あったまら銭湯の作品情報・感想・評価

あったまら銭湯2016年製作の映画)

製作国:

4.0

「あったまら銭湯」に投稿された感想・評価

甘酸っぱい初恋と線香花火とわらび餅

なんだこの素敵な青春映画
淡路島が舞台

ガガガSPの歌が似合いすぎる
第二回うみぞら映画祭にて鑑賞。このシチュエーションで観れて、良かった。

本当に、何気ない物語で、だからこそ作り手の丁寧な仕事がしみじみと心をあったまらせてくれるえいがでした。この映画のメイン観客層から考えると、ガガガSPの絡む演出ってわりと挑戦的だなぁと思うけど、私はすきなやつでした。笹野高史さんの熟演はもちろん、息子のささのさんの若さあふれる好演も素晴らしい。
🔶2

正信が不器用なりに想いを寄せる慶子にアタックしようとする。

淡路島出身の笹野高史、同事務所松原智恵子、笹野高史の息子ささの堅太も出演。大継康高監督が前にも仕事で関わったことがあるガガガSPの方にも出演してもらうことに。
脚本はガガガSPからによるもののようです。

説明だと淡路島だけで中尾萌那さんはオーディションで79人の中から選ばれました。

正直住んだ所が映画としてつくられているのは羨ましい。それに落ち着いた雰囲気もいいですね。
__________________

50年前と現在とにわかれます

笹野高史♠佐々木正信(67才)
ささの堅太♠佐々木正信(17才)
松橋美智子♦慶子(67才)
中尾萌那(モナ)♦慶子(17才)

コザック前田♠銭湯の番台(4代目)
コザック前田♠銭湯の番台(2代目)

【常連客役でガガガSPメンバー】
山本聡(ギター)、桑原康伸(ベース)、田嶋悟士(ドラム)

1回目
ゆっくりで緩くてしんみり。
10分の砂時計を6回傾けたら、1時間。
オール淡路島ロケ。

おいしいわらび餅はしょっちゅう食べたくなる。
毎日わらび餅を食べるのはいくらなんでもな~、、、けれど。

コザック前田を始めとするガガガSPの面々の演技が気取ってなくて良かった。
世代の違う銭湯の番台役として重要な役を演じたコザック前田がとても良かった。
そして、その音楽も。
島を去る少女の元へ急ぐ少年の姿とガガガSPの「線香花火」はピッタリだ。

一つだけ大きくてまん丸のわらび餅を作りつづけたのは、少年の頃の淡い恋心。
なぜ、少年は島を去る少女に大きくまん丸になってしまったわらび餅を持たせなかったのか?
「今度は自分が作ってやる」って少女との約束を大切にした演出なんだろうけれど、、、。

やっぱり関西が舞台の映画はたまに観ないとな。


5/7(日)午後、「うみぞら映画祭2017」の開催事前特番としてサンテレビで放送された。

CMが少なく視聴しやすい、もっと自由に作品を選べそうな社風とか考えると
サンテレビは、映画にチカラを入れてもいいのではないだろうか?
決してお金を掛けるという意味ではなく。
ぐっち

ぐっちの感想・評価

3.7
やっぱ綺麗やなぁ、淡路島。

甘酸っぱいなぁ、青春。

わらび餅が食べたくなる。