼女を苦しめたいわけではないのだが、彼女を有名人にしたのは市民が彼女の歌を求めて押し寄せたせいだった。はて、一人の苦しみと大勢の願望を切り分ける方法はないものか。熱狂する人が増えれば否定的な目は付き物で、それに耐えられないのはそもそも有名人に向いてないんだろう。今作の中でも「成功への準備はできない」とか「ジャズシンガーは5万人の前で歌いたがらない」などの言及もある。

薬物が創造的センスを生み出すという論理があるけど、彼女に関してその源泉は男だった。実生活をそのまま歌詞に落とし込んでいるので、今作では彼女の私生活はその都度「歌と歌詞を流す」ことで説明できてしまう、なんとも簡潔明瞭な構成。恋人とくっつき別れを繰り返すことでドラマを生み芸術へ昇華させられるが、彼女の場合その弊害として薬物やアル中があっただけ。彼女に関しては頑張って立ち直ってもっとずっと健康に過ごすこともできたと思ってる。ブレイクもだけど人生全体で見ると父親もかなり害悪に見える。数年で素晴らしい業績を上げた人にはそこまでにしてあげて、求めず追い詰めず、引退してでも長生きして欲しかった。でも今は苦しみから解放されて良かったとも思える。

ジャズに関しては全然わからんけど、歌い方が毎回全然違うのが魅力的。映像的にはグラミー賞の時のイギリスのステージのマイクの前でエイミーうろうろ、トニー・ベネットの受賞者発表と共にバンドが飛び跳ねて喜び、ステージ手前の客席から伸びる手が映り込みつつも彼女だけ口あんぐりの図がたまらなく好き。トニー・ベネットとのセッションしてるようなコラボも見れて良かった。
たくや

たくやの感想・評価

2.8
普通のドキュメンタリー映画。あまりエイミー・ワインハウスの曲知らないのと、ジャズシンガーで映画自体の盛り上がりはないように思う。残念に思ったのはエイミーの人生をドキュメンタリーにしているので、パパラッチに撮られたりするシーンは最小限にして欲しかった。非公開映像を惜しげもなく盛り込んだなぁと言った感じで内容から言って128分は長いと思う。
後半は薬物がらみであまり良い思いはしないが、周りの人間とのつきあい方でここまで人生が変わるのかと驚愕。
キイロ

キイロの感想・評価

3.8
彼女が亡くなったと聞いた時、凄くショックだった。27クラブに入ったのだとゾッとした。周りを囲む人々 当人は悪いつもりなくてもそれが塊となってひっきりなしに押し寄せたら、普通でいるなんて無理だと思う。有名になるって、天国と地獄の境界線に立つみたいな事なのかなと感じた。
>|