g@me.の作品情報・感想・評価

「g@me.」に投稿された感想・評価

shiyud

shiyudの感想・評価

3.4
amazon prime

評価低いから全然期待してなかったけど、意外といいじゃん!

東野圭吾の作品の安定感。
演出のダサさとかのっぺり感が気にならなければいいと思う。

あと仲間由紀恵がめっちゃかわいい。
たしかキャンパス歩いてるシーンと、auの携帯使ってて、一緒だぁって思ったことしか覚えていない、、、
さすがは東野圭吾作品かと思います
話が二転三転するのが面白いですね

ただまぁ皆様仰ってるように少しトントン拍子に進んでドキドキハラハラ展開はあまりなかったです
ストーリーとしてはまぁまぁ面白かったです
ぱなお

ぱなおの感想・評価

3.0
東野圭吾原作。昔観たことがあったけど、すっかり展開忘れてた。11年前の作品だから、衣装や音楽など全体的に時代を感じるものの、仲間由紀恵が今とあんまり変わってないことに驚き!狂言誘拐から、それだけでは終わらず二転三転するあたりは、東野圭吾の本!といった感じ。男と女のゲームは恋に落ちたら負けですなっ(。-∀-)
み

みの感想・評価

4.0
なんでこんなに面白いんだと思ったが、東野圭吾か。

求めていたものが観られたので満足。
ららら

らららの感想・評価

3.3
藤木直人が若い!かっこいい!!
それだけで十分満足した!!

話は見事にだまされてしまった…よくできてる。
いかにもな高層マンションや携帯電話に時代を感じながらも、楽しめた〜

ただ、2時間ドラマじゃなくて映画にするほどなのか、と。映画ならではの盛り上がりが欲しかった…なあ。
話が二転三転して楽しめます。
でも原作の方が面白かったです。映画独自の設定が好きになれませんでした。
公開当時は映画館で観てそれなりに楽しんだ記憶がありましたが、今観るとパッとしなくなってました。
小学生の頃、予告編を見て、ガキながら興奮したのを覚えている。
なんか、何も考えず観れる日本製のサスペンスエンターテイメント観たいなーと思い観賞。

話の流れは二転三転あるので、それは面白い。
ただ、全体的に演出がダサい…。
まぁ、15年前の作品なので、
時代や技術的に昔というのもあるのでしょうが、
特に音楽の使い方が…。
冒頭何故か意味もなく流れるオペラ「オンブラマイフ」。
そこからのオープニングのラップZEEBRA(ここの映像と音楽のあってない感じもうん)。
全体的にこのメロドラマ的展開を雰囲気作りしてるんだと思うんですが、露骨すぎて。。。
その他、ドラマっぽい覚えやすいサントラ流れたり、またオペラ流れたり。

あとは話の真相が前半から演出のせいでなんとなくわかる。
わざとそういうことにしてるのかな?

アメリカ風に少しスタイリッシュなラブサスペンスを撮りたかった心意気はすごいと思いますが、
その意気込みだけで終わっているのが残念。
2000年代初期の量産型日本映画のひとつ。
まぁ、でもそれなりに楽しめました!
スカーっと飲みながらみれます。
おもしろかった!
仲間由紀恵こんなに美人だったなんて初めて気付いた。
藤木直人にも初めてキュンとした
よし

よしの感想・評価

4.0
あまり知られていない映画だが、どんでん返し系邦画としては逸品。さすが東野圭吾。
>|