スルースの作品情報・感想・評価・動画配信

「スルース」に投稿された感想・評価

minoritie

minoritieの感想・評価

3.0
マイケル・ケイン扮する有名な犯罪小説家とジュード・ロウ扮するその妻の愛人による会話劇です。

愛人は小説家に離婚を迫り、小説家はそれを拒みます。
そこで小説家がある提案を持ち掛け・・・

出演は、ほぼこの2人だけで繰り広げられ、立場が二転三転と入れ替わり、さて勝負の行方は?

流石は名優の2人とあって緊迫感があります!

マイケル・ケインの冷静沈着な立ち振る舞いは相変わらず渋いし、ジュード・ロウのセクシーな表情がカッコイイです!

小説家の豪邸内でのみのシチュエーションがまるで舞台を観ているかのようでした!

ただ、ラストをもうちょっと捻って欲しかったです。
TB12

TB12の感想・評価

2.8
設定は好きだけど展開が読めちゃうのが残念。

特に盛り上がる事もなく「やっぱりそうなるよね〜」ってなオチ。
まぬ子

まぬ子の感想・評価

3.7
キャスト二人なのに、終始落ち着かない。
夫とその妻の不倫相手という、修羅場でのスリリングかつ妖艶な駆け引き。
撮り方や絵作りが個性的というか…秀逸。きっと凄くこだわったんだろうな。効果的かどうかはわからんが、すごく落ち着かない。
狭いエレベーター内で対面する画。合わせ鏡で会話。延々と二人の視線の送り合い。
どういうカットの切り方するんだい。もう色々すごすぎて、いろんな解釈できる。またみたい。

なにより、ジュードロウがイケメンすぎて、もう色々むりだ。怯えた顔たまらん。
女物のジャケット着て、ヒャッホーってしてるジュードロウが最高にファンキーで可愛かった。首絞められたいねぇ
Yosuke14

Yosuke14の感想・評価

3.7
集中しすぎて観ると一体どこからそうだったのか、真実は何なのかが余計分からなくなる映画でした。
マイケル・ケインのなんとも言えない表情から推測したり、ジュード・ロウのコロコロ変わる感情が何が本音で何が嘘なのか結構見応えアリでしたね。
老練な犯罪推理作家と売れない若手俳優の演技バトル!
89分ていう時間がちょうど良いテンポ感でした。
aandneko

aandnekoの感想・評価

3.2
勝負セットからセリフが悲しくなってきた。女性をめぐって戦う男二人ではなく、境遇が違い過ぎる二人。最後、撃たせるように煽った?
Tsurim

Tsurimの感想・評価

3.8
イギリス屈指の名優が2人だけで織り成すまるで舞台のような会話劇。
緊張感に置いていかれなければ楽しめると思います。
雨の夜に鑑賞をお薦めします。
Luna

Lunaの感想・評価

3.5
舞台を見ているような感覚。登場人物はほぼほぼマイケルケインとジュードロウのみ。この2人新旧アルフィー。男の嫉妬は命がけ
家のセットがすごいんですけど、これ舞台で見たいよね~二人芝居劇なの贅沢
そんでマイケルケインとジュードロウって言ったらアルフィーなんですけど、
このオファーした人誰?わかっててキャスティングしたのかな?それともマイケルケインがジュードがいい!って言ったのかな?とにかく新旧アルフィーが夢の共演!それにこれセルフリメイクでマイケルケイン出とったんか!
そんでジュードロウが相手ってどんだけ好きなの!ってなったんですけど、二人のインタビューとか読みたいな~💦

お話は男の嫉妬とプライドと金…
ゲームと言う名のどろどろ会話劇だけど、おもしろいね、ジュードロウの演技のうまさも楽しめるしね
なんで点低いのかってのはやや中だるみと男の嫉妬の醜さでなんだか乗れなかった…
妻は所有物じゃあないよ
ジュード・Lはただカッコイイだけの俳優かと思っていたが、、、こ、こんなに演技上手いのか‼️って思える映画🎬

中盤〜後半は度肝抜かれた(演技が)→正直誰なのかわからなかった。。。笑
おもんな………って思いながら見てたけど舐めてました。退屈・緊張・緩和・衝撃の連続でした。退屈ゾーンは本当に結構きついけど。とにかくジュードロウ好きは見た方がいいし、この映画を見た人と早くしゃべりたい。第2セット、まじで気づかなかったので。密室で突然のガンに見破れないっていう三要素が個人的な癖に合ってた。音楽がベートーベンの交響曲第7番第二楽章に似すぎてた。
>|