デヴィッド・ボウイ 最初の5年間の作品情報・感想・評価・動画配信

「デヴィッド・ボウイ 最初の5年間」に投稿された感想・評価

 間もなく「スターダスト」が公開されるデヴィッドボウイ。彼が亡くなってからもう5年以上も経つなんて信じられない。

 BBC制作のドキュメンタリーがアマプラにあったので鑑賞。なんとも妙な邦題だなあと思っていたら、「最後の5年間」「5つの時代」と3部作になってるんだね。これが最終章らしい。

 原題は「finding fame」のちに自らFAMEという曲も歌うボウイが、下積みを経てジギースターダストとして成功するまでを捉えている。

 ボウイの映像そのものは既発のPVが中心で、少しファンになったことのある人なら観たことのあるものばかりだけれど、前半、60年代スウィンギングロンドンの記録映像としては見応えがある。まるで当時のロンドンに住んでいる全員おしゃれで可愛くてカッコいい人しかいないのかと思ってしまうww

 ソロ以前、無名時代のバンドで(9つもあったとは知らなかった!)一緒だったミュージシャンが次々とボウイ語りをするのは興味深く、ザ・ロウアー・サードでオーディションに落ちた様子とその映像は初見で面白かった。ボウイは70年代のイメージが強いので、60年代にビートルズやフーを遥か上空に見上げながら地を這っていたのかと思うと愛おしくなるよね。
 リックウェイクマンがスペースオディティのメロトロンはイエスにも影響したと言ってるのもびっくりw

 恋人ヘルミオーネとのスナップは全部ポストカードにしたいくらい絵になる。このルックスがあるからこそ、バンドマンというか歌うたいに専念できず、演劇やパントマイム、作家活動などを並行し迷走してしまったのかもしれないな。その時の経験が全部生きていることもまた確かだけれど。

 山本寛斎の衣装を纏って最後のステージに立つジギー。そこには欲しくて仕方なかったフェイムを手に入れた後に、まったく満足できていない孤独な男の姿があった。

 最初の奥さんアンジーも出てきたのでいろいろ暴露してくれるかと思いきや、ゲイリブな側面、3P好きでフリーセックス当たり前みたいな部分はさすがBBCだけに取り上げられていなかった。日本のジャニーズもそうらしいけれど、欧米でも芸能界に蔓延っていたスターとマネージメントとのゲイ関係を赤裸々に綴った映画なんかもこの先出てくると面白いな。
ゆ

ゆの感想・評価

4.0
最初はキンクス、フー、リトルリチャードをカバーしてたなんて聴いてみたい。チムチムチェリーをセトリに入れたいの可愛いな〜その後もバートさんみたいな衣装着てたから好きなのかな。スペースオディティ制作中の話めちゃくちゃ好き
もゆち

もゆちの感想・評価

4.0
恥ずかしながらついこの間デヴィッド・ボウイの存在を知り、ゆっくりアルバムを遡って聴いていましたが、あまりにも濃いボウイの歴史をどう追っていけばいいか…と思っていたところにぴったりな作品を見つけました。

最初のアルバム「David Bowie」がリリースされるまで何度もバンドを組んでは解散していたこと、「Ziggy Stardust」がヒットするまで思ったより下積みの時代が長かったこと、やっと確立したキャラクターに固執し続けないこと、驚きの連続でした。

単に曲だけ聴いていてもメロディが良いな、くらいしか分からないのですが、この作品を観て「Space Oddity」「Starman」「The Man Who Sold the World」が作られた背景やエピソードを知れたので、聴き方が変わりそうです。

最後に流れた2000年のライブでRebel Rebel歌ってる映像がめちゃくちゃかっこよかった…!しばらくしたら最後の五年間の方も観ようと思います。
デヴィッド・ボウイですら下積んでるだからおれなんかもっと頑張らなきゃ。
白波

白波の感想・評価

4.0
プライム・ビデオ鑑賞
幼少期から擬えていて、実に興味深いフィルム。
編集も素晴らしく最初からドキドキします。
若い頃から「何でもやりたい」「こだわりを持ってやりたい」といった彼の性格が実に明確に伝わってきます。まさにエンターテイナー。
その初期の頃はBBCのオーデション結果があまりに辛辣すぎて、もはや笑うしかない程。本当ボロクソでした。
インビューの中には当時のガールフレンドまで出てきたりと中々に生々しい。
あと映像には出ませんが、ストーンズのミックと仲の良い感じが出ていて嬉しかったです。
「ミックが楽屋に来てジャマしなければね」とか個人的にツボでした。
「スペイスオディティ」を足がかりに「世界を売った男」「ハンキードリー」と確実にキャリアを重ねて辿り着いた「ジギースターダスト」。
そして「アラジンセイン」の発表、さらにジギーとの別れ。本当駆け抜けるようでしたね.。
改めてみると思いきりの良さと言うか、次へのポジティブなアイディアは本当に驚かさられます。
キャリア絶頂期、それもステージ上のあんな簡単な一言でジギーがお終いなのですから。
さて、このタイトルですが「最初の五年間」となっていますが、デビューを66年でカウントしてもジギー解散まで7年経ってるんですよね。
オリジナルタイトルが「finding fame」なので、この邦題は「最後の五年間」から引っ張ってきてるんでしょう。
そうして最後に流れるインタビュー映像。
「僕は先頭奏者じゃない、自分自身でいるだけだ」ボウイらしい、最高に格好良い言葉でした。
wawawavi

wawawaviの感想・評価

3.5
なんとこんなにも長い間
不遇の時代があったとは驚いた。
やりたいことをやりたいように
やり続けた後にジギーにたどり着いて初めて、
ブレイクしたのだね。
デビュー=スターダム!と思ってましたが、
ちょっと印象が変わりました。
最後の五年間もみなければ!
Sakura

Sakuraの感想・評価

3.5
トム少佐を経て栄光のジギーを葬り、殻を破ってdavid bowieに戻るまでの“最初の5年間”、BBC制作のドキュメンタリー。ソロアルバムを発表するもヒットせず音楽活動を休止、パントマイムやダンスなど舞台での表現を模索しながら過ごした辛い時期に出会ったバレエダンサーのヘルミオーネと恋に落ち、3ピースバンドTHE FEATHERSを結成、同棲するも転機が訪れ22歳で大失恋。当時の彼のインタビューや彼の仲間たちが当時の事を赤裸々に語る現在のインタビュー等かなり貴重な記録が多い。別れた直後に作った1969年のSpace Oddityが大注目されるわけだけれど社会的にも感情的にも安定しない不安な心、子供の頃から感じていた孤独感がここではっきりと姿を現す。喪失の負のエネルギーをそのまま負として持っていくのではなく、負のエネルギーを使って自分を傷付けながらも新たな物を世に生み出す。これができるのが芸術家だよなーと妙に感動し泣きそうになった。初期のdemoにはツインリードボーカルの一人としてハッチが参加していて久しぶりに聴いたらやっぱりdemoいいなと思ったし、『今夜はもうただのdavid bowieだ』『今後の計画が山積みだ』と言ってrebel rebelで終わるエンディングも最高。久しぶりにいい音楽系ドキュメンタリーを観たぞ。
蟹

蟹の感想・評価

5.0
*映画レビューではなくデヴィッドボウイのファンとしての感想

恐らく彼のアルバムの中で1番有名な『ジギー・スターダスト』
これにより世界に名を轟かせるまでの下積み時代の話。

ステージ上では見られない彼の素朴で真面目で繊細な人柄がよくわかる。
アー君

アー君の感想・評価

2.7
誰でも売れるまでは結構苦労したんだな。青春時代の証言は資料としても貴重でありとても参考になった。
デヴィッド・ボウイの曲やビジュアルが好きで、長年曲を聴いたりTシャツを買ったりしているものの、あまり本人自身の事については知らなかったので、個人的には新しい情報だらけで面白かった。
まだ無名時代の音源が聴け、写真や映像が見れて大満足。
こうやって改めてデヴィッド・ボウイがやってきた事を見ると、今現在、奇抜に見える音楽やパフォーマンスすらも、既に彼が売れない時代からやってきた事の延長で、もはや全く新しい物は無いのではないかと感じた。ただし、当時のデヴィッド・ボウイはその時代に合っていなかったのだろう。(とは言え、『ラフィング・ノーム』のような変わった曲は、今でも大衆向けにはならないと思う。)

あなたにおすすめの記事

似ている作品