ピクニックの準備の作品情報・感想・評価

「ピクニックの準備」に投稿された感想・評価

shiori

shioriの感想・評価

3.5
しおりは元から恩田陸贔屓だから結構アリかも。でも、受け付けない人は無理だろうな~ なにげにコメディだしね、これ。 図書室の海(ピクニックの準備)→本編の原作 →コレ→本編 この順番がベストなんじゃないかな♪どっちにしろ それぞれのキャラクターがわかってから 観るのって、しおりはいいと思う!
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

3.6
やばい、めちゃくちゃ和んだ。可愛すぎて、ほのぼのすぎて笑える。

劇場公開中の「夜のピクニック」の前話。それぞれの登場人物の短編集で、一応、恩田陸の「図書室の海」に収録されてる「ピクニックの準備」が元になると思うが、内容は全然違う。この原作の短編集も大好き。

「おまじない」杏奈編:うーん、普通。結構短い。
「告白」さくら編:本編ではアンマリさくらは意識してなかったけど、これで一気に感情移入。涙でたよ…。全9話の中で一番恩田陸っぽい雰囲気のあった作品。お勧め!さくらの思いと、校長先生の過去と、歩行祭の魔法。
「序奏」高見編:せ、先生…笑。高見が思わずラップのように見てしまう進路指導、ちょっと分かるかもー。
「願い事」千秋編:お守りシーンもほとんど気にしてなかったけど、そうか、こんなに思いが篭ってたんだ。ヤンキー神主にびびる犬が可愛すぎ。和むお勧めの一つ。
「シナリオの行方」梨香&忍編:梨香も忍も可愛いな~!二人とも大好き!梨香、忍のこと好きだったのか…本編では完全スルーしてた。笑える、めっさお勧め~!
「おかいもの」亮子編:うわ、いるいる、こういうヤツ。いやー、傍目で見てる分には楽しい人だな。
「むりっぽい」貴子編:うーん、変わった発想力の持ち主じゃの 笑。地味に面白かったりする。
「ひみつ」美和子編:美和子のキャラ、いいなぁ。和菓子屋さんの服似合いすぎ。本編からますます好きになった~!めっちゃ和んだ。お勧め~!
「はてのない」融編:暗いな、融は 笑。気持ち分かるけど…。前から来る自転車の人に反応しまくる融が面白すぎ。
mitchan

mitchanの感想・評価

3.0
多部ちゃん目当てに鑑賞。「夜ピク」よりこちらの方が先なのですね。
もう一度本編をゆっくり観たくなった。
okoge

okogeの感想・評価

3.5
嶋田さんが弾けすぎていて思わず声を出して笑ってしまいました。
mia

miaの感想・評価

-
作品「夜のピクニック」が好きでこちらも鑑賞
主要のお役者のショートストーリーが面白くまとめられていて好きです
ぺい

ぺいの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

「序奏」の先生が素敵。「シナリオの行方」のおばあちゃん達、微笑ましい。「おかいもの」亮子の魔性の女っぷりが怖い。怖いけど。「むりっぽい」と「はてのない」二つでワンセット。果てしなく無理(笑)。「ひみつ」少年がいい。 やっぱり、「夜のピクニック」を再鑑賞してから観てよかった。「夜ピク」が好きな人にはお薦め。
まぁ

まぁの感想・評価

3.4
昨日鑑賞した「夜のピクニック」のサイドストーリー…♪
9編の短編が収められています…☆

「夜のピクニック」で描かれた「歩行鍛錬祭」の前日。
9人の生徒さん一人一人にスポットを当てたストーリーが、面白く、可愛らしく、
少し切なく…描かれています…(*^^*)
皆んな、「歩行祭」に向けて、色々な気持ちだったんだな…♪

「夜のピクニック」の先に観るか、後に観るかは…(笑)
私は、後に観て良かったです…*

高校生…良いな…(*^^*)
青春だぁ〜☆
『夜のピクニック』の少し前の様々な出来事を描いたオムニバス。
こちらを後に観た方が楽しめるかも!
それぞれが本編に繋がっていて面白い^ ^

中でも柄本佑と嶋田久作の「序奏」が楽しくて良かった!
ラップラップラップラップ(笑)
あと「願い事」も楽しかったです。

夜のピクニックに出かけたくなるなぁ(笑)
morgen

morgenの感想・評価

3.3
「夜のピクニック」の前日譚。
高校生が本当にありふれた高校生ぽくてリアリティがあった。
一番は「序奏」の先生のラップ(笑)
多部未華子も貫地谷しほりも西原亜希も若いー。初々しくて可愛いなー。
これを踏まえて「夜のピクニック」を観よう。
坂道

坂道の感想・評価

-
約九年ぶりに視聴。当時は登場する高校生たちが、幼い自分よりもはるかに大人にみえた。「はてのない」が一番のお気に入り。高校男児としての演技と、そして声から素直さが伝わってくる、ような。さて、これから本編視聴。
>|