溺れる魚の作品情報・感想・評価・動画配信

「溺れる魚」に投稿された感想・評価

pita

pitaの感想・評価

2.8
窪塚目当てで。
堤監督の世界観は、100分じゃあ表しきれないっしょ!
境

境の感想・評価

4.2
後半からのハチャメチャ具合がサイコ〜!! エンドロールの最後まで楽しめる映画
侍

侍の感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

誰がなんと言おうと私は好きだ。

痛快なギャグ。

冷たい熱帯魚系のサスペンスだと思っていたけど、全然ちがった。
題材からすごく良かった。

グダグダだって言う人もいるけど、別にグダグダだとは思わなかった。
話の遠回りをしていたとは感じるけど、テンポよく出されるおふざけと、目まぐるしい演出や、切り替えの早い展開に私は楽しく感じた。

本筋から離れていく所すら魅力的だった。

だけど、岡部のあの主役級の始まりからあの終わり方は何だか物足りなかった。

その物足りなさが結構どうでもよく感じるくらいに、他のドタバタに満足できた。
楽しかったです。
ゆにお

ゆにおの感想・評価

5.0
公開当時に何度も劇場へ出向いた作品で、今回久しぶりにUNEXTで配信されていたので。
「ケイゾク」「TRICK」等の時代の堤組が好きな方向けで、どっぷりその時代が大好きだった私にはどハマりする映画でした。
独特の演出がクセになり、出演者も名優揃い(ちょい役まで目を離せません!)
この主題歌の鬼束ちひろの「edge」が、怒涛の展開を綺麗に洗い流してくれるまでが、本当に大好きです。
石田

石田の感想・評価

-
トリックやスペック好きなので観てみましたが、やはり私は堤監督の作品が好きみたい^_^!最高ですね!!!
ニッポンという国はどうなってしまうのかッ❗️
よくわからんけど堤幸彦楽しんでていいな
トリックとIWGPを合体させたみたいな、と思ったら監督同じか。
イザムとかモー娘。とか、2000年のあの頃空気が懐かしい。。
警察、ヤクザ、金などごちゃごちゃしたエンタメ。
なんかいーなーこの頃。この付近の映画漁ろう
※公開当時の鑑賞記録です。

2000年に「溺れる魚」
2008年に「20世紀少年 第1章」
この2本の映画を見て、二度と堤幸彦監督の映画は二度と見ないと誓った。

そして、それ以降、映画館で映画を観るときに、一般の評価だけでなく、映画監督の名前も気にするようになった。そして、良い映画に巡る確率が高くなったから、ある意味、私にとって金字塔的な映画。

「溺れる魚」はとにかく映像がダメだった。
なかなか理解されないと思うけど、映画を見て、車酔いのような吐き気を感じた。下手すぎる絵を見たときも同じだけど、三半規管に堪える映画。
「20世紀少年」は少しはまともになっていたけど、やはり気分が悪くなった。

この感覚、理解されないですね。
今後、堤幸彦監督がどんな名作映画を作ろうと二度と見ることはないです。

あと、申し訳ないけど、
椎名桔平さんもちょっと苦手になった。
IZAMさんは普通に俳優できると思った。
過去の鑑賞log
小説読んで、その頃は内容がはちゃめちゃで面白かったので映像で鑑賞。
やはり、本ほどの内容は映像化出来なくつまらない作品だった。
もう観ません。
当然、オススメしません。
あさ

あさの感想・評価

3.7
ザ・堤作品
くどいほどの本筋と全く絡まないギャグと、シリアスなシーンはとことんシリアスに落とす作風
役者もちょい役でも見たことある人たちばかり
堤作品が好きなら楽しめる
>|

あなたにおすすめの記事