ビサイド・ボウイ ミック・ロンソンの軌跡の作品情報・感想・評価・動画配信

「ビサイド・ボウイ ミック・ロンソンの軌跡」に投稿された感想・評価

adeam

adeamの感想・評価

2.5
デヴィッド・ボウイのグラムロック期を支えた名ギタリストでプロデューサーのミック・ロンソンの人物像とキャリアを関係者へのインタビューで描いたドキュメンタリー。
ボウイとの蜜月関係からソロキャリアでのつまずき、そしてフレディの追悼コンサートにおけるステージ上でのボウイとの再会、その裏で忍び寄っていた病の影と素直に時系列で振り返ってくれる分かりやすくて親切な構成が良かったです。
スパイダーズ・フロム・マーズとしてボウイを支えただけでなく、ルー・リードのソロキャリアの道筋を作った名盤「トランスフォーマー」でもボウイプロデュースのイメージがありますが、実際はロンソンの貢献度が高いことなど、二人の補完関係が素敵でした。
豪華なキャスティングの割に、教則ビデオかのような編集の安っぽさが作品としては残念でした。
島野郎

島野郎の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

(ビサイドボウイ序盤)
ボウイのナレーション「自分達が声をかけた頃、ミックは庭師で…」
私「あ〜スターが夭逝した友人を語るのって泣けるな😢」

(ビサイドボウイ終盤)
私「いや待てやボウイ、どんな顔してこのナレーション録ったのマジで」

ボウイ…
白波

白波の感想・評価

3.8
ボウイ黄金期を支えたギタリスト、ミック・ロンソンのドキュメンタリー。
ボウイの成功は彼なしでは絶対語れないでしょう。
未だにアンコール上映がちょくちょくあるのも頷けます。久しぶりに観てきました。
この作品、語りがボウイなのがもう最高に気が利いてるんですよ。
そのボウイと最初のギグはほぼ即興だったと言うから驚かされます。
作中で語られるように「スターマン」のギグでボウイと肩を組むミックのあの瞬間、二人にとっても当時のミュージックシーンにとっても全て塗り変わったような気がします。
それともう一つギターフェラですね。あのアイディアはすごい。
このプレイは日本のTHE YELLOW MONKEYでも受け継がれていますね。
彼はマーズの後にもフープルやソロでもとても良い仕事をしていながら、どうしても名前が出てこない。これは彼の控えめな性格もあるのでしょう。
ジギー解散後は転落するようなエピソードばかり語られて、観ていて少しさみしくなるんですよ。
そしてボウイにイアンにブライアンメイの錚々たる面子でのフレディ追到ライブ。この時はもう大分やつれているように見えました。
その後の20年ぶりのボウイとのレコーディング風景は、ずっと連れ添った二人のような息の合った様子で観ていて本当嬉しくなります。
ギタリストとしてプロデユーサーとして、素晴らしいミュージシャンでした。
自身の成功より音楽を鳴らす事を選ぶ彼。
親切で誠実な彼がとてもよく分かる、味わい深い作品です。
Antaress

Antaressの感想・評価

3.3
ミック・ロンソンて特に意識したことなかったけど、色々知ることが出来て面白かったな。

アンジーはおばあちゃんになってもイケイケだった!

それにしても爺様になったロジャー・テイラーは何かアレだな。
童顔で髭生やかしてるもんだからとっちゃん坊やみたいなんだもん。
アー君

アー君の感想・評価

3.2
「ジギー・スターダスト」は思い入れがあまりなく、ロンソンが参加して好きな作品は「アラジン・セイン」ぐらい。
こういう映画を観ると情も移りますね。
お気に入りはプロデュースだけどモリッシーの「ユア・アーセナル」かな。
Ayanoy

Ayanoyの感想・評価

3.9
フレディ追悼コンサートの"heroes"のミックのギターかっこよすぎてこの映画観てから即サントラ買ったな
雑種

雑種の感想・評価

3.0
ジョンメレンキャップのジャック&ダイアンのアレンジ(プロデュース?)もミックロンソンがしとったんか!そんでアンジー、ファンタジー映画に出てくるラスボスの魔女みたいだな!

ところでジョーエリオットが途中で「俺はモットザフープルが売れる前からファンだった」って言ってたけど、ジョーはモットザフープルとイアンハンターのマジガチオタク(ほんまもんのやつ)なんだよね。まあそれはどうでもいい情報だけど、ミックの遺作でもある『ヘブンアンドハル』でジョーが参加してるDon't Look Downはめちゃめちゃカッコいいのでオススメ👏🏻
初期のエピソードは面白い。ただし当事者の言葉がないので、やや不安定。インタビュー映画を字幕で観るのが辛かった

このレビューはネタバレを含みます

インタビュー多め、映像少なめ
チャプター画面でフレディ追悼ライブの映像流れて泣いた……

題名のとおりビサイドボウイとしてのミックロンソン映画だったけど、やっぱそれだよな〜〜〜ってなった
デヴィッド・ボウイを築き上げた男。
こうして記録に残してくれたことに、まずは感謝!

すべては金なんですね。

モリッシーと巡り合えて、ホント良かった。

"ALL THE YOUNG DUDES"
イントロを聴くだけで涙が出ますよ!
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品