犯人に告ぐの作品情報・感想・評価・動画配信

「犯人に告ぐ」に投稿された感想・評価

hiroro

hiroroの感想・評価

3.4
内部での足の引っ張りあいと憎悪の矛先が違う家族。どちらかは省いて主人公と犯人の直接対決が見たかった。
まろん

まろんの感想・評価

3.0
思っていたより呆気ない映画
もっとミステリー感があると思ってたので残念だった。
tonnt

tonntの感想・評価

3.1
原作よりあのセリフが効いた。
あのセリフまでの暗さが深過ぎてエグい感じが出過ぎてちょっともったいない気がした。
tak

takの感想・評価

3.1
 テレビ画面で刑事が犯人を挑発する。世間を巻き込む”劇場型”捜査を展開するという発想は、確かに刑事ものの映画やドラマにはこれまで少なかったかもしれない。でも2時間ドラマがこれだけ日々垂れ流されている現在では、いくらトヨエツ主演にしたところで映画としての面白さはどんなだろう・・・正直期待はしていなかった。

 警察内部の醜い人間関係がとにかく腹立たしくて仕方ない。そりゃぁ、どんな職場でも妬みもあるし、出世欲をもつのは当然だろう。しかし、いみじくも人々の生命と安全を第一に考えるべき立場の人間たちが、ここまで人の足をひっぱり、陥れようと画策し、相手を理解しようともせず一方的な言葉を浴びせかけ、己の欲望を貫こうとする姿はとにかく醜い。小澤征悦がどうしようもない二世警察官のボンボンをとても気味悪く演じている。足を組んで挨拶する横柄な登場シーンから、内部情報をネタに女性キャスターに迫るところ、逆光の中でニヤリと笑うラストまでとにかく徹底して嫌なヤツ。本部長を演ずる石橋凌も凄みのあるいい仕事。腹立たしく思うのは、この二人の演技あってこそだと思う。

 だが物語全体として、警察内部に力点が置かれた為か、犯人の魅力が欠けるのはもったいない。「理想の国家」だの「教育が間違ってる」などと言っておきながら、映画は犯人像やその心理に迫ることはない。犯人との駆け引きも緊迫感が伝わってこない。映画中盤までは、追い詰められるのはむしろ主人公巻島刑事だし。WOWOWが製作だったんだし、テレビ画面で観ても十分だったんじゃない?と映画の半ばで僕は思い始めた。

 しかしそのもやもやした観客のうっぷんは、巻島刑事が再びテレビカメラの前で犯人にメッセージを送る場面で一気に晴らされる。彼は、翌朝から行われるローラー作戦で犯人をあぶりだす、と宣言する。
「逃げても日本中の警察官がお前を地の果てまでも追い詰める。」
ふん、この台詞くらいなら青島刑事だって亀山刑事だって言うかもしれない。僕がそう思った次の瞬間だ。
「今夜は、震えて眠れ。」
うわーーーーーっ!背筋に電流。この台詞をビシッと決められる役者はそんなにいないよ。このために豊川悦司をキャスティングしたのか!。そうに違いない。見終わって思ったのは、この映画が狙ったのは「LAコンフィデンシャル」みたいなハードボイルドなんじゃないかということ。面白いけど、ちょっと惜しいね。
忍

忍の感想・評価

-
韓国映画の熱量を知ってしまってから‥日本の刑事物は物足りない。
1人の脂の のっている俳優でゴリ押しする匂い

緊迫感が足りない、ダラダラと時間が過ぎていく感じ‥
電話での会話の演技は‥聞いていられない‥

厳しい評価なのは、借りたDVDの予告編が一切早送りも何もかも出来ず、15分+呪怨なんて怖い宣伝の映像まで見せられたからという、とばっちりを受けた感はありますが、
散々待たされた期待を上回る作品ではなかった‥
gonza

gonzaの感想・評価

4.5
WOWOWが企画の映画で、主演は豊川悦司。
ジャケットからかなりかっこよかったんで、気になっていた映画。

『ハサミ男』で豊川熱が再発してたしね。(笑)

   過去の誘拐事件に関わった人間達の想いが交錯しながら物語は意外な方向へ進む。

これ、木村拓哉が主演した『HERO』の脚本家が脚本を書いたらしいんだけど、
そのせいかムチャクチャ熱かったです!

なによりも同じ撤を踏むまいと犯人を追い詰める執念に脱帽!
巻島を内部から罵ったり、
陥れる動きにもめげずに犯人逮捕の為に全力を注ぐ姿にただただ感動です!

まったく手掛かりがない中、犯人逮捕のためニュースに出演し、犯人を挑発する。
その姿がまたクレバーで、感情的にならず犯人に犯行動機を聞きただす。

またそれがかっこいいんだ。(笑)

他にもようやく得た手掛かりを元に、街をローラー作戦にでて、
犯人の上をいくロジックの展開に舌を巻く!

腐った警察の体質や、上司の嫌がらせにもめげず、おのれの信念を貫き通す!

ラストも苦しみ続けた数年間がようやく報われ、支えてくれた仲間や家族の絆にも感動しました!

久々に『相棒』以外で熱い刑事ドラマ観たなぁ。

ただただ感動ッス!

このレビューはネタバレを含みます

観るのに旬を逃したというか、「えー?まだその価値観?」的なストレスであんまり上手く飲み込めないストーリーだった。
「今夜は震えて眠れ」の豊川悦司のセリフだけ光ってた。
うーん😥まぁ面白かった作品ですが、何か物足りない感というか、トヨエツは頑張ってましたけど、どうも...😥

映画にするほどの作品?という感じ😥
台詞の言い回しや、熱量など物足りない感じが拭えない😥

中盤より、事件とは別次元の物語のような、本質にかけていると思いましたね。
トヨエツの為の映画って感じですね😃

犯人を追い詰め「震えて眠れ」の決め台詞は良かったのかと思います😃

配役が悪かったのかなぁ~😥と、悔やまれる作品です😥
yap

yapの感想・評価

2.0
2019.10.10鑑賞。トヨエツの「犯人よ、今夜は震えて眠れ」のセリフは素晴らしくカッコイイのだが、ドラマ的にはイマイチ盛り上がらない。それは トヨエツにとってもメディアに顔を出すという危険な行為をおかしているにもかかわらず、犯人からの逆襲が無いからに尽きる。
Unco丸

Unco丸の感想・評価

2.0
いまいち入っていけなかったなあ

シナリオがちょっと平坦すぎたのでは?

起伏のない演出をしても楽しめる作品は沢山あるけど
それは他に見せ場があるからであって…
例えばキャラクターや雰囲気やら…

これはどうだろう

わたしたちは何を面白がれればよかったのだろうか?
>|