AMY エイミーの作品情報・感想・評価・動画配信

「AMY エイミー」に投稿された感想・評価

びーち

びーちの感想・評価

3.9
もったいない。その一言に尽きる。劇中の関係者がデビュー当時の彼女を見て「すでに成熟していた。25歳になったらどんなふうになるのかと思った」と証言しているが、その年齢から僅か2年を経て逝ってしまった。30代40代と齢を重ねた彼女の姿を見たかった。ジャズやR&Bが好きで、トニー・ベネットがアイドルだった彼女は、名声にも富にも興味がなく、ただただ音楽を愛していた。その純粋さが仇になったのか、パパラッチの放つ凄まじいフラッシュとシャッター音の嵐によって、彼女はドラッグとアルコールの地獄へ堕ちてゆく。早逝した早熟の天才シンガーの姿を、周囲の人々の証言と、豊富なプライベート映像を駆使して描いた珠玉のドキュメンタリー。
初めて彼女の歌を聴いたのは「REHAB」
どこかの太ったベテランジャズシンガーがブレイクしたのかなと思ったら、え!?新人!!って思ったのを覚えてます。グラミー受賞してから噂が絶えずドラッグ拒食症過食症アル中リストカット。
でも彼女はとても魅力的で好きでした。
ヒット欲、セレブ欲が無くただ歌いたいだけの彼女には、パパラッチに追われるセレブ生活が苦痛なのでしょう。
何もかも壊してしまいたい……そんな気持ち分からないでも無いです。
MOTOHIROLA

MOTOHIROLAの感想・評価

2.7
うーん。。。素晴らしい才能が。男と酒とドラッグと。残念。ただそれも含めて全てこれが彼女。R.I.P.
まるこ

まるこの感想・評価

3.8
若くして亡くなってしまったジャズシンガー、エイミー・ワインハウスのドキュメンタリー。
選ぶ男で人生って本当に変わってしまう気がする。
薬物とダメ男にはハマったらダメ絶対。
素晴らしい歌声でした。
エイミー好きやったら
観た方が良いと友達に言われたので
鑑賞しました( ´∀`)✨

いや〜やっぱり彼女の歌は
素晴らしいですね🤤天才。
僕もプレイリスト作っていて
たまに聴かせてもらってます😆

終盤は観てて辛かった。はあ...。
正直に言うと薬物なんかせずに
もっといっぱい歌ってほしかったな。

しかし...あんなにカメラで
パシャパシャされたら嫌やな。
フラッシュやばすぎ🤷‍♂️
KK

KKの感想・評価

4.5
人生で初めて1人で見にいった映画
新宿のミニシアターで

見に行ってよかった
エイミーが駆け抜けた人生を貴重な映像で追体験できて感動

精神を病んでも自死を選ばなかったエイミーが
やっと変わる勇気を得たのに…

病的で悲劇的だけど
この弱さは誰でも共感できると思う

valerieが良い曲すぎる
MAS420

MAS420の感想・評価

4.5
とても貴重な映像、
人との出会いがいかに大切か考えさせられた。
もう一個の伝記映画も気になる。
例えば、クリーンになって(ロンドンからの中継で)参加したグラミー賞授賞式にて。プレゼンターとして登場したトニー・ベネットを見て目を丸くさせて喜び「パパ、トニー・ベネットよ!」とはしゃぐエイミーのキュートさ、そしてその直後に親友に打ち明けた「ドラッグがないと退屈で仕方ない」という言葉。
観ていくうちにどんどんカート・コバーンとオーバーラップした。
室園元

室園元の感想・評価

4.1
母に勧められて鑑賞。

何度も「かっけえ…」と声を漏らした。
この映画は観ていてとても疲れる。これはいい意味で。

容赦のないパパラッチは、とてもとても嫌い。
身勝手で、肝心な時に側に居ないパパには、彼女の心の拠所であって欲しかったけれども(家族ってそういうもんであってほしい。これは僕の願望)、悲しいかな因果関係。有り得ないことを彼女の存在が証明している。
皮肉な言葉を吐くコメディアン達の姿を見て映画【JOKER】が脳裏を過ぎる。

「行き急がないで。長生きをすれば生き方は学べる」
圧倒的な歌唱力と、血が通ったリアルな生き様の歌詞から繰り出されるパワーは凄まじくて、本当に素晴らしい才能の人間が居たんだと思わされる映画でした。

他の評価で父と過去の恋人が最悪すぎる、と書かれてる方がかなり居ましたが、その経験込みであの歌が存在すると思うと、何とも言えない虚しさも感じました。
>|