COBAIN モンタージュ・オブ・ヘックの作品情報・感想・評価

COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック2015年製作の映画)

Kurt Cobain: Montage of Heck

上映日:2015年06月27日

製作国:

上映時間:113分

3.9

あらすじ

「COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック」に投稿された感想・評価

カート・コバーンの悲劇は、最終的に自己を支え切ることができなくなるような過酷な体験を積み重ねて来たその人生とは裏腹に、表現者としては非常に明快な作品を作ったという歪さにあるのだと思う。

そんな事を再認識した作品。
和氣

和氣の感想・評価

-
エンドロールのsmells like teen spirit
最終的に死に向かっていく物語なのを分かっとったのが観ていて辛くもあった。
ネット記事でしか知らんかったロックスターのパーソナルな部分に少しでも触れられた感覚がとてもよかった。
クリスは案外まともなおじ様だったしこれ系のドキュメンタリーに出しゃばってくるデイヴのインタビューがなかったのがコートニーとの確執感じて悲しい。
おれが生まれた瞬間にはカートはまだ生きとったんだなあと思うとアツくなりました。
kkoch

kkochの感想・評価

-
カートコバーン愛すぎてスコアがもうわからんのでなしで、、、
この時代に生きたかったですね、
彼のジレンマを思うと苦しい
Albert

Albertの感想・評価

4.3
なんかあんまり覚えてないけどけっこう面白い作品だったと思う
これみてnirvanaのことより好きになった
ちなみに俺が一番好きな曲はHeartShapedBox
Tm

Tmの感想・評価

4.5
人一倍繊細で優しくて常に悩みもがいたカート、好きです。

ライブで観客に「Courtney, we love you.」と言わせた後に微笑むカートが1番好きです。

あとカート可愛すぎるぅぅぅぅって思ったの僕だけ?口を閉じたまま口角を上げてニヤッとするのが可愛すぎるんですけど!
ヒナタ

ヒナタの感想・評価

5.0
いま普通に聴いてる曲たちは
カートが痛みと戦って歌って弾いていたのかな。
後のこと考えず今を生きてたのかな。
あの歌声に惹かれた理由はそこだったのかもしれないなとおもった。
悲しくて心が縮まる。
ドラッグがなければなかった芸術もあると思うけど、死ななくていい命は救えたはず。
愛が強すぎて繊細なカート
live forever
たまたまお邪魔した家にDVDがあったから、本来の目的そっちのけで夜中に見させてもらった
カートコバーンの喋り方、振る舞い、表情全部かっこよい、。繊細さとか、才能に溢れてる故の孤独とか、、?難しいけど
MTV Unpluggedを見たくなったのと、DVD買おうかなと思った
家族とかのインタビューよりクリスのが1番良かったな。
今まで長身で手足長くてキショいノリ方するなと思っててごめんな。デイブが出てないのがちょっと疑問です。
ess

essの感想・評価

3.8
2022年 1月8日 友人からBlu-ray借りて。

カート・コバーンの私生活に焦点を当てたドキュメンタリー。

遺族公認ということで、プライベートな映像が大量に使われていてnirvanaというよりは、カート・コバーンに焦点をあてて作られた作品。
貴重な映像盛りだくさんで、ファンは絶対に楽しめると思う。
とりあえず、とにかくカートの立ち振る舞いが本当に格好良い。エピソード的なものは自伝とかで語られているものがほとんどなので目新しさはないが、父親としての姿がホームビデオに遺されていて、カートとコートニーの姿は退廃的だけどロマンスに溢れている。ヘロインでハイになりながら、フランシスを抱いてる姿とかはかなり生々しくて衝撃的だった。
全体的に感傷的な感じはなくて、ドライな感じがしてそこもまた良かった。
名作!
>|

あなたにおすすめの記事