夜のピクニックの作品情報・感想・評価

「夜のピクニック」に投稿された感想・評価

MiYA

MiYAの感想・評価

3.8
私が本作でもっとも評価しているのは、高校生の青春物語を「部活」と「恋愛」を抜きに描ききったことです。非リア充でも無理なく共感できる物語としてポイント高いですw

ウィキペディア情報によると作者が「アイドルっぽくない俳優を使ってほしい」とリクエストしたとかで、たしかにこの「青春のキラキラ感」のないキャスティングは絶妙です。

基本的に原作のよさを十分に生かした映画だとは思います(もう少し主人公たちの家族をしっかり描いたほうがよかったとは思いますが)。この暗くなりがちな話に貫地谷しほりと柄本佑というコメディリリーフを咬ませているところもいいですね。
原作の本を持っていて、まだ読んでいないのだけど、ケーブルテレビで放送されていたので観てしまった。高校の行事である「歩行祭」良い意味での高校生のノリ。懐かしく、それから羨ましく思えた。先に映像を観てしまった事が、今後原作を読むにあたってどう影響するか分からない。だけど、映像でしか感じられない場面が多々あったと思う。こういう青春な感じ、結構好き。
マサ

マサの感想・評価

2.4
多部さんてこんな若いときからテレビ出てたのか!?今行われたらすぐバッシングの嵐になりそうな、1日かけて80キロくらい歩く学校行事の出来事。中々煮えきらん二人だなと思っていたら、お母ちゃんから爆弾発言が。1日の出来事だから登場人物に感情移入がしづらいかな。
まるた

まるたの感想・評価

1.0
24時間歩き続ける映画

そう聞いたので
24時間歩き続け止まれば即死亡…最後まで歩き続けた一人が優勝
仲間が一人、また一人と脱落(=死)する中、残った仲間との協力、友情、裏切り…そこへ現れる刺客

「さぁ"夜のピクニック"を始めよう(ニタァ)」

っていう死のロングウォークのような映画を期待したら全然違った


本当は24時間かけて80km歩く学校行事の話
クラスメイトが誰々と誰々が付き合ってるだとかおしゃべりして
途中も一泊するから夜に恋ばなしたりする青春映画

もっとハプニングとかあるロードムービー的なの期待したからただただ高校生の世間話を聞くだけでちょっとあんまり合わなかった(・ε・)
Fuuu

Fuuuの感想・評価

5.0
小説家 恩田陸の小説作品を映画化。

爽やかな映画作品でした。
「80キロをピクニックする行事」の中で繰り広げられる青春、人間模様。割りと好きでした、こういう感じの内容。

是非小説を読んでみようと思います。
とぅー

とぅーの感想・評価

3.2
2018.10.21

石田卓也の表情が良かった。序盤からずっと、ふてくされたような楽しいことなんて何もないようなそんな表情だが、多部未華子と腹を割って話すシーンから明るい顔になる。そのギャップが良い。演じている感じもしないし、好感を持てた。貫地谷しほりの学校にいそうな面白い女の子感。柄本佑の程よいキチガイっぷり。どの俳優も違和感が全然なくて、良かった。
あとは池松壮亮が若過ぎて、可愛かった。
hisashi

hisashiの感想・評価

3.8
中盤少しダラけるけど面白いです。
現在を代表する役者が勢揃い。
ゴールの後のstart。センス良いです。
ただひたすら歩く話なので、どう映画化するんだろう…と思ってました。

笑いを取ろうとしてる部分が滑ってる感じ。多部未華子は初々しくて良いです。

うちの学校もえんえんと歩く行事ありました。夜ではないけど。
Maxi

Maxiの感想・評価

2.5
話は普通に青春してる。
キャスト陣は、みなカワイイ笑
若者向けなのか、青春を懐かしむ世代向けなのかターゲット層が分からない(^^;;
花紫

花紫の感想・評価

2.6
歩く学校行事。そんなのあるなんて初めて知った。

関係ないしどうでもいいけど、この監督の作品調べたらジャケ写の人が上向いてるの多い。
>|