ハリウッド・アドベンチャー 3つの扉の作品情報・感想・評価

「ハリウッド・アドベンチャー 3つの扉」に投稿された感想・評価

watarihiro

watarihiroの感想・評価

3.4
とある行商から薬もらったガンマン、命懸けのレースを挑む若者、そして臆病者と呼ばれた中尉がいた、、、。

リチャード・ドナー監督の「決闘」、トム・ホランド監督の「キング・オブ・ザ・ロード」、ロバート・ゼメキス監督の「臆病者」よるオムニバス作品。

最初のストーリーテラー。日本で言う世にも奇妙な物語のタモリかな?

最初の作品は結構好き。本当に奇妙な物語です。

2作目はブラッド・ピットが悪役。復讐ものです。

3作目ですが、これが一番衝撃。結末がすごい。臆病者と呼ばれた息子のためにとった父の言動が何とも言えない。

良きオムニバス作品です。
カロルコじゃん😳
『チェンジリング』はまだカロルコになる前w

オムニバス作品って好き。
3作品全て結構お金かかってそう。

西部劇で派手な弾着エフェクトって素敵(笑)
全3章からなるオムニバス映画
オムニバスって言っても繋がりがないね

クリープショー的な感じかな🤔
1番面白かったのは3話目の『臆病者』
中々重い終わり方、でも面白い❗️
短編だけどこれは見て欲しい

あと2話の『キングオブザワールド』に
若き日、多分まだ無名かな?ブラピが出てる!若い!イケメン!
Bピットマラソン12本目!

3つの短編からなるオムニバス映画。
繋がりはなし(笑)

「決闘」
凄腕ガンマンがバーで出会った行商から不思議な薬をもらうが、、、
世にも奇妙な物語的ストーリー!

「キングオブザ・ロード」
スピード狂の男が警官にレースを挑戦するが、、、

「臆病者」
第一次世界大戦。フランスの戦線から仲間をおいて基地に撤退してきた息子に臆病者の噂が。汚名返上のため指揮官でもある父が任務を与えるが、、、

たぶんメインは3話目なんだと思います。
カーク・ダグラスとエリック・ダグラスの親子共演!

Bピットは2話目。
お腹のクモのタトゥー。クモの下のへっぽこドクロはひどいwもっとさ、クモならクモのタトゥーでキメてしまえばよかったのに。あのドクロはひどい!ひどすぎるぜwww
ルックスは好きだけど、やっぱりイカレ感が未熟(笑)ストーリー自体、設定とか説明不足の多さが目に付いてしまうので、そっかぁーで終わっちゃう。

1話目は良くも悪くもまさに世にも奇妙な物語w
ストーリーテラーはロズウェルに出てた保安官でした。なんだろう、ストーリーとイマイチかみ合わないテンションでしたねぇ。

これまた昔見たきりで2回目。
当時はこのちょいイカレきれないBピットに興奮してたなぁ。全然レンタルなくて。三茶のTSUTAYAまで自転車でかっ飛ばして借りに行った思い出が、、、。で、近くの雑居ビルでポスターやポストカード、チラシ、パンフなど見に行って、、、。懐いなー。バックドラフトのパンフがすっごい量あって、またコレかよ!って言ってました(笑)

このレビューはネタバレを含みます

ブラピ30作品目。めぼしいのは見尽くしちゃったな。
お、面白くない…。3作ともめっちゃ不快だった…。いや、1作目はまだマシだったけど。世にも奇妙な物語のタモリさんみたいに合間合間に挟まる車椅子の人にめっちゃイライラした。
3作目なんとなくマイケル・ダグラスに似てるなーと思ったらダグラス親子だったのね。この話が一番嫌だった。ラスト読めるし。可哀想な中尉。
ブラピはとっても可愛かったです。舌がえっち。
1991年アメリカ産🇺🇸3話オムニバスTV映画
原題「Two-Fisted Tales」は50年代にECコミックから刊行された雑誌のタイトル
本作はその雑誌を基にして、それ風に作られた作品

この当時流行っていました
ECコミックの映像化!

2話に登場するブラッド・ピット目当てで鑑賞
この頃の彼、結構好きです!ふにゃふにゃした喋り方で頭悪そうなクズ男が上手いっ!

見どころは3話でしょうか
監督ロバート・ゼメキスの第一次世界大戦物
今年2月に他界したカーク・ダグラスが若くして亡くなった自身の四男エリックと共演してます
ラストが超ブラックです👍

テレビ用なので休日サラッと鑑賞するには丁度良い感じです
s

sの感想・評価

-
第三話ではカーク・ダグラスと、46歳でOD死をしたその四男エリックが父子を演じ、事実さながらに父と不肖の息子の関係が描かれる。
MarkAKG

MarkAKGの感想・評価

3.6
若くてシャープなブラピが見どころではなく、先日103歳で他界されたカークダグラとその息子、
故エリック・ダグラス(マイケルダグラスの異母兄弟)が親子で親子役で主演な事が最大の見どころ。
第一次大戦がテーマの題名が、
「臆病者」
本当の親子だけに題材やセリフもグッと来る。
しかもマイケルダグラス全盛期だから余計に…
母親違くても声や仕草がマイケルダグラスに似てるなぁ…

あの、ロバートゼメキス、リチャードドナー、ウォルターヒルらが作ったオブニバスぜひ。
建志

建志の感想・評価

4.0
オムニバス。
3つ目がいい。
ロバートゼメキス
若かりし日のブラピがいかしてる。
犬

犬の感想・評価

3.3
タランチュラ

銃にまつわる3本のオムニバス作品
一応、案内役もいます

1.「決闘」
監督はリチャード・ドナー

若いガンマンのお話

銃を撃つには

過去
そして酒場には、、

2.「キング・オブ・ザ・ロード」
監督はトム・ホランド

スピード狂の若者
そんな彼に、初老の警官が対抗する

娘のため

ラストは、、

若いブラピが出演
少しイカれてます

3.「臆病者」
監督はロバート・ゼメギス

1918年、フランスのとある場所
戦争が長引いている中、戦場で戦う中尉にある噂が、、

父と子
いろんな人がいる

アクション
少しグロいです

ラストはどうなるのか見ものです
>|

あなたにおすすめの記事