ゆるゆり なちゅやちゅみ!の作品情報・感想・評価

ゆるゆり なちゅやちゅみ!2014年製作の映画)

上映日:2014年11月29日

製作国:

3.7

「ゆるゆり なちゅやちゅみ!」に投稿された感想・評価

nIa

nIaの感想・評価

4.5
ありがとうゆるゆり みんなかわいい みんな大好き そんなひとときが大好き
絵もBGMも違和感なく受け入れられているけど、正直動画工房のあかりいじめがちょっとだけ懐かしくて、4期を作るなら動画工房だったらいいなぁなんて思う
職場の人間関係つらすぎてこれ見て均衡を保ってる()
半分嘘です。
中身はなくていいんですよ、これがゆるゆり。
ユタ

ユタの感想・評価

3.6
キャラクターなんて覚えなくてもいい。
ただただ夏に観て、ほのぼのと癒されようぞ!
まぁ

まぁの感想・評価

3.7
緩い、ゆるい、ユル〜い…(笑)

クスクス…☆
くすくす…♪
ケラケラ…☆
けらけら…♪
ニヤニヤ…☆
にやにや…♪

夏休み、キャンプ…良いな〜☆

何も考えず、ボケ〜っと楽しめます…(*^^*) 安眠効果ありそう…☆
けいおんの映画より日常でほのぼのしてるわ。

最初の作画がカイジに見えたけど。
りさ

りさの感想・評価

4.0
テレビシリーズがずっと大好きでこれも見た。
アニメって映画化すると急にスケールが大きくなりすぎてついて行けなかったりするけど、ゆるゆりはいつものテンションでゆるゆりしてるのが良い。でも、百合度はいつもより高め、従って出血量も多め。笑
櫻子と京子が好きだけど、この二人とは絶対に買い出し行きたくないなあ。笑
ぬーの

ぬーのの感想・評価

3.8
いやーunextにあったんで、懐かしみながら見させた頂きました。
いやー懐かしかった。
1話目見て、こ、これは、お、おもろいやないかい!!となったあの日。
あの徹夜して1クール全て見た若かりし頃。
何かに取り憑かれていたんでしょうねえ。。笑
変わらぬ面白さと可愛さ。ええなあ。もーとしのうきょうこったらー


わたくしの一押しは櫻子でして、ひまわりとの絡みはやはり最高でして、ニンジンとピーマンを食べさせ合うところとかね、もうね、ええ、何も言えねえ(きっと北島康介もこんな気持ちだったんだろうな…)




ここまでしっかり個々の役割分担というか、さくらことひまわりの絡み、1人でどじってるあかり、ゆい先輩大好きなちなつ、としのーきょーこが好きなあやの、それ見て鼻血出すちとせ、としのうきょうこに突っ込むゆい
といった定番が毎度毎度起きて、毎度毎度楽しいアニメもなかなか無いような。


アニメは全く詳しくないし、ほぼ見ないけど、これは数少ない徹夜一気見したアニメですね。
よかでしたー
djikuzak

djikuzakの感想・評価

2.2
ゆるゆり、つまんねえ〜。
ようやくわかった気がするけど、ガルパンは戦車のアニメで、キンプリはアイドルのアニメなんだよね。
ゆるゆり、アニメのアニメだ。コンセプトがないという意味。バクマン。とかじゃなくて、
戦車やアイドルに興味はあるけど、アニメには興味ないのかもしれない。

アニメのアニメって表現、適正だと思う。日常系って、結局は社会性を排除してる意味では現実とは相違あるわけだし。その時点で日常ではない。
社会性を排除するのが目的になってしまったらつまんないと感じる。そこにあるのはマイナスだし、日常系アニメもネガティヴコンテンツって言えると思う。

現実から社会性を排除しただけでプラスされてるわけじゃない。他のアニメは現実からプラス要素を盛り込むために必要のない、もしくは邪魔な社会性を排除している。それがセカイ系だったのじゃないのか?だとしたらアニメは本当に削ぎ落とされたコンテンツになりつつあるよな。

社会性は表現のためになくされたはずだったのに。どうも俺には日常系っていうのはその社会性がないセカイが好きだから、つまり社会性から逃げるのが目的に作られたものだとしか思えないよなぁ…だとしたら相当なネガティヴコンテンツだな。

でもあかりちゃんは可愛いから仕方ないな〜〜〜〜〜〜あかりちゃんが可愛いからいっか〜〜〜〜〜。
ひょう

ひょうの感想・評価

3.5
日常系アニメのよさって大人になってからわかった気がする。

将来娘ができたらこんな子たちに育ってほしい。でもこんなこと言ってるうちは相手すらできる気がしない。

ありがとう七森中。4期もきっといつか。
まあ良くも悪くもゆるゆり
ただ完全新作劇場版って感じ

ひたすら可愛い女の子たちが
ゆりっているのを眺めながらボーっとするのには丁度良い

それにしてもゆいちゃんが好きだわ
声も性格もルックスも一番好き
あと、2期のOPの京子ちゃんゆいちゃんパートのダンスも好き

今、全て見終わり寂しい限りです。
>|